2017年07月13日

Value Proposition(価値提案)

40年前、自社のプロダクト(商品やサービス)を優先しても、モノは売れた。このような、良い商品を作れば売れるという思想で、企業側の都合(技術等)を優先してモノを売るスタイルは「プロダクトアウト」と言われるようになった。

30年前、高度経済成長の終焉により、マーケット(市場や消費者)のニーズを優先して、商品やサービスを提供する動きが増えた。このような、顧客や購買者のニーズを優先してモノやサービスを提供するスタイルは「マーケットイン」と言われるようになった。

20年前、「マーケットインこそが正しく、プロダクトアウトは間違い」という考えが急速に広がった。

ここ10年、「マーケットインこそが正しくプロダクトアウトは間違い」という考えは影をひそめるようになった。

そして、「バリュープロポジション」と言われる、価値を提案することの重要性が注目されている。

Value Proposition

自社プロダクト(商品・サービス)とマーケット(市場・顧客)のどちらを優先させるかという二元的な考え方ではない。

バリュープロポジションの定義は、大きく2つに分けられている。

(1)自社製品やサービスのメリットをわかりやすく伝え、その価値を高めること。

(2)マーケットが求める「価値」と自社プロダクトの「価値」がマッチし、かつ、ライバルが提供できない「価値」が組み合わさった領域。

具体的には、「会いに行けるアイドル」みたいな価値だろうか。



kou_blue97 at 22:54│Comments(0) 機併纏のこと) 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、HKT宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • OODAループ
  • OODAループ
  • OODAループ
  • OODAループ
  • 東京探索
  • 東京探索
  • ゴールデンウィークの過ごし方
  • ゴールデンウィークの過ごし方
  • ゴールデンウィークの過ごし方
  • ゴールデンウィークの過ごし方
  • ゴールデンウィークの過ごし方
  • ゴールデンウィークの過ごし方
  • ゴールデンウィークの過ごし方
  • ゴールデンウィークの過ごし方
  • ゴールデンウィークの過ごし方
  • ゴールデンウィークの過ごし方
  • 4月がスタート
  • 4月がスタート
  • 4月がスタート
  • 桜が満開
  • 桜が満開
  • 桜が満開
  • 寿都〜28年ぶりの再会〜
  • 寿都〜28年ぶりの再会〜
  • 寿都〜28年ぶりの再会〜
  • GINZAとザンギと社会勉強
  • GINZAとザンギと社会勉強
  • GINZAとザンギと社会勉強
  • オリンピックは節目の年だねー
  • 祖母 95歳