2022年01月

2022年01月30日

年のはじめに考える

2022年1月1日に東京新聞の社説を読んだ。

「年のはじめに考える『ほどほど』という叡智」

要約する。

「昨年、SDGsという言葉が一気に広がった。中でも重要なテーマが環境であり、脱炭素、とにかく温室効果ガスを減らすことに世界中が頭を悩ませている。地球温暖化の影響は多岐にわたり、昨今では魚の不漁もその1つ。漁業の世界では、漁獲規制等による捕りすぎないという『叡智』により、大切な資源を守ってきた歴史もある。いま、自然や環境に種々問題が生じているのは、そうした叡智が失われているのではないか。食べすぎ、とりすぎ、使いすぎ…。問題の多くは、生き方の中に染み込んだ『過剰』に帰するような気もしている。人間と自然の良い関係を長続きさせること、それが『持続可能な開発』。ざっくり『ほどほどのススメ』ぐらいに理解しておいても、あながち見当違いではないかもしれない。」

なぜ社説の話をしたのかと言うと、息子(高校)の冬休みの課題であったため。

【息子の冬休みの課題】
・2社の新聞の1月1日の社説を読み、その共通点や相違点を整理の上、「コロナの時代はどこに向かうのか」について考えを述べよ。



一方、娘(中学)の冬休みの課題は、「資源・エネルギーと電力」について。

さすが、SDGsの時代。そして、脱炭素社会の時代。

しかも、社会と技術で2科目が似たようなテーマ。

【娘の冬休みの課題】
・火力、原子力、新しい発電方式(好きなものを2つ選ぶ)のそれぞれのメリットやデメリットを整理の上、自分が進めるべきと考えるものを1つ選び、考えを述べよ。



そのほか、冬の俳句や書初めもあり、親も一緒に楽しめます。

・白菜が 浮かぶお鍋に 舞う白さ
・豚肉を 挟む白菜 冬布団
・大根と いくらが飾る 紅と白
・お雑煮の 餅の粘りを 勉学に
・お雑煮の 餅の伸びしろ 成績に

「邪魔しないで」

子供たちに怒られます。



そして、早いもので1月が過ぎ去りますね。

1月21日からは群馬県もまん延防止等重点措置。



DSC_1674


DSC_1682


DSC_1681


1642923702725


感染防止と健康に留意の上、頑張っていきましょう。




kou_blue97 at 16:47|PermalinkComments(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2022年01月03日

2022年 新年のごあいさつ

2022年 謹賀新年

今年もまた、地元北海道に帰省できず、東京での年越しになりました。

本年もよろしくお願いいたします。

皆さまのご健康とご多幸を心からお祈り申し上げます。



<おせち料理>

DSC_1643


御節料理とは、歳神様に捧げる供物としての料理。

北海道では、おせち料理を12月31日の大晦日に食べます。

♯わが家のおせち料理
・紅白かまぼこ
・伊達巻
・栗金団
・黒豆
・刺身
・うま煮
など。

そして、おせち料理を食べた後に、年越しそばも食べます。

お正月は、大晦日のおせち料理の残りを食べます。

♯北海道あるある
・おせち料理は大晦日の夕食
・年越しそばは大晦日の夜食
・年越しそばは腹がきつい
・煮物や煮しめのことをうま煮と呼ぶ
・正月料理は残りもの(特にうま煮は三が日)



<お雑煮>

DSC_1651


お雑煮とは、正月に食べる餅を主な具としたつゆモノの日本料理。

餅の形(丸餅と角餅)や餅を焼くか焼かないか、出汁やつゆ(塩、しょうゆ、みそ等)によっても地域性があります。

♯北海道のお雑煮
・餅は四角い
・鶏肉を入れる
・昆布出汁に醤油ベース
・いくらを入れる地域も
・基本的に北海道はいろんな地域から移住した人の集まりであり雑煮もいろいろ

わが家はいくらは入れません。

これは、娘の冬休みの宿題用。



<書初め>

書初めとは、新年になって初めて毛筆で字や絵を書くこと。

DSC_1656


昨年の書初めは「感謝」

今年も「感謝」にしたいところだけど変えよう。

そして選んだのは「希望」

DSC_1659


子供たちの学校の宿題が終わったら、自分の番です。

魂を込めた書初め。



「感謝」と「希望」を大切に、2022年もよろしくお願いいたします。



kou_blue97 at 22:15|PermalinkComments(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 
Profileです。

kou_blue97

【自己紹介】
・札幌生まれ札幌育ち
・現在は群馬在住
(←東京←徳島←千葉…)
・転勤族のサラリーマン
・ミスチル世代の団塊ジュニア

【好きなモノ】
・アメフト観戦
・ミスチル鑑賞
・子供とおでかけ
・転勤で知らない土地を満喫
・現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる
・小さな幸せのかけらを積み重ねる

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 名胡桃城〜戦国時代の終わるきっかけとなった小さな山城〜
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 群馬の温泉で癒される日々(温泉王国ぐんま◆
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 白衣観音 慈悲の御手
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜
  • 身近な自然〜前橋と高崎〜