供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函

2017年02月11日

挑戦し続ける人を応援したい

もし街角で「これからどんな仕事をしていきたいですか?」ってインタビューを受けたとしたら。

「挑戦し続ける人を応援したい」

そう胸をはって言える男でありたい。

なんて、きれいごとかもしれないけど。



花王「30歳の挑戦者たち」  ←ここをクリック

このCM好きです。

この曲も好きです。

Mr.children 「蘇生」

曲も好きだし、歌詞も好き。

Mr.childrenの歌詞って、まったく同じ繰り返しをしません。

こだわりがあるんでしょうね。

ほとんどの曲がそうなんです。

ほんの少しだけでも、表現を変えたり、語尾を変えたり。

「蘇生」もそう。



例えば、サビの部分。

(1)
でも何度でも 何度でも
僕は生まれ変わって行く
そしていつか君と見た夢の続きを

そうだ心に架けた虹がある


(2)
そう何度でも 何度でも
君は生まれ変わって行ける
そしていつか捨ててきた夢の続きを

まだ描き続けたい未来がある


(3)
そう何度でも 何度でも
僕は生まれ変わって行ける
そしていつか捨ててきた夢の続きを

今も心に虹があるんだ


(4)
何度でも 何度でも
僕は生まれ変わって行ける
そうだ まだやりかけの未来がある



「蘇生」

この曲は、Mr.childrenが2002年発表のアルバム「IT'S A WONDERFUL WORLD」に収録されたものです。

僕が、社会人になった年。

シングルカット(シングルでの販売)もされていません。

それでも、時を経て2011年公開の映画「ライフ −いのちをつなぐ物語−」の主題歌となりました。

映画「ライフ いのちをつなぐ物語」 ←ここをクリック

「強く息抜き動物たちの姿勢」と共通して伝えたいメッセージ性が理由。



そして今回も、曲が発表されて15年の時を経て、花王「アタック30周年」キャンペーンソングになりました。

「生まれ変わる」こと「挑戦」のメッセージ性が理由。



名曲は、時代を超えて愛され続ける。

そして、僕の心の中にも響き続ける。

「そうだ、まだやりかけの未来がある!」






kou_blue97 at 21:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月05日

男の手料理とパパ手料理の違い

「男の手料理」と「パパ手料理」は違う!

と熱く語っているblogがありました。


<男の手料理>

・自分の好きな料理を、好きなタイミングで作るもの


<パパ手料理>

・家族のために、体調や栄養を考えて作るもの



たしかに、そうかもしれませんね。

この週末は、久しぶりにパパ料理を作りました。



<かけだし風パパ料理の特徴>

・育ち盛りだから見た目よりも栄養重視
・子供たちのリクエストには応える
・野菜不足は、味噌汁で補充
・遊び心は忘れない



というわけで、今週のパパ料理をいくつかピックアップ



(1)見た目よりも栄養重視

鶏肉と大根と椎茸を煮たもの

DSC_0316



(2)子供たちのリクエストには応える

親子丼(野菜はみそ汁で補充)

DSC_0308


※親子丼。味はまあまあだけど、見た目が一向に上手くならない。


天ぷらそば

DSC_0306


※天ぷらはスーパーで買いました



(3)遊び心は忘れない

ゆで卵(ひよこ風)

DSC_0312


※本当は、目を丸くしたかったけど出来んかった。


ハム(LEGO風)

DSC_0310



カマボコ(LEGO風)

DSC_0305




けっこう頑張った & 楽しかった




kou_blue97 at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月04日

飲む点滴

昨年のこの時期、僕は「柑橘」の魅力にはまってました。

例えば、こんな感じで

↓ ここをクリック

「柑橘の旅は続く・・・」の記事



今年、ちょっとハマっているものがあります。

それは、

「和風飲むヨーグルト」

「飲む点滴」

「飲む美容液」

などと呼ばれているもの。



そうです。









「甘酒」

たぶん小学生のころ。

甘酒を飲んで、ちょっと気持ち悪くなりました。

だから、それ以来ずっと飲まず嫌いでした。

でも、38歳になって、ちょっと飲んでみたら意外に美味しい!

ということで、今まで30年間飲まなかった分、飲み始めました。



甘酒は、大きく分けて「酒粕」から作るものと、「米麹」から作るものがあります。

ちなみに、「酒粕」から作る甘酒にはアルコールが微量含まれています。

なお、「米麹」から作る甘酒にはアルコールが含まれません。



ダイエットには「米麹甘酒」

美容には「酒粕甘酒」

・米麹甘酒と酒粕甘酒は、砂糖などを加えない場合はカロリーは同じくらい。
・ただし、酒粕甘酒は甘くないので、砂糖などで味を調整するため、カロリーが高くなる。
・米麹甘酒は、栄養価が高くてダイエットで不足しがちな栄養を補うことが出来る。
・酒粕甘酒は、ビタミンBや食物繊維、コラーゲン等、美容効果の成分が高い。



僕が飲んでるのは、「米麹甘酒」です!

ダイエットに効果的だけど、お腹いっぱいご飯食べてから「米麹甘酒」飲んだら、カロリーと栄養取り過ぎだから、ダイエットにはならないけどなっ。







kou_blue97 at 19:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月01日

頑張る姿は美しい

今日は早めに帰宅。

息子は、なんかママの厳しい指導の下で勉強しているので、パパは娘と優しく勉強。

学校で、クラスのクイズ委員になったらしい。

ということで、子供向けのクイズを調べてみる。



突然ですが、問題です。

噂によると、小学校の入学試験で出題されたとか。

本当かな〜

20120208091251[1]



4人の少年が図のように部屋のなかにいます。
この4人には予め次のことが知らされています。

・部屋に入っているのは全部で4人。
・4人のうち黒い帽子をかぶっている人は2人、白い帽子をかぶっている人は2人。
・自分が何色の帽子をかぶっているかは知らされない。
・A君とB、C、D君の間は壁で仕切られていて相手が見えない。
・自分で自分の頭の帽子を手にして見るのはダメ。             
・後ろを振り向いて見るのもダメ。

さて、ここまでの条件を4人に話したうえで、
「自分が何色の帽子をかぶっているかわかった人は声を出して答えてください」
と部屋の外から先生が問いかけます。

すると、しばらく沈黙があった後、自分の帽子の色を当てた少年がいます。
それはA、B、C、D、4人のうちの誰で、その理由はなぜでしょう?



なかなか良い問題です。

妻も息子も解けませんでした。

恥ずかしながら、僕も。

ヒント「しばらく沈黙があった後」



こっちの問題はすぐにわかったぜ!

2023717_1[1]


30秒以内にわかったら、俺レベル!



クイズで盛り上がった後に、娘から衝撃的な発言。

学校の発表会の伴奏を目指したいとのこと。

クラスにはもっと上手な子がいるのに、勝負を挑むらしい。

おいおい、3月と4月にはコンクールがあるのに、学校の伴奏もやるのか・・・

「無理だよ。これ、難しいよ。諦めよう。」

「いや、出来るだけやる!」

そのやる気と頑張る姿。

ええやん。

いつからそんなに熱いハートを受け継いだんだ!

ということで、今の今まで猛特訓。

もちろん、パパがつきっきりで指導。

くたびれました。



でも、頑張る姿は美しい!

熱い気持ちは、大切だぜ!



頑張る姿が美しいと言えば・・・

Amazing Girl’s Sketch

( ↑ ここをクリックすると、絵画に隠されたヒミツが)

カネボウメイクアップブランド 「KATE(ケイト)」



いやいや、今日の主役は娘です!

娘の将来の夢も変化してきてます。

・ピアニスト
・漫画家
・タレント

ときて最近は、なんと・・・

・ユーチューバー

になりたいそうです。



頑張れ!

BlogPaint


マンガは、頑張って描いてるみたいです。

掲載につき不同意のため、少し隠してみた。

これくらいなら、いいですか?





kou_blue97 at 21:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月31日

料理したい欲求

最近、料理してないので、ちょっと料理したい欲求が膨れ上がってきました。

ここ半年くらい、簡単な料理しかしてないな〜。



何年前だろう。

7〜8年前だと思う。



妻が風邪でダウンしてた時。

「子供達に何か買って食べさせて」と言われ、それじゃあカレーライスでも作るかと思い立ったのがはじまり。

ジャガイモ・ニンジン・タマネギ・豚肉かなんかでカレーライスを作ってみました。

そしたら、思いのほか子供達が「美味しい!おかわり!」って喜んでくれたのが、嬉しかった。

それまでは何も作れませんでした。カップラーメンに湯を注ぐくらい。。。

でも、子供達の笑顔が貰えるなら、料理も楽しくなりました。

最近は、たまに失敗して怒られるけど・・・。



今週末あたりから、ちょっと料理を頑張ろうかなって思いました。

ということで、パパ料理を思い出すために、振り返り。



(1)チキンステーキ風

これ、娘にかなり好評だったやつ。

128c1fe6.jpg




(2)白身魚のクリーム煮風

少ないレパートリーの中の魚料理のやつ。

d8260fa5.jpg




(3)パスタ&ピクルス

季節の野菜を炒めて、レトルトのパスタソースと絡めるだけなのに、ちょっとした料理した感を味わえるやつ。

2eaad7cd.jpg




(4)鶏そぼろ丼風

鶏のひき肉を炒めたらそぼろ風にしかならなかったやつ。

ae647a40.jpg




(5)鶏煮

定番のパパ料理で、結構飽きられてるやつ。

5bdd6963.jpg




(6)肉料理

とにかく子供たちに肉を食わせたいけど、野菜もたっぷりにしたいやつ。

08d9c41e.jpg




(7)串刺しパスタ

なんか見た目重視なやつ。

7bfa3db8.jpg




(8)イワシフライ&チーズちくわ

人生で初めて揚げ物に調整してみたやつ。

a15ff1cf.jpg




(9)アヒージョ

わが家で定番になって、バーベキューでも活躍するやつ。

c1beb7e0.jpg




(10)カフェのドライカレー風

カフェを意識したけど、味はうまくいってないやつ。

26778249.jpg




〔イクメンアピールにご用心!!〕

例えば、週末に作った料理をいちいちblogやSNSにアップする夫がいる一方で、1週間で20食を作っている妻は、それをいちいちSNSにアップしない。

週にたった1回の料理をこれ見よがしにアップする夫を見て、「こいつは子育てや家事を自己アピールに使いたいだけなんだ」と妻は感じます。

育児も家事も頑張る世間からの評価を求めるあまり、妻への配慮&感謝を忘れないように注意。

日頃の妻への感謝や尊敬の念を、言葉や態度で伝えましょう。






kou_blue97 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月29日

40歳を前にして、惑う。

<惑う>

1 どうしたらよいか判断に苦しむ。
2 道や方向がわからなくなる。まよう。
3 悪いことに心が奪われる。
4 うろたえる。あわてる。


東京に行くと、いつも道に惑います。

特に、電車と地下鉄。

東京の電車といえば、常に激混みのイメージですよね。

でも、こないだ深夜0時を過ぎて山手線に乗りましたが、とっても空いてました。

なんか新鮮な発見でした。金曜日の夜だったのに。

アラフォーの会社仲間でカラオケに行き、惑う心を癒されました。

同年代だと、落ち着きます。

悩みも似ているし。

カラオケの選曲も、惑わなくて済むし。



孔子は、言いました。

「四十にして惑わず」と。

いやいや、40歳が見えてきた年頃ですが、惑ってばかりです。ほんと。



最近、「10年後を見据えること」の大切さを学ぶ機会がありました。

そういう意識も大切ですよね。

毎日、頑張って生きていくので精いっぱいで、意識しないとなかなか考えられません。

でも、ちょっと未来過ぎて、イメージも沸かない。

ということで、もう少し身近な未来をイメージするため、「40歳」と意識するようになりました。



<40歳>

孔子は言いました。

「吾十有五にして学に志す、三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にして天命を知る、六十にして耳順う、七十にして心の欲する所に従えども、矩を踰えず」と。



ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテは言いました。

「二十代の恋は幻想である。三十代の恋は浮気である。人は四十代に達して、初めて真のプラトニックな恋愛を知る。」と。



40歳手前にして、最も惑うことと言えば・・・「恋愛」ですよね。

<40歳からの恋愛>

真のプラトニックな恋愛。

うん、そうそう。

相手と理解し合えて、素直に感謝し合えて、心がときめくのが大切だもんね。

って、そうじゃない!



本当の惑いはこちらです。



<40歳からの仕事>

・得意分野を伸ばすのか
・苦手分野を克服するのか



たぶん、どっちも大切なんだと思います。

どっちもやればいい。全部やればいい。

でも、時間も限られてるから。



なんでこんなことを悩みだしたかというと・・・

・自分の強みとか良いところで、充分に戦えているという「自信」
・自分の弱みとか悪いところが、想像以上に著しく劣っているという「不安」

この2つが、自分の中で大きな渦となることがあったからです。



やっと、少し落ち着いてきた。



息子も同じ。

息子の弱い分野。

DSC_0299


クロスカントリー。

眉山を背に、1.5km。

自分の強みを伸ばしながら、弱みも少しずつ克服して頑張れ!



新橋の夜。

サラリーマンの聖地。

DSC_0269


日本酒が美味しく感じ始めてきたのも、40歳が近いからかも。

DSC_0270


ちなみに、40歳まではあと1年と少しです。





kou_blue97 at 20:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月28日

阿波の風景(しらさぎ大橋)

土曜日の午前中は子供たちのスイミング。

元気に泳ぐ子供たちに負けじと、ちょっと外に出てウォーキング。



「阿波しらさぎ大橋」

DSC_0287


干潟に生息する生物や飛来する渡り鳥に配慮した構造らしい。

干潟部に橋脚を建てることがないよう支間長を長くしたりと工夫がみられます。

DSC_0288


「吉野川河口を歩こう」

思わずじっくり見てしまう案内板。

DSC_0294


「一級河川 吉野川」

DSC_0289


階段を上れば、こんな感じのロケーション。

DSC_0293


ここは、とくしまマラソンのコースにもなってます。

DSC_0290


西側の風景。

吉野川大橋が見えます。

DSC_0292


東側の風景。

紀伊水道に流れる海へ。

DSC_0291


そして、眉山。




「走る〜雲の〜影を〜飛び〜超えるわ〜」

Over Driveが聴こえてきそうな、心地よい青空。



サンドイッチ。

DSC_0296


息子手づくり。

学校の宿題。

ゆでたまごの匂いにやられてた。



そういえば、徳島にも雪が降りました。

これくらい積もりました。

DSC_0284




DSC_0285


幼稚園

子供たちは大喜びかな〜

DSC_0286


中央公園



kou_blue97 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月25日

10年後をイメージする

10年後の自分をイメージする。



<イメージした結果>


何よりも、「単身赴任」がしたくないなぁ。

「健康」でいれば、それだけで嬉しい。

「ときめき」があれば、なおよろし。



1.10年前

(1)仕事
・2つ目の支店で、若手として苦悩しながら精進する日々。

(2)家族
・妻、娘を出産(ありがとう。俺、立ち会えて感激)
・息子、電車とアンパンマンが好きな2歳児。
・娘、生まれたばかりでたわわな感じ。

(3)生活
・埼玉から千葉に引越し。
・JRと私鉄に乗って電車と触れ合う日々。


2.いま(今年)

(1)仕事
・4つ目の支店で、中堅として苦悩しながら精進する日々。

(2)家族
・妻、小学生2人を懸命に育てる。
・息子、小学校をなんとか卒業し、中学生に。
・娘、ギャングエイジを乗り越え、2分の1成人に。

(3)生活
・徳島の海、川、山、公園、柑橘などの自然の恵みを堪能。


3.10年後

(1)仕事
・今よりはちょっと上の立場で、苦悩しながら精進する日々。

(2)家族
・妻、子育ても落ちついて働いてる。
・息子、大学生をなんとか卒業出来るかどうかの苦悩。
・娘、大学生活を満喫しながら、晴れて成人に。

(3)生活
・家族揃って暮らしていればいいなぁ・・・単身赴任か。
・息子と娘と、美味しい日本酒を飲み交わしていたい。


10年後の自分をイメージする

って、たぶんこういうことじゃない。

DSC_0267



kou_blue97 at 20:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月21日

築地でパワー全開

昨日まで東京で仕事でした。

それはそれは、厳しい戦いだった・・・

もっと頑張らねば!!

ということで、もっともっと頑張るために、築地で朝ごはん。



風は冷たいけど、気持ち良い青空です。

カモメも元気に飛び回る。

BlogPaint




築地といえば、寿司とか海鮮丼のイメージが強いです。

でも、築地には生でも最高に美味しい魚介類を贅沢に調理した築地メシが存在します。

今回は、「寿司食ってる場合じゃない!」という形容詞がぴったりで、グルメ雑誌や料理マンガなどでよく見かけ、一度は行ってみたいとずっとずーっと思っていたお店です。

「とんかつ八千代」

朝8時ころに行きましたが、お店の前に並び、20分くらい待ちました。

DSC_0275


うん。

これを食べれば、パワー全開!




kou_blue97 at 22:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月15日

寒波な週末

この週末は寒波(寒さと強風がはんぱない)&体調不良(娘)のため、なかなかおとなしく過ごさざるを得ない週末になりました。

全国的に、雪や風の被害がないことを祈ります。



というわけで、blogと写真を整理。

1 アボカド

スーパーで買ったアボカド。

タネを水につけておけば、発芽するようです。

DSC_0235



こんな感じにしておくと・・・



DSC_0236


けっこう育ってますね。

外は寒そうな雪景色の実家。



2 和歌山

関西国際空港から南海フェリー和歌山港までに行く途中の和歌山県での1コマ。

ポルトヨーロッパ。

BlogPaint


息子は、妻に完全に隠れてます。

DSC_0246


先頭で水しぶきをくらっているのが、息子&娘。



3 読書

「子供たちの知的好奇心を育もう」作戦は今年も継続中。

図書館さまさまです。

DSC_0266


さいきん、日本能率協会マネジメントセンターのマンガシリーズを、子供たちに読ませてます。

大人が読んでもけっこうおもしろい。

なんとなーくでも、わかるかな?

いや、わからないか。



4 カフェで勉強

息子、作文の宿題が進まない。

ぜんぜん、進まない。

進まないこと、山のごとし。

ここで、妻から一言。

「気分転換に、カフェでも行ってやれば?原稿用紙もって、漫画家の先生みたいでいいじゃん!」

というわけで、コントがスタート。

息子・・・漫画家の先生

俺・・・出版社の担当編集者

妻・・・出版社の編集長

妻→息子
「先生、全国の読者が楽しみに待ってます。さあ、カフェで原稿よろしくお願いします!」

妻→俺
「先生が原稿書き終わるまで、カフェで軟禁して、仕上げさせてこい!さあ、早く行け!」

BlogPaint


ということで、川の見えるカフェで、原稿。

集中力を見せて、20分以内に完成。

で、ご褒美タイム。

BlogPaint


俺、なんにも頑張ってないけど、ご褒美にありつく。

俺だけ、ラッキー。

帰宅して娘に報告したら、いじけた・・・。




kou_blue97 at 18:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profileです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • 卒業おめでとう!
  • 卒業おめでとう!
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • ウメは咲いたか、サクラはまだか
  • ウメは咲いたか、サクラはまだか
  • ウメは咲いたか、サクラはまだか
  • ウメは咲いたか、サクラはまだか
  • ウメは咲いたか、サクラはまだか
  • ウメは咲いたか、サクラはまだか
  • ウメは咲いたか、サクラはまだか
  • ウメは咲いたか、サクラはまだか
  • 徳島の美味いもんようけ食べるんじょ