2016年08月

2016年08月30日

義経伝説

時は寿永4年(1185年)。

一ノ谷の戦い(神戸)で平家軍を破った源義経は、讃岐屋島(高松)に逃れた平家軍追討の命を受けます。

摂津渡辺(大阪市堂島)から20隻の船で紀淡海峡を南下し、阿波の国勝浦(小松島市)に漂着しました。


<源義経上陸の地>

f4b6c490.jpg


<源義経公乃像>

fa930c1c.jpg


旗山。源氏の士気を高揚するため、白旗を立てて軍陣の標記とした山。



<弁慶の岩屋>

493d8dfa.jpg


弁慶の岩屋と呼ばれる古墳。



<第一八番札所 恩山寺>

0c930c0c.jpg



<弘法大師さま>

25742bae.jpg





徳島県に伝わる義経伝説。

北海道は寿都町に住んでた時も、弁慶岬と呼ばれる岬があったなぁ。

義経伝説と弁慶伝説。

歴史とロマンに溢れてたり。







kou_blue97 at 19:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月28日

夏休みもあと少し

無事に家族も帰ってきて、子供たちの夏休みもあと少し。


伊丹空港まで迎えにいくときの明石海峡大橋。

7e405eb2.jpg


伊丹空港で到着便を待つ。
(これより小さいやつに乗ってきた)

be897873.jpg


伊丹空港から徳島にかえるときの明石海峡大橋。

198f8dd6.jpg


夏休みのしあげに、パパ作成の地理の問題。
(俺の手作り)

fe1c18e3.jpg



せっかくの転勤族なのだから、地理感覚は身につけてほしい。




kou_blue97 at 21:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2016年08月27日

四国〜瀬戸内

<宇野のチヌ>

空き缶やペットボトルなどのゴミや家庭からの不用品を集めて作ったオブジェ。

チヌ=クロダイ。



前から見た姿。

fa158fa8.jpg


横から。

c39128b6.jpg


コカ・コーラ

d50863bd.jpg


リトル・グリーン・メン

4230fe56.jpg


後ろから。

ba7c61eb.jpg





<高松の港>

996a5355.jpg




<四国ショップ88>

高松市サンポートの高松シンボルタワー。

四国4県の特産品・土産品があつまるショップが。

そして、こんなものも。


・おへんろのポスター

be9318e1.jpg


・おまいりんぐのポスター

40f55394[1]


・骨付鳥(丸亀市)のポスター

52dfcadb.jpg


12e1b69f.jpg


・偉人イケメンカレー

73544277[1]


img_7[1]




四国もまだまだ面白い!

kou_blue97 at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2016年08月26日

大陸から見た太平洋

中国が太平洋に出るには、ロシア・日本・台湾・フィリピンが立ちはだかる。


<佐渡から見た東アジア>

M99901MS1MP004r[1]



<北京から見た東アジア>

1078f50f73f900be36567ac51e44eabb[1]




なぜ尖閣諸島が問題になるか、この視点だとよくわかる。




kou_blue97 at 22:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 察覆修梁召里海函 

2016年08月21日

奇跡のビール「ランビック」

「ビールは発酵の仕方で3種類」の記事(←ここをクリック)

ビールは、発酵の仕方で3種類に分けられています。

(1)エール
・上面発酵の酵母を使用し、常温で短期間に発酵させるビール。
・特徴は、麦芽からくる甘味と香ばしさ。旨味をじっくり味わいながら飲む。
・代表的なものは、イギリスのペールエール、黒ビールのスタウト(ギネス)、白ビールのヴァイツェンなど。

(2)ラガー
・下面発酵の酵母を使用し、低温で長時間かけて発酵させるビール。
・特徴は、爽快なのど越しとすきっとした口当たり。
・代表的なものは、ピルスナー、黒ビール全般、日本、アメリカ、カナダ、アジアなど世界のビールの主流。

(3)ランビック
・醸造用に培養した酵母を使わず、野生の酵母を使って自然発酵でつくられるビール。
・ベルギーのブリュッセル周辺で飲み製造可能。
・強い酸味が特徴。

79d93a9d.jpg


生まれて初めて飲みました。

「ランビック」

「ベルビュークリーク」

野生酵母の自然発酵による奇跡のビールです。




kou_blue97 at 18:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2016年08月15日

阿呆連に魅せられて

徳島の阿波おどり2016も今日が最終日。



なんだろう。

今年は踊らないし、もう5回目だし、なんとなく盛り上がらない自分。

その前の和歌山遠征、岡山遠征、高松遠征が充実していたからなのか。

それとも、瀬戸内海と島々と海風に癒されたからなのか。

阿波おどりモードになれない自分がいました。



男木島から帰ってきてくたびれ果てて、阿波おどりはテレビでいいんじゃないかと妥協モード。

でも、やっぱり生で見ないとと思い、2日目と3日目はしっかりと見てきました。

有名連の踊りは圧巻。

企業連や学生連も、応援する気持ちで温かく見守れました。

企業連とか学生連がないと、「みんな参加できる楽しいお祭り」じゃなくなってしまうから、それはそれで必要なんだと思います。

お祭りは、みんなが楽しめないとね。



ということで、本日は4日目最終日。

会社から帰ってひと息ついて、会場に向かいました。

当たり前だけど、南内町演舞場の当日券は完売です。

そりゃそうだ。



阿波おどりの雰囲気を肌で味わいます。

もしかしたら、最後の阿波おどりになるかもしれない。

そう思うと感慨深い。

もっと感じないと。

最後かもしれない阿波おどり。

自分はいったい、何を見たいのだろう。

そう考えると、今まで阿波おどりで一番の感動と興奮を与えてくれたものがあります。

それは、「阿呆連」さん。

「阿呆連」を見るしかない。

僕の、追っかけが始まりました。




<20:30〜南内町演舞場>

最終日の南内町演舞場のオープニングを飾るのが「阿呆連」

60d891bc.jpg


いざ、出陣。

51a9f674.jpg


演舞場の入り口に並びます。

d70668c4.jpg


みんなで集まって円陣と気合い。

アメフトの試合前のハドルに似ています。

d64a1f8e.jpg


先陣は、男踊り。

c7f23262.jpg



続いて、やっこ踊り。

220f39b7.jpg


大迫力。



<21:00〜両国本町演舞場に移動>

d6b604c3.jpg


演舞場入り口で待機。

03379387.jpg


腰の提灯の「阿呆連」

(許可いただきました)

f231c6e0.jpg



浴衣の袖の「阿呆連」

(許可いただきました)



<21:30〜両国本町演舞場>

e601c1e8.jpg


「阿呆連」が動き出します。

1864b6d3.jpg


「動」

e442968d.jpg


「静」

a3e61cd8.jpg


「奴(女)」

74f82d6c.jpg



「奴(男)」

c06640f9.jpg


出口から見る踊り。

dfc19239.jpg


お疲れ様でした。

0c0c5088.jpg


踊りの後は栄養補給。



<22:20〜南内町演舞場>

c53f913d.jpg


ラストは圧巻の総踊り。

a1693dee.jpg


今年の阿波おどりも終わりました。

630cecde.jpg



最後の記念に浴衣の「阿呆連」

(許可いただきました)



「阿呆連」様

素敵な思い出と感動をありがとうございました。






kou_blue97 at 23:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2016年08月14日

阿波おどり

徳島に来て5回目の夏。

5回目の阿波おどり。



<紺屋町演舞場>

2dce08ee.jpg


86cdd58c.jpg


bba1c9da.jpg


<両国本町演舞場>

d77a6488.jpg


e6f9ee74.jpg



243ee497.jpg


fdef860c.jpg


968ae8c4.jpg


1a0efeb0.jpg


8afdf409.jpg



16740925.jpg


a30cb096.jpg


9bff69f6.jpg



「阿波おどり」

やはり感動の二拍子。無敵の二拍子です。

美しくて、力強い。女踊りと男踊り、静と動。

感動のひと時が味わえます。


徳島に来て、本当に良かった!

という気持ちも5回目。




kou_blue97 at 22:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2016年08月13日

男木島アート

昨夜は高松で飲み会。

熱い語り合いが繰り広げられた僕は、安いホテルを見つけ出し、泊まりを決意。



せっかく泊まったんだから、あの海風を味わうために、やってきました高松港。

4590bc6f.jpg


今日の船はこちら。

9007185c.jpg


行先は、「男木島」。


2年前に行った「女木島」のお隣さんです。

「女木島(鬼ヶ島)の記事」 ←ここをクリック



朝の海はこんな感じ。

7d2bef6a.jpg


目的地の男木島が見えてきた。

1d88005c.jpg


上陸。

島には、瀬戸内国際芸術祭のアート巡りの環境客がたくさん。

30a529e5.jpg



アートを巡って、歩きます。

d7ec97f2.jpg


島の民家の向こう側に見えます。

海と女木島。

61c8ee19.jpg


こっちは、大島か小豆島か四国か。

2dc0879a.jpg


アート発見。

歩く方舟。

6c592614.jpg


海から見える女木島。

7dea6b88.jpg



島の優しさ。

be19af85.jpg


島歩き、良かったけど、革靴だとキツい・・・。



瀬戸内国際芸術祭。

直島
豊島
女木島
男木島
小豆島
大島
犬島

島々で開催されています!






kou_blue97 at 17:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2016年08月12日

瀬戸内海を船で渡る

岡山から徳島までの帰り道。

普通にマリンライナーで帰るより、せっかくだから気持ちよく帰りたい。

調べたら、素敵な旅がありました。

「四国フェリー」

宇野港(岡山)から高松港までの1時間の船旅。



乗船。

3a36d415.jpg


船はこんな感じ。

第八十七玉高丸

5cdab7b8.jpg


宇野港からはたくさんのフェリーが出ていました。

・高松行き
・小豆島行き
・豊島行き
・直島行き

などなど。いつか行ってみたい。

80444024.jpg


瀬戸大橋が見えます。

653db42d.jpg


こっちも。

73e71178.jpg


いやー、日差しは暑いけど、海風が気持ち良すぎる〜。

107d5fc2.jpg



船もたくさん行き来する。

a59f6bb4.jpg


重要な海路ですね。

8ad1574b.jpg


高松港に到着です。

41bfe614.jpg





1時間の船旅。

ずっと、2階デッキにいました。

青空と海と海風だけで、最高の贅沢。

なんと、料金は690円ですから。

幸せ。





kou_blue97 at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2016年08月10日

英国を感じてみた

ここは英国?

9a555546.jpg


絵本の世界へ

「おはなしをめぐる散歩道」

d0577bdc.jpg


e6ea4ade.jpg


aa006c94.jpg



kou_blue97 at 20:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 
Profileです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 秋深き 
  • 秋深き 
  • 秋深き 
  • 秋深き 
  • 秋深き 
  • 秋深き 
  • 秋深き 
  • ノスタルジーが漂う谷根千
  • ノスタルジーが漂う谷根千
  • ノスタルジーが漂う谷根千
  • ノスタルジーが漂う谷根千
  • ノスタルジーが漂う谷根千
  • ノスタルジーが漂う谷根千
  • ノスタルジーが漂う谷根千
  • 自由と平和を愛し、文化をすすめる。
  • 自由と平和を愛し、文化をすすめる。
  • 自由と平和を愛し、文化をすすめる。
  • 自由と平和を愛し、文化をすすめる。
  • 自由と平和を愛し、文化をすすめる。
  • 自由と平和を愛し、文化をすすめる。
  • 自由と平和を愛し、文化をすすめる。
  • 自由と平和を愛し、文化をすすめる。
  • 10月の思い出
  • 沖縄
  • 沖縄
  • 沖縄
  • 沖縄
  • 沖縄
  • 井草八幡宮「神幸祭」
  • 井草八幡宮「神幸祭」