2021年06月19日

ニガウリの苦みこそ、夏の栄養の宝庫

「ニガウリ」もしくは「ゴーヤ」

DSC_0760~2


標準和名は「ツルレイシ」

ウリ目ウリ科ツルレイシ属の植物。

原産地は熱帯アジア。

中国から渡来したのは江戸時代と言われ、1713年の書物(琉球国由来記)に苦瓜という言葉が登場。

近年は、夏バテに効く健康野菜、ダイエット食品として認知度が高まり、日除け目的の緑のカーテンとしての栽培も増加。

DSC_0759~2


この立派なニガウリは、群馬県館林産。

ニガウリの生産量は、沖縄県が1位で約40%のシェア。

2位は宮崎県、3位は沖縄県。

そして、4位は群馬県、5位は熊本県。
(2018年農林水産省統計データ)

沖縄と九州の野菜というイメージですが、群馬県の暑さを活かした栽培で、本州一の生産量を誇ります。

CENTER_0001_BURST20210619181410021_COVER


人は、疲れやストレスを感じると苦みを欲するようです。

夏バテ気味の真夏は、まさにゴーヤの需要も供給もピーク。

まだ初夏ですが、直売所で大きく育ったニガウリを見つけたので、さっそくいただきます。

DSC_0759


ゴーヤといえば、ゴーヤチャンプル。

美味しくできました。



ゴーヤ最大の特徴ともいえる苦みは「モモルデシン」という成分。

20種類以上のアミノ酸からできており、胃腸を整えたり、血糖値を下げる効果が期待される栄養素。

ビタミンCや鉄分や食物繊維が豊富。

「苦み」こそ栄養の宝庫。




kou_blue97 at 20:30│Comments(0) 掘頁清箸里海函 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profileです。

kou_blue97

【自己紹介】
・札幌生まれ札幌育ち
・現在は群馬在住
(←東京←徳島←千葉…)
・転勤族のサラリーマン
・ミスチル世代の団塊ジュニア

【好きなモノ】
・アメフト観戦
・ミスチル鑑賞
・子供とおでかけ
・転勤で知らない土地を満喫
・現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる
・小さな幸せのかけらを積み重ねる

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • 秋を感じる〜2022年群馬の秋〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • アメフトの秋 〜Vision28〜
  • 恋人の聖地と黄金の湯に癒されて(第17話)
  • 恋人の聖地と黄金の湯に癒されて(第17話)
  • 恋人の聖地と黄金の湯に癒されて(第17話)
  • 恋人の聖地と黄金の湯に癒されて(第17話)
  • 惚れた病と湯花の香り(第16話)
  • 惚れた病と湯花の香り(第16話)
  • 惚れた病と湯花の香り(第16話)
  • 2022年〜夏が過ぎ、風あざみ〜
  • 2022年〜夏が過ぎ、風あざみ〜
  • 2022年〜夏が過ぎ、風あざみ〜