2012年01月13日

2012年01月13日

広げようフラッグフットボールの輪!!

皆さんは、フラッグフットボールをご存知ですか?

フラッグフットボールとは、1チーム5人でプレーし、ハドル(作戦会議)を組んで、決められた攻撃回数で相手陣に攻め込みタッチダウン(得点)を奪う球技です。

アメリカンフットボールのタックルやブロックなど危険な接触プレーが禁止され、代わりに腰の両側につけた短冊状のフラッグを捕るため、安全です。

フラッグフットボール


実は、昨年の秋から、小学校1年生の息子がフラッグフットボールのチームに入りました。

そして僕も、そのフラッグフットボールのチームのコーチ(まだ見習い)をやらせてもらえることになりました。

実際にフラッグフットボールというスポーツに触れてみて、その魅力にますます惹かれているところです。



教育の現場でも、フラッグフットボールが注目されています。

2011年度から本格施行された新・学習指導要領解説にフラッグフットボールがゴール型ゲームとして例示掲載されています。

現在すでに3,000以上の小中学校の授業や部活で取り組まれており、東京都中野区や神奈川県川崎市では全ての公立小学校の体育の必修科目となっているようです。



学生時代から僕も一貫して、是非教育でフラッグフットボールを取り入れて欲しい思っていました。



思い出してください。

小学校時代。

授業でサッカーやバスケットボールやりませんでしたか?

楽しめた派ですか?

楽しめなかった派ですか?

さらに思い出してください。

授業でサッカーをやって喜んでいた人、活躍していた人、ごく一部の人ではありませんでしたか?





世界三大球技教材として、サッカー、バスケットボール、バレーボールが、多くの人が同時に楽しめる等の理由により、学校の授業で取り入れられているのが実態です。

ではなぜそのようなスポーツではなく、フラッグフットボールが学校教育に相応しいと言われ始めているか、もっと掘り下げて考えてみましょう。



1 フラッグフットはボールを持った鬼ごっこ

フラッグフットは、攻撃については作戦があり全員の役割が明確であり、守備についてはボールを持った人に集まるという鬼ごっこ的なものであり、基本的に全員の役割が明確になります。

つまり自分で行動が出来る。

さらに技能的なものも、ボールを持って走る、投げる、捕るに加え、全員で追いかけるという簡単なものです。

球技にありがちな、ボールを持っていない子供が、何をすれば良いか役割がわからないとか自分が何もしなくても事が進むという状況が少ないです。

さらに小さいゴールにボールを入れる等の難しい技能も必要ありません。

技能的な課題がやさしく、みんなに役割わ与えられることが、鬼ごっこの延長と言われる所以です。



2 戦術を学ぶには最適なボール運動

フラッグフットは、ボールを持って走るのが基本で、ボールを投げるとボールを捕るが加わるだけであり、サッカー、バスケットボール、バレーボールと比べてボール操作がやさしく、ついては戦術的課題をクローズアップさせることが出来ます。

しかも、フラッグフットは戦術や作戦なしにゲームは進まず、プレー毎にハドルと呼ばれる作戦会議を行います。

つまり作戦を実行し、うまくいったかどうか結果がすぐに現れる。

試合毎も1つのプレー毎にもPlan-Do-Seeサイクルが自然的に発生し、実践しながら考えていくことが出来ます。



3 集団的な喜びをより味わうことが出来る

授業でサッカーやバスケットボールの試合をしても、得点の機会が少ない場合や得点に関わる人数が少ない場合が多いのではないでしょうか。

フラッグフットでは全員に与えられた役割に基づいてプレーを行うので、プレーの数だけ成功体験を味わう機会が生まれます。

また能力の低い人にも役割が与えられ、プレーの一部として機能します。

全員が本当の意味での集団的な成功体験を味わうことが出来ます。

試合後の感想でも「試合には負けたけど、自分達が考えた作戦が成功して嬉しかった」という声も多いようです。





フラッグフットボールの魅力を簡単にいうと、

「攻撃のたびに話し合い、作戦を考え、役割分担をして、みんなで一緒に成功体験を味わうことが出来る」

これにつきます。



みんなで楽しめて、みんなで成長出来るフラッグフットボール。

皆さんも、そして小学生のお子さんから、是非やってみませんか?



あなたの身近な町でも、フラッグフットボールのチームがあるかもしれませんよ。

フラッグフットのチーム


広げよう、フラッグフットボールの輪!!






kou_blue97 at 23:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 検淵▲瓮侫箸里海函 
Profileです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • いざ鎌倉
  • いざ鎌倉
  • いざ鎌倉
  • いざ鎌倉
  • いざ鎌倉
  • 試合帰りに横浜中華街
  • 試合帰りに横浜中華街
  • 試合帰りに横浜中華街
  • 試合帰りに横浜中華街
  • 東京ドームの中心で悪魔的歌唱
  • 東京ドームの中心で悪魔的歌唱
  • 家族揃ってお出かけする思い出
  • 家族揃ってお出かけする思い出
  • 家族揃ってお出かけする思い出
  • 家族揃ってお出かけする思い出
  • 家族揃ってお出かけする思い出
  • 背番号を受け継ぐ
  • 背番号を受け継ぐ
  • 背番号を受け継ぐ
  • 背番号を受け継ぐ
  • 運動会
  • 運動会
  • 運動会
  • 運動会
  • 運動会
  • 運動会
  • 今、改めて壁に挑む
  • 初めての首都高速道路
  • こどもの日とか
  • こどもの日とか