2014年02月07日

2014年02月07日

モチベーションを高めよう

コーチングを学んでいるバスケ経験者の方の「選手のモチベーションを高めるための方法」という記事を読みました。

内容は、キッズ、ユース世代においてコーチが目指すべきことは「勝利」なのか、それとも「子どもたちの成長」なのか、というものについて、モチベーションの考え方を中心に整理されています。



実際、特に子育ての局面でどうやってモチベーションを上げていこうかと日々悩みます。

たぶん、会社でも管理職になると大きな壁にぶち当たるんだろうなと想像出来ます。



モチベーションを高める方法。

(1)できるだけ決定権を与える。自分で決めるように仕向ける。

(2)細かいフィードバックを与える。建設的なもの。どうすれば改善できるか等。

(3)他と比べるのではなく、過去と比べる。どれだけ成長したか。

(4)相互の尊敬に基づく関係を作る。


これって、社会でのマネジメントだったり、子育てだったり、いろいろなところで役に立つ話だと思います。

ぜひ、「選手のモチベーションを高めるための方法」ググってみてください。



今回僕が注目したのは、その中でも「エゴオリエンテーション」と「タスクオリエンテーション」という考え方についての記載でした。


人が何かを目指すときには、大きく分けて2種類の方向性があります。

エゴオリエンテーションとタスクオリエンテーション

エゴオリエンテーションとは、「人よりも良くありたい」という、他の人と比べての方向性。「勝ちたい」とか「秀でていたい」とか。

タスクオリエンテーションとは、「前よりも成長していたい」という、過去の自分と比べる方向性。


というもの。


大人になってから、僕は「他の人に勝ちたい」という感覚が欠如していて、どちからというと「昨日の自分よりも成長したい」という感覚が強いのですが、その気持ちをタスクオリエンテーションというのは知りませんでした。

なんでその気持ちが強いのかなと考えると、Mr.Childrenの影響を受けてるのかなって思ったりもしてます。

そんなことないか。



ただ、バランスが大切なんでしょうね。

エゴオリエンテーションが強いと他者と競うことにより刺激されて成長が進むけど、強すぎると成長することより勝つことが目的化してしまう。

タスクオリエンテーションが強いと他者に流されず成長を続けられるけど、強すぎると具体的な目的が見えにくくなり成長のスピードが遅くなる。



僕の考えは、自分が70点の結果しか出せなくて相手が60点しか出せなかったとしたら、それは勝ちなんかではないと思うし、自分が120点の結果を出して相手が130点の結果を出しても、それは負けなんじゃないと思う。

比べても意味がないよ。

昨日の自分、先月の自分、昨年の自分と比べて、それをどれだけ越えられるかの方が、ブレないで頑張り続けられると思います。

そうやって、子供達とも向き合っていきたいな。



と思います。

自分も、まだまだ頑張らねば!


kou_blue97 at 20:44|PermalinkComments(0) 機併纏のこと) 
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、HKT宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京