掘頁清箸里海函

2021年07月09日

5年連続日本一!(群馬県産夏秋ナス出荷量)

夏野菜といえば、トマト、キュウリ、ナス、ピーマンetc。

夏野菜をいただきました。

キュウリとナス。

DSC_0832


前橋産です。

群馬県は、秋夏ナスの出荷量が5年連続日本一!

1万7千600トン!

さて、どう料理しようか。

ナスは、煮てもよし、揚げてもよし、焼いてもよし。

DSC_0833


男の手料理は、豪快&適当&ささっと。

ナスとピーマンをごま油で炒めます。

DSC_0834


豚バラ肉(もちろん群馬県産)を投入。

酒、みりん、しょう油、ショウガを適当にぶちこむだけ。

DSC_0836


こんなに美味しくできました。



そんな翌日の仕事終わり。

あまりの美味しさに、同じメニュー。

DSC_0838


ナス、たくさんもらったけど、2日で食べつくしちゃった。

てへっ。



ナスは、娘も大好きな野菜。

ナスニンという栄養素は、ナス独特の青紫色の成分。

抗酸化作用があり、動脈硬化等の生活習慣病を予防。

そして、クロロゲン酸。

ポリフェノールの一種で、同じく抗酸化作用があるとともに、胃液の分泌を促進。

夏バテや食欲低下のときにはおすすめです。



一富士、二鷹、三なすび。

物事を成す(なす)というめでたい意味。

ナスを食べて、物事を成し遂げよう!

2021年、夏。






kou_blue97 at 19:39|PermalinkComments(0)

2021年06月19日

ニガウリの苦みこそ、夏の栄養の宝庫

「ニガウリ」もしくは「ゴーヤ」

DSC_0760~2


標準和名は「ツルレイシ」

ウリ目ウリ科ツルレイシ属の植物。

原産地は熱帯アジア。

中国から渡来したのは江戸時代と言われ、1713年の書物(琉球国由来記)に苦瓜という言葉が登場。

近年は、夏バテに効く健康野菜、ダイエット食品として認知度が高まり、日除け目的の緑のカーテンとしての栽培も増加。

DSC_0759~2


この立派なニガウリは、群馬県館林産。

ニガウリの生産量は、沖縄県が1位で約40%のシェア。

2位は宮崎県、3位は沖縄県。

そして、4位は群馬県、5位は熊本県。
(2018年農林水産省統計データ)

沖縄と九州の野菜というイメージですが、群馬県の暑さを活かした栽培で、本州一の生産量を誇ります。

CENTER_0001_BURST20210619181410021_COVER


人は、疲れやストレスを感じると苦みを欲するようです。

夏バテ気味の真夏は、まさにゴーヤの需要も供給もピーク。

まだ初夏ですが、直売所で大きく育ったニガウリを見つけたので、さっそくいただきます。

DSC_0759


ゴーヤといえば、ゴーヤチャンプル。

美味しくできました。



ゴーヤ最大の特徴ともいえる苦みは「モモルデシン」という成分。

20種類以上のアミノ酸からできており、胃腸を整えたり、血糖値を下げる効果が期待される栄養素。

ビタミンCや鉄分や食物繊維が豊富。

「苦み」こそ栄養の宝庫。




kou_blue97 at 20:30|PermalinkComments(0)

2021年04月17日

館林は、製粉とうどんと狸の歴史の街

本日は、朝から一日雨予報のため、自然ではなく歴史と伝統をめぐる旅。

JRと東武鉄道を乗り継いで、やってきました館林。

東武鉄道館林駅の東口に降り立つと、タヌキがお出迎え。

DSC_0299


徳島は小松島の金長たぬきを思い出します。

HORIZON_0001_BURST20210417114242506_COVER


子供のたぬきの提灯に「分福」と書いてあります。

日本昔ばなしにも登場するおとぎ話「分福茶釜」のお寺「茂林寺」がこの館林市にあります。

〜コラム・豆知識 
上野国館林の茂林寺で茶の湯が趣味の和尚さんが茶釜を買って寺に持ち帰ったが、実は狸が化けた茶釜だった。怪しい茶釜を和尚はある男に売却。男のもとで、狸は姿を現し、踊りの芸を披露して稼ぐので養ってほしいと依頼。男は見世物小屋を立ち上げ、狸の綱渡り芸で人気となり、一財を得る。狸の死後、男は儲けの半分を布施として茂林寺に奉納するとともに、茶釜も寺に返還し、寺の宝となったというおとぎ話。


館林駅の西口には、製粉ミュージアムがあります。

DSC_0314


日清製粉グループは、創業の地である館林に、製粉をテーマとした文化拠点である製粉ミュージアムを開設。

館林市は、渡良瀬川と利根川に囲まれた豊かな土壌であり、名峰赤城山の伏流水が豊富であることから、古くから小麦が作られ、江戸時代から将軍家にうどんが献上されていたうどん文化の街です。

1900年に、正田貞一楼が館林製粉蠅鮴瀘し、機械製粉を開始しました。これが、日清製粉グループのはじまりと言われています。

さて、製粉ミュージアムでは小麦と製粉について深く学びました。

小麦の生産量、世界ランキングはイメージできますか?

1位 中国
2位 インド
3位 ロシア
4位 アメリカ
5位 フランス

一方で、日本への輸入量の世界ランキングは?

1位 アメリカ
2位 カナダ
3位 オーストラリア

日本国内の用途別には、こんな感じ。

硬質小麦(強力粉)は、パンや中華麺などに使用され、アメリカ産やカナダ産が多い。

中間質小麦(中力粉)は、うどんなどに使用され、オーストラリア産や国産が多い。

軟質小麦(薄力粉)は、天ぷらやケーキ、菓子などに使用され、アメリカ産が多い。

デュラム小麦は、パスタなどに使用され、カナダ産が多い。

〜コラム・豆知識◆
2021年は穀物高。小麦生産量日本一の中国は、コロナからの経済回復により穀物需要が増加し、アメリカ、カナダ、欧州からの輸入量は増加。生産量2位のインドは原油高による穀物のバイオ燃料使用が拡大、生産量3位のロシアは輸出抑制という状況。また、巣ごもり需要増加等により物流が活性化する中で、コロナ禍により船員が確保できず海運がひっ迫、スエズ運河での座礁事故も発生。穀物相場の上昇に加え、海運コストの増加が重なり、食品の値上げは今後増加する見通し。


小麦と製粉について理解が高まりました。

それでは、お昼ご飯を食べましょう。

DSC_0301


さすが、館林。器もたぬき。狸が化けてる?

DSC_0303


ひもかわうどんです。

「花山うどん」の鬼ひもかわ。

DSC_0305


今日は、カレー味。

美味しいです。本当に。

さて、本日訪れた「花山うどん」

館林駅前に本店があり、東京には銀座店もあるようです。

120余年の歴史ということで、1900年設立の館林製粉蠅汎韻減△任靴腓Δ。


美味しいうどんを堪能した後は、館林を散策します。

駅前には「竜の井」

DSC_0311


石田三成と大谷吉継が館林城に攻め入った際の言い伝え。

榊原康政が館林藩主となった際の龍の言い伝え。

様々な伝説があるようです。

少し歩いて、館林城跡。

DSC_0307


徳川四天王の一人、榊原康政が石垣や天守を持つ近代的な城に作り変えたと言われています。

徳川綱吉も、館林城主となった時期もあります。

DSC_0308


近くには城沼があり、自然を利用した要塞とのこと。



最後に、正田記念館。

残念ながら、コロナ感染拡大により、見学は休止中。

DSC_0313


正田記念館は、1873年創業の正田醤油の歴史と伝統を学べる建造物。

雨が本降りになる前に、今日はこの辺で。


〜コラム・豆知識〜
正田醤油の創業者である(三代目)正田文右衛門は、日清製粉創業者の正田貞一郎の祖父。正田貞一郎も、館林製粉蠕瀘前は正田醤油で働いていた。なお、正田貞一郎は上皇后美智子様の祖父である。


kou_blue97 at 17:15|PermalinkComments(0)

2020年07月26日

コオロギを食べる娘(昆虫食)

2019年、夏。

かけだし娘は、夏休みの自由研究で「未来の食卓」について調べた。

「未来の食卓」の記事はこちら

社会の授業で昔の食べ物を習ったので、未来の食べ物は、食べ物自体が変わるのか、作り方が変わるのか気になって、調べたいと思った。

<昆虫食>

・世界の人口は現在76億人、2050年には98億人に達すると予測されている。
・人口が増えると問題になるのが食料である。現在すでに約8億人もの人々が十分な食料もなく暮らしている。
・経済成長が進むと食生活の中心が肉や魚に変化するが、途上国が今後経済成長し肉や魚の需要が拡大すると、たんぱく質が圧倒的に不足すると考えられている。

・こうした中、新たなタンパク源として注目されているのが、昆虫である。
・昆虫は、必須アミノ酸を多く含む良質たんぱく質にすぐれ、ミネラルなども含んでいる。
・昆虫は、与えるエサによって栄養素や風味をコントロールしやすい。
・昆虫は、狭い土地で大量生産可能であり、食べられる部分が多く、短期間で大きくなるためコストが低い。

「虫を食べること」に対する心理的な抵抗をなくすことが課題。
原型を無くして、虫だと分からなくすればいいのかなぁ。
(以上、「かけだし娘『未来の食卓』」より抜粋)



2020年、夏。


あれから約1年。

昆虫食を食べる機会に恵まれました。

HORIZON_0002_BURST20200724115745620


昆虫の自動販売機。

DSC_0081


「昆虫食いかがでしょうか?」

DSC_0085


初心者コースから。

HORIZON_0002_BURST20200724120021618


次世代良質昆虫Food

国連も推奨。

DSC_0088


スーパーコオロギおつまみせんべい。

S.K.O.S

かけだし娘、曰く。

「美味しいけど、どれがコオロギの味かわからない。」



kou_blue97 at 19:50|PermalinkComments(0)

2019年12月29日

未来の食事

【未来の食卓】

○社会の授業で昔の食べ物を習ったので、未来の食べ物は、食べ物自体が変わるのか、作り方が変わるのか気になって、調べたいと思った。


<昆虫食>

・世界の人口は現在76億人、2050年には98億人に達すると予測されている。
・人口が増えると問題になるのが食料である。現在すでに約8億人もの人々が十分な食料もなく暮らしている。
・経済成長が進むと食生活の中心が肉や魚に変化するが、途上国が今後経済成長し肉や魚の需要が拡大すると、たんぱく質が圧倒的に不足すると考えられている。

・こうした中、新たなタンパク源として注目されているのが、昆虫である。
・昆虫は、必須アミノ酸を多く含む良質たんぱく質にすぐれ、ミネラルなども含んでいる。
・昆虫は、与えるエサによって栄養素や風味をコントロールしやすい。
・昆虫は、狭い土地で大量生産可能であり、食べられる部分が多く、短期間で大きくなるためコストが低い。

「虫を食べること」に対する心理的な抵抗をなくすことが課題。
原型を無くして、虫だと分からなくすればいいのかなぁ。


<培養肉>

・培養肉とは、生きた家畜の幹細胞を培養して食用の肉として作ったもの。
・培養肉は完全に閉鎖式の製造システムの中で作られるので、徹底したシステムやデータ管理が可能であり、安全、安心が確保。
・二酸化炭素やふん尿などの問題がなく、環境にやさしい。
・大きな畜舎などが必要なく、生産性が高い。


<3Dフードプリンター>

・3Dフードプリンターとは、食材をインクのようにカードリッチに詰めて、レシピに沿って立体的な料理を出力するもの。
・個人ごとの健康状態やアレルギー、趣味や嗜好に対応した食事が提供できる。
・食事を作る手間は省け、理想の栄養バランスを確実に実現できる。


○調べてみて、未来の食事は今あるものを便利にしたり、食べられるものに変わったりしていた。食べてみたいものもあれば、あまり食べたくないものもあった。料理の仕方が変わっただけではなく、食べ物自体も変わっていた。これからの食生活にどのような変化が起こるのか楽しみ。


<2019年夏 かけだし娘の自由研究>


 


kou_blue97 at 22:30|PermalinkComments(0)

2016年04月15日

河内晩柑・・・柑橘シリーズ(11)

今シーズンはもう柑橘シリーズが終わりかなと思ったけど、また出会いがありました。



<河内晩柑>

ミカン科−ミカン属−ブンタン類

ced307f0.jpg


果汁を味わうジューシー系の柑橘です。

熊本県の河内町で発生した文旦の血を引いています。

風味がよく、さっぱりした食味。

和製のグレープフルーツとして、美味しくいただきました。

2e00aaf2.jpg



果面はなめらかで黄色。

そして名のとおり、晩柑(遅い時期に採れる柑橘)で、この時期でも美味しくいただけます。



熊本生まれの柑橘。

熊本、これ以上被害が出ないこと、そして少しでも早い復興をお祈りしています。




<過去の柑橘シリーズはこちら>


柑橘シリーズ(1)「大馬鹿18年」
柑橘シリーズ(2)「勝浦みかん狩り」
柑橘シリーズ(3)「橙(だいだい)」
柑橘シリーズ(4)「はるか」
柑橘シリーズ(5)「はるみorデコポン」
柑橘シリーズ(6)「柑橘の旅は続く」
柑橘シリーズ(7)「チャンドラポメロ(月の神)」
柑橘シリーズ(8)「スイートスプリング」
柑橘シリーズ(9)「せとか」
柑橘シリーズ(10)「スルガエレガントとはっさく大福」






kou_blue97 at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月21日

スルガエレガントとはっさく大福・・・柑橘シリーズ(10)

最近、農産物直売所などに行っても、なかなか未知の柑橘に出会えない日々が続いて・・・。

久しぶりに出会えました。


<スルガエレガント>

770c2112.jpg


df7fbebf.jpg


もちろん徳島産ですが、その名のとおり静岡生まれの品種です。

「スルガエレガント」は、「甘夏」と「文旦」を交配して出来た品種です。

外見は普通の甘夏のようですが、糖度が高くて上品な甘さ!

最近、わが家の食卓に良く並ぶ「せとか」と比べると、色も薄め。

見て比べて、食べて比べて。

どちらも美味しいです!

<せとか>

bce19dc2.jpg




今日は、朝から「徳島びっくり日曜市」に行ってきました。

毎週日曜日、早朝から14時まで、徳島市問屋町の繊維卸団地で行われています。

農産物、鮮魚、軽食などだけではなく、植物、動物、骨とう品から日曜雑貨まで幅広く売られています。

生きたウナギまで売ってます。

寒い中、結構な人でにぎわっていました。

そんな日曜市での出会いは、こちら。

<はっさく大福>

0c5cc835.jpg


これはもう、買うしかない!

9b23a250.jpg



大福の中には、甘い白あんと爽やかなはっさくの果肉が詰まってます。

美味しい!



そして、勝浦町の「ビッグひな祭り」に行くと、、「ちょぞっ娘」ちゃんからみかんが貰えました。

f53c02ba.jpg


「ちょぞっ娘」ちゃん。

可愛いです。

「おいしさギュギュっと!! あなたに届くといいな・・・」

なんて言われたら、ドキッとしちゃいます。

a9a416d8.jpg



「ビッグひな祭り」については、また明日!




kou_blue97 at 17:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月08日

せとか・・・柑橘シリーズ(9)

やっと出会えました。

徳島産の、

<せとか>

b1dd1dff.jpg


5f71d14a.jpg


ミカン科−ミカン属−タンゴール類

満天青空レストランでベスト3にランクインしていた「せとか」です。

とろける食感

濃厚でジューシーな味わい

みずみずしいオレンジの香り

濃厚な旨味がたっぷり!

清見にアンコールを掛け合わせたものに、マーコットをかけた品種。

みかん類とオレンジ類の長所を生かした究極の品種とも言われています。

あまり柑橘が好きではない娘もたくさん食べました!



<夏ミカン>

b25ae6c7.jpg


45514763.jpg


ミカン科−ミカン属−雑柑類

文旦の血を引く大果柑橘。

晩秋に色づき、春先までは酸味が強くて食用には向かないらしい・・・。

初夏になると、酸味が減じて、夏に味わえる貴重な柑橘。

初夏の到来を告げる、ほろ苦さと爽やかさ。

たしかに、まだ2月やから、かなり酸っぱかったよ・・・。

息子と娘は「うぇ〜酸っぱい!」って食べられなかったし。

本来の名称は、「夏ミカン」じゃなくて、「夏代々(なつだいだい)」らしいですよ。



4e77671f.jpg



わが家の食卓テーブルに並ぶ柑橘たち。

皆さんは、見分けがつきますか?


「せとか」
「はるか」
「はるひ」
「ネーブルオレンジ」
「スイートスプリング」
「文旦」
「夏ミカン」

妻には「あなたは一体どこに向かっているの?」と言われる日々。



kou_blue97 at 22:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月07日

スイートスプリング・・・柑橘シリーズ(8)

昨日放送された満天青空レストランでは、愛媛の柑橘の特集でしたね。

僕のマイブームとぴったりのタイミング。

「今食べて欲しいイチオシのかんきつベスト3」が発表されていました。

鍋焼きうどんを作りながらテレビを見ていたので、あまりしっかり見れませんでしたが、チェック済。

今シーズンは、「徳島産」にこだわりたいので、ベスト3を全部手に入れることが出来るかわかりませんが、頑張ってみます!

今日の食べ比べはこちら。



<スイートスプリング>

30084ce5.jpg


3d947386.jpg
スイートスプリング


ミカン科−ミカン属−タンゼロ類

(ミカンとオレンジの交配はタンゴール、ミカンとブンタンの交配がタンゼロ)

温州みかんと八朔(ハッサク)の交配種。

果面は荒くゴツゴツしていて、ネーブルオレンジより明るい色。

スイートスプリングという名のとおり、爽やかでスッキリした甘さで、甘い春を感じさせてくれます。

食べやすい。



<ネーブルオレンジ>

ミカン科−ミカン属−オレンジ類

2f3754ed.jpg


2e68ccc6.jpg


いや、普通のネーブルオレンジだけど、徳島産ですから。

そして花言葉は、「花嫁の喜び」。

オレンジには、「バレンシア」と「ネーブル」と「ブラッド」の3種類が有名。

バレンシアの方が酸味が強くて、ネーブルの方が甘味酸味のバランスが取れて、味が濃いようです。





<はるか>

ミカン科−ミカン属−雑柑類

ea82af82.jpg


4a293ef4.jpg


2回目の登場です。今回はオレンジとの食べ比べ。

はるか
(はるかの記事はこちら)

うん。さわやかな甘さ。

ネーブルオレンジと比べると、その爽やかさがひき立ます。



小さい頃から食べなれていたネーブルオレンジですが、さわやかな「スイートスプリング」や「はるか」と比べると、後味がスッキリしなくて、ちょっとクセがあったんだなぁと感じます。

さわやかさやスッキリ感を楽しみたいなら、「スイートスプリング」や「はるか」がいいかもしれません。

前述した「はるひ」もおススメ。



あとは、「せとか」と「甘平(かんぺい)」を手に入れたい!

それまで、柑橘シリーズは続きます。




kou_blue97 at 11:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月31日

チャンドラポメロ(月の神)・・・柑橘シリーズ(7)

<チャンドラポメロ>

ミカン科−ミカン属−ブンタン類

476298cf.jpg


チャンドラポメロ(手前)とイヨカン(奥)

b80b94dd.jpg


adb1cdc4.jpg


「チャンドラ」はインド神話にでてくる月の神。

「ポメロ」は文旦。

「チャンドラポメロ」とは、「月の神の文旦」という意味になります。

ダントツでデカい!

文旦類とグレープフルーツの交配種です。

こないだ食べた文旦に見た目も似ています。

赤みがかった果肉になるとのことだけど、それほど赤みはない・・・。

タネがたくさん詰まってます。食べにくい。

でも、すっきりした甘さ。

見た目のデカさから、もっとクセのある独特の味や風味があるのかと思ったけど。

美味しくて、とても食べやすい味。



<イヨカン(伊予柑)>

ミカン科−ミカン属−タンゴール類

ceedc72f.jpg


f4921c6e.jpg




有名どころの登場です。

ご存知「いよかん」。

はじける香りとあふれる果汁。

ジューシーで、酸味もあり。濃厚な味わい。

そして、艶のある濃い橙色で、とっても色鮮やか。



そろそろ、いろんな柑橘でマーマレードづくりなんかを初めてみようかな。

楽しみは膨らむばかり。







kou_blue97 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

【自己紹介】
・札幌生まれ札幌育ち
・現在は群馬在住
(←東京←徳島←千葉…)
・転勤族のサラリーマン
・ミスチル世代の団塊ジュニア

【好きなモノ】
・アメフト観戦
・ミスチル鑑賞
・子供とおでかけ
・転勤で知らない土地を満喫
・現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる
・小さな幸せのかけらを積み重ねる

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 織田宗家のゆかりの地を歩く(群馬県甘楽町)
  • 近況を徒然なるままに
  • 近況を徒然なるままに
  • 近況を徒然なるままに
  • 近況を徒然なるままに
  • 近況を徒然なるままに
  • 群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜
  • 群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜
  • 群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜
  • 群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜
  • 群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜
  • 群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜
  • 群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜
  • 群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜
  • 群馬の秋を感じて歩く〜アプトの道を完全制覇〜