2015年04月

2015年04月29日

子供と向きあう昭和の日

息子も5年生になりました。

5年生になってまだ1ヶ月だけど、友達と積極的に遊ぶようになりました。

環境の変化が、このままプラスに働けば嬉しげです。



娘も2年生になりました。

2年生になってまだ1ヶ月だけど、学校が楽しいって言うようになりました。

環境の変化が、このままプラスに働けば嬉しげです。



そんなこんなで、授業参観がありました。

子供たちの成長に喜ぶイメージで学校に行きましたが、結果は、、、ちーん。

子供たちの名誉を傷つけるので深くは書きませんが、帰宅後、説教。

そして、夫婦会議を開催。

まあ、親も頑張るし、後は子供達も頑張れ。



ということで、昭和の日である今日も息子は友達と遊びに行きました。

僕は、娘とあすたむランド。

久しぶりの娘と2人のデートです。

大型遊具で遊んだり、かくれんぼしたり、キャッチボールしたり、科学館で学んだり、LEDキャンドル作りをしたり、石焼いも子さんのリサイタルをみたり、ハンモックに揺られてアイスを食べたり、楽しい時間を過ごしました。

なんか美味しいもの食べて帰ろうかと誘いましたが、「セルフうどんやまに行きたい」と娘が譲らず、僕がお弁当のない平日にいつも食べてるうどんを食べに行きました。

頼むメニューもいつもどおり、「ぶっかけ冷」でした。



夕方前に帰宅して、息子とキャッチボールでもしようと、近所の広場に行きました。

そこには、息子の友達1人と知らない子供たち8人くらいがいて、「仲間に入れて」と一緒に遊んでました。

意外に社交的なのかもしれないと気づきました。

僕は1時間くらい、放置プレーをされました。



その間、ゆっくり考えました。

お金をかけて塾に行くか、時間をかけて親が教えるか、子供の自主性にまかせるか、諦めるかの4つの選択肢かなとか。

だんだん、さらに友達と遊んだり、中学に入ったら部活をやったり、一緒に過ごす土日が少なくなっていくんだろうなとか。

僕らの子供の頃ってどうだったろうとかも考えたけど、昭和の時代と今の時代だと、簡単に比べられないなとか。

気付いたら、たくさん蚊にさされてました。

もう、そんな季節か。



子供と向きあう方法っていろいろあって、どれも正解のようで不正解のようで、でもどれかを選ばなければならなくて、結果がわかるのって数年とか数十年後だから、こわいけど、楽しみ。


kou_blue97 at 18:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2015年04月27日

ニンジンに豚肉を巻きつける

今日もお昼ご飯は妻のお弁当。

玄米でヘルシー。

ニンジンの豚肉巻き。

思えば、15年前。

初めて食べた妻の手料理が豚肉巻きだった。

その時はニンジンとインゲン。

今日は、昨日のとくしまマルシェで買った藍住町のニンジンで。

なんかあの頃を思い出しました。

毎日お弁当を作ってくれる妻への感謝を忘れずに。



(前の記事でAKBについて書いたら妻の機嫌が悪くなったんで、ご機嫌取りのために、無理矢理この記事を書かされたわけではありません)


kou_blue97 at 21:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2015年04月25日

神崩し 〜 神々の領域 〜

第7回AKB48選抜総選挙が開催されます。

blogに書くのはどうかな〜とかなり悩みましたが、
僕の予想が知りたいので書いて欲しいという声があり、
また関係者や事務所の許可が出ましたので、あえて書かせていただきます。



まずは「選抜総選挙とは」についてです。

<概要>
・AKB48の41枚目シングルの選抜メンバー及びカップリングメンバー、合計5グループ総勢80名を、ファンの投票によって決定するものです。

<開票>
・2015年6月6日(土) 福岡ヤフオクドーム

<投票期間>
・5月19日(火)10時〜6月5日(金)15時

<当選>
・41stシングル 選抜メンバー:16名(1位〜16位)
・アンダーガールズ:16名(17位〜32位)
・ネクストガールズ:16名(33位〜48位)
・フューチャーガールズ:16名(49位〜64位)
・アップカミングガールズ:16名(65位〜80位)


そして、選抜16人の中でも、上位7人を、神7(かみセブン)と呼びます。
選ばれた者しか踏み入れられない、神々の領域です。



「今年の総選挙の目標は、神7です。」

神7入りを高らかに掲げた1人の女の子がいます。
それは、HKT48の絶対的エース、宮脇咲良。

彼女が神崩しを達成し、神の領域に足を踏み入れられるかどうか。

今年の大きな注目の1つです。



今年の選抜総選挙。

上位8人に誰が入るかを予想しろと言われたら、それほど簡単なものはありません。

トップ8はこの8人でほぼ確定。たぶん、90%以上の確率だと思います。

渡辺麻友
指原莉乃
柏木由紀
松井珠理奈
山本彩
島崎遥香
高橋みなみ
宮脇咲良

これは間違いない。

だから、宮脇咲良が8位に入るのはたぶん間違いないです。

ただし、その上7人の壁は高すぎる。圧倒的高さ。

神崩しなるか。

どんなドラマが待っているのか、楽しみですね。




じゃあ、1位になるのは誰なのか。これは僕にはわかりません。

あまりこだわらないし、あまり興味もない。

みんな、頑張って欲しい。

頑張るのは、ファンだけど・・・。



というわけで、軽い気持ちで軽い予想。

1位の可能性があるのは、この4名です。

渡辺麻友
 (昨年1位の実績)
指原莉乃
 (昨年2位、一昨年1位の実績)
松井珠理奈
 (昨年4位+今回参加しない前回5位のSKE48松井玲奈の票が流れる)
高橋みなみ
 (昨年9位+総監督卒業による増加+参加しない前回8位のAKB48小嶋陽菜の票が流れる)


宮脇咲良が越えなければならない壁は、この4人に加えて、以下の3人。


柏木由紀
 (ここ4年で、3位・3位・4位・3位の実力者)
山本彩
 (前回6位、NMB48の絶対的エース)
島崎遥香
 (前回7位、最新シングルセンター、AKB48次世代エース筆頭)


冷静に考えると、難しい・・・。

壁は、圧倒的に高い。



今年1年、宮脇咲良は運営側からいくつものチャンスを貰いました。

シングルでのWセンター、ドラマW主演、など。

このチャンスをものに出来たかどうかは、今年の選抜総選挙の結果次第です。

神7を掲げて、神7に入らなかったら、もう二度と大きなチャンスは貰えないでしょう。

彼女の実力では、再来年以降に世代交代が進めば、いずれ神7には入れると思います。

でも、さらに上を目指せる存在になれるかどうかは、今年の結果次第のはず。

8位止まりだと、厳しい現実が待っている。

それは、彼女自身もわかっている。



だから、面白い。

みんな一生懸命で、喜びがあり、涙があり、ドラマがある。



って、熱くAKBを語ってる自分に対する目線が、やっぱり冷たい。

やっぱり、blogに書くべきではなかったかもしれないと、思ってます。

(数日後に削除してるかもしれません)

kou_blue97 at 21:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 察覆修梁召里海函 

2015年04月19日

今日は、大潮ということで、干潮となる12時半がピークとなるよう海へ。

海で、トイレもきれいなのは、松茂町の月見が丘海浜公園。




海に着くと、子供達は「落とし穴つくり」に没頭。

dceec600.jpg


しばらくして、潮干狩り的な遊び。

263361d1.jpg


何にも取れない。

9d782a79.jpg


飽きてきたので、川とかダムとか作る遊びに変更。

3319ceb4.jpg


ひと通り掘りつくして、水遊び。

278e46a8.jpg



まだちょっと冷たい。

b34950ce.jpg


だいぶずぶ濡れ。

57d05f8e.jpg


小柄な貝たちはリリース。

b63b30bc.jpg


立派なのは1つだけだったから、リリース。

c80a4141.jpg


徳島の潮干狩りは、4月から7月ころまでのようです。



kou_blue97 at 14:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2015年04月15日

未来を守る

4月。

また新しいスタートを切りました。

僕も、妻も、子供達も。



新鮮な気持ちで新年度が始まります。

そして、桜も散ってしまった4月中旬。

ちょっと年度初めのバタバタも落ち着きつつあります。



そんな僕の心にささった言葉。

「将来、若い人たちが同じ喜びを味わうためには、今の僕らが未来を守らなければならない。

今を頑張れないなら、いなくていい。」




そうですね。そんな気持ち、忘れてました。



振り返ってみると、僕も、今の会社に入ってから、楽しかったり、やりがいだったり、満足感や充実感を味わえたのは、その地域に受け入れられていたからであって、それは今までの先輩達が築いてきてくれたもの。

だから、将来この地域で働く若い人たちが同じものを味わうためには、今の僕らがこの地で頑張り、未来を守らなければならないんだ。

今を頑張れないなら、いなくていい。

心に響く言葉です。



残してくれたものに感謝し、それ以上のものを残していこう。

そうやって、未来につながっていけばいい。

この気持ちを忘れちゃいけない。

思い出させてくれて、ありがとう。




kou_blue97 at 19:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 機併纏のこと) 

2015年04月04日

アメフトが就職に強いワケ

「アメフトは就職に強い」とか「体育会は就職に強い」とか、よく言われます。

自分が体育会アメフト部出身だからというわけではありませんが、そう思える部分はあります。

僕が就職活動をしていた頃も、某食品大手企業の1次面接を終えた後の2次のリクルーター面接は、ステーキをご馳走になりながら話を聞きましたが、1次面接をクリアした20名は全員体育会だったと聞きました。

もしかしたらリップサービス的なことがあったかもしれないし、あくまで地方採用組=幹部候補生以外の採用(幹部候補生は特定の大学のみ)ということでの結果かもしれないので、真実はわかりません。

でも、「アメフトは就職に強い」とか「体育会は就職に強い」とか、よく聞くのではないでしょうか?



2015年3月27日(金)の日経ビジネスオンラインにて、「アメフト、ラクロスが就職に強いワケ」という記事を目にしました。

以下、引用部分は下線。


「体育会に所属する学生は大学生全体の8%程度に過ぎません。しかし、大手企業の中には新卒社員の2割、3割を体育会出身者が占めるケースも珍しくない。企業が求める人材だからそうなっていると言っていいのではないでしょうか。」


では、なぜ「アメフトは就職に強い」と言われるのでしょうか。

それは簡単です。

それは、「40ヤードを5秒で走れる」とか「ベンチプレス100kg持てる」とか能力が高いから。

サラリーマンにとって、必要不可欠な能力ですから。

って、そんなわけないですよね。

ビジネスの社会では全然いらない能力です。



1990年代半ばまでは、体育会のイメージは「言うことを聞く」「タフである」といったものであり、企業は「兵隊」を採用するという感じでした。それがバブル崩壊を経て変わりました。新卒採用でも人物重視と言われるようになりましたが、体育会人材に対しても同じです。「兵隊」ではなく「自分の意思を持った体育会人材」が求められるようになっています。


体力があるからとか、タフだからとか、そういう理由ではなくなっているんです。

体育会人材に求められるのは、「組織への適応能力がある人材」。



4年間の部活動で培った体育会学生としての資質が、企業の求める要件に合致しているからです。体育会学生は部の運営活動を通して、目標達成、決断・判断、耐ストレス、チームワーク、リーダーシップ、マネジメントなどの能力を身に付けています。また、上下関係の組織体験もあり、先輩や後輩とのネットワークもあります。



再び体育会学生に企業の注目が集まる4つの理由

(1)グローバル化する社会におけるコミュニケーション能力

(2)人間関係による離職の問題や組織のあり方

(3)二極化する格差社会で勝ち残る意志

(4)若者の弱体化における精神的強さ



その中でも、アメフト(やラクロス)が取り上げられるのはなぜか。



体育会と言っても様々な競技がある中で。企業から人気のあるスポーツについて以前、調べたことがあります。人気があったのはアメリカンフットボールやラクロスといった競技でした。監督がいちいち指示してというより、自分たちで戦略を考え、試合でも自らの判断で動くケースが多いのが特徴です。先ほど「自分の意思を持った体育会人材」が求められるようになったと話しましたが、そういうことではないでしょうか。

もうひとつ、アメフトやラクロスに共通するのは大学から始める人が多いことです。いわゆるレベルの高い大学にも強豪校があるのが影響しているかもしれません。



そしてもう1つ。


主務やマネージャー、選手だけど公式戦には一度も出たことがない人など、企業によっては、エースや活躍した選手よりもむしろそういう経験をした人を求める動きもあります。

うん。

自分もそんなに秀でたプレーヤーじゃなかったけど、そのおかげもあって、いろんなことを経験し、いろんなことを学べたはず。



やっぱり、運動が苦手だけど、スポーツやらせようかな。それと、主務やマネージャーの立場からアメフト部を経験させるのもいいから、うちの息子にももう1回アメフトに興味持てるか頑張ってみよう。


決して、就職のためじゃありません。

人間的な成長のためです!



社会に出て必要なことはすべてアメフト部で学んだ」とは言ってはいけない←こちらの記事も!

kou_blue97 at 19:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 検淵▲瓮侫箸里海函 | 機併纏のこと)

2015年04月01日

こうちにいきました

わたしはとくしまに住んでます。とくしまは、しこくにあります。

しこくには、4つのけんがあります。「かがわ」と「えひめ」と「こうち」です。そんなのじょーしきです。タッタタラリラ。

かがわけんには、たくさん行ったことがあります。「こんぴらさん」とか「レオマワールド」とか「まんのうこうえん」とか「りつりんこうえん」とか「さぬきこどものくに」とかであそびました。ふねで、「おにがしまのどうくつ」にも行きました。

えひめけんには、1かいだけ行きました。「どうごおんせん」にはいりました。ゆばーばがいるおふろです。

でも、こうちけんには行ったことがなかったので、はじめてこうちけんに行きました。



とくしまからこうちまでは、ずっと車で行きました。トンネルばっかりでした。ママに、「車の中ではAKBきんし」と言われちゃいました。そーいえば、わたしはまゆゆおしから、さやねえおしにおしへんしました。

まずは、こうちえきに行きました。やっとついたー。こうちえきは、なんちゃらりょうまというおじさんのどうぞうが大きいです。あと、木がなんごくちっくです。

ろめんでんしゃにのりました。とさでんです。1にちじょうしゃけんをかいました。今日のひづけをけずるのに、ママはまちがってへいせい26ねんをけずってしまって、あせってました。

ママがはりまやばしに行きたいというので、行ってみました。赤くてちっちゃいはしがありました。あっというまにおうふくできました。なんのはしなんだろう。はしの、はしっこを、はしりました。はしだけにねっ。

おなかがすいたので、ひろめいちばに行きました。パパがカツオのたたきを食べてみなっていったけど、わたしはそんなきぶんじゃなくて、だいこうぶつのとりのからあげを食べました。おいしそうなものがたくさんあるけど、わたしはブレない。あと、カツオは、なんかちょっとみたかんじが。。。そのつぎにパパはウツボのからあげを食べてみなっていいました。からあげだから食べてみました。ウツボってなにかわからないけど、なかなかイケるやん。パパにウツボのがぞうを見せてもらったけど、おいしいものはおいしいからへいきでーす。

おなかもいっぱいになったので、さんぽしました。大きなにわがあって、さくらがさいてて、大きなおしろがありました。こうちじょうです。さくら色のさくらがきれいでした。おはなみしてる人がたくさんいました。ママは、さいきん「さくら」ということばにピリピリしてるから、ちょっとしんぱいです。ちなみに「さくらたん」というたんごはきんく。

おしろに行ってみようとあるきはじめたけど、かいだんがたくさんあってしんどいです。おしろまでのあいだに、アイスクリンをうってる人が3人いました。アイスクリームじゃなくて、アイスクリンだって。ちょうかわいいんですけどー。

おしろにはいると、こうみょうがつじというドラマでなかまゆきえさんがきていたというきものがキレイでした。わたしもおひめさまになりたいけど、むかしのじだいはいやです。おしろの中にもたくさんかいだんがあって、きゅうでした。いったい、なんかいまであったのかなぁ。いちばん上のてんしゅかくまでのぼると、とってもそうかいなながめで、こうちのまちをみわたせました。なんかいいきぶん。

おしろからでて、アイスクリンを食べました。わたしはソーダあじ。パパはゆずあじ。おにいちゃんは、アイスクリンじゃなくてラムネをのんでました。ラムネはいちばん上にしか売ってないのに、おにいちゃんはけいかいにかいだんをのぼってかいに行きました。さくらとおしろとアイスクリンはさいこうだねってパパとつうじあいました。

またとさでんにのって、こうちえきにもどりました。ほんで、車にのって、うみに行きました。

かつらはまに行きました。また、さかもとなんちゃらのおじさんのどうぞうがありました。どんだけゆうめいな人なんだろう。かつらはまは、うみがきれいで、すなはまではなくて、こいし(小石)でした。ちょっとひなたぼっこしました。きれいな石をさがしたり、なみうちぎわであそんだり。なんか、なつがこいしく(恋しく)なりました。小石だけにねっ。なつは、うみとかわとプールであそぶぞー。

うみですごしたあとに、またアイスクリンがうってたのでたべました。バニラあじがよかったのに、バナナあじでした。バニラのかつぜつがわるくてバナナになっちゃったのかもとパパにつっこまれたけど、そんなわけないです。ぐぐってみたら、「アイスクリンは、アイスクリームなどと同じように、香料(フレーバー)を調整することにより様々なバリエーションが存在する。アイスクリームにおけるバニラにあたる、もっとも代表的なフレーバーはバナナ香料で、ミルクセーキに近い味がする。」とのことであり、これがだいひょうてきなあじだったんだとかんどうしました。

かえりに、こうちけんのごとうちジバにゃんをじぶんのおみやげにしました。カツオにゃんことまよいました。パパは、カツオにゃんこもようかいウオッチのなかまとかんちがいしてたけど、カツオにゃんこは、ようかいウオッチちゃうで〜。にてるけど〜。



こうちけんで、しこくをせいはできました。こうちのいちばんのおもいでは、アイスクリンです。おわり。




kou_blue97 at 20:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 
Profileです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 休日の青空は久しぶり
  • 休日の青空は久しぶり
  • 休日の青空は久しぶり
  • 休日の青空は久しぶり
  • 休日の青空は久しぶり
  • 休日の青空は久しぶり
  • 休日の青空は久しぶり
  • 休日の青空は久しぶり
  • 休日の青空は久しぶり
  • 休日の青空は久しぶり
  • 休日の青空は久しぶり
  • 休日の青空は久しぶり
  • 休日の青空は久しぶり
  • 休日の青空は久しぶり
  • 授業参観
  • blog開設11周年
  • blog開設11周年
  • blog開設11周年
  • blog開設11周年
  • blog開設11周年
  • blog開設11周年
  • blog開設11周年
  • blog開設11周年
  • blog開設11周年
  • blog開設11周年
  • blog開設11周年
  • blog開設11周年
  • blog開設11周年
  • 男の手料理とパパ手料理の違い
  • 男の手料理とパパ手料理の違い