2013年12月

2013年12月31日

よいお年を!

仕事も無事に終え、帰省しました。

久しぶりの雪景色は、懐かしく、美しい。でも、ちょっと怖い。

年末年始、英気を養ってまた来年頑張りましょう。

みなさん、よいお年を!

cef8ee7a.jpg手稲山


56bbc58f.jpgリフトから


d76ca28c.jpgサッポロビール園


09081167.jpgジンギスカン



kou_blue97 at 15:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2013年12月25日

2014年も頑張ろう〜働き方の整理〜

年末ですね。今年も頑張りました。

来年はもっと頑張ろう。

ということで、いくつか仕事観についての本を読みましたので、共感出来たことを中心にまとめてみました。


(1)人事評価の捉え方
・評価が低い場合は、自分でも気づいていない改善点があるかもしれないので、素直に受け止める。
・自分の価値観と上司の価値観が違うのは当たり前だから、突き詰めても意味がない。
・大切なのは結果ではなく、今後自分がいかに成長していくか。

(2)常に当事者意識を持つこと
・自分の仕事はここまでと線を引くことなく、すべての責任は自分にあるという当事者意識が必要。
・自分の狭い担当範囲だけではなくリーダーの視点でプロジェクト全体を見渡さないと、自分の仕事の意味合いや責任が見えてこない。

(3)マネジメントの本質を理解すること
・マネジメントとはメンバーの管理統制であるが、本質はいかにメンバーに気持ち良くかつ効率的に働いてもらえるか。
・指導育成=厳しい管理ではなく、改善につながる方法で。

(4)ホウレンソウを徹底する
・悪い内容は当然、壁にぶつかったり悩んだりする場合も早めに相談。
・相談のタイミングを逃すと全てが悪循環に陥る。

(5)育成に力を入れる
・メンバーにチャンスを与えれば与えるだけ経験値が増し、自ら考えて行動するように促してこそ、管理者としての真価が発揮される。

(6)アクシデントに備える
・自分の仕事のリスクをきちんと把握してこそ、ポジティブな姿勢で攻めの仕事が出来る。

(7)タイムマネジメントの意識を持つ
・仕事をきちんとこなすことは重要だが、キチンとこなしているだけではなかなか新しい仕事、自分のやりたいと思っている仕事を与えてもらえない。
・与えられた仕事のゴールをしっかりと確認した上で、やりたい事や遊び心を加えたり、追求したり凝ってみたりとやりようはある。


当たり前のことだけど、もう一度自分を見つめなおして、再認識して、新たな気持ちでまたスタートしましょう!

kou_blue97 at 21:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 機併纏のこと) 

2013年12月03日

わりばしでうどんを食べる

家族でうどん食べに行くと、必ずわりばしが沢山置いてあって、子どもたちがわりばしで遊ぼうとします。

「わりばしは他の人も使う大切なものだから、遊んじゃダメだぞ」と言うと

「なんで大切なの?わりばしってどうやって出来てるの?」と聞いてきます。



どうなんだろう。



わりばしはもちろん木から出来てます。

例えば間伐材とか廃材とかから作られます。森林を守るために間伐した木だったり、角材にするために廃材となった木であれば、資源の有効活用かもしれません。そして、それが収入源となり、また山林が守られていく循環は美しい。

でも最近僕らが使ってるわりばしの大半は、中国から輸入されていて、わりばし生産のために森林が伐採されたりしているのも現実のようです。



じゃあ飲食店は、わりばしをやめて、使い捨てではない箸をおけばいいのでしょうか?



間伐材や廃材から作られる国産わりばしを使うのと、箸を洗剤や水を使って再利用するのではどちらが環境に優しいのだろう。

例えば箸の原料が木材だったら木が失われます。箸の原料がプラスチックだったら石油が失われます。洗剤だって、合成樹脂や石油から作られ、洗剤が入っている容器だって、おそらく原料は紙かプラスチックかペットボトルでしょう。

どちらも環境負荷はかかりますね。

そもそも環境に優しいって何だろう。



でも、明らかにコスト面を考えると、輸入わりばしを利用するのが一番安いのでしょうね。

赤字覚悟で高い国産わりばしを仕入れる飲食店の経営が行き詰まり、融資が滞ってしまった時に

「コストを削減してください。わりばしを安い輸入ものにして利益を出してください。」

と言わざるを得ないかもしれないのが現実です。

たぶん言わないとは思いますが。



そろそろ本格的に、環境への負荷に対する正当な対価を支払わなければならない時代になってますよね。



「なんで?」

という子どもの疑問に対する模範回答としては

「わりばしとか資源を大切にしないと、木が減って、森がなくなって、トトロが住めなくなっちゃうんだよ」

そんなところでしょうか。


kou_blue97 at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 掘頁清箸里海函 
Profileです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • 卒業おめでとう!
  • 卒業おめでとう!
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末