2016年02月

2016年02月14日

風邪の中のご飯

やっと風邪も落ち着いてきました。

金曜日の昼から土曜日いっぱいはしんどかったー。

やっぱり、健康は第一ですね。

これからも気をつけます!



あんだけしんどかったのに、食欲だけは落ちないんですよ。

体重も増えてるし・・・ちーん。

また痩せなきゃ!



しんどくとも頑張った料理。

11日朝
・ごはん
・ワンタンスープ(インスタント)に野菜(玉ネギ、ニンジン、エリンギ)などを入れたもの
・ウインナー

既に体調がいまいちだったので、手抜き。でも野菜不足を気にして、ワンタンスープに野菜を入れました。


11日昼
・カップ麺(どんべいのきつねうどんと焼きそば弁当)

息子が友達の家に遊びに行くと言い出したので、時間がなくて・・・超手抜き。


11日夜
・ごはん
・ハンバーグ(タマネギとニンニクを炒めて和風ソースを手作り)
・みそ汁(ほうれん草、ダイコン、ニンジン、椎茸)

ハンバーグは妻の作り置き。野菜不足を、ソースとみそ汁で補う。


12日朝
・ごはん
・ハンバーグ(昨日の残り)
・みそ汁(昨日の残り)

もう本当にしんどくて、残り物で対応。


12日夜
・ごはん
・豚肉野菜炒めポン酢
(豚バラ、もやし、タマネギ、ニンジン、エリンギなど)

しんどいんだけど、美味しすぎてご飯おかわりしました。


13日朝
・ごはん
・ワンタンスープ(インスタント)
・ウインナー

本当に限界で無理。


13日昼
・インスタントラーメン
・野菜炒めをラーメンに乗せる

野菜炒めを執念でのせました。そしてすぐに昼寝。


13日夜
・親子丼
(タマネギだけでなく、ほうれん草とかも)

もう買い物も行けないけど、奇跡的に鶏肉とタマネギと卵が冷蔵庫にあったよ。


14日朝
・親子丼(昨日の残り)

朝も食べようと、気力を振り絞って大量に作っておいた。


14日昼
・すき家の牛丼(子供たちのリクエスト)

体調も戻ってきたので、買い物帰りに。
2週間くらい前からずっと「すき家の牛丼食べたい」って息子が言ってたんで。


14日夜
・蕎麦
・つけ汁(鶏肉と野菜を煮込んだもの)

今日も昼寝しすぎて、ご飯炊くの忘れまして・・・。



なんか手抜きばっかりだけど、妻よ許してくれたまえ。

俺、それなりに頑張ったと思う・・・。




kou_blue97 at 20:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2016年02月13日

父子家庭生活

2月11日から2月14日までの4日間、わが家はまた父子家庭として、自分と子供達と3人の生活となりました。

子供達と、とても楽しい4日間になる予定でした。

やりたいことや行きたいところもたくさんありました。



でも・・・

自分が風邪でダウン。



熱はないし、インフルエンザではないんだけど、結構しんどい。

特に12日と13日は、子供たちのご飯をつくって、台所を片づけて、洗濯機を回して、干して・・・。

それだけで、立ってさえいられない感じ。

今シーズンは、マスク、うがい手洗いを徹底してたつもりなんだけどな。

先週、子供達もちょっと風邪気味っぽかったけど、自分が一番重症。

また、調子に乗って、バチが当たったのかな・・・反省。

今日も午前中はずっと寝てたから、だいぶ楽になりました。

昼ご飯をちゃちゃっと作って、食べさせて、ひと休み。

どこにも遊びに行けないし、ここぞとばかりにゲーム三昧になりそうなのが心配。

買い物行くのも面倒くさいから、今夜は親子丼でも作ろうかな。



風邪でつらい時も、掃除、洗濯、料理とやることが結構多い妻の苦労がわかります。

妻の大変さを感じることが出来て良かった。

でも、やっぱり貴重な子供との時間が丸つぶれなのは勿体ない。

明日は、公園に行けるくらいまで復活したいところです。





kou_blue97 at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2016年02月12日

祝・blog開設10周年!

今日で、blog開設10周年を迎えました。

記事数は、1,472記事(1記事/2.5日)。

総訪問者数は、68,487人(18.8人/日)。

総ページ閲覧者数は、110,144人(30.2人/日)。



「ここまで続けてこられたのも、皆様のご支援のおかげであり、心より感謝いたします。これからも、1人でも多くの方に喜んでいただけるよう頑張りますので、今後ともよろしくお願いいたします。」

なんて書こうかと思いましたが、ちょっと違いますよね・・・。

もちろん、「見たよ!」とか「見てるよ!」というお言葉はとても嬉しいし、ありがたいです。

本当に。

そこは、とっても感謝です。

そして、自分から「見てください!」って言ってる時もあるくらいだし・・・。

やっぱり、ご迷惑おかけしてるかも。

でも、誰かに読んでもらいたいという気持ちよりも、自分が書きたいことが最優先です。

たまには、妻とか子供達とか、特別な人向けの記事もたまにはあります。

でも、そんなに誰かに影響力を与えよう、という意図で書いてないのがほとんどです。

だから、偉そうに「ありがとうございます」って言いづらい・・・。

とはいえ、10年という節目なので、主だった記事を振り返ってみてみました。

やっぱり、いろんな思い出が残っているし、当時こんなことを思ってたんだとかもわかるし。

面白い。

今、僕に言えることは、「10年続けてきた良かった!」ということだけです。

生きた証を残せるし、振り返れます。

そして、普段恥ずかしくて家族に言えないことや、伝えたいことなども、表現出来ます。

だから、皆さん、blog書いてみませんか?

書きたいときに書けばいいだけ。

難しくありません。

生活にハリが出るかも。

万が一、単身赴任とかすることがあったら、さらにもっと役に立つんだろうなって思ってます。

僕も、明日からまた新しい10年を刻むべく、スタートしていきたいと思います。

自分のためのblogで何だか申し訳ありませんが、引続きよろしくお願いいたします。





2006年2月27日の記事
ここをクリック
「与えられた環境の中で精一杯頑張ることが、僕に出来る唯一のことです」

10年前からブレていない信念があります。今でも同じ想いで生きてます。
「僕に出来ることは『与えられた環境の中で、目的意識を持って精一杯頑張り、たとえどんな環境に変わったとしても、同じように頑張り続ける』こと。」
これは、たとえどんな過酷な環境にいても腐らずにという意味と、どんな穏和な環境にいても手を抜かずにという両面の意味を持っています。僕は、そうありたい。



2006年8月8日の記事
ここをクリック
「子育て基本方針」

10年前にこんなこと掲げていたんだ。忘れてた。
「甘えさせていることと甘やかすことの違いを親が理解し、常に考えて行動する。」
この部分以外はわりと出来ていると思うけど、この部分は本当に難しい。



2007年7月18日の記事
ここをクリック
「アンパンマンマーチ(無駄に生きるな!!)」

「イマジネーション(妄想)」的な記事の代表作。架空の人物が登場するパターン。
けっこうクオリティが高いと自負。7月19日に続きの記事もあります。
ここをクリック



2007年12月13日の記事
ここをクリック
「その少年の目には僕らの社会はどう映るのだろう」

「社会的メッセージ性」的な記事の代表作。わかりやすい物語風のパターン。
実は最近も、マイナス金利を題材に、おじいちゃんが孫におこづかいをあげる物語で途中までつくりましたが、お蔵入りしてしまいました。こういう記事ももっと書きたいけど、なかなか難しいです。



2008年11月3日の記事
ここをクリック
「そして歴史は続いていく」

「気恥ずかしい思い出(過去の栄光にすがる)」的な記事の代表作。
これは、人生で最大のマジ泣きをした思い出。貴重な経験をさせてもらいました。



2009年4月10日の記事
ここをクリック
「サラリーマンになるということ」

「若者に対するメッセージ性」的な記事の代表作。珍しく、誰かに伝えたいパターン。
もちろん、僕の考えが全て正しいわけではないから、こういう考え方もあるんだって程度で頭の片隅に入れておいて欲しいくらいな感じだけど。



2011年6月24日の記事
ここをクリック
「また頑張ろう」

「人生に行き詰ってる」的な記事の代表作。
がむしゃらに走っていたけど、ふと、立ち止まって振り返って今を確認して、また歩き出すパターン。



2012年1月27日の記事
ここをクリック
「コーチングの基礎の基礎」

「子育てって難しい」的な記事の代表作。
頭ではいろいろわかってるし、いろいろ考えてるんだけど、悩みは尽きないさ・・・。



2013年8月18日の記事
ここをクリック
「お遍路さんの道を歩む」

「体験談」的な記事の代表作。一番思い出深い出来事かも。
人生初のお遍路で、人生初のヒッチハイクです。



2014年9月10日の記事
ここをクリック
「誰がために鐘は鳴る〜サラリーマンの物語〜」

「短編小説」的な記事の代表作。
これ書いてる時はとても楽しかった。
この楽しさとワクワク感をもう1度味わいたいんだけど、ホント難しい。



2015年1月13日の記事
ここをクリック
「ぼくの冬休み」

「家族が一人称」的な記事の代表作。
このパターンはたまに使います。子供達も自分で読んで楽しめる年頃になりました。



2015年6月8日の記事
ここをクリック
「今を頑張らないと未来はない」

「熱く生きる」的な記事の代表作。
熱く生きる的な記事を書こうとすると、題材はアメフトかAKBになってしまう。
そこが俺という人間の底の浅さなんだと思うけど、熱さを感じさせるものが1つでもあるだけマシかも。



2015年9月10日の記事
ここをクリック
「もしアメフトの魅力を・・・物語を書くとしたら」

自分至上最高傑作の短編小説になる予感がした物語。
まだ未完です。いつか完結させてやるぜ!



次の10年も実りのある日々となるよう期待して、新たなスタートを切りたいと思います!

最後までおつき合いいただきありがとうございました。









kou_blue97 at 00:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2016年02月11日

インフルエンザ対策

パパのお絵かき。

どうですか?

cca3ef44.jpg


娘のクラスも、インフルエンザでお休みが7人から9人へとリーチがかかりました。

あと1人で学級閉鎖。

娘、大丈夫かな・・・。

もうね、マスクは欠かせません。

でも、マスクをすると息苦しいし、ちょっと不便。

しかも運転するときは眼鏡をかけるけど、眼鏡+マスクだと、眼鏡が曇ります。

眼鏡初心者だから、まだ慣れない。

そんなマスクを快適に使うために、こんな遊び心で。

子供達も喜びます。

160211_1254~01


装着したらこんな感じ。

f80142f5.jpg


マスクをすると、可愛いあの子の笑顔の魅力も半減しちゃうから、やっぱり嫌。

早く、インフルエンザの季節が終わってほしいな。

インフルエンザの次は、花粉症の季節だから、またマスク・・・。

花粉症やアレルギーの症状緩和に効くと言われている、食べ物っていろいろありますね。

レンコンとか、タマネギとか。

京芋もその1つです。

このあいだ買った徳島産の京芋、食べてみました。



<京いものそぼろあんかけ>

7211512f.jpg


京芋(タケノコ芋)。

驚きの食感。

超絶、ホクホク!

こんな見た目なのに、良い味だしますなぁ。

a743f22f.jpg



見た目の美しさなんかより、内面に秘めた魅力と美しさが素敵です!




kou_blue97 at 09:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 | 察覆修梁召里海函

2016年02月10日

男ごころ 女ごころ

「ねぇ、私のこと本当に好き?」

「何言ってるんだよ。好きに決まってるだろ。」

「でも、私といる時よりもはるかといる時の方が楽しそうだから、はるかことを好きになっちゃったのかと思って。」

「そんなことないよ。さくらが1番だよ。」

「1番って何?2番も3番もいるの?」

「さくらしかいないに決まってるだろ。」

「じゃあ、なんではるかと話してる時はあんなに楽しそうなの?」

「どうでもいいやつだから、何も意識しないで話せるんだよ。さくらのことは好きだから、本気で好きだから、照れ臭いしさ、嫌われたくないから気負っちゃうんだよ。」

「えっ、本気で好きってこと?」

「当たり前だろ。本気だよ。好きな気持ちは俺の方が強いから。」

「そんなことないよ。好きな気持ちは私の方が絶対に強いから。」

「愛してる。だから、もっと自信持てよ!俺の自慢の彼女だぞ!」



kou_blue97 at 22:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 察覆修梁召里海函 

2016年02月09日

ブロンコスとロマネスコとカロライナ

2月8日(月)はスーパーボウル。

この日、アメフトが好きなサラリーマンは、日中は仕事をしながらもニュース、ネットニュース、SNSなどをシャットアウトし、絶対に試合結果を目にすることなく家に帰るよう見えない努力をしています。

まさに、家に帰るまでが、スーパーボウルです。

アメリカでは、テレビ史上最多視聴者数の記録を達成したようです。

ちなみに、アメリカは日曜日。



そんな中、仕事中、実家の母からメールが来ました。

こんな画像が添付。

a4b3b4c5.jpg


スーパーボウルだからね。

母も盛り上がってるようです。

続いてもう1通メール。

de389bbd.jpg


かわいいアメフトの画像。

微笑ましい。

ん?

ん???

「BRONCOS WIN !」

って、勝利チーム書いてるがなー(涙)。

ショック・・・。

サラリーマン、ショック!



家にトボトボとかえって、ロマネスコに癒されました。

<ロマネスコの自家製ピクルス>

e81ad310.jpg


<ロマネスコのマカロニなんちゃら>

816b4859.jpg




kou_blue97 at 20:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 | 検淵▲瓮侫箸里海函

2016年02月08日

せとか・・・柑橘シリーズ(9)

やっと出会えました。

徳島産の、

<せとか>

b1dd1dff.jpg


5f71d14a.jpg


ミカン科−ミカン属−タンゴール類

満天青空レストランでベスト3にランクインしていた「せとか」です。

とろける食感

濃厚でジューシーな味わい

みずみずしいオレンジの香り

濃厚な旨味がたっぷり!

清見にアンコールを掛け合わせたものに、マーコットをかけた品種。

みかん類とオレンジ類の長所を生かした究極の品種とも言われています。

あまり柑橘が好きではない娘もたくさん食べました!



<夏ミカン>

b25ae6c7.jpg


45514763.jpg


ミカン科−ミカン属−雑柑類

文旦の血を引く大果柑橘。

晩秋に色づき、春先までは酸味が強くて食用には向かないらしい・・・。

初夏になると、酸味が減じて、夏に味わえる貴重な柑橘。

初夏の到来を告げる、ほろ苦さと爽やかさ。

たしかに、まだ2月やから、かなり酸っぱかったよ・・・。

息子と娘は「うぇ〜酸っぱい!」って食べられなかったし。

本来の名称は、「夏ミカン」じゃなくて、「夏代々(なつだいだい)」らしいですよ。



4e77671f.jpg



わが家の食卓テーブルに並ぶ柑橘たち。

皆さんは、見分けがつきますか?


「せとか」
「はるか」
「はるひ」
「ネーブルオレンジ」
「スイートスプリング」
「文旦」
「夏ミカン」

妻には「あなたは一体どこに向かっているの?」と言われる日々。



kou_blue97 at 22:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 | 掘頁清箸里海函

2016年02月07日

スイートスプリング・・・柑橘シリーズ(8)

昨日放送された満天青空レストランでは、愛媛の柑橘の特集でしたね。

僕のマイブームとぴったりのタイミング。

「今食べて欲しいイチオシのかんきつベスト3」が発表されていました。

鍋焼きうどんを作りながらテレビを見ていたので、あまりしっかり見れませんでしたが、チェック済。

今シーズンは、「徳島産」にこだわりたいので、ベスト3を全部手に入れることが出来るかわかりませんが、頑張ってみます!

今日の食べ比べはこちら。



<スイートスプリング>

30084ce5.jpg


3d947386.jpg
スイートスプリング


ミカン科−ミカン属−タンゼロ類

(ミカンとオレンジの交配はタンゴール、ミカンとブンタンの交配がタンゼロ)

温州みかんと八朔(ハッサク)の交配種。

果面は荒くゴツゴツしていて、ネーブルオレンジより明るい色。

スイートスプリングという名のとおり、爽やかでスッキリした甘さで、甘い春を感じさせてくれます。

食べやすい。



<ネーブルオレンジ>

ミカン科−ミカン属−オレンジ類

2f3754ed.jpg


2e68ccc6.jpg


いや、普通のネーブルオレンジだけど、徳島産ですから。

そして花言葉は、「花嫁の喜び」。

オレンジには、「バレンシア」と「ネーブル」と「ブラッド」の3種類が有名。

バレンシアの方が酸味が強くて、ネーブルの方が甘味酸味のバランスが取れて、味が濃いようです。





<はるか>

ミカン科−ミカン属−雑柑類

ea82af82.jpg


4a293ef4.jpg


2回目の登場です。今回はオレンジとの食べ比べ。

はるか
(はるかの記事はこちら)

うん。さわやかな甘さ。

ネーブルオレンジと比べると、その爽やかさがひき立ます。



小さい頃から食べなれていたネーブルオレンジですが、さわやかな「スイートスプリング」や「はるか」と比べると、後味がスッキリしなくて、ちょっとクセがあったんだなぁと感じます。

さわやかさやスッキリ感を楽しみたいなら、「スイートスプリング」や「はるか」がいいかもしれません。

前述した「はるひ」もおススメ。



あとは、「せとか」と「甘平(かんぺい)」を手に入れたい!

それまで、柑橘シリーズは続きます。




kou_blue97 at 11:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 | 掘頁清箸里海函

2016年02月06日

フラクタルなロマネスコ

土曜日の朝ごはんは、出来るだけ僕が作ります。

その間に、妻が洗濯とか掃除をしちゃえば、家族でお出かけ出来る時間が増えるから効率的。

有意義な土曜日を過ごせます。



と言っても今日は手抜きメニューなので自慢できるものではないけど。

ご飯と、みそ汁(大根と大根の葉と椎茸と油揚げ)。

レトルトのチキンハンバーグをチンして、スクランブルエッグを添えます。

スクランブルエッグのコツは、いいタイミングでフライパンをすぐに冷やすと聞いたので、最近は練習してます。

卵と牛乳と塩コショウくらいのあっさりで。

レトルトのチキンハンバーグのタレとよく合います。



買い物して、娘の皮膚科に行って、図書館で本を16冊返して18冊借りて、帰ってきて昼ごはん食べて・・・。

もう15時やん。まだ何にもしてないのに。



家族の要望をまとめます。

僕 「柑橘に出会いたいので直売所に行きたい」

妻 「最近よく行く直売所は飽きたので、違う方向がいい」

息子 「遠くなくて早めに帰れるところがいい」

娘 「遊具のある公園がいい」

このバラバラの要望をすべて満たすのがパパのマネジメント力の見せ所!



まずは、直売所で柑橘と野菜を仕入れます。

柑橘はまた別の記事で紹介。

妻の料理心をくすぐる野菜たちです。


「ロマネスコ」

2dd17a51.jpg


ロマネスコは、カリフラワーの一種です。

フラクタル形態が特徴。

幾何学的でカオス。

さて、どう料理してくれるか楽しみ過ぎる。



「京芋」

a743f22f.jpg


京芋。別名、タケノコ芋。

娘も「タケノコ?」と言ってました。

サトイモの親イモ系みたい。

美肌効果とダイエット効果があるらしいので、美味しくいただきたい。



「紫キャベツ」

d15bb208.jpg


紫キャベツ。別名、レッドキャベツ。

見事な紫色。

水に溶けだしやすくて、煮ると煮汁が紫色になるらしい。

さらに、煮汁はリトマス紙のような機能があり、酸性を加えると赤くなり、アルカリ性を加えると緑色になるらしい。

面白い。

子供達と実験してみよう!



買い物だけじゃつまらないので、公園に寄り道。

まずは、「江川・鴨島公園」。

6cacc919.jpg


「カッパ」と「ホタル」と「昔話」がテーマらしい。

b5b698f1.jpg


水がきれいだけど、寒さと風の冷たさが引き立ちます。

夏の清涼には良さそう。



移動して、「向麻山公園」。

kou3[1]


車を降りると、さわやかな香りが漂います。

僕の胸と心が躍ります。

見つけました。

公園の隣に、「柑橘畑」。

こんなにも僕のテンションが上がるなんて、幸せだ。

風が冷たいけど、子供達もたっぷり遊具であそべました。

もちろん、ちょっとだけアメフトも。



帰宅すると、息子の宿題が始まりました。

妻は、面白そうに息子の宿題を見ています。

夜ご飯は、僕ってことね。

簡単に鍋焼きうどん作りました。

ddfa77f8.jpg


正直、全然美味しそうに見えないけど、せっかく写メ撮ったんで載せますか。

味も、普通。

でも、「ゆこう」と「すだち」の果汁がたっぷりあるので、美味しくいただけます。



息子の宿題は、「アレンジ非常食づくり」。

生活の科目で、非常食について勉強しているようです。

DSCN2023


乾パンを細かく砕いで、溶けたチョコレートと混ぜるだけ。

DSCN2025


お湯だけあればいい、簡単な非常食。

名前は、チョコクランチ。

22dcc3df.jpg


僕も味見。

ブラックサンダーみたいな味が楽しめます。

そして、氷砂糖が入ってるんですよ。乾パンに。

だから、たまに氷砂糖も味わえる。

乾パンとチョコレートをそのまま食べるより、味わいは深まります。

非常食としてもいいかも。



そんなフラクタルなわが家の土曜日の過ごし方でした。








kou_blue97 at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2016年02月05日

花嫁の喜びと恋のため息

「花嫁の喜びと恋のため息」

僕がずっと憧れていた女性。
内面の美しさに惹かれ、僕はいつしか恋に落ちていた。
でも「好き」という気持ちは、まだ伝えることが出来なかった。
この関係を壊したくなかったし、今の距離感がちょうどいいと自分に言い聞かせていた。
僕が成長し、彼女にふさわしい男になったときに、堂々と「好きだ」と告白しようと思っていた。

そして月日が経ち、僕が彼女にふさわしい男になる前に、彼女は花嫁になることが決まった。
僕は「好き」という言葉を、一度も発することが出来ず、僕の恋は散り去った。
「好き」という気持ちは、少しは伝わっているだろうという淡い期待はあった。
でも、彼女は他の男に恋をして、花嫁になることが決まった。

悔しくて、悲しい。ずっと彼女を好きだったから。
でも、彼女の花嫁としての喜び、あの幸せいっぱいの笑顔を見て救われた。
彼女には幸せになって欲しい。それが一番だ。
今までも、そしてこれからも、彼女の幸せを願いたい。
そう気持ちを切り替えようと、彼女を真っ直ぐ見つめた。
彼女の笑顔には、花嫁の喜びに満ち溢れていた。
祝福する気持ちになれたけど、恋のため息が止まらないのはなぜだろう・・・。



いかがでしたか?

「花嫁の喜びと恋のため息」

最近、とある料理を食べていた時に、柚子の爽やかな香りにとても癒されました。

そんな「柚子」の花言葉の1つは、「恋のため息」です。

そして、最近のマイブームのみかんやオレンジの柑橘系。

「オレンジ」と「みかん」の花言葉は、「花嫁の喜び」です。

というわけで、この2つをテーマにした男心を表現してみました。

いかがですか(笑)?



ギリシャ神話では、全能の神ゼウスが女神ヘラと結婚した時に、オレンジの花を贈ったと言われており、欧米では花嫁がオレンジの花を身につけたり、男性がオレンジの実を持ってプロポーズする習慣があるようです。

オレンジには、花嫁を守り、幸福に導く力があるとも言い伝えられています。

4月14日は「オレンジデー」。

第3の愛の記念日として、お互いの愛を確かめ合う日らしいですよ。

世の中の旦那さん、4月14日は愛する奥様にプレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか?









kou_blue97 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 察覆修梁召里海函 
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • 6月
  • 6月
  • 6月
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)