2007年12月

2007年12月23日

ひびき

クリスマスイブイブです。

三連休いかがお過ごしですか?

かけだし金融マンです。

かけだしプロフィールもよろしく。



巷ではクリスマスと騒いでいるけど、

でもそんなの関係ねぇ、

とか、

チキンにケーキに高カロリーだけど、

デブそんなの関係ねぇ、

とかいろんな人々がいます。



クリスマスを子供や家族との大切なイベントとする人がいる一方で、

クリスマスを商業的に利用する人、

クリスマスはいつも通り仕事に追われる人、

クリスマスは病院で過ごす人、

そして、世界的に見れば、

クリスマスどころか生きるだけで、飢えるだけで必死な人々、

死の恐怖と隣り合わせの子どもたちも数知れず。



だけど、

君が好きで、

君が好きで、

涙がこぼれたり、

切なさを感じたりする。



明日はメリークリスマス。

人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 22:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 察覆修梁召里海函 

2007年12月22日

三連休の一日目

平日は帰りが遅くて子供たちを風呂にも入れてあげられない、

だから土日は子供たちと触れ合っていたい。

しばらくは趣味の時間も自分の時間も要らないです。

やっぱり家族が一番だねかけだし金融マンです。

かけだしプロフィールもよろしく。



はい三連休です。

やっぱり休みは最高ですよね。



遠出や観光地巡りやドライブは楽しいけど、

ただ子供たちとみんなで過ごすだけで、

ちょっと近くのショッピングモールに行くだけで、

ファミレスでただランチをするだけで、

こんなに幸せな気持ちになれるんですね。





出世なんか出来なくても、

土日にゴルフなんかしたくない。



ただ、ファミレスでコーンスープを食べ、

ハンバーグのつけ合わせにコーンがあるのを見て、

コーンを大切にと思ったりした、

そんな休日です。





オチもひねりもないただの日記だってたまにはいいじゃないか。

良い週末をお過ごしください。



かけだし金融マンです。

かけだしプロフィールもよろしく。


kou_blue97 at 21:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 機併纏のこと) 

2007年12月19日

卵かけご飯

携帯のデータが消えて一週間。

なかなかメモリが増えません。

みんな僕にメールアドレス教えてください。

かけだし金融マンです。

かけだしプロフィールもよろしく。



最近、朝ご飯をちゃんと食べるようになってきました。

朝から脳もフルスロットルでいきたいですよね。



朝ご飯の定番は何ですか?



焼き鮭?

卵焼き?

トースト?

スクランブルエッグ?

立ち食いそばや朝マック。

いろんな朝ご飯がありますよね。



僕は卵かけご飯が好きでした。

海苔を刻んだり、

しらすをまぶしたり、

納豆を混ぜたり。



夢はふくらむばかりです。



卵を生で食べる日本人。

進んだ衛生管理技術のたまものです。

卵の価格があがらないから安く買える日本人。

進んだ生産システムのたまものです。



安く安全な生卵が手に入るなんてとても幸せなことですよね。



安くて安全。

安さって何だろう?

安全って何だろう?



安くて安全って、明瞭会計のお店って意味じゃないッスよ。



卵のつくり方には、

細木数子先生もいろいろお考えがあったようですが、

もう一度しっかり考えたいですね。



ウインドレス鶏舎の鶏と、

外で飼われている鶏の、

どちらが安全か。



確かに、ウインドレス鶏舎の鶏は太陽の光を浴びない。

でも、空調により快適な温度や環境が整っている。

一方、外で飼われている鶏は、

太陽と自然たっぷりで育つものの、

伝染病や鳥インフルエンザなどのリスクは山ほどの環境。



そこには、

勉強やゲームに追われ、外で遊んだり自然に触れ合えない子供たちと、

外で遊んだり自然に触れ合う子供たちのどちらが健康かという議論と、



野宿し風呂も着替えもしない人間と、

家の中で普通に暮らす人間のどちらが健康かという議論が、

交錯しあっている気がします。



健康とは何か、

衛生とは何か、

よくわからなくなるけど、

生卵を食べる食習慣は後世に残したい。



栄養価は高いし、

善玉コレステロールを摂取出来るし、

何より美味しい。



飼料価格は高騰しても、

卵の値段はあがらない。

でも頑張って欲しい。

日本の卵を食べ続けるため。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 23:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 掘頁清箸里海函 

2007年12月18日

夢の世界へ

24d92722.jpg


久しぶりにアメフトでBLITZをかける夢を見ました。

甲子園ボウルの影響でしょうか?

こんにちわかけだし金融マンです。

かけだしプロフィールもよろしく。



さて、この土日に夢の世界へ行ってきました。



土曜日は成田ゆめ牧場。

ゆめ牧場。

牛がいて、

子牛がいて、

やぎがいて、

羊がいて、

馬も鳥たちもいました。

そこはメルヘンの世界。



牛乳やソフトクリームを食べ、

牧場炭火焼きの肉を食べる。

そこはもう商業の世界。



とても楽しかったですよ。

かけだし妻は牛の乳搾りもしてました。



日曜日は、イクスピアリ。

夢の世界ディズニーランドの入り口。

まさに夢と現実が入り乱れる世界。

(本当はディズニーランドに行きたいが子供たちがもうちょっと大きくなってから)

幻想的な雰囲気と

こ洒落たお店と

クリスマス前のあのときめきに包まれ、

僕らは素敵なひとときを過ごしたのでした。





ゆめ牧場だったり、

イクスピアリだったり、

幸せそうな家族連れや、

笑顔あふれる恋人たちで賑わっていました。



この幸せなひとときが、

大切な人たちと、

同じ時間を共有し、

同じ思い出を刻んでいることが、

昔憧れた、

もしくは潜在的に思い描いていた、

将来の夢 だったのかもしれない。



大それた夢なんて掲げなくてもいいから、

ささやかな幸せを、
身近にある小さな喜びを、

たくさん夢に掲げて、

夢をちょっとずつ叶えていこう。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking


kou_blue97 at 08:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 機併纏のこと) 

2007年12月17日

夢をかなえて

かけだしプロフィールで、

「夢は何か?」と聞かれて、

あれっ? 俺の夢って何だろう?



こんにちはかけだし金融マンです。

かけだしプロフィールもよろしく。



小学生の頃、

卒業文集か何かに、将来の夢という欄があり、

「ふつうの人」と書いた子供がいました。

彼に夢はなかったのでしょうか?



彼には将来への大きな希望と、

大きな志がありました。

でも、それがまだ形になっていなかっただけだと思います。



例えば、野球選手になりたいという夢を持つ少年が、

その小学校には100人いて、

中学校を卒業する時点でも、

変わらずに野球選手になりたいという夢を持つ少年が、

その中学校には10人いたとします。



残りの90人は、

別に人生を挫折するでもなく、

絶望を感じるでもなく、

また新しい夢を持てば良い。

まだ若いのだから、可能性はいくらでもあります。



そして高校を卒業する時点で、

変わらずに野球選手になりたいという夢を持つ少年が、

2人残ったとします。



うち1人は、甲子園の地区予選で活躍するも涙を飲み、

大学で野球を続けるとします。

夢まであと一歩。

もう1人は、高校でレギュラーにもなれず、

玉拾いと応援しか出来ないけど、

それでも野球選手を夢見るとします。



夢を追い続けることが、いつまで素晴らしいことなのか。

現実を見つめることが、必要な時期もあるのではないか。



その少年が、青年となり、大人となる段階で、

夢を追い求める生き方が正しいこともあれば、

周りの家族や、仲間や、恋人や、

将来守るべき家族や、子供や、

そういう大切な人たちを犠牲にすることなく、

人間は夢を追い続けることが出来るのか。。。



一度きりの人生、

やらずに後悔するよりは、

やって後悔した方がいい。

でも、その決断が、

大切な人達を傷つけないか、

犠牲にしてはいないか、

そういうことも考えられる大人になって欲しい。



夢ってなんだろう?



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking



kou_blue97 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 察覆修梁召里海函 

2007年12月16日

【お願い&お知らせ】

何かと忙しい12月も半ばにさしかかりつつありますね。

お風邪など召されませぬようお過ごしくださいませ。



こんな話を聞いたことがあります。

科学では解明されていないが、

いきなり海に飛び込んでいく動物がいると。



こんな話も聞いたことがあります。

科学では解明されていないが、

いきなり熱湯の中に飛び込んでいく芸人がいると。



そして、

つい最近、

かけだし携帯が、

いきなり水に飛び込みました。



何故水に飛び込んだのかは、

科学では解明されていませんが、

何故携帯電話の電源が入らず、

うんともすんとも言わないのかは、

きっと科学で証明されています。



はい。

携帯メモリーが全部消えました。



このblogを見ているあなた、

あなたの連絡先やメールアドレスも、

バブルの泡のように全部消えました。



携帯電話の中に、

僕のアドレスが登録されてる人は、

携帯番号を添えて、

僕にメールしてくださいね。

お願いいたします。


kou_blue97 at 23:59|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 察覆修梁召里海函 

2007年12月13日

その少年の目には僕らの社会はどう映るのだろう

今日も一日働いた。

夜明けとともに鳥が鳴き、僕らは農場へと駆り出される。

そして、太陽が沈み、夜行性の動物たちの気配を感じるころに、

僕らは農場を後にする。



疲労も、

空腹感も、

足腰の痛みも、

いつもと変わらない。



変わるのは、

収穫するものが、カカオ豆だったり、コーヒー豆だったり。

働く内容だけ。



そして、ママと幼い弟や妹のことを考えながら、眠りにつく。

また、朝がやってくる。

その繰り返し。



収穫されたカカオ豆やコーヒー豆を、

食べるのか粉にするのか、

そんなことは知らない。

豆の名前だって本当は知らない。



ただわかるのは、

金持ちの国が買ってくれるらしいということ。



そして、そうやって頑張って働けば、

ママや幼い弟や妹が食べるものを買えるということ。

みんなが暮らしていけるということ。

だから、僕は頑張り続ける。






彼はまだ6歳。

過酷な労働環境の中、家族のために働いている。

カカオ豆がチョコレートになるなんて知らない。

チョコレートなんて見たことがない。

それでも、毎日頑張っている。





自由貿易(フリートレード)による貧富の差。

それは歴史が物語る。



僕らが毎日口にする

コーヒー、

紅茶、

チョコレートなど。

安価に手に入れることができる。



それらは、

人身売買や、

児童労働や、

奴隷制度の上に成り立っている。

すべてではないだろうが、

それなりの割合を占めているはず。



そうして僕らは暮らしている。




近年は、

公平貿易(フェアトレード)の動きも活発で、

日本国内でもフェアトレード商品を買うことができる。

何かの支援になるかもしれないし、

何の支援にもならず逆効果かもしれない。

きっかけくらいにはなるかもしれない。




その少年の目には、

僕らの社会はどう映るのだろう?

僕らの生活はどう映るのだろう?



明日も、きっとコーヒーを飲むし、

チョコレートだってたまには口にする。




コーヒーの苦味には、

チョコレートの甘味には、

少年たちのどのような気持ちが含まれているだろうか?





かけだし金融マン




人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking



kou_blue97 at 00:47|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 掘頁清箸里海函 

2007年12月12日

それでも子供に飲ませたい

牛乳って白いですよね。

あの白さがたまりません。

白が与える清潔感はこの上ない。

ドキンちゃんも惚れちゃうくらい。

やっぱりカレーパンマンより食パンマンの方が好感度は高い。

それも白さのせい。

好感度と言えば、

白衣の天使も捨てがたい。

それも白さのせい?



こんにちはかけだし金融マンです。




さて牛乳の与える白のイメージ。

清潔。

衛生的。

コクがある。

骨になる。

いろいろありますね。



牛乳は文字通り牛の乳です。

牛という生き物を飼い、

牛の命を守り、

乳を搾る。

その乳の鮮度と栄養価を維持しながら、

衛生的な牛乳を家庭に送るとともに、

安全と安心を提供してくれる。



その苦労は計り知れない。

その努力は尽きることない。



『牛乳30年ぶり値上げ』との日経記事。

バイオ燃料需要拡大によるエサ価格高騰や、

原油価格高騰による資材等原材料の値上げによるものであり、

やむを得ない当然の事態と考える。




企業努力による生産コスト削減は当然必要だが、

本質を無視したコスト削減により、

安全や安心が損なわれるのであれば、

多少価格が高くとも安全と安心は最低限提供して欲しい。



必要最低限の安全と安心を得るために、

安全料と安心料を支払わなければならない時代であり、社会なのかもしれない。


最低限必要不可能な値上げは大いに結構。



育ち盛りの子供達のために、

安全と安心だけは提供し続けて欲しい。



明日は白のワイシャツにしようか。

人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking



kou_blue97 at 00:12|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 掘頁清箸里海函 

2007年12月11日

休日の過ごし方(その弐)

126f8e18.jpg


92e43d2a.jpg


1705d23f.jpg


やっぱり土日はお出かけしたいかけだし金融マンです。




12月に入ってからだけでも、

成田山、

成田航空記念館、

千葉ポートタワー、

ららぽーと船橋と、

精力的にお出かけしてます。



もちろんやんちゃ坊主と乳飲み娘を引き連れてるので、

まあそれなりの活動しか出来ませんが。



今住んでいる所は、

千葉の海も近いから船やヨットを見ることが出来て、

成田航空も近いから飛行機を見ることも出来て、

きっと子供達にとっては刺激的でしょう。



転勤族は引越や手続きや

いろいろ大変なことも多いけど

いろんな所に遊びにいけるのはやっぱりいいですね。



生まれた街を離れて、

初めて生まれた街の特徴やいい所、

いろいろ気付くこともたくさんあります。




いつか二人で行きたいな

雪が積もる頃に

生まれた街のあの白さを

あなたにも見せたい。



なんて口ずさんだりもしますよ。



人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking



kou_blue97 at 01:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2007年12月10日

休日の過ごし方

4f90324d.jpg


やっぱり土日は癒されるかけだし金融マンです。



かけだし息子は、

最近

『ピー、ガシャン行こう』

とか

『コピー(?)行こう』

とよく言います。



そこは、ゲームセンター。



目指すはUFOキャッチャーとクレーンゲーム。



何故あんなに好きになったのか?

毎週毎週、土日の度に連れて行ってとせがまれる。



平日は、

台所のおたまと

小さいおもちゃで、

イメージトレーニングを続けている。



よく飽きないものだ。



物を捕まえるということは、

生き物にとって必要不可能なこと。



陸にあがった生き物たちは、

食べ物を捕らえるために進化を続け、

食べ物を捕らえ続けられたもののみが生き残った。



そして人類は、武器と知能により、

獲物を捕らえ、

食料を採取して進化を遂げた。





どうすれば取れるのか、

どうすればよりたくさん取れるのか、

どうすればより効率的に取れるのか、



かけだし息子も

そうやって一歩一歩成長して行って欲しい。

生きる知恵をつけ、

いろんな経験をしていって欲しい。



輝く未来へ。



そう願う今日この頃です。



きっかけは、

ゲーセンだっていい。

だからゲーセンは止められない。



ゲーセン通いを正当化する理由はなんでもいいんだから。


人気blogランキングへ

ブログランキング にほんブログ村

FC2BlogRanking



kou_blue97 at 22:32|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • コオロギを食べる娘(昆虫食)
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • 夏を涼しく
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • ヒダリマキマイマイ(カタツムリ)のお家
  • 6月
  • 6月
  • 6月
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • 2020年5月25日 緊急事態宣言を解除
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)
  • ゴールデンウィーク(ステイホーム週間)