2013年09月23日

2013年09月23日

鬼ケ島に行ってきました

瀬戸内海に浮かぶ島々。いろんな美しく魅力的な島がありますが、まずは「鬼ケ島」に行ってきました。

香川県の桃太郎伝説で鬼が住んでいたと言われている「女木島」は「鬼ケ島」と呼ばれています。そして、島の中心には、鬼の住み家である大洞窟があります。これは、子供達連れて行くしかない!



高松港から船で20分の心地良い船旅です。

b67e78a9.jpg


風が気持ち良〜い。

サンポート高松が遠ざかっていく。。。

b0e3b691.jpg出港


鬼ケ島が見えてきたぞ。

0fb3a41e.jpg女木島


鬼ケ島がだんだん近づいてきて、桟橋では鬼の石像がお出迎え。

246b21fe.jpg桟橋の鬼


港から鬼ケ島大洞窟までは、バスで10分弱。小さな山を登って行きます。

そして、洞窟に潜入〜。

1166e13c.jpg洞窟


洞窟の中はひんやりと涼しい。15℃くらい。

b4746e5a.jpg洞窟


今は、コウモリしか住んでない。

近世は、海賊が住んでいたのは間違いないらしい。お宝の隠し場所もありました。

大昔は、鬼も住んでいたのかなぁ。

b2402b94.jpg洞窟


洞窟を抜けると、高台からのオーシャンビュー!

サンポート高松も良く見えます。

da3d0067.jpg瀬戸内海


帰りの船は空いててゆったりモード。

女木島〜高松港まで、約20分。

759223ca.jpgさらば女木島


高松港で下船し、高松城は玉藻公園を散策。

cab6ad66.jpg高松城


「讃州さぬきは 高松さまの 城が見えます 波の上」と詠われ、高松城のお濠は、水門で瀬戸内海とつながっていて海水100%、干満に連動して水位が変化します。

そして、鯛が泳いでます。

鯛にエサをやりました。

「鯛願成就」〜浮きエサを与えて、鯛の願いを叶えた人の願いも叶うという寓話もあります。

f8ced866.jpg


高松からの帰りは、、高松の奥座敷と呼ばれる塩江へ寄り道。

牧場とかいろいろ寄ったけど、子供達はやっぱり川遊びが1番。

e42c3c7f.jpg川遊び


喧嘩したりもする兄と妹ですが、なんだかんだ2人楽しく遊びますね。

川の流れが急なところでは、兄が妹に手を差し伸べてた。

パパは嬉しいぞ!

a92649ee.jpg兄と妹


ずぶ濡れになった後は、塩江温泉・行基の湯で疲れを癒します。

bede0712.jpg行基の湯




女木島に行けたので、男木島、直島、豊島、小豆島と、四国にいるうちに制覇したいな。

kou_blue97 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、HKT宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 2019 夏
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京