2015年02月06日

なぜペイトリオッツはタイムアウトを取らなかったのか

第49回スーパーボウルでのシーホークスのプレーコールについて、アメリカでは国民的議論を呼んでいることについては、先のblogで触れましたが、実はもう1つ気になっていたことがありました。

書いておけばよかった。悔やまれる。



それは、「なぜペイトリオッツがタイムアウトを取らなかったのか」についてです。



もし、シーホークスがTDを取って逆転していたら、残り時間は20秒ほどしかなく、ペイトリオッツの再逆転の可能性は限りなく低かったでしょう。

その場合、

「なぜ! なぜなんだ!」
 
ニューイングランドのファンだけでなく、NFLの現役選手、OBたちが、「信じられない!」「ペイトリオッツには、タイムアウトが残っていたじゃないか。どうして使わないんだ!」とツイートを通じて、さまざまな意見が乱れ飛んだことでしょう。



では、詳しく説明します。



第49回スーパーボウルの第4Q終盤に、ペイトリオッツのビル・ベリチック監督は通常ならタイムアウトを取った方がよさそうな場面で、タイムアウトを取りませんでした。


・28−24とペイトリオッツにリードされた第4Q残り1分6秒、敵陣ゴール前5ヤードからの1st & 5でシーホークスはRBマーション・リンチのランで4ヤードゲイン。
・タッチダウンまで1ヤードを残した。
・プレー終了を合図する審判の笛は、残り1分1秒で鳴っていた。
・シーホークスは直前のプレー終了後に2回目のタイムアウトを使ったばかり。残りは1つだった。
・一方、ペイトリオッツにはタイムアウトが2つ残っていた。


ここでベリチック監督は大きな決断を迫られます。

ペイトリオッツにとって、残り1ヤードというシチュエーションではタッチダウンを取られた後のことも考える必要があり、「タイムアウトを取るべきだ」という考えが多いのではないでしょうか。

僕は、「タイムアウトを取るべきだ」と思いました。

解説の高野さんもそう言っていました。



「なぜタイムアウトを取らなかったのか」




試合から数日経ち、昨日ググったらヒットしました(笑)。



「ペイトリオッツがタイムアウトを取る」
・シーホークスがタッチダウンを決めても、ペイトリオッツには約50秒の攻撃時間が残り、約50秒あれば、再逆転の可能性はまだまだある。

という考えのほかに、

「シーホークスにタイムアウトを使わせる」
・シーホークスに最後のタイムアウトを使わせることができれば、2ndダウンのプレーを止めれば、3rdダウンにはクロックが止まるパスを起用する確率が高くなり、その分守備しやすくなる。
・また、ペイトリオッツに残される時間も、より多くなる。

そういう見方もあるんですね。考えが及びませんでした。


そして、さらに深い駆け引きがあったなんて。。。



ベリチック監督は、タイムアウトを取らない決断に至った過程を説明しています。


「シーホークスが複数のレシーバーを出してきたのは、ペイトリオッツがゴールラインの守備要員をフィールドに出したのとほぼ同じだった。相手にランを出させないためには、この布陣でいきたかった」

・ペイトリオッツはゴールラインの守備にディフェンスライン選手を6人、LBを2人、CBを3人起用。

「(TEやオフェンスラインを増やさずに)レシーバー3人体制で、ゴールラインの守備に対してランを出そうというのなら、それを止める側とすれば願ってもないことだ」

「マッチアップを見た後、タイムアウトを取って時間をセーブすることも当然考えた。それがかえって逆効果になったか、好結果になったかは分からない。だが、試合の流れ上、あのままで良いと判断した」



・残り時間を考慮すれば、ペイトリオッツはランはどうしても避けたかった。
・最後のタイムアウトを取らせることはできなかったが、ラン守備要員を配置したことで、シーホークスにパスを選択させやすい状況を作った。
・そして、バトラーやその他の選手達がすでに話している通り、この状況下でのスラントパスに対する守備の練習は行っていた。


そうだったんですね。

大激戦の最後は、両監督による壮大なクロックマネージメントとプレー選択の駆け引きが繰り広げられていたというわけです。



でも、2nd & 1のプレーは第4Q残り26秒から始まっていたので、シーホークスがタッチダウンを取っていたら、ペイトリオッツに残された時間は20秒程度。敗戦濃厚ですね。


タイムアウトを取らなかったから勝利の女神が微笑んだのか、そこに因果関係は全くないのか、神のみぞ知るってやつですね。


アメフトはやっぱり面白い!


kou_blue97 at 21:00│Comments(0)TrackBack(0) 検淵▲瓮侫箸里海函 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • 6月
  • 6月
  • 6月
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)