2014年09月

2014年09月26日

和三盆

香川県高松市の「四国村」に行ってきました。

「四国村」とは、四国各地から古い民家を移築復原した野外博物館です。四国四県の歴史・自然・芸術などを味わいながら、ゆっくり散策出来ます。

例えば、徳島祖谷の「かずら橋」。

dcf7811e.jpgかずら橋


本場さながらの迫力。歩きにくい。

f859f5e6.jpgかずら橋


伝統産業施設も復原されています。

香川県では、「讃岐三白」といい、「砂糖・塩・綿」の生産が盛んだったとのこと。

「砂糖しめ小屋」などが見れました。

84e7ea4d.jpg


「砂糖しめ」とは、サトウキビの汁をしぼるという意味。

8bdc0a31.jpg


石臼に取り付けられた腕木を牛が引いてまわし、回転する石臼の間にサトウキビを差し込んで汁をしぼっていました。

63dc5a4f.jpg


香川県に残っていた2棟の砂糖しめ小屋が、見事に復原されています。

9a3434e2.jpg


こちらも同じく、牛が1日中引いて回してくれていたもの。

fd5364d1.jpg


こんな感じ。

d19cbb80.jpg



ところで、「和三盆」はご存知ですか?


「和三盆」とは、徳島県や香川県で伝統的に生産されている砂糖の一種です。

黒砂糖をまろやかにしたような独特の風味で、淡い黄色と口溶けの良さが特徴。

原材料の竹糖が四国東部の阿賛山脈周辺で栽培されており、阿賛山脈南側(徳島県)で取れたものは「阿波和三盆」、阿賛山脈の北側(香川県)で取れたものは「讃岐和三盆」と呼ばれています。

徳川吉宗がサトウキビ栽培を全国に推奨した際に、阿賛山脈南側に位置し水はけが良い扇状地と日照が好適な上板町を中心に、サトウキビ栽培が増えました。

そして、当時珍しい白い砂糖を精製する技法として、盆の上で三回研ぐということから「三盆糖」と呼ばれ、その後は国内糖であることを明確にするため、「和三盆糖」と呼ばれるようになったようです。


和三盆は、こんな感じで売られています。

ぜひ、徳島のお土産に、いかがでしょうか?
(もちろん、お取り寄せも)


e0172413_2252159[1]


和三盆イメージ

img1321h2739_1[1]


お土産イメージ



「四国村」の帰りに、道の駅「源平の里 むれ」にて、オリーブハマチをいただきました。

「ハマチづけ丼」と「ハマチかま塩焼き」

とっても美味しいです。おススメ。

1003d512.jpgオリーブハマチ




kou_blue97 at 20:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 | 掘頁清箸里海函

2014年09月21日

讃岐まんのう公園

先週の「栗林公園」に引続き、今週は「讃岐まんのう公園」と、香川県を散策。

「讃岐まんのう公園」は、日本最大の灌漑用ため池である満濃池(まんのう池)のすぐ東隣に位置しており、自然たっぷりで水と多様な植物の宝庫。

満濃池に伝わる竜神伝説があるようで、竜やドラ夢くん(竜のキャラクター)にちなんだ名前が園内にはたくさんありました。


まず、エントランス広場を抜けると、「昇竜の滝」が待ち受けます。人工滝だけど、迫力は圧巻。

610be52f.jpg昇竜の滝


そして、時期的にコスモスが咲いてます。コスモスフェスタ開催中。

コスモスの花言葉は、「乙女の純情」。

fcd8cc88.jpgコスモス




公園内は、ドラ夢の泉広場とか、

dc74d8f3.jpg泉広場


スライダーとか、子供が喜ぶ遊び場もたくさん。

46041f3e.jpgスライダー



秋の味覚、「栗」の木とか、

23721457.jpg


「カマキリ」とか、自然とのふれ合いもたくさん。

カマキリをつかまえようとして、息子はカマでやられ、妻もカマでやられて出血。。。ちーん。

481c65a4.jpgカマキリ



こんなのとかも。

701046e8.jpgロック


いろいろ遊べます。

96505d1c.jpgボール



「飛竜池」には、鯉とか亀とかも発見。

ドングリも落ちてた。

5c23675d.jpg



「竜頭の里」と呼ばれる芝生広場でも貸し遊具で遊べます。


大玉を運んで、

932e2676.jpg


大玉を坂の上まで運んで、

be654dba.jpg


大玉を転がして、追いかける。

98d0461f.jpg


うん、健康的ですわ。


帰ったら、宿題の日記が待ってるけどな。

kou_blue97 at 17:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2014年09月17日

そば派とうどん派

僕は、札幌生まれ札幌育ち、生粋の道産子なので、そば文化圏です。

今や北海道は、ソバの生産日本一。



夏は、「ざるそば」、「冷やしたぬきそば」、「鴨せいろ」

冬は、「天ぷらそば」、「鴨南蛮」

年中いけます。蕎麦。



妻が山形県出身なので、「板そば」や「冷たい肉そば」などの田舎そばもいただきました。

さらに、妻が長野県で働いていたこともあり、信州の更科そばもいただきました。

蕎麦とはいろんな出会いがあった人生だ。



一方、うどんはあまり出会いがありませんでした。

風邪引いた時とか、お腹の調子が悪い時に食べるもの。

「病人食=うどん+ポカリ」

そんなイメージでした。

思えば、美味しいうどんに出会ってなかったからなんでしょうね。



というわけで、今やうどん文化圏の徳島にやってきています。

本場、香川のさぬきうどんはまだ堪能出来ていませんが、徳島のうどんも、美味しい!



あつあつのダシと麺をシンプルに味わうからこそ、店の実力が問われる「かけうどん」

濃い目のダシに、ネギや大根おろしを添えていただく「ぶっかけうどん・冷」

いや、ほんと美味しいですわ。うどん。

さらに、「かけうどん」を、ひやあつで頼む方法とか、初めて知りました。

麺のコシを残すため冷たい麺に、あついダシをかける「ひやあつ」。

いろいろ味わい方もあるんですね。奥が深い。



「西のうどんに東のそば」

まだまだ、出会ってない美味しさがあるんだろうな。楽しみです。



麺文化には、地域性もあったりと、面白いですね。



徳島には、うどんやそばにちなんだ郷土料理がいろいろあります。

木のたらいに入ったうどんを川魚のダシで食べる「たらいうどん」

細くて柔らかい優しい食感の「鳴ちゅるうどん」

つなぎを使わず蕎麦が太くて切れやすいが、素朴で蕎麦の風味が力強い「祖谷そば」

ソバを粉にしないで実のまま食べる「そば米」

「祖谷そば」や「そば米」は、平家伝説が残る祖谷地方の郷土料理です。

食文化は、気候・風土・歴史と、様々な要因で成り立っているので、本当に興味深いです。



せっかく徳島にいるのだから、ちょっと足を運んで、おとなり香川県にて「うどん」食べ歩きもしてみたい。



ちなみに、わが家では、好みが分かれております。


息子 → そば派

娘 → うどん派

自分 → 甲乙つけがたし。徳島ではうどん。長野・山形ではそば。

妻 → 信州信濃の新蕎麦よりも わたしゃ貴方の傍がいい


自分は転勤族。

地方をまわっていろんな食文化に触れあえて楽しいけど、何よりも、俺もお前の傍がいい。

です。



kou_blue97 at 19:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 察覆修梁召里海函 | 掘頁清箸里海函

2014年09月16日

四国の美しい景色

9月に入り、ようやっと青空が戻ってきました。

ということで、美しい景色を堪能。



やぱり美しい、鳴門の海。

ここからの眺め、お気に入りです。

ad72d3e0.jpg大鳴門橋


そして、渦の道。

散歩道を歩いて、展望室です。

かけだし娘のお気に入り。

7a18adf1.jpg渦の道


水中観潮船アクアエディからの眺めも最高。

お隣の船は、わんだーなるとかな?違うかも。

ef767273.jpg船から


干潮までもう少し時間があり、少しずつ渦が出来始める時間帯。

9eec27d6.jpg船から


対岸は、淡路島。

a98702c2.jpg船から




美しい景色と言えば、高松市は栗林公園。

江戸時代初期の回遊式大名庭園。らしいです。

造形美と時間の美。

とにかく、まあ美しいわ。

b434999e.jpg栗林


1時間ちょっとかけて、ゆっくり堪能出来ます。

6c68778b.jpg栗林





四国の美しいところ

徳島の美しいところ

たくさん見つけたい

たくさん出会いたい

kou_blue97 at 23:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2014年09月10日

誰がために鐘は鳴る〜サラリーマンの物語〜(remake版)

『誰がために鐘は鳴る』 〜サラリーマンの物語〜

※この物語は僕が2008年に作った短編小説風の物語を、remakeしたものです。


<第1話>

今日もあいつの罵声が工場に鳴り響く。マジうざい。

能力も人間的魅力もなく、けつの穴も小さいくせに、ゴマすりとおべんちゃらで出世を続け、今や本社の事業部長。普段は本社にいるんだけど、最近よく工場に顔を出すようになり、いつも工場長や現場で働く俺たちに偉そうに怒鳴り散らし、自分は定時あがりで飲み会三昧。ホントいい身分だよな。

それに比べて工場長はすげえ。

口は悪いし、うるさいことはうるさいが、部下の生活や働きやすい環境のことをしっかり考えてくれていて、何より自分が率先してバリバリ働いてる。この人にならついていきたいと思えるほど男気たっぷり。

そんな事業部長と工場長はそりが合わない。

本社だから事業部長の方が偉いんだけど、工場長が言うことを聞かないので、事業部長は面白くない。

工場長は、事業部長がちっとも現場をわかってないくせに理不尽なことばかり言ってくるので、部下を思うと、はいそうですかとそんな指示には到底従えない。

まさに水と油。

そんな中、工場長が左遷されるという噂が僕の耳に入ってきた。


<第2話>

俺の名前はケンタ。社会人3年目。

小さい頃から楽しく生きることがモットーで、学生時代はやんちゃばかり楽しい日々だった。正直、勉強なんてあまりしていない。でも、曲がったことが大嫌いで、人の気持ちとか、人と人とのふれ合いとか、そういうものは大切にしてきたつもりだ。特に、大学時代にアメフトというスポーツを通じて得た経験と出会った仲間たちのおかけで、本当に大切なものは何かってことに気付くことが出来た。

で、今は某メーカーの会社に就職して3年目。工場に配属されて、ヘルメットをかぶり作業着を着ながら、現場のおっちゃんに怒られたり、どなられたりしながらもうまく連携をとり、生産管理という名の事務やら、作業やら、雑用やらを頑張っている毎日。

就職活動では、大手都銀とかからも内定をもらった。アメフト部キャプテンという肩書きだからなのか、自分の何を評価してくれたのかイマイチよくわからなかったけど。でも、OB訪問やリクルーターで話した人たちの雰囲気だと、銀行なんかよりメーカーの方が、人情味があるというか、泥臭いというか、なんか人と人とのふれ合いがありそうと思ったから今の会社を選んだ。ヘルメットだってアメフトで慣れっこだし、作業着を着て現場に出れるってのも、俺にぴったりな感じだと思う。

工場長も男気があり、人間の温かみを感じさせてくれる人だから、今の環境でバリバリ頑張ろうって、そんな生活を送っていた。

そんな矢先に、工場長が異動でどこかに飛ばされるなんて噂が流れてきた。
まさか。。。


<第3話>

「あなた、お風呂が沸いてるわよ。最近お疲れみたいね。温まってゆっくり休んでください。」台所から妻の声が聞こえる。

子供たちは無事に独立して、今は妻と二人暮らし。照れくさくて感謝の言葉など言えやしないが、俺がこうして工場長になることが出来たのも、子供たちが無事に大人になることが出来たのも、全ては妻のおかげだ。家のことはしっかりまかせてられるから、俺も仕事に専念出来るってことだ。まあ、持ちつ持たれつって信頼関係だな。

同じように、工場で働くみんなにも、支えてくれる妻や、生きがいを与えてくれる子供たちなど、守らなければならない家族が存在するのだ。それなのに。。。

最近、事業部長が進めようとしている「工場合理化計画」。合理化計画という名のリストラ、首切り。たしかに、3年前までは不採算部門で会社の足を引っ張ってはいたが、中期経営計画のもと前期は黒字回復。そして今期も黒字見込みではないか。

俺も工場長になって5年。前社長の意思を受け継ぎ、現場の前面に出て、率先して中期計画を実現してきた。工場のみんなも一生懸命頑張ってくれた。やっと軌道に乗り、さあこれから、っていう時に。理不尽な首切りなど、納得なんか出来るわけがない。そして何より、頑張ってくれている工場のみんな。口が悪かったり、不器用だったり、みんながみんな優秀ってわけにはいかないが、不採算部門を黒字化するために、汗水流して一生懸命頑張ってくれている。その結果として、工場の今があるんだ。

工場のためにも、工場で働く人々のためにも、そして工場で働く人々が支えていかなければならない家族のためにも、俺は、この「合理化計画」という名の首切りを、絶対に阻止しなければならない。断固、反対する!!

そんな俺に、事業部長からの呼び出しがかかった。


<第4話>

都内の某小料理屋。

「工場縮小計画。成功すれば、お前も取締役の仲間入りだな。」

お酒も入り饒舌な専務が俺に伝える。

業績不振で前社長が引責辞任したのは3年前。社長交代により、社長−専務ラインの派閥の俺も、専務の計らいで事業部長へと順調に昇進。そして、今、目の前には取締役就任への道が開け始めている。これも全て専務のおかげ。

前社長の象徴とも言えるあの工場を大幅に縮小し、前社長の色、息のかかった人材をを全て無くすこと。それが、専務、ひいては新社長の意向であり、俺の出世の条件。

人事部への根回しも済んだ。工場長を交代させ、後任の工場長には俺の息のかかった部下を送り込む。そして、工場で大幅なリストラを決行する。計画に抜かりはない。

「そろそろ実行に移す時期だな。俺も、いよいよ取締役か。」

家路に向かうタクシーの中で、そうつぶやく。


<第5話>

『これからの時代は国内から海外へ。我が社も生産拠点をアジアへシフトすることが必要だ。君の工場での実績は高く評価している。君の力を、我が社のアジア進出に生かすため、是非、海外準備室で頑張ってもらいたい。』

人事部に呼ばれ、内々示を受けた後、いつもと異なりご機嫌な事業部長から話があった。

「君の実績を高く評価している」、だと。とんだ狸め。だが人事部まで根回ししているとなると、どうやら俺の異動は揺るがないようだ。海外準備室か。事実上の左遷であることは誰の目にも明らかだ。

たしかに、国内生産でコスト競争を勝ち抜くのは難しい。工場にもさらなる効率化が求められるのも当然だ。人員削減を含めたリストラの必要性もやむを得ない。ただし、削減すべき人員は工場だけではなく、むしろ役員や本社にこそあり、見直し再構築すべきものは、役員や事業部長などの心構えにこそあろう。

「現場の活力こそが、わが社を支えているんだ。」

長かった工場勤務の終わりが現実味を帯びてきたが、工場とその従業員の未来は閉ざしてはいけない、と工場長は強く心の中で繰り返した。
続きを読む

kou_blue97 at 01:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 后箆∈椒轡蝓璽困發痢 | 機併纏のこと)

2014年09月02日

男の手料理

たまに料理します。

妻が風邪でダウンしてた時に、「子供達に何か買って食べさせて」と言われ、それじゃあカレーライスでも作るかと思い立ち、ジャガイモ・ニンジン・タマネギ・豚肉かなんかでカレーライスを作ったら、思いのほか子供達が「美味しい!おかわり!」って喜んでくれたのがきっかけです。

それまでは何も作れませんでした。カップラーメンに湯を注ぐくらい。。。

でも、子供達の笑顔のためなら、料理も楽しいです。

妻も、喜ぶ。

あと、休みの日とかも、たまに自分が料理すれば、妻が子供の勉強にじっくり付き合えたり、子供達の話をしっかり聞いてあげられたり、子育てもうまくいくんじゃないかなって思います。

ファミレスの外食やコンビニ弁当よりも、国産野菜と国産お肉を買った方が安全・安心だし、上手くやれば節約にもなりますよね。

というわけで、携帯(いまだにガラケー)に残っていた、俺の手料理たち。



5bdd6963.jpg鶏煮


娘の箸です。

たぶん、鶏を椎茸とか人参とか玉ねぎで煮込んだやつ。僕の得意料理。ごはんにかければ、「徳島丼」です。徳島の名物、鶏肉・人参・椎茸は欠かせません。



ae647a40.jpg鶏そぼろ丼


これも娘の分。

鶏そぼろ丼。鶏のひき肉を買って、大量にそぼろを作ったりします。これも、玉ねぎとか椎茸を細かくして入ってると思う。

自分、味噌汁はほぼ欠かさず作ります。子供って野菜食べるの苦手だけど、味噌汁に入れておけば簡単に食べてくれます。



2eaad7cd.jpgパスタ


パスタです。

手抜きでレトルトのナポリタンとかミートソース使いますが、野菜とかキノコを炒めて、ソースで和えます。

夏はマリネにハマった。



d8260fa5.jpg白身魚


右側、白身魚のホワイトソース煮。

左側、普通の肉野菜炒め。

白身魚を牛乳とコンソメで味付けて煮込んだり、よくやります。

魚を焼くのが苦手なんで。後始末とかも。



128c1fe6.jpg煮込み風チキンステーキ


煮込み風チキンステーキ。

これは子供達に大好評だった。



そんな感じです。

特別な料理は出来ないけど、普通なものを作れればいいさ。

kou_blue97 at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 
Profileです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • 卒業おめでとう!
  • 卒業おめでとう!
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末