2022年08月10日

高崎にもクラフトビール(Craft Beer)

好きなお酒は何ですか?

と聞かれたら、答えるのはこの2つ。

1.クラフトビール
・特に「ペールエール」と「IPA」

2.スコッチウイスキー
・特に「シングルモルト」

群馬県は高崎市でクラフトビールをいただきました。

DSC_2308


<クラフトビール(Craft Beer)とは>
・小規模なビール醸造所でビール職人が精魂込めて造っているビール。
・ビール職人が造り出す高品質なビールがクラフトビール。

<日本の小規模生産ビールの歴史>
・日本では、1994年にビールの酒税法が改正。
・最低製造数量が2000キロリットルから60キロリットルへと規制が緩和。
・全国に4大メーカー以外の小規模なビール製造会社が誕生。
・いわゆる地ビールブームの始まり。

<地ビールブームの沈静化>
・醸造技術が未熟で高い品質が維持できなかった。
・価格が品質に比べて高かった。
・品質よりも町おこしが主目的となった。

<地ビールからクラフトビールへ>
・2004年頃を底に小規模生産ビールの売上は徐々に増加。
・醸造技術の向上により、高品質なビールが生産可能。
・低レベルの醸造業者は淘汰されていった。
・ベルギービールなどの高品質のビールの普及。



<高崎市のバール「BOCCA」>

DSC_2307


高崎駅近くにある「BOCCA」

地元群馬のクラフトビールをはじめとする8種類の生ビールが味わえます。

定期的にビールの種類は入れ替わります。

そして、高崎には「シンキチ醸造所」

この日のビールは、蕗の山菜エール「山芳る」

地元のふき(山菜)の香りと風味。

そして、酵母が生きる爽やかな酸味。

季節の果物や野菜を使った微炭酸のビールも醸造しているようです。



いろんなクラフトビールがあるもんだ。



kou_blue97 at 23:48│Comments(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 | Ψ嫁

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profileです。

kou_blue97

【自己紹介】
・札幌生まれ札幌育ち
・現在は群馬在住
(←東京←徳島←千葉…)
・転勤族のサラリーマン
・ミスチル世代の団塊ジュニア

【好きなモノ】
・アメフト観戦
・ミスチル鑑賞
・子供とおでかけ
・転勤で知らない土地を満喫
・現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる
・小さな幸せのかけらを積み重ねる

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • 恋人の聖地と黄金の湯に癒されて(第17話)
  • 恋人の聖地と黄金の湯に癒されて(第17話)
  • 恋人の聖地と黄金の湯に癒されて(第17話)
  • 恋人の聖地と黄金の湯に癒されて(第17話)
  • 惚れた病と湯花の香り(第16話)
  • 惚れた病と湯花の香り(第16話)
  • 惚れた病と湯花の香り(第16話)
  • 2022年〜夏が過ぎ、風あざみ〜
  • 2022年〜夏が過ぎ、風あざみ〜
  • 2022年〜夏が過ぎ、風あざみ〜