昆虫食 を含む記事

2020年12月30日

2020年を振り返る

仕事納めも終わり、やっと年末モードになりました。

今年は、帰省もしないし、休みも少ないし、どこかに行こうかという雰囲気でもない。

のんびりと落ち着いた年末年始ですね。

それでは、blogで2020年を振り返ってみましょう。



<1月の記事>

「2020年初詣(リンク)」

息子が受験生だったので、昨年も帰省しない年末年始でした。そういえば。

帰省しないのは2年連続。

今までは帰省して、美味しいものをみんなで食べて、お酒を飲んで、スキーやスケートをしていたのが当たり前の幸せだったんだ。

改めて感じますね。

今年の1月は、学問の神様を祀る湯島天神で初詣。

なんだか、とっても昔のことのように思えます。



<3月の記事>

「娘の卒部(リンク)」

娘が3年間頑張ってきたフラッグフットボールチームからの卒部。

いろいろ娘も成長できたし、思い出もたくさんできた。

父は、チームに残ってます。


「卒業おめでとう(リンク)」

息子、無事に中学校を卒業。

娘、無事に小学校を卒業。

新型コロナウイルス感染症の拡大で、突然学校が休校になって、そしていきなり卒業式。

子供たちも、大変だったね。



<4月の記事>

「緊急事態宣言を発令(リンク)」

息子の高校入学式、娘の中学入学式、いずれも中止。

そして、緊急事態宣言の発令。

社会が変わり、生活が揺れる、そんな新年度のスタート。


「おうちで過ごそう(リンク)」

お家で過ごす日々。

子供たちも、学校へは行きません。

規則正しく生活して、しっかり勉強もする。

そして、せっかく家族の時間が出来たのだから、大切に過ごす。

人生ゲーム令和版が、大活躍。



<5月の記事>

「ゴールデンウィーク(リンク)」

いのちを守るステイホーム。

外出は、散歩と買い物のみ。


「緊急事態宣言を解除(リンク)」

非常事態の中、私たちの生活を守るためにご尽力いただいた皆さまには、本当に感謝しかありません。

子供たちの学校も段階的にスタート。


「(/ω\)ワーク(リンク)」

自分の仕事もテレワーク中心。

「tele = 離れた所」で「work = 働く」

先進的な会社では取り入れられていたけど、自分もやるとは思ってもいなかった。

オンライン飲み会もやってみた。

新しい生活スタイルのはじまり。



<6月の記事>

「アフターコロナの世界(リンク)」

世間でも、会社でも、「Withコロナ」と「Afterコロナ」という言葉がよく使われる。

14世紀のペストは、世界を恐怖のどん底に陥れた後、世界は新たな社会に向かい、ルネサンスが生まれた。

21世紀の新型コロナウイルスは、世界を混乱させ、経済を停滞させ、社会や生活に様々な制約を課した。その後、新たな社会が生まれ、どんな未来が待っているのか。

変化を受け入れ、進化し、新たな未来をつくろう。


「6月(リンク)」

息子と娘、遅ればせながら入学式、おめでとう。

わが家にカタツムリが来ました。

カタツムリとの新しい生活様式。


「テイクアウト(リンク)」

コロナ自粛が続いてます。

そして、生活の変化。

息子は、祖父に買ってもらったノートパソコンが手放せない生活(勉強や塾のオンラインも)。

家族揃って食卓に向かう回数や家族での散歩が増えました。

睡眠時間も長くなった。

気分転換や経済貢献を兼ねて、テイクアウトの利用も増加。

あと、実家から取り寄せた「美味しんぼ」がわが家の愛読書になりました。


<ヒダリマキマイマイのお家(リンク)>

カタツムリのお家のレイアウトをいろいろと考えてます。

子供の頃、LEGOでいろんな隠れ家とか秘密基地をつくった感覚と一緒なのかも。

童心に帰れますね。

おススメ。ぜひ。



<7月の記事>

「夏を涼しく(リンク)」


カタツムリネタが続きますね。

カタツムリのお世話が、俺のニューノーマル。


「コオロギを食べる娘(リンク)」

娘曰く
「社会の授業で昔の食べ物を習ったので、未来の食べ物は、食べ物自体が変わるのか、作り方が変わるのか気になって、調べたいと思った。」

昨年の夏休みの自由研究で未来の食卓を調べ、昆虫食に興味を持った。

そして、念願のコオロギせんべいを食べた。

娘の感想
「美味しいけど、どれがコオロギの味かわからない。」



<8月の記事>

「会社帰りにスマートライフ(リンク)」

そうそう、会社帰りにレンタル自転車(電動)に乗ってみました。

残業終わりのリフレッシュに最適。


「短い夏休み(リンク)」

コロナ禍の夏休み。

実家にも帰れず、旅行も出来ず、都内から出来るだけ出ない。

気分転換に、お台場までドライブとか。



<9月の記事>

「涼しくなってきたね(リンク)」

カタツムリのお家も、夏使用から秋モードへ。

暑い夏をよく乗り越えました。


「会社帰りにスマートライフ(其の弐)(リンク)」

残業終わりのレンタサイクルにハマった。

観光地を巡る。

オサレだけど、コロナ禍だから素通り。

東京タワーとか六本木ヒルズとか。

風と疲労感が、気持ち良い。



<10月の記事>

「世界遺産めぐり〜富士山〜(リンク)」

せっかく関東にいるんだから、世界遺産をめぐろう企画第1弾。

富士山(Mount Fuji)

3密にならないし、外だし、コロナリスクも少ないだろうということで。

北海道生まれの僕には、富士山はとても新鮮。


「世界遺産めぐり〜日光東照宮〜(リンク)」

せっかく関東にいるんだから、世界遺産をめぐろう企画第2弾。

日光東照宮

徳川家康を神格化した東照大権現を主祭神として祀られているという。

「見ざる、言わざる、聞かざる」で有名な三猿。

幼少期には悪事を見ない、言わない、聞かない方がいいという教え。

湯葉食った。


「秋の公式戦が開幕(リンク)」

何よりも、無事に大会が開催されて良かった。

特に6年生は最後のシーズンだから、なおさら。

ナイターも新鮮。



<11月の記事>

「札幌出張(リンク)」

札幌ラーメン美味しかった。


「東京を歩く〜2020年秋〜(リンク)」

神楽坂の石畳は風情がありました。

大手町もだんだんと冬モードのイルミネーション。



<12月の記事>

「シングルモルト(リンク)」

シングルモルトとは、大麦麦芽のみを使用し、単一の蒸留所でつくられたウイスキー。

そして、シングルモルトの最大の魅力は個性の違いを愉しめること・

クライヌリッシュ14年との出会い。


「熊本出張(リンク)」

馬刺しと米焼酎を大切な人たちと。


「2020年に読んだ本(リンク)」

大好きなジェフリー・アーチャー。

あとは、DXと銀行と農業関係が多いか。



以上、2020年に掲載したblog記事は、26(これを含めて27)。

振り返ると、やっぱりコロナ禍で日常も生活も大きく変化しました

卒業式も入学式も、仕事も学校も、休みの過ごし方も。

良かったことは、家族の時間が増えたことだけか。

個人的には、DXとカタツムリとレンタサイクルとシングルモルトかな。

カタカナばかりだね。



本年も、社会や生活が混乱し、変化し、制約が課せられましたが、無事に年末を迎えることができました。

皆さまのおかげです。

ありがとうございました。

お世話になりました。

良いお年をお迎えください。

来年も、よろしくお願いいたします。














kou_blue97 at 22:51|PermalinkComments(0)

2020年07月26日

コオロギを食べる娘(昆虫食)

2019年、夏。

かけだし娘は、夏休みの自由研究で「未来の食卓」について調べた。

「未来の食卓」の記事はこちら

社会の授業で昔の食べ物を習ったので、未来の食べ物は、食べ物自体が変わるのか、作り方が変わるのか気になって、調べたいと思った。

<昆虫食>

・世界の人口は現在76億人、2050年には98億人に達すると予測されている。
・人口が増えると問題になるのが食料である。現在すでに約8億人もの人々が十分な食料もなく暮らしている。
・経済成長が進むと食生活の中心が肉や魚に変化するが、途上国が今後経済成長し肉や魚の需要が拡大すると、たんぱく質が圧倒的に不足すると考えられている。

・こうした中、新たなタンパク源として注目されているのが、昆虫である。
・昆虫は、必須アミノ酸を多く含む良質たんぱく質にすぐれ、ミネラルなども含んでいる。
・昆虫は、与えるエサによって栄養素や風味をコントロールしやすい。
・昆虫は、狭い土地で大量生産可能であり、食べられる部分が多く、短期間で大きくなるためコストが低い。

「虫を食べること」に対する心理的な抵抗をなくすことが課題。
原型を無くして、虫だと分からなくすればいいのかなぁ。
(以上、「かけだし娘『未来の食卓』」より抜粋)



2020年、夏。


あれから約1年。

昆虫食を食べる機会に恵まれました。

HORIZON_0002_BURST20200724115745620


昆虫の自動販売機。

DSC_0081


「昆虫食いかがでしょうか?」

DSC_0085


初心者コースから。

HORIZON_0002_BURST20200724120021618


次世代良質昆虫Food

国連も推奨。

DSC_0088


スーパーコオロギおつまみせんべい。

S.K.O.S

かけだし娘、曰く。

「美味しいけど、どれがコオロギの味かわからない。」



kou_blue97 at 19:50|PermalinkComments(0)

2019年12月29日

未来の食事

【未来の食卓】

○社会の授業で昔の食べ物を習ったので、未来の食べ物は、食べ物自体が変わるのか、作り方が変わるのか気になって、調べたいと思った。


<昆虫食>

・世界の人口は現在76億人、2050年には98億人に達すると予測されている。
・人口が増えると問題になるのが食料である。現在すでに約8億人もの人々が十分な食料もなく暮らしている。
・経済成長が進むと食生活の中心が肉や魚に変化するが、途上国が今後経済成長し肉や魚の需要が拡大すると、たんぱく質が圧倒的に不足すると考えられている。

・こうした中、新たなタンパク源として注目されているのが、昆虫である。
・昆虫は、必須アミノ酸を多く含む良質たんぱく質にすぐれ、ミネラルなども含んでいる。
・昆虫は、与えるエサによって栄養素や風味をコントロールしやすい。
・昆虫は、狭い土地で大量生産可能であり、食べられる部分が多く、短期間で大きくなるためコストが低い。

「虫を食べること」に対する心理的な抵抗をなくすことが課題。
原型を無くして、虫だと分からなくすればいいのかなぁ。


<培養肉>

・培養肉とは、生きた家畜の幹細胞を培養して食用の肉として作ったもの。
・培養肉は完全に閉鎖式の製造システムの中で作られるので、徹底したシステムやデータ管理が可能であり、安全、安心が確保。
・二酸化炭素やふん尿などの問題がなく、環境にやさしい。
・大きな畜舎などが必要なく、生産性が高い。


<3Dフードプリンター>

・3Dフードプリンターとは、食材をインクのようにカードリッチに詰めて、レシピに沿って立体的な料理を出力するもの。
・個人ごとの健康状態やアレルギー、趣味や嗜好に対応した食事が提供できる。
・食事を作る手間は省け、理想の栄養バランスを確実に実現できる。


○調べてみて、未来の食事は今あるものを便利にしたり、食べられるものに変わったりしていた。食べてみたいものもあれば、あまり食べたくないものもあった。料理の仕方が変わっただけではなく、食べ物自体も変わっていた。これからの食生活にどのような変化が起こるのか楽しみ。


<2019年夏 かけだし娘の自由研究>


 


kou_blue97 at 22:30|PermalinkComments(0)
Profileです。

kou_blue97

【自己紹介】
・札幌生まれ札幌育ち
・現在は群馬在住
(←東京←徳島←千葉…)
・転勤族のサラリーマン
・ミスチル世代の団塊ジュニア

【好きなモノ】
・アメフト観戦
・ミスチル鑑賞
・子供とおでかけ
・転勤で知らない土地を満喫
・現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる
・小さな幸せのかけらを積み重ねる

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 2022年 新年のごあいさつ
  • 2022年 新年のごあいさつ
  • 2022年 新年のごあいさつ
  • 2022年 新年のごあいさつ
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 2021年を振り返る
  • 群馬スタリオンズ〜20年ぶりのアメフト〜
  • 群馬スタリオンズ〜20年ぶりのアメフト〜
  • 群馬スタリオンズ〜20年ぶりのアメフト〜
  • 群馬スタリオンズ〜20年ぶりのアメフト〜
  • 群馬スタリオンズ〜20年ぶりのアメフト〜
  • 群馬スタリオンズ〜20年ぶりのアメフト〜