2009年11月20日

感動の涙の数

こんにちはかけだし金融マン(mixi)です。



ここ1ヶ月、僕の関心はアメフト一色でした。

小樽商科大学トマホークスが、北海道大学ビッググリーンを撃破、初の北海道リーグ単独優勝、甲子園ボウル優勝(大学日本一)候補の法政大学トマホークスへの挑戦権獲得、そして法政トマホークスから奪った記念すべき13点。

11月21日の道新スポーツに小樽商科大学アメフト部の記事が掲載されるようです。是非ご覧あれ。

仕事はもちろん頑張ってますよ。年末に向けて忙しいし、バリバリ残業もしてますし。でも30歳を過ぎてもまだこんなに母校のアメフトで盛り上がることが出来るなんて思ってもみませんでした。

このままではアメフトblogになってしまうので(笑)、トマホークス関連の記事は今日で一旦終わりにします。また来年のTOMAHAWKSの活躍を記事にすることが出来る時まで。さらなる進化を期待して。




9年前の今頃、僕らは雪が降り始める中でフィールドに立っていた。

スコアは10ー7。試合時間は第4Q残り3分弱で、自陣40y付近からの攻撃。

時間を消費するようなランプレーを3つ続けて、パントで敵陣深くに蹴り込んで、余裕を持って相手の最後の攻撃に備える。それは80%近い確率で勝利を意味するものだった。勝利=3シーズン振りの1部リーグ復帰。

アメフトの神様は簡単にはそれを許さなかった。

絶対的エースのQBが相手守備のタックルでボールをファンブル。自陣40y付近から相手チームに攻撃権を奪われた。そして1stダウンを奪われ、自陣30yへ。

勝利の確率が一気に50%近くへと下がった。

1stダウンのパスは覚えていない。2ndダウンのパスはエンドゾーンを越えた。3rdダウンのパスはエンドゾーン内のWRの手に収まったかに見えたが、SSとCBのカバーでボールを確保させなかった。そして試合時間残り1分での4thダウンのパスもCBがカバーした。念のため、イエローフラッグがないか確認した。ディフェンスのみんなが歓声を上げた。

勝利を決めた瞬間だった。

僕は涙ぐんだ。攻守交代でベンチから出てきたエースQBは号泣していた。

ベンチに戻るとみんな泣いていた。フィールドを眺めながら涙をすすっていた。

2プレーが3プレー、ボールをイートして時間を流す。そしてカウントダウン。止まらない涙。たぶん人生で一番泣いた。





8年前。前年と同カード。僕はコーチとしてベンチにいた。

6ー9で第4Q残り2分弱。敵陣40y付近からの最後の攻撃。4thダウン10y。止められれば敗北。敗北=2部リーグへ降格。

最後まで諦めていない後輩達を、アメフトの神様は見捨てなかった。

フレックスボーン体型から左SBがアンダーモーションして、右にプレーを展開。リードオプションfakeの右SBへのプレーアクションパスが成功し、そのままエンドゾーンへ走り抜けてTD。逆転。

3年のQBと4年のオフェンスキャプテンが抱き合い涙を流している。ベンチも号泣状態。涙が止まらない。まだキックオフで相手チームの攻撃も残っているが、もうプレーどころではないのでタイムアウトを取るほどの涙。

そして1部リーグに踏みとどまった。





そして今年。優勝候補NO.1の北大相手にイートして、カウントダウン。

そこには、トマホークスの歴史上最高の達成感と感動と止まらない涙があった。



僕らの前の諸先輩方が培ってきたもの、築き上げてきたもの。そして、僕らの後輩達がさらに積み上げてくれたもの。

それが北海道リーグ優勝へとつながったと思う。

その歴史の1ページに参加出来たことを誇りに思う。

来年もまたクラッシュボウルの場で小樽商科大学トマホークスがプレーすることを期待したい。



kou_blue97 at 23:28│Comments(0)TrackBack(0) 検淵▲瓮侫箸里海函 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • 6月
  • 6月
  • 6月
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)