検淵▲瓮侫箸里海函

2017年07月16日

6年という月日

本日は、駒沢公園競技場で、フラッグフットボールの東日本大会。

駒沢公園競技場を訪れるのは8年ぶり。

わが母校が法政大学トマホークスに挑む勇姿を応援した思い出の場所。

8年前の駒沢公園競技場 ←ここをクリック


今日は、娘がお世話になっているチームの6年生チームの応援。

準決勝を快勝し、歓喜の笑顔。

そして、決勝戦。

娘も、仲間も、コーチも、家族も、みんなで大声援。

決勝戦の相手は、6年前に息子がお世話になったチームの6年生チームだ。

6年前の人工芝 ←ここをクリック


6年前。

みんなよりちょっと小柄でキャッチボールも苦戦していた息子。

懐かしいなぁ。

もう6年も経ったんだ。

その時、息子より1つ下の学年に、パスキャッチが上手くて熱いハートを持つ幼稚園児がいた。

その小さな子供は、幼稚園児ながら、息子の代(小学1年生)と一緒に練習を頑張っていた。

僕も、千葉の人工芝のグラウンドで、約1年弱と短い間だけど、一緒に練習して汗を流した。

その、6年前に負けん気が強い幼稚園児だった彼が、今日の決勝戦の相手チームのエースQBだった。

僕の記憶の中ではかわいい小さな子供だったのに、とてもたくましいフットボーラーになっていた。



もちろん今日は、娘が所属するチームを全力で応援。

試合は白熱する点の取り合い。

攻撃も守備も、小学生とは思えない素晴らしいプレーの応酬。

結果は、33−34で娘の所属するチームが惜敗。

本当に紙一重の戦い。

惜しかった。



相手チームのベンチとか、応援スタンドに懐かしい顔も。

そのたくましいフットボーラーは、自分のことを覚えているかわからない。

そして、大事な試合前なので話しかけようとは思わなかった。

でも、彼のお父さんには挨拶することができた。

他にも、久しぶりに会いたかった人たちにも会えた。



いま娘が一緒に頑張る仲間がいるチームと、むかし息子が一緒に頑張った仲間がチーム。

東日本大会の最も頂点で、レベルの高い試合を繰り広げているだけで、興奮が冷めやらない。

この試合を見て、娘が少しでも何かを感じてくれれば、なお嬉しい。






kou_blue97 at 20:36|PermalinkComments(0)

2017年06月20日

東京ドームの中心で悪魔的歌唱

6月19日、東京ドームで第39回パールボウル(アメリカンフットボール東日本社会人選手権)が行われ、デーモン閣下が試合前セレモニーでコイントスを、ハーフタイムショーでチアリーダーに囲まれながら悪魔的歌唱力を披露し、会場を盛り上げた。

DSC_0808


デーモン閣下降臨!



試合は、序盤から得点を重ねたオービックシーガルズが、後半IBMビッグブルーの猛攻を受け、2点差まで詰め寄られるもリードを守りきり29ー27で勝利。

オービックシーガルズおめでとう&ありがとう。

興奮と感動と絶叫と歓喜をいただきました!

DSC_0804


そして会場では今までのアメフト&フラッグでのご縁で、懐かしの再会や出合いも。

素敵な夜になりました。

kou_blue97 at 07:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月11日

背番号を受け継ぐ

娘の新しいユニフォームが届きました。

なんと、自分がアメフト選手時代につけていた背番号#97にしてくれました。

俺「背番号、何番がいい?」

娘「大好きなパパと同じ背番号がいい!」

なんて夢のようなやりとり。



そんなことが現実に起こりうるわけがなく、

俺「背番号、何番がいい?」

娘「何番でもいい。」

俺「97番とかどう?」

娘「別になんでもいいよ。あまり目立たないのがいい。」

ということで、パパの背番号#97を継承。

パパ → blue97

娘 → orange97

BlogPaint


ちなみに6年位前の話。

俺「背番号、何番がいい?」

息子「何番でもいい。」

俺「97番とかどう?」

息子「それは嫌だ。何番が空いてるの?」

というやり取りの後、#4になりました。


DSC_0748



最初はお兄ちゃんもこんな風に覚えていたなぁと思い出した。

LEGOでフラッグフットボールの動きを勉強。

BlogPaint


これでわかるかなぁ。

でも、雰囲気だけは伝わるはず!

それにしても、なんだか楽しい〜♪

BlogPaint



子どもにはビジュアル的に教えるのが1番!

そして、楽しいのも重要!





kou_blue97 at 21:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月30日

フラッグフットボール体験!

娘と2人でフラッグフットボールのチームに体験練習させていただきました!

僕にとっては、5年ぶりのフラッグフットボールです。

広げようフラッグフットボールの輪!!

↑ フラッグフットボールについて熱く語った記事はこちら(ぜひクリック!)



娘にとっては、人生で2回目の体験。

5年前(幼稚園年中さん)の体験はこんな感じでした。

BlogPaint


この5年で大きくなったなぁ。

しみじみ。



今回体験させていただいたのは、こちら。

BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint


お日様の光を浴びながら、娘と2人で同じ時間を共有できるなんて、ホントに素敵な時間。

心地よい汗と疲労感も気持ち良いです。

ありがとうございました!







kou_blue97 at 20:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月03日

ハドル(Huddle)会議

「伝わらない会議」から「生まれる会議」へ!!

うん、かっこいい表現。

よく、ダメな会議の典型として、

・伝わらない
・意見が出ない
・結論が出ない
・スピード感がない

など言われますが、

最近、「ハドル会議」なるものが注目されているようです。



「ハドル」って、聞きなれない言葉でしょうか?

僕にとっては、非常に身近でよく聞き慣れた言葉です。

ハドル(Huddle)とは・・・これ。

tb_wallpapers_22[1]


直訳すると「群がる」「群衆」「ごった」等の意味を表しますが、アメリカンフットボールなどのスポーツで試合中に円陣を組み、選手同士の間で次の作戦を確認する、言うなれば「戦略会議」のことを「ハドル」と呼びます。



アメフトにおけるハドルとは、「戦略伝達」及び「意思統一」の場です。

・次の作戦を伝達し、共有する
・自分のアサイメント(役割)を再確認する
・歓喜や興奮や反省や後悔は試合の後まで忘れて、次の作戦に集中できるよう切り替える

フットボーラー(アメフト)は、「ハドル!」の号令がかかると、ダッシュで集まります。

身体に染み込まれてます。

街中でも会社でも、「ハドル!」と号令をかけると、アメフト経験者がダッシュで集まるかもしれません。

試してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、お笑いコンビのオードリーの春日さんが発する「トゥース!」という言葉も、アメフト時代のハドルの号令が原型とのこと。

僕のチームも、そんな感じに近い号令でした。



さて、話が飛びました。

「働き方改革」で見直される働き方。

業務効率化のため、会議のあり方についても、議論されています。

そこで注目されているのが、「ハドル会議」や「ハドルミーティング」

少人数のメンバーがさっと集まって打ち合わせを行い、すばやく確実に情報共有と意思決定を行うミーティングスタイルです。



ハドルコンセプトは、「どこでも」、「短時間で」、「自由な」ミーティング。

・6名以下
・会議室で行わない
・立ったまま行う



ビジネスで、アメフトが取り上げられるのは嬉しいです。



さて、第51回スーパーボウルまで、あと3日。

ペイトリオッツ 
vs
ファルコンズ

ハーフタイムショーに出演するレディ・ガガもヒューストンに到着!


AP_454209528314[1]




kou_blue97 at 22:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月29日

わかりやすいアメフトのリスクと期待値の考え方

よく、アメフトは戦略的なスポーツであるとか言われます。

フィールド上のチェスとかとも言われます。

それは、いろいろな要因により、そう言われているのです。

じゃあ、具体的にどこが??

今回は、リスクと期待値で考えてみました。



アメフトは、4回の攻撃で10ヤード獲得できれば、また新たな攻撃権を得られます。

ただし、3回目の攻撃で10ヤードに満たない場合は、キックで攻撃権を放棄して、陣地を回復することが多いです。

つまり、通常は3回の攻撃で10ヤード進むことが必要です。

1回に、3.4ヤードずつ進めば、攻撃権を得ながら、敵陣に攻め込み、得点できます。



攻撃は主に次の2つに分けられます。

(1)リスクが低いけど、堅実に短いヤードを獲得するランプレー
(2)リスクが高いけど、長いヤードの獲得も可能なパスプレー

ランプレーもパスプレーも豊富な種類がありますが、ここでは4つのプレーとします。



1 インサイドランプレー を選択する場合

期待値平均 3.3ヤード

 確率  獲得ヤード  期待値(ヤード)
 10%     10       1.0
 10%     6      0.6
 30%     3      0.9
 30%     2      0.6
 20%     1      0.2



2 アウトサイドランプレーを選択する場合

期待値平均 4.9ヤード

 確率  獲得ヤード  期待値(ヤード)
 10%    20       2.0
 10%    10       1.0
 20%     6       1.2
 20%     3       0.6
 20%     1       0.2
 10%     0        0
 10%    △1      △0.1



3 ショートパスプレーを選択する場合

期待値平均 4.6ヤード

 確率  獲得ヤード  期待値(ヤード)
 20%    15       3.0
 20%    10       2.0
 20%     5       1.0
 20%     3       0.6
 10%     0       0
 10%   △20      △2.0



4 ロングパスプレーを選択する場合

期待値平均 7.5ヤード

 確率  獲得ヤード  期待値(ヤード)
 10%    30       3.0
 10%    20       2.0
 20%    15       3.0
 20%    10       2.0
 20%     0       0
 10%    △5      △0.5
 10%   △20      △2.0


(※すべて主観に基づくものです)



では、試合開始です。

自陣30ヤードからの攻撃。

1stダウン(1回目の攻撃権)10ヤード(相手ゴールまで70ヤード)。

まず、1〜4のどのプレーを選びますか?

堅実に「1」のプレーを選択。

無難に3ヤードゲインしました。

2ndダウン(2回目の攻撃権で残り)7ヤード(相手ゴールまで67ヤード)

プレーが終わってから40秒以内に作戦を決め、メンバーに伝達し、プレーを始めなければなりません。

次は「3」のプレーを選択。

5ヤードゲインできました。

3rdダウン(3回目の攻撃権で残り)2ヤード(相手ゴールまで62ヤード)

堅実に「1」のプレーを選択しますか?

相手も「1」を警戒します。裏をかきますか?

ここでは、「1」を選択し、3ヤード進みました。

1stダウン(新たな攻撃権)獲得です(相手ゴールまで59ヤード)。

さらに堅実に「1」を選択。

しかし、1ヤードしか進めませんでした。

2ndダウン(2回目の攻撃権で残り)9ヤード(相手ゴールまで57ヤード)。

9ヤードも残っているので「2」か「3」で迷いますが、「2」を選択します。

ここでも1ヤードのゲインのみ。

3rdダウン(3回目の攻撃権で残り)8ヤード(相手ゴールまで56ヤード)。

8ヤード残ると、リスクを取らざるを得ません。

「4」を選択です。

しかし、0ヤード。

4thダウン(4回目の攻撃権で残り)8ヤード(相手ゴールまで56ヤード)。

ここで40秒以内に、以下の選択を迫られます。

(1)「1」〜「4」を選択し、攻撃権を狙う。
 ただし、攻撃権を得られないとその場所から相手の攻撃。

(2)攻撃せずパントキック「5」により、陣地を回復する。

5 パントキックを選択する場合

期待値平均 27ヤード回復

 確率  獲得ヤード  期待値(ヤード)
 10%    50       5.0
 20%    40      12.0
 30%    30       9.0
 20%    20       4.0
 10%    10       1.0
 10%     0        0


こんな感じで試合が進んでいきます。



攻撃側の人・能力・技術等により、期待値は増減します。

守備側の人・能力・技術等により、期待値は増減します。

また、守備側のプレー選択の駆け引きにより、期待値は増減します。

そして、本来はもっと数多くのプレーと戦術を用意しています。

リスクと期待値理論。

アメフトの面白さ、少しは伝わるかな?





kou_blue97 at 23:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月28日

激戦、Xセミファイナル!

雨と体調不良の日曜日。

激戦が繰り広げられた。


<セミファイナル第1試合>

富士通vsIBM

点の取り合いで白熱した試合。

残り1分21秒から1点を追う富士通の攻撃。

残り4秒での逆転劇。

ファイナルスコア28−26。


<セミファイナル第2試合>

オービックvsパナソニック

雨の中、膠着した試合展開。

第3Q終了時点で0−0のスコアレスドロー。

まずはパナソニックが3点先制。

オービックが、残り43秒で3−3の同点に追いつく。

延長タイブレークに突入。

先行のパナソニックが3点先取。

後攻のオービックがTD6点で試合を決める。

ファイナルスコア9−6。



どちらも最高の激戦。

しびれます。


というわけで、決勝ファイナルの組み合わせ確定。

富士通vsオービック

12月12日(月)19時

東京ドームです。

006s[1]



kou_blue97 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月12日

横浜でアメフトと中華

11月12日(土)

雨が上がって快晴で満面の笑み。

横浜中華街。

DSC_0055


フカヒレスープと小籠包をゲット。

そして、横浜スタジアムへ。

社会人アメリカンフットボール

「Xリーグ2016 JXBトーナメント」です。



司会開始直前。

オービックシーガルズの選手たちが、芝の上に集まり、鼓舞しています。

感動と興奮で涙が出そうに・・・。

「やっぱりアメフトが好きだ」と実感しました。



第1試合は、オービックシーガルズ(レギュラーシーズン2位)vsエレコム神戸ファイニーズ(同7位)。

DSC_0057


今日は試合内容よりも、優勝に上り詰めるために圧勝する強いシーガルズを見たかった。

前半はなかなか苦戦するも、終わってみれば35−0で完勝。

DSC_0058


試合後のシーガルズの選手たち。

優勝してください!



第2試合は、富士通フロンティアーズ(同1位)vsアサヒ飲料クラブチャレンジャーズ(同8位)

DSC_0060


試合前の富士通。

決勝でオービックと対戦するかもしれないので、敵情視察。

でも、日陰で寒いから、後半はアサヒ飲料側で視察。

DSC_0062


第4Q終盤、日が暮れてきた中で最後の攻撃を見せるアサヒ飲料。


第3試合は、LIXILディアーズ(同4位)vs IBMビッグブルー(同5位)。

試合が見たくて溜らないけど、徳島帰りの飛行機の時間が・・・。

DSC_0063


夜はまた賑やかな中華街。


やっぱりアメフトは面白いスポーツだ!






kou_blue97 at 23:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年10月25日

甲子園ボウルとトーナメントと札幌ドーム

甲子園ボウル(こうしえんボウル)は、全日本大学アメリカンフットボール選手権大会の決勝戦のことである。

毎年12月の第3日曜日に、兵庫県西宮市にある阪神甲子園球場で行われ、主催は日本アメリカンフットボール協会と毎日新聞社、特別協賛は2008年度からパナソニックグループが、2016年度からは三菱電機蠅務めている。

現在の正式名称は「三菱電機杯毎日甲子園ボウル」である。



2008年度までは「東西大学王座決定戦」として、関東学生リーグと関西学生リーグの王者同士が対戦する形で大学王座を争った。

2009年のシーズンから、全国8連盟による全日本大学選手権の開始と共に、その決勝戦としての舞台に移行した。



<2009年度のトーナメント表>

index_tournament[2]




<2016年度のトーナメント表>

d_08643417[1]




西日本、パラマストーナメント(ステップラダー)方式を採用したんですね。

実力差からみて、関西1位と関西2位に優先権を与える必要性はわかります。

これでもいい。

でも、九州・東海・北陸・中四国の4地区は、普通のトーナメント方式で良いのではないか。

特に、東海リーグと九州リーグに優劣つける必要、あるのかなぁ。

開催地の確保や金銭的な問題があるので、前年度勝利地区がホーム形式で開催できる方法にしたかったのか。

なんとも、バランスが悪い気がしてしょうがない。



ちなみに、今日は日本ハムが盛り上がっている札幌ドーム。

札幌ドームで、アメフトが観れますよ!

pinebowl2016[1]



平成28年度全日本大学アメリカンフットボール選手権大会
東日本代表校決定戦準決勝 第29回パインボウル2016

平成28年11月5日(土) 開場 10:00 キックオフ 11:00

北海道学生アメリカンフットボールリーグ優勝校
北海道大学



東北学生アメリカンフットボールリーグ優勝校
東北大学


アメフトも、札幌ドームで!







kou_blue97 at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月18日

今、新潟が熱い!

「今、新潟が熱い!」

そうなんです。新潟が熱いんです!
(NGT48の話ではありません・・・)

新潟県では、3年前はアメリカンフットボールのチームが3チームしか存在していなかったが、現在は5チームへと増加し、アメフト人口が増加してきている。

3年前まで、社会人・学生混合の新潟ファイティングシャークス、新潟大学タイガース、日本歯科大学クラッシャーズの3チームが存在していたが、2015年にシルバーシャークス(40歳以上の社会人チーム)及び開志国際高校レッドタイガースの2チームが誕生した。新潟県では初めてとなる高校チームの誕生だ。

開志国際高校は、「志を持って未来を切り開き、地域・国家・国際社会のリーダーとなる人間を育成する」という教育理念を掲げ、2014年4月に開校。国内では珍しい「医学」「国際」「アスリート」の3コースに特化し、アスリートコースは二つ以上のスポーツを同時に経験する「マルチスポーツ」を実践している。アメリカンフットボール部はラグビー部と兼任する生徒が多く、留学生も積極的に受け入れている。

そして2016年、開志国際高校「レッドタイガース」は関東高校アメリカンフットボール連盟への準加盟が承認され、今秋の関東大会へ出場する資格を得ることができた。

「レッドタイガース」は、日本社会人Xリーグ1部の強豪「ノジマ相模原ライズ」と提携し、競技力の向上を目指しているという点でも注目されている。 ノジマ相模原のヘッドコーチが、月に何度か東京から車で往復8時間をかけて胎内市まで指導に来ている。

また、日本社会人Xリーグ1部の強豪「オービックシーガルズ」の主将も、新潟大学タイガースの出身である。

日本のアメリカンフットボールの活性化及び競技人口の増加が伸び悩んでいる中、新潟県での普及への取り組みや競技人口の増加が加速化し、さらにアメフトが盛り上がっていくためにも、開志国際高校「レッドタイガース」の活躍に期待したい。



kou_blue97 at 22:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profileです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • いざ鎌倉
  • いざ鎌倉
  • いざ鎌倉
  • いざ鎌倉
  • いざ鎌倉
  • 試合帰りに横浜中華街
  • 試合帰りに横浜中華街
  • 試合帰りに横浜中華街
  • 試合帰りに横浜中華街
  • 東京ドームの中心で悪魔的歌唱
  • 東京ドームの中心で悪魔的歌唱
  • 家族揃ってお出かけする思い出
  • 家族揃ってお出かけする思い出
  • 家族揃ってお出かけする思い出
  • 家族揃ってお出かけする思い出
  • 家族揃ってお出かけする思い出
  • 背番号を受け継ぐ
  • 背番号を受け継ぐ
  • 背番号を受け継ぐ
  • 背番号を受け継ぐ
  • 運動会
  • 運動会
  • 運動会
  • 運動会
  • 運動会
  • 運動会
  • 今、改めて壁に挑む
  • 初めての首都高速道路
  • こどもの日とか
  • こどもの日とか