うどん

2021年04月17日

館林は、製粉とうどんと狸の歴史の街

本日は、朝から一日雨予報のため、自然ではなく歴史と伝統をめぐる旅。

JRと東武鉄道を乗り継いで、やってきました館林。

東武鉄道館林駅の東口に降り立つと、タヌキがお出迎え。

DSC_0299


徳島は小松島の金長たぬきを思い出します。

HORIZON_0001_BURST20210417114242506_COVER


子供のたぬきの提灯に「分福」と書いてあります。

日本昔ばなしにも登場するおとぎ話「分福茶釜」のお寺「茂林寺」がこの館林市にあります。

〜コラム・豆知識 
上野国館林の茂林寺で茶の湯が趣味の和尚さんが茶釜を買って寺に持ち帰ったが、実は狸が化けた茶釜だった。怪しい茶釜を和尚はある男に売却。男のもとで、狸は姿を現し、踊りの芸を披露して稼ぐので養ってほしいと依頼。男は見世物小屋を立ち上げ、狸の綱渡り芸で人気となり、一財を得る。狸の死後、男は儲けの半分を布施として茂林寺に奉納するとともに、茶釜も寺に返還し、寺の宝となったというおとぎ話。


館林駅の西口には、製粉ミュージアムがあります。

DSC_0314


日清製粉グループは、創業の地である館林に、製粉をテーマとした文化拠点である製粉ミュージアムを開設。

館林市は、渡良瀬川と利根川に囲まれた豊かな土壌であり、名峰赤城山の伏流水が豊富であることから、古くから小麦が作られ、江戸時代から将軍家にうどんが献上されていたうどん文化の街です。

1900年に、正田貞一楼が館林製粉蠅鮴瀘し、機械製粉を開始しました。これが、日清製粉グループのはじまりと言われています。

さて、製粉ミュージアムでは小麦と製粉について深く学びました。

小麦の生産量、世界ランキングはイメージできますか?

1位 中国
2位 インド
3位 ロシア
4位 アメリカ
5位 フランス

一方で、日本への輸入量の世界ランキングは?

1位 アメリカ
2位 カナダ
3位 オーストラリア

日本国内の用途別には、こんな感じ。

硬質小麦(強力粉)は、パンや中華麺などに使用され、アメリカ産やカナダ産が多い。

中間質小麦(中力粉)は、うどんなどに使用され、オーストラリア産や国産が多い。

軟質小麦(薄力粉)は、天ぷらやケーキ、菓子などに使用され、アメリカ産が多い。

デュラム小麦は、パスタなどに使用され、カナダ産が多い。

〜コラム・豆知識◆
2021年は穀物高。小麦生産量日本一の中国は、コロナからの経済回復により穀物需要が増加し、アメリカ、カナダ、欧州からの輸入量は増加。生産量2位のインドは原油高による穀物のバイオ燃料使用が拡大、生産量3位のロシアは輸出抑制という状況。また、巣ごもり需要増加等により物流が活性化する中で、コロナ禍により船員が確保できず海運がひっ迫、スエズ運河での座礁事故も発生。穀物相場の上昇に加え、海運コストの増加が重なり、食品の値上げは今後増加する見通し。


小麦と製粉について理解が高まりました。

それでは、お昼ご飯を食べましょう。

DSC_0301


さすが、館林。器もたぬき。狸が化けてる?

DSC_0303


ひもかわうどんです。

「花山うどん」の鬼ひもかわ。

DSC_0305


今日は、カレー味。

美味しいです。本当に。

さて、本日訪れた「花山うどん」

館林駅前に本店があり、東京には銀座店もあるようです。

120余年の歴史ということで、1900年設立の館林製粉蠅汎韻減△任靴腓Δ。


美味しいうどんを堪能した後は、館林を散策します。

駅前には「竜の井」

DSC_0311


石田三成と大谷吉継が館林城に攻め入った際の言い伝え。

榊原康政が館林藩主となった際の龍の言い伝え。

様々な伝説があるようです。

少し歩いて、館林城跡。

DSC_0307


徳川四天王の一人、榊原康政が石垣や天守を持つ近代的な城に作り変えたと言われています。

徳川綱吉も、館林城主となった時期もあります。

DSC_0308


近くには城沼があり、自然を利用した要塞とのこと。



最後に、正田記念館。

残念ながら、コロナ感染拡大により、見学は休止中。

DSC_0313


正田記念館は、1873年創業の正田醤油の歴史と伝統を学べる建造物。

雨が本降りになる前に、今日はこの辺で。


〜コラム・豆知識〜
正田醤油の創業者である(三代目)正田文右衛門は、日清製粉創業者の正田貞一郎の祖父。正田貞一郎も、館林製粉蠕瀘前は正田醤油で働いていた。なお、正田貞一郎は上皇后美智子様の祖父である。


kou_blue97 at 17:15|PermalinkComments(0)

2021年04月11日

桐生は日本の機どころ

上毛電鉄で、前橋市から桐生市へ。

『桐生は日本の機(はた)どころ』 

上毛かるたにも記されています。

「西の西陣、東の桐生」と称され、織物の町として繁栄した桐生市を歩きます(自転車)。


まずは、「絹撚記念館」

DSC_0226


かつていくつもの織物や染織の工場が存在していた、織都・桐生(しょくと・きりゅう)。

この建物は、その大工場の1つ、旧日本絹織株式会社のもと工場跡地。

現在のJR桐生駅南口は、昭和35年の農商務省の殖産興業施策によって、一帯が工場となっていました。

建築物としても市の指定重要文化財。

そして、日本遺産『かかあ天下−ぐんまの絹物語−」の構成文化財の1つでもあります。

〜コラム・豆知識 
日本遺産『かかあ天下−ぐんまの絹物語ー』。古くから絹産業の盛んな上州では、女性が養蚕・製糸・織物で家計を支え、近代では製糸工女や織手としてますます女性が活躍した。男たちは、おれの「かかあは天下一」と呼び、今では内に外に活躍する女子像の代名詞ともなっている。日本経済を、まさに天下を支えた日本の女性たち。


次に訪れたのは、「桐生織物記念館」

桐生織物の資料や展示等で、その歴史と伝統を学びます。

織物産地としての歴史は古く、1300年前に「白滝姫」が技術を伝えたとの言い伝え。

明治時代には、当時の最先端技術であるジャカード機などを導入し、近代的な生産体制を確立。

世界でも指折りの織物産地へと発展しました。

〜コラム・豆知識◆
桐生の織物、有史上は713年に税を絁(あしぎぬ)と定められており、この地では昔から絹織物が作られていた。1333年には鎌倉幕府を倒した新田義貞が、軍旗に桐生の絹を使用していたとされている。また、1600年の関ヶ原の戦いでは、徳川家康の依頼により旗絹を1日で2410疋を織り出し脚光を浴びたとの歴史がある。



そして、「桐生新町重要伝統的建造物群保存地区」

DSC_0231


今から約400年前に整備された織物業のまち、桐生新町。

桐生の歴史を物語る建造物として、重要伝統的建造物群保存地区として選定されています。

DSC_0242


有鄰館。

江戸時代に桐生に定着した近江商人が営んでいた醸造業の蔵群。

DSC_0241



お昼ご飯は、「藤屋本店」

DSC_0233


桐生名物、ひもかわうどん。

帯のように平たいうどんです。

DSC_0235


「ひもかわうどん」と呼ばれる由来は、いくつかあるようです。

・帯が川で洗われている様子

・愛知県の芋川うどんかた伝わった

・茹で時間が短いので、機屋で働く忙しい女性たちに好まれた。

DSC_0240


〜コラム・豆知識〜

群馬県は昔から小麦の一大産地で、今も全国4位の生産量。年間を通じて日照時間が長く、水はけのよい土壌が小麦の栽培に適しており、群馬県では江戸時代からうどんを食べる習慣があった。群馬三大うどんとして、「水沢うどん、桐生うどん、館林うどん」が有名。また、小麦の産地であることから、粉食文化としてうどんのほか、焼きまんじゅうやおっきりこみ等が有名。




桐生を満喫した後は、「わたらせ渓流鐵道」

桐生駅から渡良瀬川沿いに山を登る電車です。

DSC_0243~2


通称「わてつ」

DSC_0249


電車からの景色はこんな感じ。

トンネルがあったり、両脇が崖の切り開いた線路だったり、渡良瀬川も見えます。

大間々駅(おおままえき)に到着。

DSC_0251


大間々駅には車両基地。

トロッコ列車が休んでます。

DSC_0220


以上が、上毛電鉄(サイクルトレイン)→渡良瀬川→桐生の機どころ(歴史と伝統)→わたらせ渓流電鐵の旅でした。

来週は、何を学ぼうかな。


〜コラム・豆知識ぁ

紀元前2世紀には存在したというシルクロード(絹の道)。アジアとヨーロッパを結ぶ交易路。東の起点は長安や洛陽という説が主流だが、日本という説もあり、東の終着駅は織都・桐生という説も。夢とロマンは尽きない。




kou_blue97 at 17:49|PermalinkComments(0)

2018年07月14日

暑い夏には冷かけうどん

暑い。

今日は暑かった。



まずは、朝から住宅の草刈り。

暑かった。

汗びっしょり。

急いでシャワーを浴びて、身支度。

小学校へ。

公開授業です。

参観日ね。

授業は体育。

体育館、エアコンなんてない。

立って見てるだけで、汗だく。

帰宅して、すぐに身支度。

午後からは、フラッグの練習。

暑かった。

汗びっしょり。

そして、帰宅。

もう夕方。

こんな暑い日は、冷かけうどん。

美味しかった。

徳島が懐かしい。

徳島を去ってから15か月が経過。

徳島を去るときは、もうしばらくはうどんは食わなくていいやって思ってた。

うどんを美味しい思い出にしたかったから。

15か月ぶりのうどん。

美味しかった。

徳島では、すだちを無料でかけられたり、

薬味(ネギ、ショウガ、大根おろし等)が無料だったりしたのが、

とても懐かしい。

そば派の息子も、美味しくいただいてた。

俺は、最近はそば派になってたけど、うどんも美味しかった。

明日も超早起き(6時半には家を出る)だから、ゆっくり寝よう。

ちなみに、わが家の好きなタイプ。



息子 → そば派

娘 → うどん派

自分 → 甲乙つけがたし。徳島ではうどん。長野・山形ではそば。最近は東日本なので、そばばかり。

妻 → 信州信濃の新蕎麦よりも わたしゃ貴方の傍がいい。



kou_blue97 at 20:32|PermalinkComments(2)

2015年10月14日

物語の筆が進まない時には

アメフトの物語「もしアメフトの魅力を・・・物語を書くとしたら」も45話、50,546文字(原稿用紙約126枚分)まで書きました。

少し休憩。

次の試合の展開と結論の構成が固まってから、また書き始めます。

というわけで、最近食べた美味しいもので日々を振り返ります。



(1)板そば

22d4c4a7.jpg


夏休みに帰省した山形で板そばを食べました。

息子の自由研究のための取材です。

「徳島のうどんと山形のそばを比べてみました」

まあまあの出来栄え。




(2)鱧

1f8595ef.jpg


徳島で鱧を食べてみた。

鱧といえば、京都の夏の味覚の代名詞ですが、産地徳島で食べると手ごろな価格で味わえます。




(3)刺身

2959f705.jpg


太刀魚の頭とかスダチが添えられているのとか、徳島っぽいですね。




(4)北の味覚

6745d7b0.jpg


北海道のお土産をいただく。

大好きなマルセイバターサンド(六花亭)

そして、『新千歳空港で空港職員が自腹でも買いたいお土産スイーツ』2013年で第1位に選ばれた、焼きたてチーズタルト(きのとや)



(5)さぬきうどん

3d6d79a6.jpg



徳島に来て、お隣の香川県にはよく遊びに行きますが、なかなか讃岐うどんを食べる機会がなくて・・・。

というわけで、四国に住み始めて4年目にして、初の本場のさぬきうどん。

釜揚げうどん。

うん、美味しい。

お店によっていろんな特徴があるみたいだから、ほかの店も味わってみたいです。




さて、物語の再開はいつになるやら・・・。

kou_blue97 at 20:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月14日

徳島に来て3年。そこで何を考えるか。

徳島に来て、3年経ちました。早いなー。

訳あって、ちょっと時間に余裕があるので、「かけだし金融マンのblog」をもとに、3年を振り返ってみます。

徳島に住んで丸3年、そこで感じたことをとりとめもなく。



(1)すだち、ゆず、ゆこう

徳島に初めて来たその日、「すだちサイダー」を飲みました。

夏の暑さを吹き飛ばす爽快感。

刺身醤油にも、焼魚にも、どんなおかずにも、すだちを搾って真似てみました。

ゆずも、徳島が有名だと、少し遅れて気がついた。

そして、酸味が強過ぎずにまろやかなゆこう。

生の果実搾りはもちろん、果汁も捨てたもんじゃない。

ダシ醤油と果汁をブレンドして、自家製ポン酢。

すだち・ゆず・ゆこうの自家製ブレンドが楽しい。

マヨネーズにゆず果汁を垂らすと、生野菜がいくらでもイケるで!



(2)徳島ラーメン

とんこつベースの醤油味のスープに細麺。

これだけでもインパクトあり。

さらに、チャーシューのかわりに、豚バラ肉。

煮卵のかわりに、生卵。

衝撃度、ハンパない!



(3)阿波おどり

やはり感動の二拍子。無敵の二拍子です。

美しくて、力強い。女踊りと男踊り、静と動。

感動のひと時が味わえます。

しかも。踊れて本当に幸せ!



(4)スーパーの魚

スーパーで売ってる魚が違う!

ボウゼ、タチウオ、ハモ、ヨコ、グレなど。

面白い!



(5)鶏肉料理

徳島といえば、地鶏日本一の阿波尾鶏。

徳島じゃないけど、お隣の骨付き鳥とか、西日本で定番のモモ焼きとか。

鶏肉料理の文化は、西日本の方が色強い感触。



(6)うどん

ぼくは、うどんよりそばで育ったので、うどんと初めて触れあった感。

うどんなんて、風邪引いた時しか食べてなかった。

こんなに美味しいなんて。

奥が深い、かけうどん。

あつあつとか、ひやあつとか、ひやひやとかあるで。



(7)自然

何より、大自然。

海、川、山。

特に、清流とうず潮とか、素敵やん。




まだまだ、ええもんあるでぇ徳島。



kou_blue97 at 18:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月12日

ゆーき

雪ふりましたね。



雪との思い出は多すぎて書きれません。

生まれて27年間は雪国に住んでましたから。



いつか2人で行きたいな

雪が積もる頃に

生まれた街のあの白さを

あなたにも見せたい



そんな風に叫んだり。



とまあ、世間では雪で騒がしいようですが、我が家族は1日外にも出ず、お家引きこもりました。

胃腸炎が家族にも押し寄せてきたからです。



一番症状が重い妻を寝室で休ませて、パパ頑張ります。

朝ごはんは、おかゆ。

昼ごはんは、そーめんとホットケーキ。

夜ごはんは、野菜煮込みうどん。



俺も料理がうまくなってきたなーなんて感じながら、三連休がスタート。



かけだし金融マン(mixi)でした。



kou_blue97 at 07:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年01月29日

鍋焼きうどん

先週ちびまる子ちゃんで美味しそうな鍋焼きうどんをテレビで見てから、胃腸炎が治ったら鍋焼きうどん作ろうとずっと思ってました。



胃腸炎もだいぶ良くなった。



朝から娘とお散歩。

手をつないで横断歩道を渡って、踏切を越えて、いつもと違った公園で遊ぶ。

娘も満足したところで、鍋焼きうどんの材料を買いに駅前のスーパーに向かう。

途中、お花に水をやってたおばちゃんに、「パパとおつかいかい?いいねー」なんて声をかけられる。

ネギとシイタケとミツバと手羽先と油揚げとカマボコとうどんと卵を購入。

胃に優しくするためエビ天ぷらはやめるが、子供達の成長を考えて鶏手羽先を入れることにしようか。

大きな土鍋に適当にダシ汁を作って、鶏手羽先を煮る。

アクを取りながらシイタケ、ネギ、油揚げなどを入れ、うどんを煮込む。

最後は卵を4人分落として出来上がり。



やっぱり手羽先は子供達も大喜び。

僕も病み上がりに優しいうどんで温まる。

美味しく食べられるって幸せ。

イマイチ胃腸の動きは弱くて頼りないけれど。



かけだし金融マン(mixi)でした。



kou_blue97 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

【自己紹介】
・札幌生まれ札幌育ち
・現在は群馬在住
(←東京←徳島←千葉…)
・転勤族のサラリーマン
・ミスチル世代の団塊ジュニア

【好きなモノ】
・アメフト観戦
・ミスチル鑑賞
・子供とおでかけ
・転勤で知らない土地を満喫
・現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる
・小さな幸せのかけらを積み重ねる

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 小説は面白い。人生を学び、共感して、豊かになる。
  • 小説は面白い。人生を学び、共感して、豊かになる。
  • 小説は面白い。人生を学び、共感して、豊かになる。
  • 夏から秋に〜群馬の緑のある風景〜
  • 夏から秋に〜群馬の緑のある風景〜
  • 夏から秋に〜群馬の緑のある風景〜
  • 夏から秋に〜群馬の緑のある風景〜
  • 夏から秋に〜群馬の緑のある風景〜
  • 夏から秋に〜群馬の緑のある風景〜
  • 夏から秋に〜群馬の緑のある風景〜
  • 夏から秋に〜群馬の緑のある風景〜
  • 夏から秋に〜群馬の緑のある風景〜
  • 夏から秋に〜群馬の緑のある風景〜
  • 夏から秋に〜群馬の緑のある風景〜
  • 夏から秋に〜群馬の緑のある風景〜
  • 夏から秋に〜群馬の緑のある風景〜
  • 夏から秋に〜群馬の緑のある風景〜
  • 秋のはじまり〜未来を照らすakari〜
  • 秋のはじまり〜未来を照らすakari〜
  • 秋のはじまり〜未来を照らすakari〜
  • 秋のはじまり〜未来を照らすakari〜
  • 秋のはじまり〜未来を照らすakari〜
  • 秋のはじまり〜未来を照らすakari〜
  • Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)
  • Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)
  • Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)
  • Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)
  • Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)
  • 前橋から利根川沿いに北回り(サイクリング19辧
  • 前橋から利根川沿いに北回り(サイクリング19辧