2008年02月15日

誰がために鐘は鳴る

かけだし金融マンが提供するサラリーマン物語。

『誰がために鐘は鳴るА




大学4年の時、俺はアメフト部のキャプテンだった。



今だから言えるが、

キャプテンとしての自覚と責任は並大抵のものではなかった。

ただ、キャプテンを任される以上、それは当然だった。



お金目当てではなく、

私利私欲のためでもなく、

自分のために、

仲間のために、

そしてチームのために、

大学生活という貴重な時間を捧げてくれる、

大切な仲間達。

絶対に裏切ってはいけない存在。



そんな仲間達みんなの想いを背負って、

キャプテンとしての決断をしていかなければならない。



明確なビジョンと、

それを実現する具体的なイメージを示しながら。



たかだか50人ちょっとの部活のキャプテンでさえそうなんだから、

みんなの生活や将来をも背負いながら、

みんなから慕われ続けたあの工場の苦労は計り知れない。



はたして事業部長や新しい工場長は、

いったいどれほどのものを背負ってくれているのか。



僕たち部下に対して、

どれだけ責任を感じてくれているのだろうか。



不安は尽きない。



会話を続けながらも、

いつの間にか、

課長はビールから熱燗へと変わっていた。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 00:01│Comments(0)TrackBack(0) 后箆∈椒轡蝓璽困發痢 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、HKT宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京