2013年11月

2013年11月28日

シスターとのキスの味

2013年11月24日、関西学生アメリカンフットボール最終節が行われた。対戦カードは、関西学院大学(6勝0敗)vs立命館大学(5勝1敗)。前節終了時点で全勝キープは関西学院大学1校となったため、最終節を待たずに関西学院大学がリーグ優勝を決めている(最終節に負けたとしても1敗で並び同率優勝となる)。

通常、アメフトのリーグ戦は、前年優勝校が下位チームと戦っていき、最後に前年1位と2位のカードとなる。そのため、前年順位をベースに見て順当に前年上位校が勝ち進むと最終節は全勝同志の対決となるが、途中でアップセットがあると全勝対決とはならないことも多い。

2013年の関東・関西リーグをみると、最終節まで全勝をキープし全勝対決となったのは関東1部Bブロックの日大−明治のみであり、関東1部Aブロックは法政(早稲田が立教に負けたため)、関西1部は関西学院(立命館が京都大に負けたため)と全勝キープは1校という状況。

ということで、関西学院大学は引き分け以上で単独優勝、負けても同率優勝でプレーオフという優位な状況となっていた。



結論から言うと、関西リーグ最終節は関西学院大学と立命館大学は無得点による引き分け(スコアレスドロー)となり、関西学院大学(6勝1分)でリーグ単独優勝を果たし、3年連続で甲子園ボウル出場権(決定戦出場)を得た。正式には、西日本代表校決定戦出場権であるが。



アメフトの世界では、引き分けの試合は「シスター(妹)とのキスの味」と表現される。後味の悪さという意味か、それとも罪悪感的な感じかと想像したが、まったくエキサイティングではないという意味らしい。

関西学院大学が0−0で引き分けて、リーグで1番上位の成績を残したので、リーグ代表として次のトーナメントに進む。何らおかしいところはない。

引き分け狙いで戦った。それもごく当たり前の戦術だ。サッカー日本代表が引き分け以上でW杯出場権がかかった試合であれば、引き分け狙いで戦ったとしてもおかしくない。むしろ、無駄なリスクは負わないべきだ。



ただし、関西学院大学の試合結果について、業界ではいろいろ物議を交わしている。

最後の攻撃で、敵陣深くまで攻め込み得点を取る機会があったにも関わらず、時間を流して引き分けたことについてだ。

もちろん、少ないリスクを負ってでも得点を取り3−0という明確な結果を残した方が、選手にとっては良かったのは間違いない。

ただし、その少ないリスクを負うことによって負ける可能性は0%ではない。数%は残っている。

関西学院大の選手にとって、立命館に勝って全勝することが最後の目標ではなく、リーグを優勝し、大学日本一になり社会人にも勝って真の日本一になることが目標なのであれば、無駄なリスクを負わない戦術で良いと思う。

結果がすべてだ。正しい選択だ。

ただし、監督とヘッドコーチと選手達が、正しい選択だと1枚岩になっていることを信じたいのと、勝ち切った方が選手達の得るものは大きかったということも間違いないのだが。



今年の日本シリーズ第7戦での田中将大投手の9回の登板も同じことが言える。

あれは、僕的には正しい選択ではない。明らかに巨人打線の力と田中投手の疲労具合を考えると、負うリスクは大きすぎる。日本一になる可能性を考えると、明らかに謝った選択である。

ただし、リスクを負った分、得られた効果は大きかった。彼にとっても、チームにとっても、ファンにとっても、マー君で勝てて良かったのだろう。

負けた時のダメージ、責任の所在等、失うものも計り知れないが。

それが、リスクとリターンの関係。勝負の世界。

リスクを負わなければ、リターンは得られない。



そんなことを考えさせる試合だった。

関西学院大学の鳥内監督。リスクを最小限に抑えた戦い方で、見事引き分けでも良い戦い方をしていた。そして、結果として引き分けとなった。

引き分けって、狙って出来るのだろうか。ゲームプランが的中したのだろうが、どれくらいの確率で引き分ける予定だったのか聞いてみたい。

「引き分けなど狙っていない。リスクを抑えて勝ちに行ったが、勝てなかっただけ。」

そう答えるのだろうな。なんとなくだけど。

kou_blue97 at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 検淵▲瓮侫箸里海函 

2013年11月17日

北大惜しかった。。。(アメフト)

第26回パインボウル2013(東日本代表校決定戦準決勝)

11月17日(日) 宮城野原自転車競技場(仙台)

東北大学ホーネッツ 〇20−16● 北海道大学ビッググリーン
      
先制し、第3Qまでリードを奪っていた北大。惜しかった。残念。

PINEBOWL2013r21[1]



ということで、アメフト日本一になる権利を有するのは、学生・社会人で残り11チーム。

・オービックシーガルズ
・富士通フロンティアーズ
・パナソニックインパルス
・鹿島ディアーズ
・法政大学トマホークス
・日本大学フェニックス
・関西学院大学ファイターズ
・立命館大学パンサーズ
・京都大学ギャングスターズ
・東北大学ホーネッツ
・名城大学ゴールデンライオンズ


甲子園ボウル



finalstage1[1]





来週末も、再来週末も、目が離せません!





kou_blue97 at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 検淵▲瓮侫箸里海函 

2013年11月10日

アメフト観戦 〜警視庁イーグルス〜

金曜日に仕事で東京に泊まらなければならなかったので、土曜日にアメフト見れないかな〜と調べたら、ちょうど川崎球場で「Xリーグ 2ndステージ BATTLE9」の試合があり、注目していた警視庁イーグルスの試合だったので観戦&応援に行ってきました!

「警視庁イーグルス vs BULLSフットボールクラブ」

警視庁イーグルスは、警視庁第九機動隊のアメフトチームです。

チーム名はイーグルス。そしてロゴは若鷲。

第九機動隊のシンボルマークである若鷲が大空高く羽ばたく「疾風迅雷」の如く突き進む姿を、また口に加えた月桂樹は「勝利を念ずる心」を表し、精鋭九機が栄冠を目指して、羽ばたき続ける姿を象徴しています。

そんなイーグルスは、H24年度(昨年度)にX2リーグ(社会人2部リーグ)優勝し、入替戦にも勝利し、念願のXリーグ(社会人1部リーグ)に昇格しました。

そして、H25年度はXリーグ初昇格の1年目。1stステージは強豪チーム相手に0勝5敗と初勝利はならず、2ndステージ(BATTLE9)にてXリーグ初勝利なるかという大事な一戦です。

これは観戦&応援するしかない!

dfb4b901.jpg入場


ということで川崎球場。

1年半ぶりの川崎球場です。まだまだ改修中。

しかも、寒いですね。体の芯まで染入る寒さ。熱い試合に期待です。

136b18c5.jpg川崎球場


試合は、序盤からBULLS(赤)ペースで進み、0-10とBULLSがリード。ワンサイドゲームになるか心配な雰囲気で、前半3-10で折り返します。

チアの皆さん。寒い中お疲れさまでした。風邪引かないでくださいね。

40c8a1ea.jpgチア


後半、BULLSのキックオフで始まり、イーグルスがスペシャルプレーで大きくリターン。あわやリターンTDなるかという走りで、敵陣20ヤードまでゲインします。

モーメンタムはイーグルスに傾きかけます。

イーグルスが押し込み、TD。

3431275f.jpg警視庁TD


(写真は、警視庁イーグルスのTDプレイです。ガラケーだと見づらい。。。)

しかしTFPキックを外し、スコアは9-10とBULLSリードのまま。もどかしい展開。

前半一方的に流れをつかんだBULLSは攻めきれず、イーグルスもFG失敗等流れをつかめきれず。

膠着状態となりかけた中、イーグルスがインターセプトのビッグプレー。大きく叫びました。

そして、第4Qに入りFGを成功させ、12-10とイーグルスが逆転。この試合初のリードとなります。残り時間14分。

逆転されたBULLS。パスオフェンスが冴えわたります。ここ一番でのパスが通る。

あっさりTDで12-17とBULLSが逆転。残り時間9分40秒。

ここからの警視庁イーグルスの攻撃は圧巻。

派手なプレーはないものの、着実にゲインを続けてドライブします。

個の力ではなく、チームの力・団結力を感じながら、TD。18-17とイーグルスが再逆転。残り時間は4分33秒。

しかし、X1常連チームのBULLSは底力がありました。イーグルス守備陣も奮闘するも、最後は力でやられました。

BULLSがTDで18-24。残り時間39秒と勝負あり。

74e3db42.jpgBULLS TD


(写真は、BULLSの逆転TDプレイです。ガラケーだと見づらい。。。)


いやー、久しぶりのアメフト観戦で寒かったけど、とても面白い試合でした。

お疲れさまでした。そして感動と興奮をありがとうございました。


<11/10現在で全勝をキープしているチームは学生・社会人を含めて9チーム>
 ※ただし1敗していても日本一になる可能性あり

・オービックシーガルズ
・富士通フロンティアーズ
・パナソニックインパルス
・法政大学トマホークス
・日本大学フェニックス
・関西学院大学ファイターズ
・北海道大学ビッググリーン
・東北大学ホーネッツ
・九州大学バルーカス


kou_blue97 at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 検淵▲瓮侫箸里海函 

2013年11月07日

アメフトシーズン真っただ中!

だんだんと肌寒い秋も深くなってきましたが、アメフトの世界では熱い男達が熱戦を繰り広げています。



<学生リーグ>

甲子園


H25.12.15 甲子園ボウル(全日本大学アメリカンフットボール選手権@甲子園球場)に向け、地方リーグを勝ち抜いた代表校が決定しています。

tournament68th[1]


北海道大学ビッググリーンには、東北大学ホーネッツを撃破し、関東代表校(願わくば法政大学)に善戦して欲しいところです。

関東リーグは、法政大学トマホークス、日本大学フェニックス、明治大学グリフィンズの3校が全勝をキープ。

関西リーグは、関西学院大学ファイターズと立命館大学パンサーズの2校が全勝をキープ。

やっぱり、関西学院大学が連覇なのかなぁ。



<社会人リーグ>

H25.12.16 JAPAN X BOWL(アメリカンフットボール日本社会人選手権@東京ドーム)に向け、1stステージが終了し、2ndステージ(上位9チームによるSUPER9)が始りました。

富士通フロンティアーズ、パナソニックインパルス、そしてオービックシーガルズの3チームが全勝をキープ。

もちろん、シーガルズの連覇に期待!



<真の日本一>

H26.1.3 ライスボウル(アメリカンフットボール日本選手権@東京ドーム)にて真の日本一が決定します。

ricebowl_66th[1]


昨年のイメージだとこんな感じです(今年は社会人リーグのシステムが若干変更してますね)。

社会人No.1と学生No.1の対決。

過去の対戦結果は、社会人18勝、学生12勝。

そして、前回(H25.1.3)のライスボウルは、歴史に残る名勝負。

オービックシーガルズと関西学院大学ファイターズの戦い。

前回のライスボウル感想記事



さて、今年はどんなドラマが待っているのか。

さらなる熱戦に期待しましょう! 興奮と感動を味わえること間違いなし!




kou_blue97 at 03:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 検淵▲瓮侫箸里海函 

2013年11月04日

ご当地グルメ

先週末は「とくしまご当地グルメフェスティバル」に参加しました。

gfes3_chirashi[1]


結構な数の出店!

gfes3_map[1]


県外の特選グルメもありましたが、今回は徳島の美味いもんをいただこうというわが家のコンセプト。各々が好きなものを食べます。いただきます。

僕 → 豆天玉
妻 → 鳴門鯛の飯蒸し
息子 → 鮎の塩焼き
娘 → 阿波尾鶏のから揚げ

噂には聞いて存じてましたが、実は初めて食べました「豆天玉」。

激うま。まいう〜。


「豆天玉焼き(通称:豆天玉)」とは、甘く煮込んだ「金時豆」と小海老を油で揚げた「天ぷら」が入ってるお好み焼きです!徳島のソウルフード!

この歯ごたえと食感、そして「金時豆」と「天ぷら」の混ざり合った食のハーモニー、 なんとも言えない癖になる味です。是非お試しあれ〜。


と、徳島グルメを満喫していると、娘が「いも子だ、いも子だ〜」とはしゃぎました。(※敬称略)

徳島が誇るB級グルメ歌手の、石焼いも子さんがいました。

imoko0480051212285127229[1]


豆天玉の歌も歌ってますよ。もちろん、このCDも持ってます!

娘と2人でいも子さんに駆け寄り、ご挨拶〜。笑顔で応じてくれました o (^ - ^) o
(リサイタル聴けなくてごめんなさい。。。最近行けてない。。。涙)

ご当地ゆるキャラもたくさん集合していて、凄いことになってました。大混雑!



いろんなご当地グルメがあって面白いですね。

とくしまラーメンや鳴ちゅるうどん、はものクリームコロッケなど、北海道にはない味です。面白い!



ほんで今週は、ふるさとカーニバル「阿波の狸まつり」に参加。

徳島では、阿波狸合戦が有名。金長(きんちょう)と六右衛門(ろくえもん)という狸が、600匹ずつの軍勢で戦ったそうです。

六代目金長は、スタジオジブリの「平成狸合戦ぽんぽこ」にも出演してますよ〜。



おまつりの縁日で、「あげじゃが」が売ってました。これはもう、ふるさと北海道のご当地グルメではないですか。

ageimo_ph01[1]


懐かしい。中山峠のあげいもです。

ほのかな甘さが口の中いっぱいに広がり、じゃがいも本来のおいしさを味わえます。ボリュームも満点です。

本場には敵わないだろうと思いましたが、故郷の懐かしさに負け、並びました。

あれ、ソースとケチャップとマヨネーズが並んでて、「ご自由にどうぞ」って。

そんで、みんな塗りたくってるやないか〜。お好み焼きみたいな感じで。

所変われば味変わるからな〜。

西日本だとこってり味がいいのかなと感じながら、僕は何もつけずにそのまま食べました。北海道風。

うん。美味しいよ。懐かしい味だ。

でも、ちょっと、なんか驚いた。



ふるさとの味。懐かしくなりますね。

北海道のご当地グルメ。

ジンギスカンや札幌ラーメン、イカ飯やイカソーメンなど歴史あるものから、聞いたことないような新しい味まで、いろいろあります。

最近では、寿都のホッケめしとか食ってみたいな〜。



金時豆がお好み焼きに入ってる徳島。

金時豆(甘納豆)が赤飯に入ってる北海道。

お互いに、信じられない食文化なんだろうな。

食文化って、面白い。



金時豆って、金太郎(坂田金時)の赤ら顔から来てるんだって初めて知りました。

そんで、金平ごぼうは、坂田金時の息子の金平から来てるんですね。

食文化って、面白い。



そんなことを考える、食欲の秋過ごしてます。




kou_blue97 at 23:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 
Profileです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • まぜ(南風)吹く海陽町
  • 卒業おめでとう!
  • 卒業おめでとう!
  • 海とピアノの週末
  • 海とピアノの週末