2010年04月29日

新しい時代の扉

仕事で実際に聞いた話の中でいくつか印象に残ってるものがあります。



食の世界で権威のある方が、最高のモノとは何かという話題で、

「要は、また買いたいと思ってもらえる価値があるかどうか。」

その意味とは、モノづくりの中で品質を追求したりこだわったりするのも大切だが、それがどれだけ求められていてどれだけ価格として受け入れてくれるかも大切だということだと、僕は感じました。

決して独りよがりではいけないということですね。



もう一つは、会合か何かで軽く話したことがあって、彼とつながれば人脈から何から広がるんじゃないかなと思っていた人にアポを取り、ちょっと時間をとってもらいました。

思っていたとおりの感じでした。

「…みたいなことをやっていかないと、新しい時代の扉は開けないよね。」

なかなか有意義な時間を過ごしました。



新しい技術を取り入れ先駆者としてチャレンジしている会社があります。

その結果、その技術が広がり、業界や地域の発展に貢献しました。

ただし、そこ会社は経営的には優れているどころか逆に厳しい状況となっています。

僕は、新しい技術を取り入れる中でいろいろ不都合や失敗があり、開発者たちと試行錯誤を経て普及していく技術になったのではないかなと思います。

そういう意味では、功績は大きいのではないかなと。

新しい時代の扉を開けるためには、たくさんの犠牲と失敗と汗と涙があって、それは想像以上に価値があることなんだろうなと思います。



戦国時代の戦でも、誰よりも先頭に立って敵に向かっていく男の犠牲が、どれだけ貢献しているか計りしれないことのように。



かけだし金融マン(mixi)でした。




kou_blue97 at 21:46│Comments(0)TrackBack(0) 機併纏のこと) 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、HKT宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京