かけだし金融マン

2008年03月03日

誰がために鐘は鳴る

かけだし金融マンが提供するサラリーマン物語。

『誰がために鐘は鳴る粥





若さと元気だけが取り柄だったジュンペイも、

今では一人前に仕事をこなしている。

大きな仕事も少しずつ任されるようになってきた。



そして、仕事の質と量の増加とともに、苦労や責任も少しずつ増え、

時には大きな壁にぶち当たったりしているようだ。



定食屋で晩飯を食いながら、ジュンペイが聞いてきた。



『ケンタさん、工場長がかわるときに、何のために働くのかわかんなくなったって言ってましたよね。

答えは出たんですか?』



『答えなんてないんだよ。

ないと言うか、なくてもいいじゃんみたいな。』



『僕も最近ツラいなとか空しいなとか、

たまに何で頑張ってるのかわかんなくなったりしますよ。

そんな時は何で頑張ってるんだろうとか悩んだりしちゃいます。

同じだなと思って。』



『仕事がうまくいってる時は、きっとそんなこと考えずにバリバリ働いていて、

仕事だって仕事以外だって充実した時間を過ごしていて、

そんなこと考えたりしないんじゃないかな。



仕事でつまずいたり、上司や同僚と合わなかったり、仕事が上手くいってない時に、

何で頑張ってるのかとか、

何のために働いてるのかとか、

何かのきっかけを見つけたくて、

そんなこと考えたりするんじゃないかなと思って。』





僕を走らせている無数のもの

夢だったり目標だったり

誇りだったり信念だったり

家族だったり仲間だったり

楽しみだったり趣味だったり

振り返ればいろんなものが集まって

僕の背中を押してくれているはず

でも辛い時や苦しい時に

それらに気がつかないで

ふと立ち止まって考えてしまう

何のために走っているのか

ナンノタメニガンバッテイルノカ



理由が欲しくて

きっかけが欲しくて

僕らは悩み苦悩する



でもいろんなものが背中を押してくれていることに気付き

僕らはまた走り出す

そうして世界は回っている





『答えなんか見つからなくても、

そうやって悩んで

壁にぶち当たって

また頑張っていけばいい。

辛い時は泣いてもいいし、

飲んでもいいし、

無理する必要なんかないよ。』

こう言いながらジュンペイがまた成長の階段を一歩ずつ登っていくのを俺は喜んでいた。



『ケンタさん。

そうですね。

今は辛いけど乗り越えなきゃならない壁ですよね。

乗り越えた先にはまた一歩成長した俺が待っているから。』



『そうだ。頑張れよ。

みんな期待しているんだから。』



『ケンタさん、辛い時は泣いても飲んでもいいんですよね。』



『ああ、リフレッシュして明日の活力を生むのも大切だからな。』



『じゃあ、これからナオミちゃんの店行きましょう。

可愛い後輩の明日の活力のためですよ、先輩。』



こうして夜が更けてゆき、

また明日が始まってゆく。





課長も、工場長も、部長もみんな、

こうして壁にぶち当たって、成長していったはず。

僕らも同じように成長の階段を登ってゆく。



出世して歴史に名を残す人も入れば、

心や技術を伝承して後世に名を残す人もいる。



目指すべきものは、人それぞれ。



何のために働くのか、それも人それぞれ。



でも誇りと信念を大切に、

明日へ生きるサラリーマン物語。



ケンタとジュンペイを代表する世代の未来に期待して。



【誰がために鐘は鳴る】

第一話 完





人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 08:32|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2007年08月01日

かけだし金融マンのお悩み相談室

かけだし金融マンに各方面から相談が寄せられているので、この場を借りてお悩み相談室を開催します。

こんにちはかけだし金融マンです。



相談 28才、男、既婚者)

相談者(以下相)「2才になる息子が電車が大好きですが、電車のことをカンカン(踏切の音)と言い、電車と踏切が混同しています。早く電車と言わせた方がいいですか?」

かけだし金融マン(以下か)「まだ2才だから無理に言わせる必要なんてありません。サチコだって、小さいから自分のことさっちゃんって言うし、大好きなバナナを半分しか食べられないし、小さい時はそんなもん。時が解決してくれます。」

相談◆28才、会社員)

相「2才の息子が電車が大好きなので、プラレールという電車のオモチャを買いました。車両について新幹線を買うか山手線を買うか悩みましたが、普段家の近くで見る電車は山手線車両に似ているので、現実味を考えて山手線車両を買いました。やはり息子に夢や希望を持たせるため新幹線を買うべきですか?」

か「子供には、新幹線(夢や希望)、山手線(通勤電車で揺られるさびれたサラリーマン)という図式なんかないので心配いりません。ただし、子供の興味や関心は留まるところを知らないので、好奇心を刺激するにはいずれ新幹線が必要になるかもしれません。また、パパであるあなたがさびれたサラリーマンであると子供に思われないことが大切です。」

相談(28才、二児の父親)

相「2才の息子が電車が大好きでプラレールという電車のオモチャを買いましたが、父親の僕がオプションの駅やトンネルや陸橋などいろいろ欲しくてたまりません。大人買いしてしまいそうですがどうすればいいですか?」

か「子供と一緒に楽しむための出費であれば、多少はやむを得ないと思います。飲み会やパチンコ、ゴルフや女に浪費することを考えれば断然問題ありません。その線で奥さんを説得すればいかがでしょうか?というか奥さんに怒られるのが一番の悩みですよね?」



皆さんも悩みなどございましたらいつでもご相談ください。


人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking



kou_blue97 at 08:49|PermalinkComments(2)TrackBack(2)
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 会社帰りにスマートライフ(其の弐)
  • 会社帰りにスマートライフ(其の弐)
  • 会社帰りにスマートライフ(其の弐)
  • 会社帰りにスマートライフ(其の弐)
  • 涼しくなってきたね
  • 涼しくなってきたね
  • 涼しくなってきたね
  • 涼しくなってきたね
  • 涼しくなってきたね
  • 涼しくなってきたね
  • 涼しくなってきたね
  • 涼しくなってきたね
  • 涼しくなってきたね
  • 涼しくなってきたね
  • 涼しくなってきたね
  • 涼しくなってきたね
  • 涼しくなってきたね
  • 涼しくなってきたね
  • 8月が終わる。短い夏休み。
  • 8月が終わる。短い夏休み。
  • 8月が終わる。短い夏休み。
  • 8月が終わる。短い夏休み。
  • 8月が終わる。短い夏休み。
  • 8月が終わる。短い夏休み。
  • 会社帰りにスマートライフ
  • 会社帰りにスマートライフ
  • 会社帰りにスマートライフ
  • 会社帰りにスマートライフ
  • 会社帰りにスマートライフ
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)