お遍路

2016年11月20日

徳島県のお遍路制覇

徳島県の霊場(発心の道場)は、第一番札所から第二十三番札所まで。

一応、本日二十三か所のお参りが終わりました。

足かけ4年間。


<第22番札所 平等寺>

DSC_0078


平等にへだてのなきと聞くときは あら頼もしき仏とぞみる

DSC_0079


弘法大師がこの地で修行中、空中に5色の霊雲がたなびいたとのこと。

DSC_0085


本堂の裏には山道があり、散策出来ます。

DSC_0080


空高く伸びる竹林も。

DSC_0084




<第21番札所 太龍寺>

DSC_0092


太龍の常にすむぞやげに岩屋 舎心聞持は守護のためなり

DSC_0091


標高618メートルの高所にあり、境内は古刹の霊気が漂います。

DSC_0094


イチョウの絨毯も神秘的。

DSC_0090


空気が澄んでます。

DSC_0096


心が清くなった気がする。




kou_blue97 at 17:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月15日

みかんが黄色くなると医者が青くなる

本日の1枚。

DSC_0064


早生のみかんが色づいてきました。

秋ですね。

「みかんが黄色くなると医者が青くなる」

日本には、いろんなことわざや言い伝えがあります。

「柿が赤くなると医者が青くなる」

これが日本では最初のようです。

日本文化の歴史を考えると「柿」でしょうね。

ヨーロッパでは、A tomato a day keeps the doctor away

「トマトが赤くなると医者が青くなる」

そして、英米(英語圏)では、An apple a day keeps the doctor away

「りんごが赤くなると医者が青くなる」

あとは、柚子とか橙も言われるようです。

反対の意味では、こちら。

「枇杷が黄色くなると医者が忙しくなる」

「枇杷黄にして医者忙しく、橘子(みかん)黄にして医者蔵(かく)る」とも。

夏は、食欲不振や食中毒などで医者が繁盛するとか・・・



ということで、100g当たりのビタミンC含有量で比べてみました。

・りんご 4mg
・トマト 32mg
・みかん 33mg
・すだち(果汁) 40mg
・ゆず(果汁) 40mg
・柿 70mg
・すだち(皮) 120mg
・ゆず(皮) 150mg

さっそく、ゆず・すだち・ゆこうの皮を食べようと決意。

夕食に皮を食べました。

果汁を搾った後の皮を、おろし金でゴリゴリする妻。ありがとう。

ちなみに息子が学校で習ってきた「すだち皮」の食べ方。

(1)紅茶などにいれる
・丸ごと薄くスライスして紅茶などに入れる。

(2)はちみつ漬け
・輪切りにしてはちみつ漬けに。
・ヨーグルトやソーダ水に入れたりも。

(3)薬味
・皮ごとすりおろし、鍋物などの薬味に。
・搾った果汁は刺し身や焼き魚、ぽん酢に活用できます。
・細かく刻んで、お味噌汁にいれるなどすると、風味が楽しめます。


DSC_0065


ということで、勝浦町にみかんを買いに行ってきました。

「みかん」 たくさん買いました。

「ゆこう」 も。

「すだち」 は、まだたくさんあるから。



勝浦に行ったついでに、お遍路さん。

DSC_0058


「第20番札所 鶴林寺」

標高550メートルで空気が澄んでいます。

弘法大師様がこの山で修行していた時、鶴が舞い降りたのです。

DSC_0060


通称「おつるさん」



山を下って、もう1つ。

DSC_0067


「第19番札所 立江寺」

通称「阿波の関所」



これで、徳島県内は残り3つになりました。



さて、11月はみかん狩りに行こう!

mikangari2016[1]




kou_blue97 at 19:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月03日

阿波国「発心の道場」

四国八十八箇所。

弘法大師(空海)ゆかりの88か所の寺院の総称。

徳島県には第一番札所から第二十三番札所までの23か所があります。



今年はうるう年なので、ご利益は3倍らしいです。

さらに逆打ち(八十八番から一番へ)はご利益3倍と言われています。

ということは、今年うるう年に逆打ちをすると、ご利益は9倍!



今日は、台風が近づいてくるかもしれないので遠出は避けて、軽くお出かけ。

公園と直売所のついでに、近場の霊場を逆打ち(もちろん車)してみました。



<俺のお遍路実績>

・徒歩(順打ち)・・・第一番から第七番(7か所)

お遍路さんの道を歩む(←2013年8月の記事はこちら)


<わが家のお遍路実績>

・自動車(乱れ打ち)・・・第一番から第十一番、第十三番から第十八番、第二十三番(18か所)

残り5か所。


徳島にいるうちに、徳島23か所は巡排したいところです。



1008shakoku[1]


徳島は、アニメの街ですから。

001_201410132146318f5[1]



kou_blue97 at 20:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月30日

義経伝説

時は寿永4年(1185年)。

一ノ谷の戦い(神戸)で平家軍を破った源義経は、讃岐屋島(高松)に逃れた平家軍追討の命を受けます。

摂津渡辺(大阪市堂島)から20隻の船で紀淡海峡を南下し、阿波の国勝浦(小松島市)に漂着しました。


<源義経上陸の地>

f4b6c490.jpg


<源義経公乃像>

fa930c1c.jpg


旗山。源氏の士気を高揚するため、白旗を立てて軍陣の標記とした山。



<弁慶の岩屋>

493d8dfa.jpg


弁慶の岩屋と呼ばれる古墳。



<第一八番札所 恩山寺>

0c930c0c.jpg



<弘法大師さま>

25742bae.jpg





徳島県に伝わる義経伝説。

北海道は寿都町に住んでた時も、弁慶岬と呼ばれる岬があったなぁ。

義経伝説と弁慶伝説。

歴史とロマンに溢れてたり。







kou_blue97 at 19:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、HKT宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京