2016年10月18日

今、新潟が熱い!

「今、新潟が熱い!」

そうなんです。新潟が熱いんです!
(NGT48の話ではありません・・・)

新潟県では、3年前はアメリカンフットボールのチームが3チームしか存在していなかったが、現在は5チームへと増加し、アメフト人口が増加してきている。

3年前まで、社会人・学生混合の新潟ファイティングシャークス、新潟大学タイガース、日本歯科大学クラッシャーズの3チームが存在していたが、2015年にシルバーシャークス(40歳以上の社会人チーム)及び開志国際高校レッドタイガースの2チームが誕生した。新潟県では初めてとなる高校チームの誕生だ。

開志国際高校は、「志を持って未来を切り開き、地域・国家・国際社会のリーダーとなる人間を育成する」という教育理念を掲げ、2014年4月に開校。国内では珍しい「医学」「国際」「アスリート」の3コースに特化し、アスリートコースは二つ以上のスポーツを同時に経験する「マルチスポーツ」を実践している。アメリカンフットボール部はラグビー部と兼任する生徒が多く、留学生も積極的に受け入れている。

そして2016年、開志国際高校「レッドタイガース」は関東高校アメリカンフットボール連盟への準加盟が承認され、今秋の関東大会へ出場する資格を得ることができた。

「レッドタイガース」は、日本社会人Xリーグ1部の強豪「ノジマ相模原ライズ」と提携し、競技力の向上を目指しているという点でも注目されている。 ノジマ相模原のヘッドコーチが、月に何度か東京から車で往復8時間をかけて胎内市まで指導に来ている。

また、日本社会人Xリーグ1部の強豪「オービックシーガルズ」の主将も、新潟大学タイガースの出身である。

日本のアメリカンフットボールの活性化及び競技人口の増加が伸び悩んでいる中、新潟県での普及への取り組みや競技人口の増加が加速化し、さらにアメフトが盛り上がっていくためにも、開志国際高校「レッドタイガース」の活躍に期待したい。



kou_blue97 at 22:37│Comments(0)TrackBack(0) 検淵▲瓮侫箸里海函 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、HKT宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 2019秋
  • 2019秋
  • 2019秋
  • 2019秋
  • 2019秋
  • 2019秋
  • 2019秋
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索