2014年01月

2014年01月31日

アメフト強豪、クラウドファンディングで資金調達

2013年9月、「アメフト強豪、クラウドファンディングで資金調達」という記事を目にしました。



日本社会人アメリカンフットボールのトップリーグ(Xリーグ1部)に属する「BULLSフットボールクラブ(以下、BULLS)」が、チームの運営資金を調達するのことを目的に、ネット経由で不特定多数の個人から資金調達する「クラウドファンディング」に乗り出す、というものです。

BULLSは1981年に設立された名門チームですが、2013年8月にメインスポンサーの撤退が決まったため運営資金の調達が困難な状況となりました。チームの維持には莫大な資金がかかるため、資金難で解散するチームも相次ぐ中、トップリーグのBULLSにもリーグ開幕を直前にチーム存続の危機が訪れました。

そして、BULLSは新たにメインスポンサーを個別に探す一方で、個人からの出資を募る手段としてクラウドファンディングに乗り出すことを決めます。



クラウドファンディングとは、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語で、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことです。

アメリカでは既に資金調達の手段として注目されつつあります。古くは1884年に、自由の女神像の製作委員会が台座用の資金を切らしてしまった際に、新聞でアメリカの大衆に台座にお金を寄付するよう促し、6ヶ月で10万ドルを集め、おおよそ125,000人の人々がこのために1ドル以下の寄付を多く行ったとも言われています。

日本でも、ノーベル賞受賞者である山中教授が2012年にiPS細胞の研究資金募金活動としてクラウドファンディングを活用し、また80歳で3度目のエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎氏もエベレスト登山資金としてクラウドファンディングを活用し、注目されつつあります。



2013年9月、BULLSのクラウドファンディングのプロジェクトが立ちあがりました。

「チーム存続の危機!アメフトチームBULLSと共に今シーズン戦ってくださるスポンサー大募集!」

目的は社会人1部(Xリーグ)に参戦するための日本社会人アメリカンフットボール協会への運営費の調達であり、1ヶ月で300万円が目標です。

支援の方法は5段階のパックギフトの購入。

10,000円(応援パック)
 ・2013年度Xリーグ試合共通チケット10枚、
 ・BULLS特製タオル1枚
 ・BULLS フットボールクラブの試合後に選手、チアリーダーと優先記念写真撮影

50,000円(プレミアム応援パック)
 ・上記「応援パック」内容
 ・2014年開催予定のフラッグフットボール教室(小学生対象)、
  こどもチアガール教室(小学生対象)の無料招待
 ・2013年シーズン終了時のチーム納会に特別ご招待

100,000円(ベンチパック)
 ・上記「プレミア応援パック」内容
 ・試合の際、普段は入ることのできないベンチに特別ご招待
   (スタッフとして登録し、チームの一員として参加)

1,000,000円(ユニフォームパック)
 ・上記「ベンチパック」内容
 ・2013年シーズンのブルズのユニフォームの肩にロゴを入れます

5,000,000円(ネーミングパック)
 ・上記「ユニファームパック」内容
 ・2013年シーズンのチームのネーミング(命名)権をプレゼント
  (BULLSに連ねる名前を付けられる)



結果として、1ヶ月で209名のサポーターに支援され、合計3,490,000 円を調達することが出来ました。

プロジェクト成功!



2013年11月10日のblogの記事「アメフト観戦 〜警視庁イーグルス〜」にて掲載していますが、「Xリーグ 2ndステージ BATTLE9」にて、「警視庁イーグルス vs BULLSフットボールクラブ」を観戦しました。(警視庁第九機動隊を応援してしまいましたが)

あの会場に、きっと209名のサポーター達もいらっしゃったんだなと、あの試合を振り返りながらこの記事を書いています。



日本人はスポーツが大好き。

オリンピックへの関心も高く、テレビ離れと言われる中でもオリンピックの生中継の視聴率はすごい。

そして子どものころから学校で部活などを通じてスポーツに親しんでいる国民です。

それにも関わらず、スポーツへの支援やスポーツ運営への協力となると、そのレベルは他の先進国に比べると落差があります。

なぜなんでしょう?

プロ野球やプロサッカーリーグですら多くのチームが集客、資金集めで苦労しています。

スポーツを支援することを知らない人も多いです。



今回のBULLSのプロジェクトは、

スポーツチームにとっても、
選手・チームスタッフ・チーム関係者達にとっても、
チームファンにとっても、
そしてスポーツファンにとっても、

それぞれの立場でどのようにスポーツと向き合うのか、向き合えるのか、楽しめるのか、考えていくきっかけになるのではないでしょうか。

もちろん、応援する気持ちもとても大切なことですが、テレビの前でただ応援するだけではなく、僕らにもっと出来ること、もっと楽しめる方法がきっとあるはずです。

自分の好きなスポーツ、好きなチーム、いろんな形で盛り上げていきましょう!



kou_blue97 at 19:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 検淵▲瓮侫箸里海函 

2014年01月24日

スーパーボウルの楽しみ方〜オーディブル〜

日本では、オービックシーガルズがライスボウル4連覇の偉業を成し遂げましたが、本場アメリカではいよいよスーパーボウルが行われます。

ということで今回はアメフトの話。


アメフトの試合では、前のプレーが終わってから40秒以内(又は審判がボールをセットしてから25秒以内)に次のプレーを開始しなければ、「ディレイ・オブ・ザ・ゲーム」という反則になります。

シグナル

(ディレイ・オブ・ゲーム=5yds罰退)

逆に言うと、攻撃側には40秒の時間が与えられ、その時間を利用してハドルと呼ばれる作戦会議を行い、状況に応じて次のプレーを選択し、各選手に伝達します。ランにするのか、パスにするのか、どういうコースにするのか、どういうブロックにするのか、あらかじめ用意された数多くのプレーの中から最適なプレーを選択します。

ハドル

(ハドル=作戦会議)

そして選択されたプレーに基づき、各選手がセット(位置)につき、次のプレーを開始します。

しかし、攻撃側がセットした後に守備側の体型を見ると、意図した守備体型ではない場合や意図した攻撃が機能しない守備体型である場合があります。そんな時、攻撃側は実施するプレーを大声による暗号で伝達し、最適なプレーへと変更することがあります。それを、「オーディブル」と言います。

オーディブルは、通常はQB(クォーターバック)と呼ばれる司令塔が行います。短い時間で状況判断して戦術を選ぶ力、そして各選手に瞬時にプレーを伝達する特別な準備が必要ですが、正しいプレー選択が出来れば効果は抜群です。現代フットボールには不可欠な戦術です。

オーディブルは、色や数字が用いられるのが一般的で、簡単なものでは「ブルー52」とか「ホワイト45」とか叫ばれます。これは、本当にプレーを変える場合もあれば、守備のここに気をつけろという注意喚起であったり、あるいは相手を警戒させるための意味をなさないものである場合もあります。奥が深いです。

まにんぐ

(P・マニングのオーディブル)



今回、ネット上で以下のような記事を見ました。驚きで、かつ非常に面白い!


今年スーパーボウル出場権を獲得したAFCチャンピオンのデンバー・ブロンコスのQBペイトン・マニングは、プレーオフのチャージャーズ戦で40回以上もオーディブルを出した。P・マニングは、オーディブルの際に「オハマ!」と叫んでいる。

試合後、記者会見で「オハマ!」の意味を聞かれたP・マニングは、「状況によって色々な意味がある。ランプレー、パスプレー、プレーアクションだったりする。風向きやジャージの色によっても変わるんだ」と、冗談。

オンラインとカタログで各種ステーキを販売している「オマハ・ステーキ」とのスポンサー契約を検討中であり、同社のトッド・サイモン副社長は、「常に我が社ブランドをアピールする機会を求めている。条件が合えば、マニング氏との契約を検討したい。オマハには親しみがあるようだ」と発言。

今年FOXが放映するスーパーボウルでは、30秒のCM枠が平均400万ドルで売れている。
マニングはこれまでにもオーディブルの際には「オマハ」を連発しており、スポンサー契約なしの現状でも、ネブラスカ州「オマハ」の町や、「オマハ」を含む社名や商品名は無償で間接的な恩恵を受けているが、P・マニングのスーパーボウル出場により、さらに宣伝効果も見込まれ、もしかしたら、企業名や商品名をオーディブルに使う新種のスポンサー契約の先駆けとなるかもしれない。

というもの。


さらにさらには、こんな記事が。


ネブラスカ州オマハ商工会議所のデービッド・ブラウンCEOは、オマハに本社を置く5企業がマニングの「オマハ!」コール1回当たり500ドルを寄付すると発表。寄付先はインディアナ州、ルイジアナ州、テネシー州とデンバーの恵まれない子供たち向けに、奨学金や課外活動補助金を支給しているPeyBack財団だ。

協賛企業はコンアグラ・フーズ、ファーストナショナルバンク・オブ・オマハ、ミューチュアル・オブ・オマハ(保険会社)、ユニオン・パシフィック鉄道、そしてマニングとのスポンサー契約も検討するとコメントしているオマハ・ステーキの5社。

今回寄付対象となるのはマニングが発する回数のみ。



オーディブルの言葉もスポンサー契約する時代、面白いですね。



スーパーボウル、何回「オハマ!」が叫ばれるかも楽しみの1つになりました(笑)。

SPボウル


スーパーボウルは、デンバー・ブロンコスVSシアトル・シーホークスの対決で、2月3日(現地時間)です!。


kou_blue97 at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 検淵▲瓮侫箸里海函 

2014年01月20日

卵1個20円〜30円 本当に高いですか?

年末、某新聞に掲載された投書。

夫婦で40年以上旅行も出来ず頑張ってきた養鶏家が、飼料代が上がり続けても卵の値段は上がらず、廃業を決意したという内容。

私たちに問いかけています。

「11月末、テレビで卵の価格が高い、と報じていました。飼料が安くなる要素はありません。消費者の皆さま、卵の価格が1個20〜30円は、本当に高いのでしょうか。」



私たちが食べるもの。

正しい作り方、正しい流通の仕方に対して、適正な対価を支払うこと。

それをしなければ、どこかで無理が生じます。

どこかで手を抜いたり、どこかで嘘をついたり、どこかでごまかさないと、一定以上は安くはならないよ。

ちゃんと考えれば、わかるでしょ?

その安さ、信じていいんですか?

安全で、安心で、美味しいもの、その値段で、私たちの食卓に届きますか?



卵1個20円。30円。

本当に高いですか?




kou_blue97 at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 掘頁清箸里海函 

2014年01月05日

2014年よろしくお願いします!

あけましておめでとうございます。

2014年もよろしくお願いいたします。


さて、年末年始を札幌で過ごし、先ほど徳島に戻ってきました。

朝8時半に実家を出て、徳島の家に着いたのが19時。長旅だ〜。

新千歳⇒関西空港は飛行機、関西空港⇒徳島は高速バスに乗ればもう少し早く着くんですが、移動時間は目いっぱい読書タイムに当てたかったんで、関西空港⇒和歌山港(南海電鉄)、和歌山港⇒徳島港(南海フェリー)という時間がかかるルートでのんびり帰りました。

人生をゆっくりと見つめ直す機会って普段あまりないんで、じっくりと小説を読みたい気分でした。

行きと帰りで読めた本は5冊。簡単に紹介します(読んだ順番)。


1冊目

「片想い」 東野 圭吾 (文集文庫)

片想い_


Amazonで「大学時代のアメフト部のメンバーとの定例の飲み会の後、哲郎は10年ぶりに会った元マネージャーの美月にある秘密を告白される。そして、その秘密は思いもかけない形でメンバーに影響を与えていく…。」という説明を読み即買いしました。

この年末年始もアメフト部のメンバーと集まり、当時の話やアメフトの話に花を咲かせるというところが自分にも重なり、またアメフトのポジションの話や試合の流れ等、アメフトの要素が散りばめられていました。

そして、東野圭吾作品ということでストーリーも面白かったのですが、テーマが重くて。。。勝手に人生を見つめ直すための本というイメージを持ってしまった僕が悪いんですが、軽い気持ちでは中々読むのが大変な1冊でした。


2冊目

「限界集落株式会社」 黒野 伸一 (小学館文庫)

限界集落_


限界集落と集落営農というテーマを中心に、現在の農業や地域社会が抱える問題と今どきの都会の若者の苦悩がうまく表現され、わかりやすく、面白い物語になっていると思います。

これから社会に出る高校生や大学生に読んでもらいたい本ですね。


3冊目

「ひなた弁当」 山本 甲士 (中公文庫)

ひなた_


49歳でリストラされ、妻子からも愛想をつかされたサラリーマンが新たな人生を迎える物語。

こんな生き方もあるんだって、良い意味で肩の力を抜いて生きていこうと思える1冊です。激務に追われて自分を見失いそうになる時に読むといいかも。


4冊目

「孤舟」 渡辺 淳一 (集英社文庫)

孤舟_


定年退職したサラリーマンが、思い描いていたバラ色の第二の人生と、待ち受けていた現実とのギャップに悩む男の物語。

両親にはいつまでも仲良く、長生きして欲しいと思う1冊です。


5冊目

「ノーサラリーマン・ノークライ」 中場 利一 (幻冬舎文庫)

ノーサラ_


将来の不安に揺れる若きサラリーマン(バンカー)の物語。

誰にでもあるダメな男の部分や人間(銀行員)の醜く汚い部分が上手く表現されていて、面白かったです。




5冊で、バランス良く20代〜60代までの人生の一部を垣間見ることが出来ました。

若者には若者の悩み、30代には30代の、そして40代には。。。

僕ももうすぐ36歳、今年は年男!

理不尽な仕事、リストラ、転職、病気、不倫(それはないか)、人生何が起こるかわかりませんね。

初心を忘れない。

僕がこのblogを書き始めた2006年にも同じことを書いてました。

一番大切なのは、

『与えられた環境の中で精一杯頑張り、たとえどんな環境になろうとも頑張り続けていく』 こと。

8年前の俺、良いこと言ってるなぁ。それが俺のポリシーなんだな。



今の僕の環境は、8年前と同じ部分もあれば、変わった部分もたくさんあります。

でも、そんなの関係ない。

今の環境で、出来ることを精いっぱいやろう。

そして、環境が悪い方向に向かったとしても、そこで出来ることを精いっぱいやろう。

そうやって、生きていくんだよ。いいだろう? 俺?


明日から仕事始めです。

2014年も、よろしくお願いいたします。









kou_blue97 at 21:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 機併纏のこと) | 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函
Profileです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 東京ドームの中心で悪魔的歌唱
  • 東京ドームの中心で悪魔的歌唱
  • 家族揃ってお出かけする思い出
  • 家族揃ってお出かけする思い出
  • 家族揃ってお出かけする思い出
  • 家族揃ってお出かけする思い出
  • 家族揃ってお出かけする思い出
  • 背番号を受け継ぐ
  • 背番号を受け継ぐ
  • 背番号を受け継ぐ
  • 背番号を受け継ぐ
  • 運動会
  • 運動会
  • 運動会
  • 運動会
  • 運動会
  • 運動会
  • 今、改めて壁に挑む
  • 初めての首都高速道路
  • こどもの日とか
  • こどもの日とか
  • こどもの日とか
  • こどもの日とか
  • こどもの日とか
  • フラッグフットボール体験!
  • フラッグフットボール体験!
  • フラッグフットボール体験!
  • フラッグフットボール体験!
  • 公園が好き☆
  • 公園が好き☆