2017年01月29日

40歳を前にして、惑う。

<惑う>

1 どうしたらよいか判断に苦しむ。
2 道や方向がわからなくなる。まよう。
3 悪いことに心が奪われる。
4 うろたえる。あわてる。


東京に行くと、いつも道に惑います。

特に、電車と地下鉄。

東京の電車といえば、常に激混みのイメージですよね。

でも、こないだ深夜0時を過ぎて山手線に乗りましたが、とっても空いてました。

なんか新鮮な発見でした。金曜日の夜だったのに。

アラフォーの会社仲間でカラオケに行き、惑う心を癒されました。

同年代だと、落ち着きます。

悩みも似ているし。

カラオケの選曲も、惑わなくて済むし。



孔子は、言いました。

「四十にして惑わず」と。

いやいや、40歳が見えてきた年頃ですが、惑ってばかりです。ほんと。



最近、「10年後を見据えること」の大切さを学ぶ機会がありました。

そういう意識も大切ですよね。

毎日、頑張って生きていくので精いっぱいで、意識しないとなかなか考えられません。

でも、ちょっと未来過ぎて、イメージも沸かない。

ということで、もう少し身近な未来をイメージするため、「40歳」と意識するようになりました。



<40歳>

孔子は言いました。

「吾十有五にして学に志す、三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にして天命を知る、六十にして耳順う、七十にして心の欲する所に従えども、矩を踰えず」と。



ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテは言いました。

「二十代の恋は幻想である。三十代の恋は浮気である。人は四十代に達して、初めて真のプラトニックな恋愛を知る。」と。



40歳手前にして、最も惑うことと言えば・・・「恋愛」ですよね。

<40歳からの恋愛>

真のプラトニックな恋愛。

うん、そうそう。

相手と理解し合えて、素直に感謝し合えて、心がときめくのが大切だもんね。

って、そうじゃない!



本当の惑いはこちらです。



<40歳からの仕事>

・得意分野を伸ばすのか
・苦手分野を克服するのか



たぶん、どっちも大切なんだと思います。

どっちもやればいい。全部やればいい。

でも、時間も限られてるから。



なんでこんなことを悩みだしたかというと・・・

・自分の強みとか良いところで、充分に戦えているという「自信」
・自分の弱みとか悪いところが、想像以上に著しく劣っているという「不安」

この2つが、自分の中で大きな渦となることがあったからです。



やっと、少し落ち着いてきた。



息子も同じ。

息子の弱い分野。

DSC_0299


クロスカントリー。

眉山を背に、1.5km。

自分の強みを伸ばしながら、弱みも少しずつ克服して頑張れ!



新橋の夜。

サラリーマンの聖地。

DSC_0269


日本酒が美味しく感じ始めてきたのも、40歳が近いからかも。

DSC_0270


ちなみに、40歳まではあと1年と少しです。





kou_blue97 at 20:53│Comments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 | 機併纏のこと)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profileです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • 卒業おめでとう!
  • 卒業おめでとう!
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • ウメは咲いたか、サクラはまだか
  • ウメは咲いたか、サクラはまだか
  • ウメは咲いたか、サクラはまだか
  • ウメは咲いたか、サクラはまだか
  • ウメは咲いたか、サクラはまだか
  • ウメは咲いたか、サクラはまだか
  • ウメは咲いたか、サクラはまだか
  • ウメは咲いたか、サクラはまだか
  • 徳島の美味いもんようけ食べるんじょ