2016年05月26日

結果が全てではない。でも結果が全てに優先する。のか。

青くさい春と書いて青春だったころ。

グラウンドで汗と涙を流していた僕は、戦友たちと悩んでいた。

後輩たちに「勝利が全て」と言い切るべきなのか。否か。

当時、若かった僕たちは「勝利が全てではない。しかし、勝利が全てに優先する。」という結論に至った。



今、僕は会社で後輩たちに、「結果が全てだ」と言い切るべきなのか。否か。

そして、僕は子供達に、「結果が全てだ」と言い切るべきなのか。否か。



オービックシーガルズ元ヘッドコーチの大橋誠さんは言いました。

『「頑張ること」が大事なんじゃなくて、「ちゃんとやること」が大事。』

そうかもしれません。

でも僕は、「頑張ること」も大事だと思います。

まだ子供だからなのかな。



堀江貴文さんは言いました。

『もし、成果に向かって全力疾走することを「努力」と呼ぶのなら、努力するなんて当たり前のことだ。わざわざ「みんな努力しようよ」と野暮ったいことを訴える必要もなく、ただ「成果を出そう」と呼びかければいい。』

こちらの方が共感出来ます。

「努力」を否定していないから。



高橋みなみさんは言いました。

『努力は必ず報われるとは限らない。でも、頑張ってる人が報われてほしい。』

僕もそう思います。



スポーツの試合でも、「結果が全て」の試合もあれば、「成長することが重要」な試合もあります。

「この試合は、内容はどうでもいい。買って、五輪への切符を手にするんだ!」という試合は前者。

「五輪への出場権は獲得した。勝利よりも、この試合で試したいことがあるんだ!」という試合は後者。



人間もそう。

「成長」が重要な場合は、「プロセス」が重視される。

それ以外は、「結果」が重視される。

そういうことでいいのかな。



外部(他者)に対する価値観としては「結果」。

内部(自分)に対する価値観としては「プロセス」。

なのかな。



本当は、「僕が憧れる働き方」という内容を書こうとして、堀江貴文さんを調べてたら、うまく探せなくて、こんな記事になりました。






kou_blue97 at 23:14│Comments(0)TrackBack(0) 機併纏のこと) 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、HKT宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京