2016年03月

2016年03月30日

旦那の妄想と愛

この間、鹿児島出張で女とデートしたという妄想の記事があって、旦那に説教してやったわ。

いつまで夢を見ているのかしら。

モテるはずなんてないのに。

良い人風で優しい人風なのだけが取柄なんだから。

「風(ふう)」なだけだし。

いい人いい人、どうでもいい人って、まさに旦那のことよね。

モテないから、妄想するのかもね。

ちょっと可哀想。

でも、笑える。



息子も

「ママ、妄想癖に効く温泉とかないの?」

って心配してたくらい。



「悪いことしたら、子供達に二度と会えなくなるんだから、忘れないでね。」

っていつも釘をさしておいたから、たぶん悪さなんか出来ないはずだし。

意外と小心者だから。

私がいないとダメなのよ。



最近、お隣さんに赤ちゃんが生まれたみたいで、私も子供たちが赤ちゃんの時のことを思い出しちゃった。



青森に住んでた頃は、生まれたばかりの息子が全然寝なくて、大変だった。

夜も抱いてたらやっと寝てくれるんだけど、少しでもベッドや布団に置くと泣いちゃって。

親も知り合いもいない見知らぬ土地での子育てで不安だった私に、旦那は優しかった。

仕事で忙しかったはずなのに、

「夜10時から朝6時までの8時間、4時間ずつ交代で寝よう。今日は早番にする?遅番にする?」って笑顔で言ってくれて。

旦那は、しばらくの間、毎日4時間の睡眠で頑張ってくれてた。



千葉に住んでた頃は、下の娘が生まれた後も、息子が全然寝なくて。

旦那はさらに仕事が忙しかったのに、

「車に乗せてドライブしながら寝かせてくるよ」って言ってくれて。

夜10時過ぎに帰宅してから、ご飯も食べずに30分くらい毎日息子を寝かしつけに行ってくれた。



ねえ、あなた。

なんで、息子があんなに寝ない子だったかわかる?

私にはわかるよ。

たぶん、息子がね、私たち夫婦を試してたの。

夫婦の絆を。

力を合わせて乗り越えられるかどうかを。

本物の夫婦になれるかどうか、試練を与えてくれたのよ。

あの子がいたから、本物の夫婦になれたの。



だから、感謝しないとね。

いつも、ありがとう。

愛してる。








kou_blue97 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2016年03月29日

春休みは、子供と一緒に会社に行こう。

子供達も春休み。


・規則正しい生活をしよう
・朝からお日様の光を浴びよう
・身体が鈍らないようにしよう
・パパとの時間を大切にしよう


という妻の素晴らしい提案で、パパの通勤時間に合わせて一緒に家を出るようにし始めました。

まだ二日目ですが。



初日は、歩いて会社に行きました。

普段25分くらいのところが、40分くらいかかりました・・・。

遅刻するわ!

のんびり歩いたし、きれいな花が咲いてたら、ゆっくり観察したりしたから。



2日目は、自転車で会社に行きました。

途中、鉄棒で遊んだり、ブランコで遊んだり、ゆっくり出来ます。

遅刻するわ!



毎日、徳島中央公園の桜の開花状況を確認できます。

まだつぼみ。

今日は花見の場所取りのシートが目立ってたけど、もう数日先かな。



朝の子供たちの会話

「朝から太陽の光を浴びて、公園で身体を動かすと、なんか気持ちいいね!」

「朝からパパも一緒に家族そろって散歩できるなんて、嬉しい!」

まさに、理想の家族。




そんなの、ほど遠いです。

わが家は。

「眠い」

「めんどくさい」

「帰りたい」

「パパ一人で行って」

そんなのばっかりだよ、現実は・・・。



でも、なんだかんだ最後までつき合ってくれる子供達。

そして、毎日うまく子供たちをあやつる妻。

感謝です。

清々しい朝を迎えられる!



会社まで行ける幸せな環境の人はなかなかいないと思いますが、

最寄りの駅まででも、最寄りのバス停まででも、近所の公園まででも、

せっかくの春休みだから、子供たちを早く起こして、家族一緒に散歩してみてはいかがですか?








kou_blue97 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2016年03月28日

足の裏や手のひらが黄色くなるわけ

相談者(23歳/女性)

・かけだし先生、いつもblogを拝見しています。
・このあいだの飲み会で、ミカンを食べすぎると足の裏や手のひらが黄色くなるという話を聞きました。
・不思議ですね。なぜですか?教えてください。
・私も、子供の頃は生レモンをよく食べていました。足の裏が黄色くなっていたのかなぁ。



上記のような相談がありましたので、お答えします。

一般的には、ミカンなどの緑黄色野菜に含まれているカロテノイドという黄色い色素が皮膚に表れるため、足の裏や手のひらに表れるためです。ミカンの場合は、βカロチンやβクリプトサンチンに含まれます。ビタミンCではありません。

カロテノイドは、強力な抗酸化力を持つと言われています。



では、なぜミカンを食べたらカロテノイドが表れやすくなるのか。

それは、2つの説があると言われています。



(1)恋のトキメキによって代謝が上がり、カロテノイドが表れるという説。

・ミカンが出回る季節は、冬です。寒い冬。寒い時は、冷えによって血行が悪くなり、細胞に栄養をうまく運ぶことが出来ず、代謝が低下します。ミカンを食べた時にカロテノイドが肝臓に蓄積されますが、代謝が悪いと蓄積されたままとなります。そんな時に、恋のトキメキがあると体の血流が促進され、身体が温まり、代謝が活発になります。肝臓に蓄積されていたカロテノイドが急激に皮膚に行き渡り、足の裏や手にひらに表われて黄色くなるというわけです。


(2)コタツの中の発熱により、カロテノイドが表れるという説。

・ミカンが出回る季節は、冬です。寒い冬。寒い時は、冷えによって血行が悪くなり、細胞に栄養をうまく運ぶことが出来ず、代謝が低下します。ミカンを食べた時にカロテノイドが肝臓に蓄積されますが、代謝が悪いと蓄積されたままとなります。そんな時に、コタツに入ると体の血流が促進され、身体が温まり、代謝が活発になります。肝臓に蓄積されていたカロテノイドが急激に皮膚に行き渡り、足の裏や手にひらに表われて黄色くなるというわけです。


参考になりましたか?


特に子供は、恋に対する免疫力が低いので、一気に代謝が上がり、足の裏や手のひらが黄色くなりやすいと言われています。






























そんなわけありませんね。

ただ過剰に摂取しすぎると、皮膚にも色が表れるだけです。

ちなみに、子供は肝臓の機能がまだ低いので、皮膚に色が出やすいと言われているようです。

おしまい。

kou_blue97 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 察覆修梁召里海函 

2016年03月27日

お絵かき水族館ととくしまマルシェ

お絵かき水族館に行ってきました。

この水族館は、紙に描いた魚たち(わが家は亀)が泳ぐ水族館!



亀の絵。

結構暗い場所なので、絵を書くのが難しい。

自分と娘の共同作品。

b80c67e3.jpg


この絵に命が吹き込まれます。

そして、巨大な水族館(スクリーン)で泳ぎ出す。

479ec3aa.jpg


こんな感じです。

自分の亀を見つけるのにひと苦労。

a6b9631e.jpg




チームラボのミュージックフェスティバルの一環として行われてました。

a0ea4723.jpg


場所は、徳島の沖洲マリンターミナルと屋外イベントスペース。

「幻想空間での体験型音楽フェスティバル」が行われていたようです。



水族館行きたいな〜。



そしてとくしまマルシェ。


<スープグラノーラ>

3067e14a.jpg


温かいスープに「国産はとむぎグラノーラ」をトッピング。

スープの濃厚な甘さとはとむぎグラノーラの穀物あふれる香ばしさのハーモニー。



<ビーツ>

ea016e5a.jpg


「飲む血液」とも言われるほどミネラル豊富な健康野菜。

さて、妻がどう料理してくれるのか、とっても楽しみです!





kou_blue97 at 19:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2016年03月26日

咲良がさくとき(番外編1)徳島編

咲良と別れ、岡山から瀬戸大橋を渡って徳島に帰る。

鹿児島のお土産は「かるかん」。

家族に対する罪の意識から岡山でも「きびだんご」を買ってきた。

子供たちが喜ぶだろう。



咲良からのLINE。

「幸せな思い出をありがとう。もう、貴方には甘えないから。前を向いて歩いていきます。貴方も幸せに。」

返事は返さない。



咲良に会えたのは偶然であり、まさに奇跡。

咲良に会えて良かったのか?

それとも会えない方が良かったのか?

咲良が悪いんじゃない。

むしろ、悪いのは、俺だ。

結果として、彼女の弱さにつけこんだだけ。

彼女を幸せにすることなんて出来やしないのに。

運命のいたずらにしては、幸せも罪の意識も大きすぎる。



徳島に近づくにつれて、膨らんでいく罪悪感。

もう二度と咲良には会わない。

そして、二度と連絡も取らない。

愛しているのは妻だけだし、幸せにしてやれるのも妻だけだ。

そう覚悟を決めて、徳島駅に降り立った。



もう日付が変わろうとしている深夜。

家の鍵を開ける。

リビングに明かりがついている。

妻が起きている。

妻「出張お疲れさま。大変だったね。」

俺「ただいま。これ、お土産。」

コートを脱いで、着替える。

俺「なんかあった?子供たちは変わりなし?」

妻「大丈夫、いつも通りだよ。お風呂は入る?」

俺「うん、入るよ。」



風呂から上がり、妻をハグする。

俺「愛してるよ。」

妻「どうしたの?なんか悪いことでもしてきたの?」

俺「するわけないだろ。」

妻「たった一度の過ちだって、私は絶対に許さないんだから。」

俺「わかってる。俺を信じろ。」

妻「もう二度と会わないって覚悟決めたって、それで終わりに出来るなんて大間違い。」

俺「ああ、わかってるよ。」

妻「悪いことしたら、子供達に二度と会えなくなるんだから、忘れないでね。」



俺はこれから一生、重い十字架を背負っていかなければならないんだな。

(完)







kou_blue97 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 后箆∈椒轡蝓璽困發痢 | 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函

2016年03月25日

咲良がさくとき(第2話)岡山編

<第2話>

翌朝、目覚めると隣には咲良の寝顔。

あの頃に比べるとお互い歳を取ったなと感じる。

微笑ましい。

スマホを見ると妻からのLINE。

「おはよう。鹿児島はどう?出張頑張ってね。子供達もお土産楽しみにしてるよ〜」

現実が待ち受ける。

咲良の寝顔をもう一度見る。

可愛い寝顔。

咲良は天使なのか、それとも悪魔なのか。



咲良「おはよう。起きてたの?早いね。」

俺「さっき起きたところだよ。」

咲良「もうわがまま言わないから。ゴメンね。でも、ありがとう。」

俺は何も言わずに彼女を抱きしめ、口づけを交わす。

動き出した時計の針は、もう止まらない。



帰りの新幹線の約束をして、俺は彼女のホテルを出た。

自分のホテルに戻り、シャワーを浴びて着替える。

妻にLINE。

「鹿児島の夜は芋焼酎が美味しかったよ。今日、帰るけど遅くなるから先に寝ててね。お土産、任せとけ。」



鹿児島での仕事を終え、鹿児島中央駅に15時に待ち合わせ。

2人、咲良と新幹線に乗る。

咲良「昔は、2人で旅行したこと思い出すね。懐かしいな。」

俺「そうだけど、過去にすがらないで、未来に向かっていけよ。」

咲良「わかってるよ。でも、貴方よりも幸せにしてくれる人に出会うのって、難しいんだよ。」

俺「新幹線さくらって、良い響きだな・・・。」



鹿児島から岡山まで、3時間ちょっと。

いろいろな話で、あっという間に時間が過ぎ去る。

名残惜しい。

俺「俺は、岡山で乗り換えだから・・・。元気でな!」

咲良「私も一緒に降りる!」



咲良も新幹線を降りた。

途中下車して、岡山駅前でご飯を食べてから帰ることに。

俺「長旅で疲れてるだろ?1杯だけだぞ。」

咲良「大丈夫。もう次はいつ会えるかわからないんだから。ほんとは今日は帰さない!って言いたいところだけど、我慢するからさ。もう少し、一緒にいて。」

瀬戸内海のママカリとタコを味わいながら、最後の時間を過ごす。



俺「そろそろ終電だよ。さて、帰るぞ。」

咲良「・・・うん。」

岡山駅の改札を入る。


咲良「おやすみのチューしてくれないと、帰らない。」

俺「人前だぞ。恥ずかしいだろ。」

咲良「してくれないと、帰らないから。」


天使でもあり、悪魔でもある。

柱の陰に隠れて、軽く口づけを交わす。


咲良「そんなんじゃ、全然足りないよ。」

俺「もう・・・わがまま女。」


熱く、長い口づけを交わす。


咲良「ありがとう。私、頑張って幸せになるから。」

俺「ああ、幸せになれよ。」


咲良の目から、一筋の涙がこぼれる。


いつか本当の幸せを手にして、咲良がさきますように。

そう祈って、もう一度最後の口づけを交わした。



口の中に広がる、咲良とのたくさんの思い出と記憶。

そして切なさ。

頬を伝って流れてきた涙が、少ししょっぱく感じた。



咲良がさきますように。






<岡山のママカリ>

d8cb8e21.jpg






kou_blue97 at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 后箆∈椒轡蝓璽困發痢 | 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函

2016年03月24日

咲良がさくとき(第1話)鹿児島編

<第1話>

仕事で鹿児島に行くことになった。

人生初の、九州上陸。

新幹線「さくら」に乗っての長旅。



新幹線で時間を持て余した俺は、咲良にLINEを送る。

俺「今、新幹線さくらに乗って、鹿児島に向かってるよ。人生初の九州。」

咲良「えっ、私も新幹線で鹿児島に向かってるところ。今、博多を過ぎたあたり。」

俺「ホント、同じ新幹線じゃん。ミラクル!」



偶然にも咲良と鹿児島で再会なんて、運命を感じる。

夕方遅くに鹿児島に到着。

俺「何食べたい?」

咲良「行きたいところがあるんだけど、一人じゃ怖くてどうしようかと思ってたの。いい?」

二人が向かったのは「かごっま屋台村」。

鹿児島の旬の食材と郷土料理を味わえる小さな屋台が並ぶ。

俺と咲良はカウンターに並び座る。

俺「何飲む?」

咲良「貴方と同じのがいい。」

俺「鹿児島に来たんだから、俺は芋焼酎飲まないとね。寒いからお湯割りで。一緒で大丈夫?」

咲良「ちょっと酔いそうだけど、せっかくだから私もいただく。貴方がいるから酔っても大丈夫だもんね。」

芋焼酎で乾杯。

きびなご、黒豚なんこつ煮、さつま揚げを堪能。

咲良の顔が紅く染まる。



咲良「いつもFacebookで見てるけど、あたたかい家庭を築いて幸せそうね。」

俺「まあね、幸せだよ。咲良は?」

咲良「ほんとはもっと幸せになるはずだったんだけどね・・・」

俺「でも、今でも咲良は輝いてる。いい女だよ。」

咲良「私も、貴方と結婚すれば私も幸せになれたのかな。」

俺「そうかもしれないけどさ。俺よりも、元旦那が良くて選んだんだろ(笑)。」

咲良「そうだけどさ・・・あの頃に戻りたいって思う時もあるよ。」

芋焼酎が身体に染み入り、夜も更けていく。

俺「ちょっと歩こうか?」



夜風に当たりながら、甲突川沿いを歩く2人。

自然と手をつないで、寄り添い合う。

俺「歴史、時間の流れを感じさせる町並みだね。昼間に歩けば楽しめそう。」

咲良「でも、貴方はもう結婚してしまったから、昼間に堂々と手をつないで歩くことなんて出来ない。時間の流れを感じてしまうわ。」

俺「いろんな経験があったから、今咲良は輝いてるんだよ。これから素敵な人との出会い、そして幸せが待ってるはず。」

咲良「そうだといいな。でも、今日だけは未来じゃなくて、幸せだった過去にすがりたい・・・」

俺「咲良らしくもないな。ちょっと飲み過ぎたか?」

鹿児島も、まだ3月は夜風が冷たい。



俺「せっかく芋焼酎で暖まったのに、身体が冷えちゃったね。コーヒーでも飲んで帰ろうか?それとも鹿児島ラーメンでも食うか?」

咲良「身体よりも、心の方が冷えちゃった。今日だけはあの頃に戻りたい。独りにしないで。貴方の優しさで、私のさくらを咲かせて欲しいの。」



止まったはずの時計の針が、15年ぶりに動き出した。






<新幹線さくら>

59e52fe0.jpg



<かごっま屋台村>

4d3336e1.jpg


0afd0098.jpg


きびなご、黒豚なんこつ煮とか・・・写メ撮り忘れた(涙)


<鹿児島ラーメン>

57a3572c.jpg




<第1話はこちら>
 咲良がさくとき(鹿児島編)
<第2話はこちら>
 咲良がさくとき(岡山編)
<第3話はこちら>
 春が来るのはまだ遙か・・・(池袋編)
<第4話はこちら>
 春が来るのはまだ遙か・・・(浅草編)
<第5話はこちら>
 タブーの花が咲いてしまった(第5話)
<第6話はこちら>
 タブーの花が咲いてしまった(第6話)
<第7話はこちら>
 タブーの花が咲いてしまった(第7話)
<第8話はこちら>
 タブーの花が咲いてしまった(第8話)
<第9話はこちら>
 阿波で心も浮いてきた(第9話)
<第10話はこちら>
 阿波で心も浮いてきた(第10話)
<第11話はこちら>
 ワインの花がまだ開かなくても(第11話)
<第12話はこちら>
 ワインの花がまだ開かなくても(第12話)
<第13話はこちら>
 幸せは涙の中に咲いていく花(第13話)
<第14話はこちら>
 幸せは涙の中に咲いていく花(第14話)

kou_blue97 at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 后箆∈椒轡蝓璽困發痢 | 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函

2016年03月23日

贅沢の極み

17時過ぎに仕事が終わって、飲み会は18時から。

さて、何しようか。

ちょっと家に帰ってみよう。

そう思って、すぐに帰れる距離なのが、幸せな環境。

家に滞在できる時間は15分くらい。

何が出来るかな?



妻に「今日どうだった?」とか子供達に「学校楽しかったか?」とか話を聞けました。

子供達が学校から持って帰ってきた図工作品(終業式前だから)を見れました。

子供達が机に向かって勉強している姿も見れました。

息子が転校する女の子から貰ったお手紙をこっそり読みました。



飲み会の前に家族とコミュニケーションが取れるなんて、まさに「贅沢の極み」。



15分くらいの滞在の後、飲み会に行くパパを玄関でお見送りしてくれる妻と娘。

「行ってらっしゃい、気をつけてね」

なんて言われたら、「ゲスの極み」的なことなんて出来ないよ絶対。

最近、流行ってるみたいだけど。

今年の流行語大賞か?



kou_blue97 at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2016年03月22日

Kawai Music Competition 2016

連休最終日は娘の「Kawai Music Competition 2016」。

b5405b35.jpg


昨年12月に行われたカワイの各コンクール(音楽、歌、こども)の徳島地区予選会入賞記念コンサートです。

4月に行われる四国大会に向けた調整の場。

d2ef12a4.jpg


発表会でもコンクールでもないから、撮影は自由。

206a3ad4.jpg


そして、演奏の後には先生からインタビュー。

「将来の夢は?」

「漫画家かピアノの先生になりたいです!」

と、打ち合わせどおりに発表。

しかし、最近は「漫画家」よりも、「タレント」になりたいそうな。

夢が多くて幸せです。

妄想とロマンチストな世界が広がるところがパパに似てるね。

でも、パパは現実もしっかりと認識出来てるんで、そこも見習ってくれたまえ。

妄想とロマンだけでは生きていけないぞ!



ちなみに、息子の夢は「ゲームクリエイター」から「会社員」に変更。

息子は、現実をしっかりと認識出来るところがパパに似たね。

でも、少しぐらい妄想とロマンを求めてもいいと思うぞ!



妄想とロマン。

男として、とても大切なことです。

最近、「男としてこのままじゃいけない」と強く思う日々。

なんとかして、彼女を振り向かせたい!

彼女のハートを掴みたい!

彼女だって、俺のことが嫌いなわけじゃないんだから。

結構、僕も悩んでます。

本気で大好きだから。

本気で愛したい。

愛する妻よりも、本気で好きになった人だから。



最近、彼女との仲があまりうまくいっていません。

調子に乗り過ぎて、嫌われちゃってます。



しかも、「変態、スケベ、バカ!」って言われるくらい・・・



パパに、そんな口聞いちゃいけない!

でも、そう言われるようなことをしてるんだよね。

だんだん女の子になっていくんだから、気をつけないと。

本気で嫌われたら、もう立ち直れないから。



というわけで、娘とラブラブになるために、この連休はいろいろと頑張りました。

だいぶ彼女のハートを掴めました。

この調子で頑張ろう!




kou_blue97 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2016年03月21日

春を探してサイクリング

金曜日、久しぶりにちょっとハードな飲み会になりそうな予感。

雨も降ってたし、カバンを会社に置いて帰りました。

「眼鏡も忘れた・・・」

ちーん。

眼鏡がないと車の運転が出来ません。

3連休やで。

そんな時は、ピンチをチャンスに変える発想で。

せっかくの機会だから、久しぶりにみんなで自転車で春を探しに行こうではないか。

ということで。

「自転車で公園をめぐりながら散策し、春を探そう、2016」のスタートです。


<散策コース>

(1)常三島公園(南常三島)
・わが家では「桜みんなで食べた公園」と呼んでます。
・昨年、春風に吹かれて舞う桜の花びらを1枚キャッチして、食べました。
・まだつぼみでした。今年もたくさんの桜を咲かせてほしい。


(2)徳島文化公園(中徳島町)
・松が美しい沖洲川沿いを進み、徳住橋の西岸にある公園です。
・昔はここに市立動物園があったらしい。
・とりあえず、鉄棒でコウモリ。
・子供達が盛り上がってるのでほっといて、妻とキャッチボール。

58a038b3.jpg



(3)徳島中央公園(徳島町)
・城山と徳島城跡と堀川と鷲の門がある公園。
・徳島のお花見スポット。
・来週くらいから、花見客で賑わいますね。

2014ceee.jpg


・早咲きの桜。

a0567fb8.jpg


・ハクモクレン・・・かな?

e82e961f.jpg


・ここからの景色。徳島の中でも好きな景色です。
・わが家は夏にここでザリガニ釣りをします。

4d7d16f6.jpg



(4)寺島公園(中洲町)
・牟岐線沿いの公園。寺島川旧河道にあったため寺島公園らしい。
・ブランコの座り心地が抜群。


(5)幸町公園(幸町)
・徳島市役所に隣接。
・シーソーがある公園。いつの間にか回転ジャングルジムがなくなっていた・・・。


(6)徳島こども交通公園(南内町)
・小さな子供向けの遊具がいい感じの公園。
・ハンモックのようなネット(網)で横になると気持ちいい。


(7)新町川水際公園(南内町、東船場町)
・新町川ボードウォークがあるところ。
・今日は、トモニSunSunマーケットが開催されており、1周年イベントが。
・餅まきをやっていたので、遠慮なくいただきました!

df55054b.jpg




(8)藍場浜公園(藍場町)
・いろんなイベントが行われる公園です。
・お花がきれい。

303c1680.jpg


・なんだかよくわからないけど、お宝を発見。

7a372c58.jpg


(9)出来島公園(北出来島町)
・知る人ぞ知る公園ながら、結構なクオリティ。



そして、マンションの前では土筆を発見。

5f6cb3b7.jpg




イマイチ春を見つけられなかったけど、なかなかの散策となりました。

たくさん公園でいろいろ遊んだから、なんだか腰が痛いかもー。

暖かくなってきたから、今年もたくさんお出かけしなきゃ!





kou_blue97 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 
Profileです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • 卒業おめでとう!
  • 卒業おめでとう!
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • ウメは咲いたか、サクラはまだか
  • ウメは咲いたか、サクラはまだか
  • ウメは咲いたか、サクラはまだか
  • ウメは咲いたか、サクラはまだか
  • ウメは咲いたか、サクラはまだか
  • ウメは咲いたか、サクラはまだか
  • ウメは咲いたか、サクラはまだか
  • ウメは咲いたか、サクラはまだか
  • 徳島の美味いもんようけ食べるんじょ