2016年06月

2016年06月14日

甘酸っぱい初夏の味

いよいよ直売所に登場しました。

早速購入。

テーブルの上に置いておきます。

9e84d06c.jpg


息子は、恐る恐る食べます。

でも、立て続けに食べます。

食が進むみたい。



娘は、恐る恐る眺めてます。

「なんだこれ?食えるんか?」みたいな感じ。

「なにこれ。ラズベリー?」って。


ラズベリーではありません。

「やまもも」です。


徳島のやまももは全国シェア約70%を占めます。徳島県は、日本一のやまももの産地。。やまももは昔中国から来たと伝えられている果物で、初夏の味覚を代表する果物となっています。独特な香りと歯ざわり、味覚として深く残る甘酸っぱさ、そしてビタミンは豊富に含まれ、整腸に良いといわれているタンニンも含まれるやまももは、郷愁を誘う故郷の味として重宝されています。また、収穫期間が短く日持ちがしにくいため、都会では「幻の果実」「高級果実」と言われています。


そんなこんなで、堪能。

「甘酸っぱい味と独特の歯ざわり!まるで、初夏を告げる赤い宝石やわ〜」
 (彦摩呂風)





kou_blue97 at 20:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2016年06月13日

仕事帰りに見つけた幸せたち

今日は昨日の日曜参観の関係で、子供たちの学校はお休み。

ということで、いつもより少しだけ早く会社を出て、子供たちにお迎えしてもらいました。

徳島中央公園で待ち合わせ。

パパ、こんなところから出没。

BlogPaint



どっちの道から来るかわからなかったから、ここで待機。

危ない人だと思われないように、ちょっとだけ恥ずかしかった・・・。

無事に合流。



ゆっくりと、広い公園内を散歩しながら帰宅。

日は長い。

池にはザリガニがたくさん。

早くザリガニ釣りに行かないと。

池に注ぐ川にはカニがたくさん。

赤ちゃんカニも。

カエルが池に飛び込んだり。



そして、徳島県の初夏を告げる赤い宝石。

「ヤマモモ」です。

12ee37d4.jpg


この季節は、やまもも推し。

ブレない心。

dd90bcb9.jpg


どうですか?

色鮮やかでしょ?



色鮮やかと言えば、紫陽花。

d9d00608.jpg


紫陽花の花言葉。

「一家団欒」

「家族の結びつき」



そして、カモ的な鳥たちもお出迎え。

7b92410a.jpg


さらには、笛と太鼓の音が聞こえてきます。

感動の二拍子。

雨が上がって蒸し暑い中、阿波おどりの練習する人々。

風情がありますね。

徳島県の初夏を彩る光景。



家族で公園を散歩するだけで、いろんなものに出会えました。

日常の中にあるいろんなものから、見つけた幸せ、積み重ねて。











kou_blue97 at 20:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2016年06月12日

日曜日の参観とか

今日は日曜日だけど、子供たちは学校です。

日曜参観。

10時45分〜11時30分まで。

ということで、子供たちが7時45分に学校に行ってからの3時間。

妻との2人だけの時間。

久しぶり。

さて、何をしようか。



野菜を買いに行きたい妻とヤマモモが売り始めたか気になる僕。

利害が一致。

ということで、勝浦町の直売所「よってネ市」へ。

朝7時から営業してるみたいです。



「やまもも」はまだみたい。

待ち遠しいな。

でも、地元産の果物などをゲット。

「びわ」と「キウイフルーツ」と「イチゴ」

安くて、美味しくって幸せ。



「ほうれん草」と「キャベツ」が美味しそうでゲット。

「タラの芽」と「シイタケ」を買ったので、天ぷらにしようかな。



まだちょっとだけ時間があったので。

「徳島びっくり日曜市」に立ち寄り。

冬場は「牡蠣」と「柑橘」が目立っていたけど、この時期は「苗」や「苗木」が多かったかも。

相変わらずメダカ売ってるのが多いな〜と思って良く見てみました。

「メダカ」だけじゃなくて、「ウナギ」や「アナゴ」の稚魚もあるんですね。

面白いな〜。

僕も欲しいものが2つありましたが、妻に保留されました。

「ブルーベリーの苗木(小さな実がついてる)」

「ハイビスカスのポット(七分咲き)」

どちらも元気が貰えると思うんだけどな。

ハイビスカスの豆知識。

髪飾りにする際は、未婚者は右、既婚者は左にさします。

ハイビスカスを髪にさしてフラダンスを躍る女性に恋するときは要注意。



そして、子供達の参観日。

息子は「道徳」

娘は「算数」

息子は、インターネットのマナーについて学んでました。

時代ですね。

相変わらず眠そうだった・・・

でも先生にあてられたときは答えてたから、一応聞いてはいるようでひと安心。

となりの人と相談してもいいよって言われても、話してなかった。

女の子だからかな。

おい、照れるな。

男の子から話しかけてあげなきゃダメだぞ。

娘は、苦手の算数だけど、結構盛り上がってた。

となりの男の子と仲良くて楽しそう。

先生はイケメンだった。



そんな日曜日。

そして昼からは大雨。

嫌な時期ですね。



この嫌な雰囲気を吹き飛ばす結果に期待してます!

いよいよ決戦!

38th_pearlbowl[1]


まずはアメリカンフットボール。

パールボウル決勝です。


そして、これも。

o0800058813665695341[1]


果たして子供たちはゲームを買ってもらうことが出来るのだろうか。

とても元気が出る動画(←ここをクリック)












kou_blue97 at 18:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2016年06月11日

魅力的な男になるために

「男の器量を磨いて、魅力的な男になるには、ゆとり心や遊び心が大切」

とか

「遊び上手な人間は、仕事もできる」

よく聞くフレーズです。

たしかに、仕事もプライベートも、遊び心がない男には魅力がないかもしれません。

でもいくら遊び心が大切だとしても、ゲスとかラブコール中毒とかは良くない。

円楽師匠も言ってます。

「芸の肥やしになんてならない」



じゃあ、どうすれば魅力的な「遊び心」を持てるのか。

目指すべき道はあるのか。

いろいろと調べました。

見つかった。

これだ。



「妻や子供と上手く遊べる人ほど、魅力的な男だ」

ひと昔前の男の遊びは、「飲む、打つ、買う」だったかもしれません。

でも今の男の遊びは、「家族で楽しむ」だったら素敵だな。

そう思いませんか?


・妻や子供達と一緒に楽しむ

・子供に尊敬される遊び方をする

・時間やお金に余裕がなくても家庭の中で遊びを見つける



遊び上手な男は、仕事も出来るし女にモテる。

たしかに、そうだと思います。

だって、妻や子供達ですら楽しませたり喜ばせたりできない男。

そんな男が、お客さんや上司や同僚や後輩や好きな女を楽しませたり喜ばせたりできるわけがありません。

「妻や子供と上手く遊べる人ほど、魅力的な男だ」

いい言葉だ。

久しぶりに俺の中でグッとくる言葉に出会えました。

もっと実践しよう。







kou_blue97 at 18:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 察覆修梁召里海函 

2016年06月10日

かけだし塾 in 高松

金曜日は仕事の後、高松の「瓦町FLAG屋上」にてかけだし塾を開催。

若者たち総勢10名です。



・仕事のあり方
・夫婦のあり方
・かけだし塾のあり方
・かけだしblogのあり方



とっても勉強になりました。

後輩たちからたくさんの刺激と失笑を貰えた。

誰だ、「ぬるま湯金融マン」に名前を変えろって言ったのは!



でも、やっぱり、「人は人でしか磨かれない」なぁ。

いろんな人との触れ合いを、チャンスがある限り大切にしていきましょう。



高松の皆さん、素敵な夜をありがとう!


kou_blue97 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 機併纏のこと) | 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函

2016年06月08日

第2回アメリカンフットボール大学世界選手権大会

メキシコ合衆国モンテレイ市にて、第2回アメリカンフットボール大学世界選手権大会が行われています。

参加国は、5か国。

・日本
・アメリカ
・メキシコ
・中国
・グアテマラ

日本代表は、立命館大、早稲田大、日本大等を中心としたメンバー。

監督は、関西学院大の鳥内監督。



そして、今日は注目の対決。

「日本 VS アメリカ」の一戦です。

試合の模様は、「MAXIMO AVANCE」のサイトから観れます。

スペイン語(?)で何言ってるかわかりませんが、試合は楽しめます。

「JAPON VS USA」



試合開始のキックオフ早々、アメリカチームのリターナー。

タックルしても止まらない嫌な立ち上がり。

最初のアメリカの攻撃シリーズもズルズルと進まれ、あっという間に先制点。

0−7

やはりフィジカルの差は大きいのか。

一方、日本の攻撃シリーズはラン中心に組み立てるも、封じられる。

しかし絶妙なパントで、敵陣深くまで陣地を回復。

エンドゾーンを背負うアメリカは、無難な攻撃しかできず攻守交替。

日本の2度目の攻撃シリーズも、簡単に封じられる。

しかし、またしても絶妙なパントで、敵陣さらに深くまで陣地を回復。

自陣1ヤードからではアメリカもなすすべなく、攻守交替。

やっぱり、キックチームは重要だ。

日本チーム、敵陣37ヤードの好位置からの3度目の攻撃シリーズ。

縦横無尽のランプレーでタッチダウン。

7−7

ここで第1Qが終了。

そして、第2Q。

アメリカの攻撃が続きます。

アメリカのペースでゲインが続く中、日本の守備陣がロスタックル。

気持ち良い。

流れがグッときます。

そしてアメリカのFGトライも失敗。

日本の4度目の攻撃シリーズです。

プレーアクションパスが通った。

そして、ショベルパスで中央突破。

惜しい!

惜しくもインチ届かず、パント。

パント体形から、パントフェイクのギャンブル。

惜しくも失敗〜。

攻守交替。

アメリカ、自陣43ヤードからの攻撃です。

日本、ギャングタックルでロス。

守備陣も奮闘。

おーっと、インターセプト!

攻守交替!

日本、自陣44ヤードから5度目の攻撃シリーズ。

ビッグプレーの後は、ロングパスのセオリーも失敗。

そして、アメリカが激しいQBサック。

日本はパスシリーズもゲイン出来ず、攻守交替。

さらにロングスナップのミス。

痛すぎる。

アメリカ、敵陣24ヤードの好位置からの攻撃。

日本守備陣がまたしても奮闘。

アメリカのFGトライもしのぎ、攻守交替。



途中がとんでる・・・

いつの間にかアメリカが得点してる・・・

7−13

さて、日本の攻撃。

あー、QBがやられた・・・。

敵陣31ヤードから、日本4thダウンギャンブル。

しかし、QBサック。

アメリカのラッシュ、半端ない。

攻守交替。

残り時間がわからないなー。

そして前半終了。

7−13でアメリカリードです。



さあ後半です。

日本の攻撃からスタート。

ランでダウン更新するも、パントに追い込まれる。

アメリカ、自陣26ヤードから攻撃。

日本守備陣、アメリカの攻撃をシャットアウト、かと思いきやQBスクランブルでダウン更新。

アメリカ、オープンのランでさらにダウン更新。

アメリカベンチも盛り上がる。

ここでも、日本守備陣が踏ん張ります。

パントで攻守交替。

日本、自陣36ヤードから攻撃。

ダウン更新からの、パントフェイク。

またしても失敗。

アメリカ、自陣39ヤードから攻撃。

ダウン更新し、4thダウン1ヤード。

ここで第3Q終了。

7−13

最後の第4Q。

アメリカ、スニークでダウン更新。

追い込まれる日本守備陣だが、ファンブルフォース。

攻撃権は、日本。

日本、自陣25ヤードからの攻撃。

ここもパントに追い込まれる。

日本、苦しい。

アメリカ、自陣37ヤードからの攻撃。

アメリカの攻撃が止まらない。

日本、自陣13ヤードまで攻め込まれるも、またしてもアメリカはFG失敗。

ボールは無情にもゴールバーに。

日本、首の皮1枚つながる。

日本の攻撃。

自陣20ヤードからのロングドライブ。

このままじゃ終われない。

意地のタッチダウン。

14−13

逆転。

残り時間は??

日本のキックオフで試合再開。

スクイヴキックもうまくリターンされ、敵陣47ヤードからのアメリカの攻撃。

ロングパスが成功!

一気に敵陣深くへ。

時間がない模様。

急ぐアメリカ。

日本、6ヤードまで追い込まれて、アメリカFGトライ。

14−16

逆転・・・。

残り3秒での、逆転劇。

日本、最後のキックリターンでパスを見せるも、インターセプトでTD。

ファイナルスコア、14−22で試合終了です。



残り3秒までアメリカを追い込んだのに、惜しかったです。

燃えた。















kou_blue97 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 検淵▲瓮侫箸里海函 

2016年06月07日

ふるさと納税で地域活性化

「おらが町にはこんな特産品があるんだ。役場がもっとしっかりPRして、売り込んでくれ!」

そんな地場産業を支える経営者の声。

でも、町の財政を考えると、なかなか効果的な方法はありません。

先立つお金がないから、知恵があっても取り組めないのが実態。



<ふるさと納税のおかげで地域が活性化>

(1)人口=税収の少ない地方が行政予算を増やすことができる。

(2)日本全国に向けた地元アピールができる。

(3)富裕層が地方にも目を向けてくれる。



個人にとっては、単なる税の控除でしかないかもしれないし、お礼の特産品が目当てなだけかもしれない。

でも、一定の所得を有する人たちのお金が地方に回って、町の財政だけでは到底取り組めないような特産品のPRや販売拡大が実現するんです。

「おらが町にはこんな特産品があるんだ。役場がもっとしっかりPRして、売り込んでくれ!」

少なくとも、この声には応えているんじゃないかと実感。



自治体同士の特産品競争が過熱しすぎだったり

自治体や特産品を提供する業者が赤字だったり

特典の魅力がない自治体の住民税が大きく減少したり

まあ、いろいろ問題点はあるようですが。



いつかは僕も、たくさんのふるさとに恩返ししていきたい。

それよりも、まずは、自分の親に恩返ししていかなければ。

もっと長生きしてもらわなければなりませね。









kou_blue97 at 20:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 察覆修梁召里海函 

2016年06月05日

梅雨入りした週末

ついこの間、「グミの実」について書きました。

生まれて初めての出会いで、衝撃的だったから。

「グミの実」←ここをクリック

「さすが徳島!」と思って感動していたら・・・。

・「小さい頃に食べたことがあります」
 (福島県出身)

・「うちの庭にあるよ」
 (青森県出身)

・「学校帰りに取って食べた」
 (北海道出身)

日本全国あるやないか(笑)。

まだまだ知らないことってたくさんあるんだな。

もっと、日常の当たり前の中にある素晴らしいものに注目しないとダメですね。

情報提供いただいたみなさん、ありがとうございました。



でも、「やまもも」は北海道にはないはず。

「徳島のやまもも〜初夏を告げる赤い宝石〜」 ←ここをクリック

調べたら、実のなる最北端は静岡県伊豆高原らしい。

もうそろそろ「やまもも」の季節。

「初夏を告げる赤い宝石」

楽しみです。



さて、徳島県も梅雨入り。

「ほたる」は金曜日に観に行って良かった。ホント。

朝の散歩が出来なくなるとちょっと寂しい。

朝の散歩って、いろんな出会いがあるから。



まずは、カモ的な鳥。

ddda9a65.jpg


カニ。

8b622527.jpg


立派なハサミ。

95495f01.jpg


なんか、超イケメンの鳥。

80f0a321.jpg


バラもそろそろ終わっちゃうかな。

f90a2119.jpg




土日が雨だと、遊びに行けなくてしんどい。

ということで、今日のお昼はアヒージョにしてみました。

「アヒジョれる喜び」 ←ここをクリック

子供達、食えるかドキドキ。

c1beb7e0.jpg


胃が持たれないように、野菜も。

バーニャカウダーも家庭でチャレンジしてみたいな。

a968313c.jpg


マヨネーズ嫌いの息子は、味噌で野菜を食らう。



雨だけど、どっか行けるところないか。

この間、徳島市立考古資料館が意外に面白かったので、探してみました。

「古代ロマンに触れる」 ←ここをクリック

・松茂町歴史民俗資料館

・人形浄瑠璃芝居記念館

「水とたたかう松茂の人」と「人形浄瑠璃芝居」がテーマ。

いろいろと勉強になりました。

松茂町のマスコットキャラクター「松ぼっくん」に出会いました。

町の木「クロマツ」の子供達である「松ぼっくり」がモチーフらしい。

松ぼっくんの特技は、人形浄瑠璃の人形を操ることだって。



頭の勉強の後は、スイーツ。

ffddcee2.jpg


今日の工場製造ラインは、「金長まんじゅう」。

たくさんの「金長まんじゅう」が作られていました。

いつでも気軽に工場見学が出来ます。

ありがたや。

d3e9e8af.jpg


今日の持ち帰りは、「木頭柚子ショコラブラウニー」。

56085ba4.jpg


濃厚なショコラと木頭柚子の爽やかな香り。

ハラール認証取得商品とのことです。

世界に羽ばたけ。

松茂で美味しげ。










kou_blue97 at 20:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2016年06月04日

美郷のほたる

金曜日。

朝から子供達に伝えます。

「今日は、ほたるを観に行くので、19時までに勉強を終わらせるように。」



19時半過ぎに家を出て、美郷に到着したのは20時半過ぎくらい。

ほたるより前に、星空に喜ぶ子供達。

「北斗七星」発見。

流れ星っぽく見えたのは飛行機。

星空を眺めるだけで、心が癒されます。



そして、ほたる。

夜の闇の中を、光を放ちながらふわふわと舞っています。

明滅しながら飛翔。

「ふわふわ」って表現したくなる。

そんな、美しさと儚さ。

言葉でも、静止画でも、伝わりにくい空気感と感動。

儚いけど、強い存在感。

生命力を感じます。

自然の力は、神秘的。

そして、幻想的。



徳島に来て、4回目のほたる。

今年が一番美しかった。

そして、子供達も一番喜んでいた。

パパに連れて行ったほたるの美しさと思い出。

大人になっても忘れないで欲しい。









kou_blue97 at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2016年06月03日

グミの実

食の宝庫、徳島県。

また、素敵な出会いがありました。

この感動を、みんなにもおすそ分けしたい!



生まれてもうすぐ38年。

初めて出会いました。

これ。

de56f06a.jpg


「グミ」


グミは、グミ科グミ属の植物。

果実は楕円形。

赤く熟してます。

渋みと酸味とかすかな甘味。

リコピンを多く含み、タンニンの苦味も。



不思議な食感。

美味しい。

タネの形も細長い。

da5a803d.jpg


お菓子のグミに形が似てる〜!

って思ったけど、調べたら違いました。

お菓子のグミは、ドイツ語でゴムを意味するGummiに由来してるらしいです。



徳島県。

素敵な出会いにありがとう。







kou_blue97 at 18:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • 6月
  • 6月
  • 6月
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)