2013年01月

2013年01月29日

2/11(月・祝)フラッグフットボールイベント「千葉カップ」

【オービックシーガルズHPからの情報】

オービックシーガルズ



2/11(月・祝)、今年もオービックシーガルズと千葉県で活動するフラッグフットボールチーム4団体と合同で、フラッグフットボールイベント「第10回千葉カップ」が開催されます。

「オープントーナメント」のほか、「オービックシーガルズ選手による初心者向けフラッグ体験教室」 「指導者向け体験・講習」も同時開催。

トーナメントに出場したい県下小学生チーム(5名以上。即席チームもOK!)、ちょっとやってみたい・見てみたい小学生のみんな、ぜひ気軽に遊びにきてください。

オービックシーガルズが練習している人工芝のきれいなグラウンドです。

たくさんの参加をお待ちしています。



【第10回千葉カップ実施概要】

これまでは千葉県内のフラッグフットボールチーム4団体が年に1度の交流戦を行っていましたが、今年からオービックシーガルズの地域交流イベントとしてオープン化することになりました。

日時 : 2/11(月) 10:00〜12:00
(受付開始9:30、オープントーナメントは15:30まで)
 ※雨天等により中止する場合は、当日朝8:00までにご連絡します。

会場 : オービック習志野グラウンド
 〒275-0024習志野市茜浜3-6-3
    
主催 : 習志野オービックシーガルズスポーツクラブ(仮)設立準備室

主管 : 千葉カップ実行委員会

後援 : 公益財団法人日本フラッグフットボール協会


●オープントーナメント
 〜即席チームも大歓迎☆出場チーム募集〜

●小学生フラッグ体験教室
 〜オービックシーガルズの選手と一緒に遊ぼう〜

●指導者向け体験・講習会
 〜“見学”だけでもも大歓迎。お気軽にご参加ください〜



【オービックシーガルズとは】

オービックシーガルズは、「ライスボウル(日本選手権)3連覇」及び「習志野・千葉から日本一」を成し遂げ、習志野市民栄誉賞を受賞しました。



【フラッグフットボールとは】

フラッグフットボールとは、1チーム5人でプレーし、ハドル(作戦会議)を組んで、決められた攻撃回数で相手陣に攻め込みタッチダウン(得点)を奪う球技です。

アメリカンフットボールのタックルやブロックなど危険な接触プレーが禁止され、代わりに腰の両側につけた短冊状のフラッグを捕るため、安全です。

フラッグフットボール


教育の現場でも、フラッグフットボールが注目されています。

2011年度から本格施行された新・学習指導要領解説にフラッグフットボールがゴール型ゲームとして例示掲載されています。

現在すでに3,000以上の小中学校の授業や部活で取り組まれており、東京都中野区や神奈川県川崎市では全ての公立小学校の体育の必修科目となっているようです。



学生時代から僕も一貫して、是非教育でフラッグフットボールを取り入れて欲しい思っていました。



思い出してください。

小学校時代。

授業でサッカーやバスケットボールやりませんでしたか?

楽しめた派ですか?

楽しめなかった派ですか?

さらに思い出してください。

授業でサッカーをやって喜んでいた人、活躍していた人、ごく一部の人ではありませんでしたか?





世界三大球技教材として、サッカー、バスケットボール、バレーボールが、多くの人が同時に楽しめる等の理由により、学校の授業で取り入れられているのが実態です。

ではなぜそのようなスポーツではなく、フラッグフットボールが学校教育に相応しいと言われ始めているか、もっと掘り下げて考えてみましょう。



1 フラッグフットはボールを持った鬼ごっこ

フラッグフットは、攻撃については作戦があり全員の役割が明確であり、守備についてはボールを持った人に集まるという鬼ごっこ的なものであり、基本的に全員の役割が明確になります。

つまり自分で行動が出来る。

さらに技能的なものも、ボールを持って走る、投げる、捕るに加え、全員で追いかけるという簡単なものです。

球技にありがちな、ボールを持っていない子供が、何をすれば良いか役割がわからないとか自分が何もしなくても事が進むという状況が少ないです。

さらに小さいゴールにボールを入れる等の難しい技能も必要ありません。

技能的な課題がやさしく、みんなに役割わ与えられることが、鬼ごっこの延長と言われる所以です。



2 戦術を学ぶには最適なボール運動

フラッグフットは、ボールを持って走るのが基本で、ボールを投げるとボールを捕るが加わるだけであり、サッカー、バスケットボール、バレーボールと比べてボール操作がやさしく、ついては戦術的課題をクローズアップさせることが出来ます。

しかも、フラッグフットは戦術や作戦なしにゲームは進まず、プレー毎にハドルと呼ばれる作戦会議を行います。

つまり作戦を実行し、うまくいったかどうか結果がすぐに現れる。

試合毎も1つのプレー毎にもPlan-Do-Seeサイクルが自然的に発生し、実践しながら考えていくことが出来ます。



3 集団的な喜びをより味わうことが出来る

授業でサッカーやバスケットボールの試合をしても、得点の機会が少ない場合や得点に関わる人数が少ない場合が多いのではないでしょうか。

フラッグフットでは全員に与えられた役割に基づいてプレーを行うので、プレーの数だけ成功体験を味わう機会が生まれます。

また能力の低い人にも役割が与えられ、プレーの一部として機能します。

全員が本当の意味での集団的な成功体験を味わうことが出来ます。

試合後の感想でも「試合には負けたけど、自分達が考えた作戦が成功して嬉しかった」という声も多いようです。





フラッグフットボールの魅力を簡単にいうと、

「攻撃のたびに話し合い、作戦を考え、役割分担をして、みんなで一緒に成功体験を味わうことが出来る」

これにつきます。



みんなで楽しめて、みんなで成長出来るフラッグフットボール。

皆さんも、そして小学生のお子さんから、是非やってみませんか?



あなたの身近な町でも、フラッグフットボールのチームがあるかもしれませんよ。

フラッグフットのチーム


広げよう、フラッグフットボールの輪!!



kou_blue97 at 23:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 検淵▲瓮侫箸里海函 

2013年01月08日

ライスボウル(人生最大の衝撃的な試合)

2013年1月3日。東京ドームでライスボウルが行われました。
1997年4月に僕がアメフトと出会ってから、15年。
最も衝撃的な、素晴らしい試合となりました。

ライスボウルとは、アメリカンフットボール日本選手権として行われる、社会人優勝チームと学生優勝チームの試合です。
今回の組み合わせは、オービックシーガルズvs関西学院大学ファイターズ。

結果は、27,371人の大観衆の中、オービックシーガルズが学生王者・関西学院大学ファイターズを21-15で下し、最多優勝回数を「6」に更新して、社会人初となる3連覇を達成しました。



オービックシーガルズは、僕が最も応援しているチームです。
株式会社オービックは、自社のHPでアメリカンフットボールを以下のように表現しています。

1.情報
 ・アメリカンフットボールは、スポーツの中でも情報力が重要なウェイトを占めるスポーツです。

2.分析
 ・チーム内の分析専門者が相手チームの戦力や戦略をデータから分析し、試合を有利に進める作戦を探り出します。

3.戦略
 ・戦略がチームの戦い方を決定します。全員の意思をまとめあげる非常に重要な要素です。

4.決断
 ・試合の状況や流れが刻々と変わる局において、監督ならび選手の一瞬の決断が試合の流れを決定します。

オービックシーガルズが大好きで、ブースターとなり、東日本大震災の募金も行い、フラッグフットチームにも親子でお世話になった、シーガルズを心から愛している僕が、

ライスボウルでの関西学院大学の戦いぶりに感銘し、大きな衝撃を受けることとなりました。
(シーガルズ関係者のみなさんごめんなさい)



試合展開は、下馬評通り優勢に試合を進めていたシーガルズが、14-7とリードして迎えた第4Q。
関西学院大学が、気迫のドライブでTDを決め、2ポイントコンバージョンを成功させ、14-15とこの試合初めてリードし、時間残り3分。
次のシーガルズの攻撃を、関西学院大学の守備陣がインターセプト。攻撃権が関西学院大学に。残り時間1分39秒。
(僕は、この時点でシーガルズの負けを覚悟しました)
シーガルズ守備陣が関西学院大学の攻撃をシャットアウトし、残り時間34秒でシーガルズ最後の攻撃。
QB菅原から、WR木下とWR萩山へのパスで敵陣G前1ヤード。残り10秒でRB古谷が逆転タッチダウン。
さすがシーガルズ。勝負強さは半端ないです。本当に強い。



そんなシーガルズと互角に戦い抜いた関西学院大学。本当に衝撃です。凄いとしか言いようがない。

情報・分析・戦略・決断。全てが上手く噛みあっていました。注目すべきは2点。

1.第2Q、7-7の同点に追いついた場面。
 ・FGフェイクのシチュエーションを作り上げたこと
 ・フェイクプレーを確実に遂行したこと
 ・ゴール前オフェンスをしっかりと準備出来たこと
 ・さらに確実に遂行し、TDに結び付けたこと

2.第4Q、15-14と逆転した場面。
 ・パントフェイクを決断し、成功させたこと。
 ・4thダウンで、スクランブルを決断し、成功させたこと。
 ・2ポイントコンバージョンを決断し、成功させたこと。
  
特に第4Qの3つのプレー。
1つでも失敗していたら、その瞬間に敗戦となっていたものでした。


どのチームも、情報を分析し、戦略を練って決断します。
それがアメリカンフットボールだから。

でも、大抵は準備したプレーは準備したまま終わってしまうのもアメリカンフットボール。

FGフェイク、パントフェイク、G前オフェンス、2ポイントコンバージョン。
勝負所のタイミングで、これらの決断が可能なシチュエーションに巡り合えたこと。
そして、ことごとく成功させたこと。
それが一番の衝撃であり、強さ、なのかもしれませんね。

試合展開、流れ、点差、けが人。
あらゆる要素の中で、お蔵入りしてしまうプレー。
準備したけど使えなかったプレー。
それらの過去のプレーを思い出しながら、関西学院大学の健闘を讃えたいと思います。

長いシーズン、お疲れさまでした。

オービックシーガルズ、おめでとうございました。

そして、両チームともに、ありがとうございました。










kou_blue97 at 22:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 検淵▲瓮侫箸里海函 

2013年01月06日

2013 今年もよろしくお願いします

2013年 あけましておめでとうございます。

年末年始は、実家の札幌で過ごしました。

年明け早々、一家揃ってノロウィルスにやられ、散々な目に会いました。

気を取り直して、今年も健康に気をつけながら、頑張っていきたいと思います。

昨年に引続き、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。


09ec99cc.jpg道頓堀


年末、大阪に一人旅して来ました。まるで修学旅行。

8ffd188b.jpg大阪城



4aef0542.jpgスキー


約8年ぶりのスキー。

548292ff.jpg息子@札幌


1日スキー教室を頑張る息子。
初めてのスキーで、開始20分後には初リフト。
2時間後には初ゴンドラ。

261d2e2d.jpg娘@札幌



娘は喜び庭駆け回り、パパはコタツではないけど丸くなる正月のはずが、
ノロのおかげで体重は増えず。

kou_blue97 at 21:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 
Profileです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 沖縄
  • 沖縄
  • 沖縄
  • 沖縄
  • 沖縄
  • 井草八幡宮「神幸祭」
  • 井草八幡宮「神幸祭」
  • 井草八幡宮「神幸祭」
  • 井草八幡宮「神幸祭」
  • 井草八幡宮「神幸祭」
  • 井草八幡宮「神幸祭」
  • 井草八幡宮「神幸祭」
  • 南房総で合宿。
  • 南房総で合宿。
  • 南房総で合宿。
  • 南房総で合宿。
  • 南房総で合宿。
  • BEAUTIFUL FACES 
  • since 1976 〜 IBM BigBlue 〜
  • since 1976 〜 IBM BigBlue 〜
  • 東京高円寺阿波おどり
  • 東京高円寺阿波おどり
  • 東京高円寺阿波おどり
  • 東京高円寺阿波おどり
  • 東京高円寺阿波おどり
  • 東京高円寺阿波おどり
  • 東京高円寺阿波おどり
  • 2017夏
  • 2017夏
  • 2017夏