2006年06月02日

ビジョンとプロセス(受験編)

高校生活の山場というか、クライマックスと言えば、
夏休みの花火大会やキャンプやクリスマスなど
青春の1ページを飾るイベントはいろいろありますが、
大学受験も大きな出来事の一つです。





高校2年の冬休み、
きっかけが欲しかった僕は某予備校の冬期講習に参加しました。


そこの偉大な講師の話と、
今の自分の現状を照らし合わせると、
やるべき道は必然的に見えてきました。



現状の実力は、
数学85点
英語75点
国語65点
化学50点
世界史50点。


センター試験は5科目で、
二次試験は3科目。





センター試験まで、残り1年。
1年計画はこんな感じでした。

/学は勉強しなくてもセンター試験は大丈夫なので、センター試験が終わるまで勉強しない。センター試験が終わってから二次対策。

⊇まで約9ヶ月はみっちり国語と英語だけを勉強する。夏くらいまでにセンター試験レベルは終え、それから応用・二次対策を秋までやる。

世界史と化学はセンター試験のみで二次試験はないため、基本の暗記でOK。10月くらいまでは一切勉強しない。短期集中とする。


揺るがない信念で取り組みました。



夏から秋にかけてプレ試験みたいなものが続きますが、
もちろん数学は高校の授業だけで高得点、
国語と英語もかなり追い上げましたが、
世界史と化学は何もやってないので、30〜40点台でした。

世界史と化学が足をひっぱり点数が伸びず、
合格判定はいつも微妙でした。
先生からや親も相当心配してましたし、
先生からは志望校を見直しては、
みたいな話もありました。


でも、自分にとっては完全に予定どおり。

気持ち良かったです。





結果として、センター試験は自分の目標を大きく達成することが出来ました。





何が言いたいかというと、
自己分析をしっかりし、
自分の特徴や欠点を認識したうえで、
世間一般の流れや計画を理解し、
自分にあわせた形にしていくことが必要だと、
たぶん初めて気が付いたのだと思います。



学校の先輩や、
先生や、
予備校の講師が言っている、
一般論としてのサクセスストーリーが、
自分にピッタリマッチすれば良いですが、
自分に合わない場合は、
加工したり修正したり、
自分にあわせることが不可欠ですよね。


受験生の皆さん、頑張ってください。


kou_blue97 at 22:17│Comments(1)TrackBack(0) 機併纏のこと) 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 女課長ことmiemomo   2006年06月03日 16:24
そうですね、統計としては大切だとは思いますが、その方法が全て自分にあてはまるのかと言うとそうは言い切れませんもの。

アレンジは大切ですよね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 会社帰りにスマートライフ(其の弐)
  • 会社帰りにスマートライフ(其の弐)
  • 会社帰りにスマートライフ(其の弐)
  • 会社帰りにスマートライフ(其の弐)
  • 涼しくなってきたね
  • 涼しくなってきたね
  • 涼しくなってきたね
  • 涼しくなってきたね
  • 涼しくなってきたね
  • 涼しくなってきたね
  • 涼しくなってきたね
  • 涼しくなってきたね
  • 涼しくなってきたね
  • 涼しくなってきたね
  • 涼しくなってきたね
  • 涼しくなってきたね
  • 涼しくなってきたね
  • 涼しくなってきたね
  • 8月が終わる。短い夏休み。
  • 8月が終わる。短い夏休み。
  • 8月が終わる。短い夏休み。
  • 8月が終わる。短い夏休み。
  • 8月が終わる。短い夏休み。
  • 8月が終わる。短い夏休み。
  • 会社帰りにスマートライフ
  • 会社帰りにスマートライフ
  • 会社帰りにスマートライフ
  • 会社帰りにスマートライフ
  • 会社帰りにスマートライフ
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)