ヅ豕

2022年08月31日

2022年〜夏が過ぎ、風あざみ〜

夏が過ぎ 風あざみ



2022年の夏も少しずつ暑さが和らぎ

夜風も心地よい涼しさを感じる今日この頃

皆様、いかがお過ごしですか?

単独ではブログの記事にならなかった写真たちを

急遽、大公開。

(妄想シリーズが続いたので早く現実に戻りたい)



1.群馬の緑の美しさ

DSC_2301

ここは群馬の森。
緑の空気を散策し、木陰でちょっと読書したり。


2.群馬の森の美術館

DSC_2304

群馬県立近代美術館。
うるわしき薔薇「バラ図譜」の展示を眺める。


3.黒と緑の縦縞で瑞々しいやつ

DSC_2338

スイカは90%が水分。
水分補給や身体を冷やす効果もあり夏には最高の野菜。


4.プチプチ弾ける黄色いやつ

DSC_2343~2


タンパク質や糖質に加えビタミン・ミネラル・食物繊維も豊富。
夏バテによる疲労回復や栄養補給に効果的。


5.まだ未成熟な畑の肉

DSC_2340

青々として栄養満点の枝豆。
大きくなったら畑の肉と呼ばれる大豆になります。


6.道に迷わないために照らす灯り

HORIZON_0001_BURST20220717170639386_COVER

地域の灯籠展示。
娘と一緒にお手伝い。

HORIZON_0001_BURST20220717190457909_COVER

夜は明るく灯ります。


7.肉の駅の揚げたてのやつ

DSC_2260

肉の駅で揚げたての「上州麦豚メンチカツ」
味だけではなく、車の内装色とのコントラストも絶妙。


8.夏の自炊メニュー

DSC_2351

冬は忙しくて気持ちも乗らずにあまり自炊できず。
夏の自炊はこんな感じ。

DSC_2273

鉄スキレットも半年ぶりの登場。
肉も焼き焼き。


9.片品ブリューイング

HORIZON_0001_BURST20220817172242104_COVER

片品村の尾瀬から流れる水で作られたクラフトビール。
2022年に誕生した個性豊かなビール。




10.あたしゃあなたのソバが良い

DSC_2373

夏は蕎麦が食べたくなります。
昔は夫婦喧嘩と夏の蕎麦は犬も食わないと言われるけど、美味しい。

DSC_2320

野菜たっぷりの冷やしたぬきそば。


11.青と白と緑の風景

DSC_2353

ブルー、ホワイト、グリーンそして楕円形のボール。
癒しのひと時。




kou_blue97 at 23:26|PermalinkComments(0)

2022年05月28日

バラとお寺を見に来たろう〜東京散策〜

車で30分ちょっとでこんなところがあったんだ。

東京散策シリーズです。

<神代植物公園>

東京都内随一として開園した調布市の植物公園。

HORIZON_0001_BURST20220522111009079_COVER


国際ばらコンクールで受賞したバラ。
(バラ目バラ科バラ属)

HORIZON_0001_BURST20220522111259652_COVER


しゃくなげ園のローダーズ・ホワイト。
(ツツジ目ツツジ科ツツジ属)

DSC_2023


水面のハス。
(ヤマモガシ目ハス科ハス属)

DSC_2028


食虫植物ウツボカズラ。
(ナデシコ目ウツボカズラ科ウツボカズラ属)

DSC_2029


南国の花ハイビスカス。
(アオイ目アオイ科フヨウ属)



<深大寺>

日本三大だるま市で知られる調布市の仏教寺院。

DSC_2031


そばぱん。

蕎麦で有名な深大寺にちなんでそば粉を使った名物。

DSC_2034


鬼太郎茶屋。

鬼太郎とねずみ男がお出迎え。

DSC_2036


「ゲゲゲの鬼太郎」の生みの親である水木しげる氏が半生を過ごしたのが、ここ調布とのこと。

DSC_2035


屋根の上には、妖怪おとろし。



都会の喧騒から離れられる素敵な散策が楽しめます。

ぜひ、深大寺と神代植物公園へ!



(注)ちなみに、東京に住んでいますが、住んでいる場所は都会の喧騒は味わえません。






kou_blue97 at 22:27|PermalinkComments(0)

2022年05月04日

初めて都電(東京さくらトラム)に乗ってみた!

一度は乗ってみたいと思っていた都電荒川線。

2017年からは「東京さくらトラム」という愛称に。

というわけで「初めて都電に乗ってみた!」という話です。



<都電>

1943年に誕生した東京都電車。

通称、都電と呼ばれる路面電車です。

歴史は古く、その前身は1882年の東京馬車鉄道から。

最盛期である1955年には、営業距離は約213辧40路線を擁していた日本最大の路面電車となる。

現在は、荒川区の三ノ輪橋停留場と新宿区の早稲田停留場を結ぶ荒川線1路線(12.2I)のみが運行。



<早稲田停留場>


DSC_1979


早稲田停留場(新宿区)からのスタート。

早稲田大学が近くにあります。

DSC_1980


始発駅。

車両は1両のみ。



<王子駅前停留場>

豊島区を通過して、北区へ。

王子駅前停留場で下車。

DSC_1981


反対側の電車もカラフル。

いろんなカラーが都民に彩りを。

DSC_1984


旧渋沢庭園として有名な飛鳥山公園。

渋沢栄一の旧邸跡の庭園であり、国の重要文化財に指定される建物が。

公園内の渋沢栄一資料館にも立ち寄り。



<飛鳥山停留場>

DSC_1986


飛鳥山停留場から再び都電に。

HORIZON_0001_BURST20220503121351649_COVER


運転士のみもワンマン運転のため。車掌席からのゆっくり線路を望めます。

都電荒川線の沿線にはキレイなバラの植栽が。

DSC_1987


線路は続くよどこまでも。

HORIZON_0001_BURST20220503123712484_COVER


東京都内なんだけど、どこかのどかで、ずっと見ていられる光景。



<三ノ輪橋停留場>

三ノ輪橋停留場(荒川区)が終着駅。

1913年に王子電気軌道の停留場として開業した歴史ある駅。

都電で唯一、関東の駅百選にも選定。

HORIZON_0001_BURST20220503124015753_COVER


バラの花壇が見頃です。

HORIZON_0001_BURST20220503123953995_COVER


都電とバラ。

DSC_1990


キレイなバラにはトゲがあるのさ。

都電に並行してジョイフル三ノ輪というアーケードの商店街が。



<都電屋(都電カフェ)>

DSC_1992


父が好きそうな鉄道コレクションに囲まれたカフェ。

HORIZON_0001_BURST20220503131323004_COVER


ご当地バーガーを自称する「三ノ輪バーガー」

HORIZON_0001_BURST20220503134216197_COVER


帰りも最後方の位置をゲット。

HORIZON_0001_BURST20220503134236492_COVER


遠ざかる…

DSC_1994


豊島区のあたり。



東京都内では、もはや貴重な存在となっている路面電車。

100年以上の歴史を誇る都電「荒川線」

早稲田から三ノ輪橋まで、1両でのんびり。

車両ごとの華やかな車体カラーもまた、いとをかし。

民家の横を走ったり、交差点で信号を待ったり。

団塊世代の青春ノスタルジーを彷彿させます。

東京都の歴史と文化と伝統。

これもまた、東京都の1つの顔。






kou_blue97 at 10:53|PermalinkComments(0)

2021年12月02日

東京を歩く〜家族で過ごそう〜

東京の街中を歩いてみても、秋が見つかります。

HORIZON_0001_BURST20211127093546731_COVER


秋晴れの11月下旬。

娘の学校に行ってきました。

土曜授業公開です。

娘はもう中学生。

あと何回、参観日に行けるかな?

たぶん、数えるだけになっちゃうね。

なんて考えながら、グループ発表を見てきました。

中学2年生ともなると、来る親も少なくて、目立てます。

ごめんよ。


DSC_1478


久しぶりに家族4人が揃ったので、東京散策。

<東京都庁舎>

DSC_1480


新宿区西新宿(新宿副都心)

「バブルの塔」とか「タックス・タワー」とか呼ばれたこともあるようです。

DSC_1481


<ユックリズム振り子時計>

世界最大の振り子時計としてギネスブックにも掲載されたことが。

HORIZON_0001_BURST20211128122744755_COVER


<戸越銀座>

食べ歩きの町といえば、戸越銀座商店街。

全長1.3劼抜愿賤数の長さ。

TRIPART_0001_BURST20211128125219082_COVER~2


最近話題の台湾からあげ。

台湾大鶏排(ダージーパイ)

かぶりつく息子。

ほかにもいろいろ食べたよ。

・おでんコロッケ
・はんぺんチーズ
・メンチカツ
・中津からあげ
・鯖コロッケ
・おめで鯛焼き
・たこ焼き

HORIZON_0001_BURST20211127161900204_COVER~3


ゲームセンターで遊ぶ娘。


久しぶりに、家族でゆっくり過ごした。
単身赴任生活は、新鮮で自由で充実。
でも、家族で過ごす時間が一番幸せ。
本心からそう思えるのは、離れた時間ができたからかな。
家族で過ごす時間の大切さをみんなで再認識できたね。


家族と離れて暮らして、毎日一生懸命働いている。
「何のために 頑張ってる?」
とか言いながら分かってる
守りたい大切な人がいるから。


東京を家族で歩いてみた。
家族の大切さが身に染みた。
Mr.Childrenの「東京」を聴きながら。
〜2021年12月〜





kou_blue97 at 18:58|PermalinkComments(0)

2021年03月25日

ありがとう東京

東京で過ごした4年間。


東京を象徴しているロボットみたいなビルの街で4年間、目一杯、精一杯、働いた。何のために、誰のために、頑張らなければならないのかわからなくなる時もあった。
でも、同じビルで働いている仲間たちは、みんな優しくて、みんな最高だった。

だから自分も頑張れた

東京と言えども、生活圏内の杉並や練馬は、それなりに緑もあった。
息子は、中学に入学するタイミングで見知らぬ東京に引っ越した。慣れない環境でも、めげずにコツコツと頑張り、行きたい高校に入った。
娘は、小学校の途中で転校となったけど、友達が家によく来たりしてた。新しく始めたフラッグフットボールも、体力がなく苦しみながらも、3年間頑張った。
妻は、忙しい自分が家のことを何もしない中で、家のことも子供たちのことも、しっかりと頑張ってくれた。

だから自分も頑張れた

フラッグフットボールの子供たちも、コーチの仲間たちも、たいした指導もできない自分を温かく迎えてくれた。子供たちも一生懸命に頑張った。青空と緑の芝生とたまに固い土、子供たちの頑張る顔と笑顔に元気をもらえた。


だから自分も頑張れた



正直、この4年間は忙しくて、しんどかった。
でも、東京に来て、この4年間を過ごせて本当に良かった。
とても充実した日々だった。
そして、人間的に成長できた。
これもすべて、周りにいてくれた人たちのおかげです。
本当に感謝しかありません。

人生で、東京に住むことは二度とないかもしれないけど、とても大切な思い出になったよ、東京。

ありがとう。

TRIPART_0001_BURST20210318075134711_COVER




kou_blue97 at 08:00|PermalinkComments(0)

2021年03月22日

緊急事態宣言が全面解除(令和3年3月21日)

緊急事態宣言が2か月半で全面解除。

緊急事態宣言下のコロナ支援。



【養殖真鯛を食らう(高知)】

<お刺身>

DSC_0085



<づけ丼>

CENTER_0001_BURST20210109133951304_COVER~3



【若鶏を食らう(小樽名物)】

<なるとキッチン>

DSC_0142


<若鶏半身>

DSC_0143




感染再拡大の防止策を徹底して、経済も回そう。





kou_blue97 at 21:56|PermalinkComments(0)

2021年01月08日

2021年1月7日 緊急事態宣言を発令

2021年1月7日(木)、仏滅。

新型コロナウイルス感染症の拡大のため、1都3県に緊急事態宣言の発令。
(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)

・不要不急の外出の自粛の徹底(特に午後8時以降)
・飲食店への営業時間と酒類提供の制限を要請。
(営業は午後8時まで、酒類提供は午後7時まで)
・出勤者の7割削減を目指す
・テレワークやローテーション勤務などを強力に推進
・時差出勤や自転車通勤などの取組みを進める
・イベントは収容人数の約半分(最大5千人)。
・一律に臨時休校は求めない
・地域の実情に応じた感染防止策の徹底
・入学試験などは万全の感染防止策を期して実施


新型コロナウイルス感染症の拡大防止のための対策を徹底して、この難局を乗り切ろう。



kou_blue97 at 22:23|PermalinkComments(0)

2021年01月06日

2021年 新年のごあいさつ

2021年 謹賀新年

仕事も学校も日常も始まりました。

本年もよろしくお願いいたします。

新年早々、コロナ拡大の状況ですが、皆さまのご健康とご多幸を心からお祈り申し上げます。



<門松>

DSC_0082~3


神が宿るのを待つ。



<書き初め>

DSC_0070


事始めに書きたい言葉。

心構えや豊富よりも、何よりも、感謝。



<幸運のシンボルである縁起もの>

DSC_0056~6


ヨーロッパでは、「前にだけ進む」カタツムリは、縁起よく幸運を運んでくるもの。

日本では、古くから「長命、幸運、幸福、慶び」のシンボルとして、神聖な生き物。



それでは、本年もよろしくお願いいたします。




kou_blue97 at 22:52|PermalinkComments(0)

2020年12月19日

シングルモルト

シングルモルトとは、大麦麦芽のみを使用し、単一の蒸留所でつくられたウイスキー

大麦麦芽のみを使用したウイスキーを『モルトウイスキー』、『モルトウイスキー』とトウモロコシなどを原料とした『グレーンウイスキー』を混和したものを『ブレンデッドウイスキー』と呼びます。

『ブレンデッドウイスキー』が様々な特長を持つウイスキーを絶妙な技術でブレンドし、バランスのとれた味や香りを追及しているのに対し、『シングルモルトウイスキー』はその蒸溜所の個性やこだわりがそのまま反映されているのが特長です。

この間、「厚岸 シングルモルトウイスキー 寒露」を飲みました。

HORIZON_0002_BURST20201107173638683


潮気を含んだ深い霧、清澄な空気、豊富な泥炭。

北海道・厚岸の風土が新たなジャパニーズウイスキーの風味をつくり出しています。

厚岸蒸留所では、スコットランドの伝統的な製法で、アイラモルトのようなウイスキーを造りたいとの想いでウイスキー蒸留が始まったようです。

これを契機に、スコッチウイスキー・シングルモルトに興味を持ちました。



そしてまた、スコッチウイスキー・シングルモルトを飲む機会がありました。

DSC_0040~2


飲みやすくて、美味しかった。

もう1回飲みたいと思った。

ウイスキーをもう1回飲みたいと思ったのは、人生初かも。

そして、シングルモルトの奥深さを感じた。



<ザ・グレンリベット12年/THE GLENLIVET>

IMG_zd0iq




<グレンフィディック12年/GLENFIDDICH>

DSC_0054~2




<クライヌリッシュ14年/Clynelish>

1608085838321~2




<竹鶴21年ピュアモルト>

22d075b8.jpg




シングルモルトの最大の魅力は個性の違いを愉しめること

シングルモルト・スコッチウイスキーの銘柄ごとの個性

・麦の違い
・仕込み水の違い
・蒸留器の違い
・製法の違い
・熟成樽の違い
・貯蔵環境の違い



kou_blue97 at 23:22|PermalinkComments(0)

2020年12月06日

東京を歩く〜2020年秋〜

<国営昭和記念公園>

毎年恒例、「紅葉を見に行こうよう」企画。

今年は、国営昭和記念公園。

「みどりの文化ゾーン」

DSC_0515~2


ススキ(イネ科ススキ属)で秋を感じる。

東京都にも茅場あり。

昭和天皇記念館で文化的な嗜みも。

「森のゾーン」

HORIZON_0002_BURST20201123133420388~2


カエデ(ムクロジ科カエデ属)で秋深きを感じる。

DSC_0513~2


残念ながらイチョウ(イチョウ科イチョウ属)は枯れておりました。



<ファーレ立川>

秋といえば、芸術の秋。

イタリア語の「FARE(創る・創造する、生み出す)」に立川の頭文字“T”をつけた「ファーレ(FARET)立川」。

世界36か国92人の作家による109点のパブリックアート。

DSC_0526


NO.73「サンデー・ジャック・アクパン」

ナイジェリアのアートです。

ちなみに、ナイジェリアの首都はアブジャ。
(息子が地理のテストで勉強している)



<江戸川河川敷>

江戸川。

利根川水系の分流である一級河川。

現在でも、天然ウナギが獲れるらしい。

江戸川河川敷 篠崎グラウンド。

交流戦前のウォーミングアップ。

秋といえば、スポーツの秋。

BlogPaint


秋深き 隣は何を する人ぞ



kou_blue97 at 20:46|PermalinkComments(0)
Profileです。

kou_blue97

【自己紹介】
・札幌生まれ札幌育ち
・現在は群馬在住
(←東京←徳島←千葉…)
・転勤族のサラリーマン
・ミスチル世代の団塊ジュニア

【好きなモノ】
・アメフト観戦
・ミスチル鑑賞
・子供とおでかけ
・転勤で知らない土地を満喫
・現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる
・小さな幸せのかけらを積み重ねる

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • 恋人の聖地と黄金の湯に癒されて(第17話)
  • 恋人の聖地と黄金の湯に癒されて(第17話)
  • 恋人の聖地と黄金の湯に癒されて(第17話)
  • 恋人の聖地と黄金の湯に癒されて(第17話)
  • 惚れた病と湯花の香り(第16話)
  • 惚れた病と湯花の香り(第16話)
  • 惚れた病と湯花の香り(第16話)
  • 2022年〜夏が過ぎ、風あざみ〜
  • 2022年〜夏が過ぎ、風あざみ〜
  • 2022年〜夏が過ぎ、風あざみ〜