お出かけ

2015年05月05日

ちゃぷちゃぷしよっ

5月5日は子どもの日。

天気も良さそうだし、どこに行こうかな。

せっかくだから県外へ。

安くて、激混みしてなくて、楽しいところ。

そして、外れのないところ。
(今まで行ったことがあるところ)

3つの選択肢に絞り込みました。

 ・淡路島公園
 ・讃岐まんのう公園
 ・女木島(鬼が島)

この中で、1番安くて、1番空いてそうなところと言えば、「讃岐まんのう公園」に決定。



朝早起きした僕は、妻へのサプライズを兼ねて、お弁当を用意しました。

 ・おにぎり14個
(鮭フレーク、ツナマヨ、梅ゆかり、ふりかけ)
 ・ソーセージ
 ・玉子焼き

暑くなりそうだから、保冷剤をたっぷり用意。

弁当箱に詰めて、玄関に置きました。



妻が起きてきて、子供たちを起こします。

水遊びもするから、着替えをたくさん用意しようと妻に言い、自分は子供たちの水遊び用のサンダルを用意。

サンダルを取る時に、お弁当箱が邪魔だったので、靴箱の上に置きました。

普段は絶対置かない場所に。



そして、いざ出発。



目的地に到着する寸前。

弁当箱を靴箱の上に忘れてきたことに気が付きました・・・。

なんてこった・・・。

大ショックすぎる。



妻いわく、「なんか靴箱のうえに弁当箱が置いてあったけど、連休前に会社に持っていった弁道箱を今さら出したんかい!と思った。」とのこと。

サプライズっぽくしてたのが、失敗だった。

弁当作ったって言えば良かった・・・。



気を取り直して、讃岐まんのう公園です。

さすがにGWなんで結構混んでます。

でも充分に遊べる感じ。

天気も良く、開始早々に汗だくです。



そして、熱くなってきた頃に、水遊び。

ロケーションはこんな感じ。

竜の祠に見立てた石柱から霧が噴き出したり。

f0b0d787.jpg


石の噴水みたいなもので、ちゃぷちゃぷ。

少しずつ濡れ始めました。

87ad7587.jpg


下半身は全滅。

4224d94c.jpg


すべり台では、寝っ転がってます。

b6c7b05b.jpg


完全に水に浸かってる。

a8844e70.jpg


水遊び=ずぶ濡れは想定してだけど、まさかここまで濡れるとは。

一応着替えは持ってきたけど。

なかなかやるな、お前達。

水に濡れたパンツやシャツから靴まで、重すぎる。

これが、幸せを背負う重みなんだろうな。

元気で何よりだ。

ちゃぷちゃぷどころじゃなかったけどな。



(帰ってから、パパだけおにぎりを食べました)

kou_blue97 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月05日

四国一の清流 穴吹川

四国に来て良かったこと。たくさんあります。仕事でも、仕事以外でも。

阿波おどりから夏の太陽の痛さや刺身しょう油に搾るすだちまで、今まで経験出来なかったことや体験したことのないことまで、たくさんの思い出が記されつつあります。僕の心の中に。

その中でも、きれいな川での川遊び。これも四国ならかなと思います。車で1時間かからないで清流で遊べるなんて、最高の贅沢ですね。

ということで、四国一の清流と言われる穴吹川。いったいどれくらいきれいな川なのか期待に胸膨らませ、行ってきました。


721d36a5.jpg穴吹川


透きとおる水と澄み切った空気が最高。

服のまんま平泳ぎで泳いでる女の子もいました。すごい。

bf4ef5b3.jpg穴吹川


水が、きれいなんです。。。本当に。

この風景が。子供達の徳島での思い出として深く刻み込まれれば、嬉しいな。

05115d11.jpg天日干し



子供達は着替えた後の服やズボンも濡れました。

パパは、着替えを持ってきてないのに、パンツまでびしょぬれになりました。

そんくらい楽しかった。



穴吹川。

今までの川で一番きれいかな。さすがです。

kou_blue97 at 19:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月16日

父親の幸せ

c9571c87.jpg


9edc58ca.jpg


土曜日に子供達と3人でお出かけしてきました。

妻はお留守番。



かっぱ寿司で父親と子供2人で楽しくランチしている光景。

船橋法典の湯で父親と子供2人で楽しく湯舟に浸かっている光景。

ニッケコルトンプラザの絵本パラダイスで父親と子供2人で楽しく絵本を読んでいる光景。



幸せだね。



絵本パラダイスに、夫婦と娘2人で来ている家族が隣にいました。

娘たちは2人とも「ママ読んでー」「ママ読んでー」とママに懐いていて、父親は面倒くさそうに離れたところで休んでました。

一方、隣で僕たちは、娘と息子が「パパこれ読んでー」「パパ大好き」とパパの取り合い。



せっかく家族で遊びに来たんだから、家族サービスしてやってるぞみたいな態度はやめろ。

連れてきてやったんだから文句言うなみたいな態度はやめろ。

自分は仕事で疲れてるんだからみたいな態度もやめろ。



子供と同じ目線で一緒に感じ、一緒に楽しめばいいじゃん。



そう思いませんか?



というわけで金曜日の夜に深酒するのも嫌いです。



以上。



かけだし金融マン(mixi)でした。



kou_blue97 at 20:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年12月11日

休日の過ごし方(その弐)

126f8e18.jpg


92e43d2a.jpg


1705d23f.jpg


やっぱり土日はお出かけしたいかけだし金融マンです。




12月に入ってからだけでも、

成田山、

成田航空記念館、

千葉ポートタワー、

ららぽーと船橋と、

精力的にお出かけしてます。



もちろんやんちゃ坊主と乳飲み娘を引き連れてるので、

まあそれなりの活動しか出来ませんが。



今住んでいる所は、

千葉の海も近いから船やヨットを見ることが出来て、

成田航空も近いから飛行機を見ることも出来て、

きっと子供達にとっては刺激的でしょう。



転勤族は引越や手続きや

いろいろ大変なことも多いけど

いろんな所に遊びにいけるのはやっぱりいいですね。



生まれた街を離れて、

初めて生まれた街の特徴やいい所、

いろいろ気付くこともたくさんあります。




いつか二人で行きたいな

雪が積もる頃に

生まれた街のあの白さを

あなたにも見せたい。



なんて口ずさんだりもしますよ。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking



kou_blue97 at 01:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年08月19日

なつやすみのおもいで(日記)

久しぶりのお休みでしたかけだし金融マンです。


1週間前からまたまた始まった単身生活、そして連日連夜の残業三昧、さらには土曜日のご出勤な上京でしたが、やっと待ちに待った日曜がやってきました。



夏休みの思い出日記(夏休みの宿題)



今日僕は、10月から住むだろう新しい街を歩いてきました。

お隣の海がある県ですが、家(社宅)から家(社宅予定)までは電車で2時間。

東武線、JR銭、京成線と乗り継ぎながら、ゆらゆらゆったり電車に揺られるのでした。

ジュフリー・アーチャーの小説「ゴッホは欺く」を読みながら、

クーラーが効いた電車で過ごす時間はとても快適です。

振り返れば、大学時代も暑い夏休みに本を読みながら電車で学校に向かい、

山と青空がきれいなグランドで汗を流していたものでした。

あの頃は、同じジェフリー・アーチャーの小説(ケインとアベル等)を読んでいたっけ。



目的地を見つけた後は、周辺の散策へと移りました。

ちょっと隣駅まで歩いてみようかと思い、炎天下の中をさまようはめとなりました。

こんなにゆっくり、特に目的もなく歩いたのって、久しぶりだな〜

そんな感じを受けながら、ミンミンとせみが鳴くちょっと自然の残った田舎道を

小一時間ほど歩いてみました。

途中道に迷って、日陰もなくて、ちょっとヤバイかなとも思いましたが、

水分だけはたっぷりたっぷりとっていました。



ミンミン、ミンミンとせみが鳴いていたのは、

歓喜の歌かそれとも嘆きのブルースか、

もはや知るすべはないが、

あの鳴き続けるせみのように、

夏休みもなく、僕も働きつづけていたんだな。



そして、同じく10月から通うであろう事務所のまわりも歩いてきました。



こうして、新たな決意とともに、明日への意欲を湧き立てつつ、

単身生活中のかけだし金融マンの夏休みの1ページが幕を閉じるのであった。



さあ、来週末は子供達に会いにいけるよう、

明日からまた頑張ろう。

人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2Blog Ranking


kou_blue97 at 21:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、HKT宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • SAPPORO SNOW FESTIVAL
  • SAPPORO SNOW FESTIVAL
  • SAPPORO SNOW FESTIVAL
  • SAPPORO SNOW FESTIVAL
  • SAPPORO SNOW FESTIVAL
  • SAPPORO SNOW FESTIVAL
  • SAPPORO SNOW FESTIVAL