て租

2019年01月12日

2018年最後の幻想的な感動

徳島での数多くの印象的な思い出の1つが、大塚国際美術館のシスティーナ礼拝堂。

普段、テレビをほとんど見ないため、「米津玄師」の存在も「Lemon」という曲さえも知らなかった僕は、画面に映りだされた長い階段にロウソクが灯る映像を見て、「あ、大塚国際美術館だ。」とただ思い、歌手が歌う後ろの天井と壁画を見ても、「システィーナ礼拝堂、懐かしいなぁ。」としか、思わなかった。

「Lemon」という曲。メロディくらいは耳にしたことがあるかもしれないくらいなので、ほぼ初めて聴くに近い歌。当然、歌詞もしっかり入ってくるわけもない。ダンスが表現しようとする意味もよくわからない。

それでも、米津玄師と歌声とダンサーとシスティーナとロウソクの光が生み出すパフォーマンスと世界観は、幻想的であり芸術的であり、圧巻。鮮烈な印象。

2018年を締めくくるに相応しい感動。

ありがとうございました。



#その後のMISIAの歌唱力も圧巻かつ感動

#感動で心を豊かにする歌の力強さは素晴らしい

#録画で何度も何度もリピートして家族に呆れられる

#娘と2人でカウントダウンに合わせてジャンプして新年を空中で迎えられました



2016年10月に家族で行った大塚国際美術館のblogの記事はこちら。
大塚国際美術館 ←ここをクリック

その時のシスティーナ礼拝堂の写メ。

6280a834[1]















kou_blue97 at 21:21|PermalinkComments(0)

2017年04月01日

ありがとう徳島

ありがとう徳島!

DSC_0591


ありがとう鳴門鯛(刺身)

DSC_0581


ありがとう阿波尾鶏(串焼き)

DSC_0583


ありがとう阿波尾鶏(親子丼)

DSC_0580


ありがとう骨付き鳥

DSC_0538


ありがとう阿波ポーク

DSC_0587


ありがとう徳島の野菜

DSC_0585


ありがとう徳島のうどん

DSC_0590


さようなら徳島!

DSC_0589



kou_blue97 at 17:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年03月19日

まぜ(南風)吹く海陽町

徳島県に来て4年8か月。

なんと、妻と子供たちはまだ海陽町に行ったことがないとのこと。

行かねば。



<宍喰大手海岸>

広がる砂浜。

DSC_0545


切り株はどこからたどり着いたんだろう。



自然自体がアスレチック。

BlogPaint


自然があれば、それだけで楽しいね。

BlogPaint


次は新4年生の娘。

4年生に向けて、昨日買ったばかりの靴。

さっそく水没。

天日干し中。

DSC_0546




<漁火の森公園>

船の遊具。

DSC_0552


船の名前は、「遊遊丸」。

DSC_0547


船からは海が眺めます。



<海陽町ピクニック公園>

気球をイメージしてるらしいで。

DSC_0554


春。

DSC_0550


梅かな?桜かな?

桜といえば、今日は宮脇咲良さんの誕生日。


<大砂海岸>

海。

DSC_0561


砂浜もいいけど、岩場も風情があります。

DSC_0560


いやー、海には癒される。

DSC_0562


妻と子供たち、徳島県内24市町村を制覇!!




kou_blue97 at 20:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月12日

海とピアノの週末

<カワイ入賞記念コンサート>

DSC_0487


先生と連弾

DSC_0483


とっても上手に弾けました。




<大神子海岸>

海+松=日本人の癒し。

飲み会が続く3月なので、大自然で気分転換。

DSC_0520


海が好きだー。

DSC_0501


きれいな石探しと、石の水切りで夢中な子供たちを放っておいて。

BlogPaint


キャッチボール。

DSC_0493


220cmは届くけど、230cmには届かない〜



<日峰大神子公園>

久しぶりの遊具。

DSC_0523


競争。

BlogPaint


ドラえもんの世界なら動くのにね。



とっても暖かい春の陽気。

桜の花も、芽をさましそうなくらい。





kou_blue97 at 19:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月05日

ウメは咲いたか、サクラはまだか

今日の徳島。


寒さの中、ほのかに感じる暖かさに心が・・・

というよりも、

聞こえ始めた春の足音に心が・・・

という感じでした。


DSC_0472


梅一輪 いちりんほどの暖かさ 

春の訪れ告げるミツバチ

ウグイスも

DSC_0474


梅の花言葉は、「高潔」「上品」「忠実」。

ウメは咲いたか、サクラはまだか〜




徳島県は神山町。

「阿川梅の里」

30haに1万6千本の鶯宿梅(おうしゅくばい)

DSC_0463


案山子も梅を見に来てました。

DSC_0467


「ほら、あそこの梅の木がきれい!」

鶯宿梅。

鶯(うぐいす)が宿る梅。

色づいてる花。

DSC_0468


白い花。

DSC_0466


徳島は清流の宝庫。

DSC_0462


癒されます。

たくさんの案山子達が出迎えてくれました。

DSC_0476


そして、「すだちち」。




kou_blue97 at 18:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月04日

徳島の美味いもんようけ食べるんじょ

今週も、徳島の美味しいもの食べました。

とっても美味しすぎて印象に残ったものたち。



まずは、 「蓮根ほくほく揚げ」

とくしまマルシェで買った立派な蓮根です。

理りレンコン。

いつもは輪切りにして触感も楽しみます。

今回は、繊維に沿って縦に切って揚げてみました。

DSC_0456


なんだこのホクホク感。

そして、甘さが口の中に広がります。

DSC_0457


甘酒も美味しいです。



次に、 「天恵擇療靴廚蕁

大きな椎茸です。

DSC_0458


こちらは肉厚感。

そして、旨味もたっぷり。



最後に、 「柚子香るラーメン」

DSC_0455


柚子の香りが良い感じです。



うん。

なかなか痩せられないね。





kou_blue97 at 20:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月26日

とくしまマルシェ&オーガニックエコフェスタ

なんだか今週は大阪に行ったり、なんだかんだでバタバタでしたら、今週でした。

「とくしまマルシェ」

今月は、これ。

compressed-1-1[1]


「肉肉しい!ジャストミートフェア!!」

・阿波尾鶏シュウマイ
・神山鶏鉄板焼き
・彩どりかいふ藻塩のからあげ

写真撮り忘れたけど、子供たちも腹いっぱい食った。



そして、旬の野菜たち。

DSC_0448


・蓮根(理りれんこん)
・イチゴ(うずしおベリー)
・なると金時
・ぽんかん

みんな、作った人が自分で売っていたので、顔が見えるところがマルシェの良いところ。

家庭を彩るお花も買いました。

DSC_0447


・アリウムコワニー

小さいお花がとってもキュート。



そして、次にこちらへ。

「オーガニック・エコ・フェスタ」


アスティとくしまで、行われていました。

BlogPaint


なかなかの賑わい。

「アニメのまち・とくしま」ならではのPRポスター。

DSC_0437


そして、ゆるキャラたちも大集合。



「ふじっこちゃん」

BlogPaint


石井町の花である藤から生まれた妖精です。

藤の花をかたどった髪の毛と、どこにでも飛んでいける羽が特徴。



「ちっかーず」

DSC_0435


徳島県小松島市の名産品である「竹ちくわ」がモチーフ。

徳島では、「ちくわ」のことを「ちっか」といいます。

本来は、6人のグループでちっかーず。

鉢巻と名札の色が6色あるそうです(赤、青、緑、紫、オレンジ、ピンク)。

顔は「すだちくん」にそっくり!



「ゆずかっぱ」

DSC_0443


徳島県の木頭(きとう)という山奥でうまれた、かっぱと木頭ゆずのキャラクター。

将来の夢は、木頭にコンビニを!らしい。



「かわに〜ズ」

BlogPaint


「かわに〜ズ」は、全部で7匹。

・よしのがわに〜(リーダー)
・きゅうよしのがわに〜
・しんまちがわに〜
・かつうらがわに〜
・いのおがわに〜
・そのせがわに〜
・あくいがわに〜



「あいのすけ」


DSC_0438


藍住町のあいのすけ。

まるい眼鏡からのぞくつぶらな瞳がチャームポイント。



オーガニックフェスタでは、たくさんの有機野菜や有機食品がPRされてました。

いろいろと美味しくいただきました!





kou_blue97 at 20:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月24日

徳島→大阪

この記事を書くと、各方面から多大な突っ込みをいただくかも〜

という覚悟で、それでも書きます(笑)



事務所で夕方まで仕事を終え、高速バスで徳島→大阪。

明石海峡大橋を越えて、神戸のあたりから大渋滞。

眠れないし、暇すぎる。

ちょっとだけ、携帯を開く。

速攻で、酔いました。

3時間弱のバス旅の、ラスト1時間は、バス酔いとの戦い。

頑張った。

バスを降りて、ホテルに駆け込む。

嘔吐。

昼は軽めだったから、胃液しか出ない。

あと、いろはす(水)だけ。

10分間、ベッドで横になり、休憩。

10分後、行動開始。

そして、予定時刻にアメフト同期と合流。



<1軒目>

大阪といえば、お好み焼き。

3日前から決めてました。

そして、気持ち悪いのに、おつまみは「イカキムチ」。

でも、美味しくて、だんだんと気分は復活。

そして、お好み焼き。

DSC_0399


美味しい。

次のお好み焼きを頼もうか、それとも焼きそばかと悩む。

あえて、腹4分目で、次に行く。



<2軒目>

雨が降ってきたので、移動は最低限に。

大阪といえば、串カツ。

DSC_0401


・元祖串カツ
・まぐろのほほ肉
・牛タンのつくね
・エリンギ
・タラの芽
・うずら

美味しい。

なんだか、まだまだ食い足りないけど、まだたこ焼きを食べてない。

あえて、腹7分目で、次に行く。



<3軒目>

たこ焼きをつまみに飲めそうな店を探す。

雨だから、移動は最低限で。

見つからない。

たこ焼き屋さんはないけど、明石焼き屋さんはあった(笑)。

明石焼き。

DSC_0402


美味しい。

DSC_0403


美味しいだけじゃなく、お酒の締めにもいいかも。

ラーメンよりは良いと信じたい。

そんな、大阪の夜。

翌日は、真面目に、そして一生懸命に、仕事を頑張りました。



「何しに行ったんだ!」

「食べすぎだろ!」



突っ込みどころが満載。




kou_blue97 at 18:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月28日

阿波の風景(しらさぎ大橋)

土曜日の午前中は子供たちのスイミング。

元気に泳ぐ子供たちに負けじと、ちょっと外に出てウォーキング。



「阿波しらさぎ大橋」

DSC_0287


干潟に生息する生物や飛来する渡り鳥に配慮した構造らしい。

干潟部に橋脚を建てることがないよう支間長を長くしたりと工夫がみられます。

DSC_0288


「吉野川河口を歩こう」

思わずじっくり見てしまう案内板。

DSC_0294


「一級河川 吉野川」

DSC_0289


階段を上れば、こんな感じのロケーション。

DSC_0293


ここは、とくしまマラソンのコースにもなってます。

DSC_0290


西側の風景。

吉野川大橋が見えます。

DSC_0292


東側の風景。

紀伊水道に流れる海へ。

DSC_0291


そして、眉山。




「走る〜雲の〜影を〜飛び〜超えるわ〜」

Over Driveが聴こえてきそうな、心地よい青空。



サンドイッチ。

DSC_0296


息子手づくり。

学校の宿題。

ゆでたまごの匂いにやられてた。



そういえば、徳島にも雪が降りました。

これくらい積もりました。

DSC_0284




DSC_0285


幼稚園

子供たちは大喜びかな〜

DSC_0286


中央公園



kou_blue97 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月11日

阿波の狸合戦

阿波の狸合戦

江戸時代末期に阿波国でタヌキたちの大戦争が起きました。


・小松島市日開野町で人間にいじめられていた金長(きんちょう)を、大和屋(染物屋)の茂右衛門が助けると、大和屋の商売が繁盛した。

・タヌキとしての位を持たない金長は、徳島市津田町にいる狸の総大将である六右衛門(ろくえもん)のもとに修行に出た。

・金長は抜群の成績を収め、六右衛門は金長を手元に留めようと娘の婿養子に迎えようとしたが、茂右衛門への義理等により拒んだ。

・六右衛門は、不服として自分の敵になろう金長に夜襲を加え、金長は小松島市に逃れたが、金長の仲間の「藤ノ木寺の大鷹」が戦死した。

・金長は、大鷹の仇討ちのため同志を募り、六右衛門と戦った。

・金長軍が六右衛門軍に勝利し、六右衛門は戦死した。金長も戦いで傷を負い、まもなく命を落とした。



<金長>

DSC_0164



人間の子供にいじめられているところを、大和屋茂右衛門に助けられた恩義から、彼の店の守り神となり店を繁盛させました。非常に義理がたく、正義感の強い狸です。



<衛門三郎>

DSC_0166



金長軍の参謀長。正二位。日露戦争に従軍して、十一師団の旅順攻撃、二百三高地の激戦に、白襷決死隊の先頭に立ち、奮戦するのを見たという地元兵士は多い。



<田浦太左衛門>

DSC_0167



正二位。金長軍の軍師で、阿波狸合戦での采配は見事。北辰一刀流の達狸で、田浦町島田雅雄元町長屋敷に住んでいた。



<藤ノ木寺の大鷹>

DSC_0168



金長の旗本。金長がもっとも信頼していた家臣。金長とともに太左衛門に剣を学ぶ。津田穴観音から金長を守って日開野へ脱出するとき、金長の身代わりとなって討死した。



<藤ノ木寺の小鷹・熊鷹>

DSC_0169



父、鷹討死の後、二匹で助け合い、津田浜の決戦後の金長も亡きあと、鷹と金長の仇を討とうと復讐を誓った。日開野弔合戦の後、小鷹は推されて二代目金長を襲名し、狸界に理想的な善政を布き、熊鷹はこれを助けた。



<一本松のおたけ>

DSC_0170



金長軍の女狸の一人。仲間とともに敵状の偵察を行い、衛門三郎が戦略を企てるために情報を提供した。江田から前原に向かう田圃の一本松に住んでいた忍者。




<阿波狸合戦>

タヌキたちの争いは、愚かな人間たちの争いが由来という説もあります。

実際に、藍染めに必要な砂を巡って、勝浦川の北岸と南岸で争いが起きたとのこと。

また、小松島と徳島市津田町の間では、漁業権の争いも大きかったとのこと。



ちなみに、スタジオジブリ制作のアニメ「平成狸合戦ぽんぽこ」に、六代目金長が長老として登場していますよ。






kou_blue97 at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

【自己紹介】
・札幌生まれ札幌育ち
・現在は群馬在住
(←東京←徳島←千葉…)
・転勤族のサラリーマン
・ミスチル世代の団塊ジュニア

【好きなモノ】
・アメフト観戦
・ミスチル鑑賞
・子供とおでかけ
・転勤で知らない土地を満喫
・現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる
・小さな幸せのかけらを積み重ねる

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • 恋人の聖地と黄金の湯に癒されて(第17話)
  • 恋人の聖地と黄金の湯に癒されて(第17話)
  • 恋人の聖地と黄金の湯に癒されて(第17話)
  • 恋人の聖地と黄金の湯に癒されて(第17話)
  • 惚れた病と湯花の香り(第16話)
  • 惚れた病と湯花の香り(第16話)
  • 惚れた病と湯花の香り(第16話)
  • 2022年〜夏が過ぎ、風あざみ〜
  • 2022年〜夏が過ぎ、風あざみ〜
  • 2022年〜夏が過ぎ、風あざみ〜