おにぎり

2011年03月15日

火曜日(地震のあと)

今日も朝ごはんが食べれて

お昼におにぎり持って行けて

事務所は運よくエリア的に計画停電が回避されたようで

家は18時20分〜22時まで停電予定で、同じグループのとなりの市は停電実施したけど、わが家は運よくエリア的に回避されたようで

エアコンやら電気やら使わないから暗いしちょっと寒いけど

布団も毛布もあるし

子供達の寝顔と妻の笑顔が今日も見れた。



それだけで幸せです。

明日も電気使わないよう頑張ります。



かけだし金融マン(mixi)でした。



kou_blue97 at 20:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月06日

米粉

朝ご飯にみんながおにぎり1個食べたら、食料自給率があがるし米の需給バランスも改善されるらしいですね。



でも、もと農水大臣が言っていたように、家族構成や生活スタイルによっては、毎朝おにぎりを食べるということは非常に難しかったりします。

僕はご飯さえ炊いてあれば、生卵か鮭フレークか納豆があれば、美味しくご飯をいただけます。

でも、妻がいない単身生活の時は、なかなか毎朝ご飯を炊くのは難しいです。

時間がかかるし、面倒くさい時もあります。

また、昼や夜の食事でも、手軽にパンが食べたい時もあれば、麺が食べたい時もあります。

強制的に米を食べろと言われたって、そうはいきません。



じゃあどうすればいいか。

ここ数年は小麦粉の代替として、米粉を使おうという動きが盛んです。

新潟では米粉ラーメンが流行っているなど、自治体が積極的に取り組んでいる地域もあります。

でも、米粉が普及しない理由として、金銭的な問題と技術的な問題があるようです。

小麦粉の方が安い、小麦粉の方が美味しく出来るということであれば、米粉はなかなか使えません。

特に、パンもラーメンも慣れ親しんだ味と食感があるので、米粉を食べるインセンティブがなかなか働きません。



米粉が普及する可能性があるのは、あまり品質にこだわらず一定の量を消費するものではないかなと思います。

今僕が考えているのは2つあります。



1つ目は、アイスクリームのコーン。

あれって、小麦粉で作られるんですね。

トウモロコシかと思ってました。

アイスクリームのコーンって、脇役だけど重要であり、消費量もかなりあると思います。

パンやラーメンなど主役であれば、品質や食感などが大きく影響しますが、脇役なので多少の品質のバラツキは許されると思います。

また、主役じゃないので、新しく顧客を取り込む必要もなく、差別化する必要もない。

一定の規格で大量生産出来るのではないでしょうか。



2つ目は、乾パンです。

乾パンも、主役ではない、というか非常食です。

味や見た目はそれほど重要ではなく、それでいて一定の消費量はあるんじゃないかなと思います。

差別化する必要もなく、大量生産出来るはず。

保存食であるからこそ、国際援助や人道支援としての利用価値も高い。

生活補助の一部を現物提供出来て、なおかつ農地の保全や農地の多面的機能が保たれる。

さらに言えば、穀物危機が訪れた際に、自国の米を使った保存食で生き延びることが、最大の国防措置ではないでしょうか。



いつの日か、アイスクリームのコーンや乾パンが米粉から作られることを願います。



それが日本のためになるのだから。

かけだし金融マン(mixi)でした。



kou_blue97 at 20:21|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年08月18日

僕の単身生活

91563463.jpg


9ab788e7.jpg
こんにちわかけだし金融マン(mixi)です。



単身生活って、自由な反面やはり自己責任が伴いますね。

堕落していけばたぶんどこまでも堕落していくんだろうな。

早起きしてお弁当作ったりもしました。ただ玉子焼き作って、ウィンナー焼いて、冷蔵庫のナスとタマネギを炒めただけのお弁当に、ふりかけおにぎり添えただけですけど。

ご飯は冷凍して夜に食べました。もやしとキノコ焼いたりしました。キノコとナスと市販のパスタソース炒めたりもしました。

本屋に行くと、大学時代から個人的な海外作家ビッグ3のうち2人の文庫本が出版されており、一気に読み漁りました。

ちなみに、ジョン・グリシャムの『謀略法廷(新潮文庫)』とジェフリー・アーチャーの『誇りと復讐(新潮文庫)』です。どちらもかなりおすすめです。

本を売りにブックオフに行ったら500円くらいで売れたので、『はじめは中古のBMWに乗りなさい』と『日本の「食」は安すぎる』と『忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス』を買いました。

僕の生活に必要不可欠な経済と農業と育児の本です。

あー早く子供たちを抱きしめたいな。

今週末に迎えにいきます。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 21:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年09月05日

コンビニライフ

こんにちはかけだし金融マン(mixi)です。



コンビニ不要論とか騒がれたりしてるみたいですね。



賛否両論あると思いますが、

良かれ悪かれコンビニにはお世話になっている方々が多いのではないでしょうか。



コンビニっていつからあるのかなと思ったら、僕が生まれる前からあったみたいですね。





小学校2年生の時にセイコーマートでビックリマンチョコ買いました。

それが一番古いコンビニの記憶かな。

小学校6年生の時にはポポロンとジャイアントカプリコを友達と買いました。



中学時代はシーチキンマヨネーズおにぎりが大好きで

カップラーメンのラ王との組み合わせが最高でしたね。



高校に入ってからは

学園祭かなんかの打ち上げでコンビニでビール買って公園で飲んだり

ウイスキーレジェンド(純)をカラオケ(すすきのクノイサス)に持ち込んだりしました。

その時は男5人、女5人でカラオケ行ってその後はボウリングで男女ペアっていう懐かしい青春もありました。

セイコーマートの鳥天丼は美味しかった。



大学生になってからは、サンクスのチキンカツ弁当が好きだった。

ビールはサッポロクラシックか発泡酒なら生搾り好きで

鏡月グリーンを買って宅飲みをしたりしてたなー。

セブンイレブンのおでんを食べてる先輩が格好良かった。

朝方コンビニの牛丼食べてたらカラスに襲われかけたりもした。



やっぱり社会人になって一人暮らししてからは、コンビニもよく使いますよね。

デイリーヤマザキのチャーハンおにぎりは最高。

ジャスミン茶を飲むようになりました。

ハーゲンダッツのキャラメルも捨てがたい。



単身生活中もコンビニは必要不可能。

セブンイレブンは鶏唐あげマヨネーズ手巻きが好きで

パスタサラダの豚しゃぶがお気に入り。

幕ノ内弁当もよ〜く食べました。

ローソンはごま鮭おにぎりと

ネギトロ巻き。

サンクスは春キャベツのサンドイッチとか。

ampmはとろサーモンマヨおにぎりと明太マヨ。

ミニストップは半熟卵系が素晴らしい。



食べ物の思い出ばかりのコンビニライフ。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 00:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年04月03日

電車の窓からこんにちわ

01347558.jpg


まだ田んぼも白いこの地から、桜咲き乱れる地への旅立ち。



電車の旅の相方は、もちろんオニギリ。


オニギリは、遠足とかピクニックを思い出しますが、最近は普段のコンビニオニギリが主役になりつつあるかもしれませんね。



それぞれの家で、それぞれのオニギリの形、中身、味、そして思い出があるでしょう。


それらをギッシリ詰め込んだ家庭のオニギリをいつまでも大切にしていきたいですね♪♪







大学時代、合宿でマネージャー達が夕食後に大量のオニギリを作ってくれました。


部員達には過酷なノルマが与えられます。


寝る前の暴食はキツイです。


その名も『鬼退治!!』

(オニギリ退治の略です)

残していきたい伝統です。

思い出ギッシリ詰まってるから♪♪

kou_blue97 at 11:45|PermalinkComments(8)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、HKT宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京