2017年05月

2017年05月28日

運動会

<息子の運動会>

中学校の運動会ってなんか新鮮。

そして、リレー種目の数が多くて、圧倒的なシェア(笑)。

選抜リレー、全員リレー、スウェーデンリレー、部活動リレーなど。



息子の出場といえば・・・

「波乗りジョニー」

BlogPaint


団体競技です。



あとは、「障害物競争」

BlogPaint


なかなかの苦戦。


そして全員リレー。

よく頑張りました。

5月にしてはとても日差しが強かった。



運動会といえば、お弁当が楽しみの1つ。

でも、息子は教室で給食を食べました。

主役がいない中で、お弁当。

なんだかちょっと物足りないかも。



あと、さすが中学生。

部活動対抗リレーは大迫力で恰好良かった!

男子は、サッカー部とバスケ部のデッドヒート。

女子は、バスケ部が独走。

俺もバスケ部だったなぁ。

そして女子バスケ部ともいろいろ思い出が・・・。



<娘の運動会>

そして娘の小学校の運動会。

こちらは、お昼はお弁当だけど、やっぱり教室で食べます。

というわけで、朝から早起きして場所取りしなくてすみます!


まずはダンス。

BlogPaint


華やかです。

そして選抜リレー。

先頭でバトンをもらって、先頭を走ります。

BlogPaint


80メートル徒競走は惜しくも2位ながら、爽快な走り。

79メートルまでは1位をキープ。

最後、逃げきったように見えたし、娘も1位を確信するも、残念ながら2位。

来年こそリベンジを!


お昼は娘と一緒に食べられないので、帰宅してのんびりご飯。

また午後から運動会。

前日まで雨だったけど、天気が良くてよかったー。

お疲れさまでした。




<娘のフラッグの大会>

運動会の翌日は朝8時に集合して、フラッグフットボールの大会。

BlogPaint


ふかふかの人工芝とスプリンクラーの水しぶきが最高〜

BlogPaint


試合が終わってからも、仲間たちとのおいかけっこが繰り広げられました。

子供たちは元気いっぱい。





kou_blue97 at 21:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2017年05月17日

今、改めて壁に挑む

さて、引越してから1か月半が経ちました。



息子も、中学生になり、新しい環境と新しい部活でチャレンジ。

娘も、新しい小学校と、新しいスポーツチームでチャレンジ。

妻も、毎日忙しいくらいの新しいチャレンジ。

そして自分も、いろいろと新しいチャレンジをすることに決めました。



家族そろって、チャレンジをすれば失敗もし、壁にぶち当たるはず。

それでも、壁をうち破っていけるように頑張りたい。



そんな思いを込めて、壁に挑む心構えをもう一度。



(1)常識の壁に挑む

・自分と違う考えに出会ったとき、「なぜあの人はそう考えるようになったのか」「どういう根拠があるのか」を考えてみる。

・与えられた目標の「高さ」や「種類」や「モノサシ」を自分の中で変えて、自分の壁を破るチャンスを見つける。

・「なぜ、今それをやっているか」「何のために、これをやっているのか」と自分に問いかけ、本質を見極める。

・環境の変化に合わせて自分を変えていき、「変化すること」を当たり前のことにする。



(2)アクションの壁に挑む

・ある程度いけると思ったら、一歩踏み出してみる。

・多すぎる選択肢は決断を鈍らせるので、出来るだけ2つの判断基準に絞り込む。

・重要度が高く緊急度が高い仕事は誰でも頑張る。重要度が高く緊急度が低い仕事を、普段どれだけ頑張って処理できるかが大切。



(3)スキルの壁に挑む

・選ばれる人は、抜擢される準備が出来ている。

・何度も実践しながら「なぜその行動が大事なのか」を知り、体を通して自分のものにする。

・得意分野を十分に伸ばしたうえで弱点を克服する。この順番が大切。



(4)仕事のやり方の壁に挑む

・「本当にその目標を目指すべきか」「今、自分が取り組むべき一番の課題は何か?」という視点を常に意識する。

・自分の状態について、「常に」話ができる人を見つける。

・自分がどういう役割を果たすべきか、隣の人がどういう役割を担うと力を発揮するかを自覚する。



(5)コミュニケーションの壁に挑む

・聞いただけ、読んだだけの知識を、さも自分のもののように話さない。自分なりの考えに落とし込んで、メッセージを発する。

・「自分なりの役割の果たし方」に集中し、自信を育む。



(6)情熱の壁に挑む


・うまくいかない時ほど、基本をしっかりと行う。

・構想するときは楽観的に、計画するときは悲観的に、実行するときは楽しくやる。

・どんなにネガティブな状況でも「得たもの」と「次につながるもの」は必ず存在する。

・「当たり前」と思いがちなことの中に、「感謝すべき」ことがたくさんあることに気づけるか。

・視野を広げてくれる、違う世界を見せてくれる、上司や先輩を見つける。



よし、明日からも頑張ろう!

DAA2V1iVoAAQRWZ[1]


このチャレンジも応援したい!

そんな季節ですね。








kou_blue97 at 23:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 機併纏のこと) | 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函

2017年05月16日

運動会

今週末は息子の中学校の運動会。

ん?

中学校で運動会?

驚いた。



俺が中学生の時は、中学で運動会なんてなかったから。

ただ、陸上競技場に行って陸上競技大会はあったけど。



軽く30秒くらいググってみたら、北海道と福島県は中学で運動会はないらしいですね。



今週末→息子の運動会、来週末→娘の運動会と続きます。

まあ頑張ってくれたまえ。

また日焼けしそうだなぁ。

kou_blue97 at 07:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2017年05月09日

初めての首都高速道路

<初めての首都高速>

高井戸ICから、首都高速4号新宿線へ。

新宿を迂回。

右側に見える緑は、代々木公園か明治神宮か。

JR山手線が見えます。

JR中央縁に沿って進むと、新宿御苑。

東京体育館も。

そして、首都高速都心環状線へ。

竹橋JCTを通過し、大手町のオフィス街の横を抜けます。

首都高速6号向島線から首都高速9号深川線へ。

東京スカイツリーが見えてきました。

首都高速湾岸線を通り、葛西ICで降ります。




さて、ここで問題です。

目的地はどこでしょうか?

<選択クイズ>


1.葛西臨海水族園

2.葛西臨海公園(ダイヤと花の大観覧車)

3.東京ディズニーランド

4.東京ディズニーシー

5.地下鉄博物館

ヒント:GW最終日といえば・・・



帰り道は違うルートで。

葛西ICから、首都高速中央環状線へ。

荒川に沿って、北上します。

東京スカイツリーは近い。

橋がたくさん。

都営新宿線、JR総武本線、京成押上線、京成本線、JR常磐線、日暮里舎人ライナーなど。

五色桜大橋を渡り、荒川を越えます。

隅田川も越えました。

板橋JCTで、首都高速5号池袋線へ。

中台ICで降りて、環八通りへ。




初めての首都高速の旅。

とても緊張しました。

やっぱり、ちょっと怖かった。

でも、楽しかったです。

おしまい。




<クイズの答え>

目的地は

「江戸川臨海球技場」



最近のblogはこの内容ばっかりだなぁ。

証拠写真。

BlogPaint



でも、これも娘との大切な思い出なので、blogに残しておきます。

いつか、振り返って見るときのために。

「あの頃も楽しかったね」と言って、娘とビールを飲めたらいいな。











kou_blue97 at 22:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2017年05月05日

こどもの日とか

連休の合間に娘の授業参観。

2時間目から4時間目まで開放してくれました。

娘の教室。

BlogPaint


2時間目の開始に合わせて教室に行くも、来ている親は自分ひとり。

平日だからか。

しばらく、子供たちの注目を浴びました。

2時間目が終わった時も、来ていた親は3人くらい。

4時間目が終わる頃には、15人くらいに増えてました。

2時間目から4時間目までフルで見てたのは俺だけ。

じっくり見させてもらいました。

転校して1か月の娘も、周りの子たちと仲良くやってました。

休み時間には、「〇〇ちゃんのお父さんこんにちわ!」ってたくさん声もかけてもらえました。

なぜか握手も求められた・・・(笑)。

娘が楽しそうで良かった〜。

友達、先生、学校の皆さんに感謝です。



別の平日には中学の息子の部活動見学会があったらしくて、それは妻が参加。

息子も楽しそうにやってたみたい。

それも何より。



そして連休中もフラッグフットの体験を続けさせてもらってます。

お父さんの言うことは全然聞かないけど、コーチの言うことは素直に聞く娘。

BlogPaint


まだ体験2日目だけど、レシーバーのセットが少しずつ様になってきている感。

BlogPaint


練習後は、チームの仲間と大縄跳びとか。

BlogPaint


疲れ知らずの子供たちは木登りとかも。

BlogPaint


結局、光が丘公園(練馬区)に朝9時から夕方4時までいました。

「そろそろ帰る?」って娘に聞いても、

「楽しいから最後までいる。みんなが帰るまでいたい!」って。

チームの仲間やコーチ、父母の皆さんに感謝です。



やっぱり、娘の楽しそうな笑顔が1番!!

実感しました。

あっ、もちろん息子も。

そんな当たり前のことを再認識するこどもの日とか。








kou_blue97 at 21:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 
Profileです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • BEAUTIFUL FACES 
  • since 1976 〜 IBM BigBlue 〜
  • since 1976 〜 IBM BigBlue 〜
  • 東京高円寺阿波おどり
  • 東京高円寺阿波おどり
  • 東京高円寺阿波おどり
  • 東京高円寺阿波おどり
  • 東京高円寺阿波おどり
  • 東京高円寺阿波おどり
  • 東京高円寺阿波おどり
  • 2017夏
  • 2017夏
  • 2017夏
  • 2017夏
  • 2017夏
  • 2017夏
  • 2017夏
  • ものづくりのまち 〜大田区まち工場〜
  • ものづくりのまち 〜大田区まち工場〜
  • ものづくりのまち 〜大田区まち工場〜
  • いざ鎌倉
  • いざ鎌倉
  • いざ鎌倉
  • いざ鎌倉
  • いざ鎌倉
  • 試合帰りに横浜中華街
  • 試合帰りに横浜中華街
  • 試合帰りに横浜中華街
  • 試合帰りに横浜中華街
  • 東京ドームの中心で悪魔的歌唱