2006年02月27日

与えられた環境の中で精一杯頑張ることが、僕に出来る唯一のことです。

責任を持って仕事に励むサラリーマン、勉強と並行して青春する学生、子育てにより命をつなぐ母親がいる一方で、世界には食べるものさえない子供たち、生きる希望を持てない若者たちも、同じ時間を過ごしています。


それでも、仕事だったり、勉強だったり、家事だったりしなければならない僕たちの日常は毎日必ずやってきます。


ちょっとした贅沢をして美味しいものを食べれば世界の飢えた人のことを思って心が痛んだり、家族や大切な人と安らぎの時間を過ごせば戦争や紛争により苦しんでいる人のことを思って心が痛んだり、人として当たり前の感情を思い出すようなことがたまにあります。


かといって、あまり深刻に四六時中悩んでいれば、事の深刻さにつぶれてしまいます。一人の人間として出来ることなんて限られてますから。


同じように自分の近くにも、夢を追いかけれる環境にある人、子供のため・親のために生きていかなければならない環境にある人、病気や怪我で苦しみ支えがなければ生きていけない環境にある人。それぞれ全く違った道を歩んでいます。


たぶん、違った環境の人と自分を比べてはいけないものと思っています。自分がどちら側にいたとしても、比べてしまうと自分の進むべき道を見失ってしまうから。


僕に出来ることは『与えられた環境の中で、目的意識を持って精一杯頑張り、たとえどんな環境に変わったとしても、同じように頑張り続ける』こと。ただそれだけかもしれません。誰かが大きなテーマで悩んでいれば、声をかけてあげられる唯一の言葉かもしれません。



kou_blue97 at 19:30|PermalinkComments(8)TrackBack(0) 機併纏のこと) | 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函

コンブライアンスに体も心も縛られる、若き金融マンの葛藤

お客様から借入のご相談を受けた場合、いろいろ調べて・書類を用意して、最終的に融資決定が出るまでは、担当者による融資の内諾はもちろん、内諾と認識されるような行動や発言により、損害賠償の対象となってしまうこともあります。

この実態により、なかなかお客様と腹を割って話すことが出来ません。おそらくこちらが壁を作ってしまうのでしょうが、人付き合いをするうえでとても寂しく感じます。


また、経営内容如何では今後の取引方針が変わってしまう恐れもあるため、日常的な訪問時にもなかなか打ち解けた話も出来ません。飲食なんてご法度です。


距離を置いた付き合い方が必要なのは理解してますが、度が過ぎると『堅い、冷たい、親身になってくれない』などの印象を持たれてしまいます。


いくら信用が大切な金融マンといえども、あまりに人間味がなければ、本当の意味での信用は得られませんよね。


相手に心を開いてもらうには、まず自分から心を開くこと。人間社会で当たり前のことが、出来ない時がある。本当にそれでいいのでしょうか?


金融マンよ!!お前はうちの会社の台所事情まで事細かに入り込むくせに、お前のその杓子定規な態度は何なんだ!!
とか、
お前らは数字に詳しくとも、人の心がわからないのか!!
とか、
そういう印象を持たれている方も少なくないかもしれません。


それでも誠実に、かつ信用されるようお客様と接していく必要がある。


いろいろな葛藤をかかえながら、また明日へと向かっていきます。


頑張れ、若き金融マン!!
(自分で言ってしまいました。誰も言ってくれなぃもので(笑))


kou_blue97 at 07:30|PermalinkComments(6) 機併纏のこと) 

2006年02月26日

白鳥の湖〜優雅さと美しさにみる生き方について〜

4dd97d48.jpg


今日は白鳥飛来地に行ってきました。車で30分くらいの海岸です。海なので正確には白鳥の湖ではありませんね。そこには家族連れが多く、子供たちははしゃいでました。小さい子にはたまりませんよね。

さて白鳥ですが、『見た目は美しく優雅だが、水面下では足をバタバタさせて絶えず努力をしている』など、影の努力を推奨するための話としてよく聞きます。

実際の白鳥はというと、水面下はよくわかりませんでした(笑)。でも、エサを食べるため、大きな鳴き声で相手を威嚇し、またはクチバシで相手を攻撃し、そんな光景を見ることが出来ました。白鳥といえども、生きるために必死です。餌付けされてるとは言え、野生の渡り鳥なので生き抜くために相当な試練が待ち受けているのでしょう。

テレビや雑誌に登場する成功者たちも、その地位を築き、維持していくために、必死で生きているのでしょうね。

続きを読む

kou_blue97 at 14:30|PermalinkComments(7) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

progressするblogです(livedoorblog始めましたpart2)

ブログ始めて2週間が経ちました。携帯電話と通勤時間のおかげで、あまり無理なく更新だけは続けることができました。いつもこのブログに立ち寄っていただきまして、本当にありがとうございます。


この1週間で進化したことといえば、何かあるでしょうか?(笑)。まだまだ始めたばかりですが、ちょっとずつでも目に見える進化が表れれば嬉しいです。


ちなみに、デザインはマイナーチェンジを続けてますし、アフィリエイト始めました。あと、スパムが多いのでトラックバックを消しました。


アフィリエイトは、ただ始めただけです(笑)。それ以上でもそれ以下でもありません。儲けようとかじゃなくて、やってることに意義があるかな〜と思って。そのうちもっと興味が出てくるかもしれませんが。


携帯が中心なので、出来ることといえば記事の質を高めること!!リピーター(定期的に訪れてくれる人)になっていただけるには、記事を面白くかつためになる情報を提供することでしょうか?技術的なテクニックに乏しいもので。。。
でもたまには気軽で単純な記事も盛り込みたいな、なんて思ったりもしてます。

とりあえず試行錯誤を重ねながら、記事の質を高めながら、更新だけは続けていきたいと思います。目指せ、『progressするblogです』。今後もよろしくお願いします。
(日曜のおでかけ前のちょっとしたひととき)


kou_blue97 at 11:02|PermalinkComments(2) 察覆修梁召里海函 

2006年02月25日

フィギィアスケート・エキシビジョンに見る人間の深層心理とブランド戦略!!

今日は朝からフィギィアスケート・エキシビジョンをちょっとだけ見ました。ご飯食べながら、雑誌読みながらでしたが。。。


さて荒川選手。本当におめでとうございます。日本人として嬉しく思います。


今日エキシビジョンを見て、ゴールドメダリストのオーラがあるなぁ〜と感じました。本当に素晴らしかったです。


でもゴールドメダリストのオーラって何でしょうか?メダルを取って何かが変わったのでしょうか?


専門的知識はありませんが、大幅に変わったこととかないんじゃないかと思います。昨年末の五輪最終選考の時と比べても、それほど大きな差はないですよね。最終調整による違いくらいでしょうか?


でも今日エキシビジョンを見た人にはまるで違って見えてしまう。オーラとか、格が違うとか。


それはブランド戦略に通じるものがありますよね。特に日本人にはそのような心理的傾向が強い。若くしてブランドを身にまとってる人達が、質や本当の魅力を考えずに、ブランド力だけで買ってしまうようなあの感覚。


そんなことを考えた、土曜日の朝でした。荒川選手の演技は素人目に見ても素晴らしかったです。




kou_blue97 at 11:18|PermalinkComments(8) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

Can you speak Japanese ?

歯医者さんの待合室で更新です。有効に時間を使えるなんて、便利な世の中ですね。


さて、僕は人前で話をするのが大の苦手です。子供の頃からずっと嫌いでした。社会人として致命的ですよね(笑)。頭の中で話を組み立てるのが苦手なのかな〜?


その点、パソコン文書やメールは、追加したり削除したり、書きながら組み立てられるので助かります。コンピュータの発達により、頭で組み立てる能力が落ちていくのかもしれませんね。エクセルと電卓で計算するので、頭で計算する能力が落ちるのと同様に。。。

この前上司が、『話は上手くなくとも、誠実さが伝われば良い』というようなことを言ってました。誠実にかつ真意を理解してもらえるように、話す技術を学びたいと思います。


会社から与えられるものの他に、自己啓発として『税務』と『企業診断』の通信講座をやっていますが、『話し方』講座の方が将来に役立つのかな〜、なんて考えている今日この頃です。
社会人にとって必要なことは、知識や仕事のやり方だけじゃなく、話し方や人との接し方などもありますから。人間として成長する必要がありますよね。歯の健康も大切ですし。




kou_blue97 at 10:41|PermalinkComments(15) 機併纏のこと) 

資本集約的な農業におけるビジネスチャンスの拡大

いま農業従事者の大半は60歳を超えており、ますます高齢化の波は加速しています。

そうなると、農産物の安定供給が難しくなる産地や生産者の数が増加します。10年後の農業従事者の年齢構成はバランス良くなっていくのでしょうか?それとも70歳が中心の生産体制となるのでしょうか?


最近、農業(アグリビジネス)への参入の動きもあります。食品製造業・外食産業・建設業などによるものです。


農業従事者の高齢化により農産物の安定供給が出来なくなると、まず第1にそれらを原材料とする産業がダメージを受ける。食品製造業が自ら農業生産を始めるのは必然かもしれませんね。また有機農産物や特別栽培による差別化商品を提供する場合、偽装の心配もなく、独自の販売戦略に柔軟に対応するため、外食産業が自ら農業生産を始めるケースも増えているようです。


そして建設業も公共工事が減少するなか、地元で行うことが出来て、労働力や機械を有効活用するため、農業生産を始めるケースも少なくないようです。


今の日本の農業は、60歳以上の労働力で成り立っているのです。どうお考えになりますか?賛否両論ですが、農業へビジネスチャンスを求めて参入してくる人・会社・業界を歓迎する必然もあるのでしょうね。


kou_blue97 at 07:19|PermalinkComments(3) 掘頁清箸里海函 

2006年02月24日

weekdayとweekendの狭間で愛を叫ぶ?それとも天下分目の戦いが始まる?

皆さん今週もお疲れ様です。今日は肩をこらない感じでいきますね。


さて、幸せな金曜日の夕暮れです。週末の始まりは金曜の夕暮れからですからっ!!お酒を飲んでリフレッシュもいいですが、土日の計画につながる第一歩を踏み出すのも良いですね。


あっという間の2月です。金メダルの余韻を味わいながら、その勢いに日本経済があやかれることを祈って、シフクノトキを過ごします。手抜きもたまには必要ですよね。

タイトルはあまり気にしないでくんさい。



kou_blue97 at 19:37|PermalinkComments(4) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

livedoorに学ぶべきかなコスト削減の術

昨日は出張でしたが、高速道路を利用するかどうか悩みました。もちろん会社のコストとなりますので。


例えば自分の時給が1千円の場合、1時間短縮出来れは1千円分の高速道路を利用した方が良いという単純な考え方で良いのかな?


livedoorという会社では、備品1つ(ボールペン1本とか)購入するのにも、投資効果を説明出来なければ購入出来ないみたいですね。机や椅子なんて利益を産まないので、タダで調達出来る方法を考えるとか。普通の会社では、個人1人1人のコスト意識まで徹底されていませんよね。


利益を追求することは、とても必要なことです。コスト追求至上主義は悪しき考えだという声が聴こえてきそうですが、会社として利益を確保することは、会社の維持・存続・発展に必要不可欠であり、利益から蓄える内部留保により新たな設備投資・事業開拓を図ることが出来ます。経済活動全体からみても有益ではありませんか?


もちろん最低限のルールの中で利益を産む必要がありますけど。


僕も身近なところからコスト意識を持って実践していきたいと思います。社員からケチな会社だと思われるほど、コスト意識の徹底された会社なのかもしれません。


kou_blue97 at 08:14|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 機併纏のこと) 

2006年02月23日

鶏2倍・豚4倍で、牛は8倍!!

中国では近年牛肉の消費量が拡大しているようです。ちょっと前の日本みたいですね。


畜産業の世界では、飼料要求率という考え方があります。それは、肉1kgを生産するために飼料(えさ)何kgが必要かというもの。中国ではだいたい、鶏肉生産に2kg、豚肉生産に4kg、そして牛肉生産には8kgの飼料が必要と言われています。国として経済力のない時代は牛肉の消費は伸び悩み、経済力がついてくれば牛肉の消費も増加するようです。我が家はまだまだ牛肉の消費は少ない限りですが(笑)、鶏肉は高タンパク・豚肉はビタミン豊富で、どちらも美味しいですよね。

日本では、豚肉生産に飼料約3kgと生産効率が向上してます。昔はどの農家にも豚がいて残飯を食べていた時代もあったようですが、今や何千頭規模の農場もあり養豚業・養鶏業を中心に農場の拡大・集約が進んでいます。そうしていかないと、国際的な競争力がつかないのでしょうね。


ちなみに和牛と国産牛の違いはわかりますか?違うのは値段だけじゃありませんよ(笑)。お肉もいっぱい食べましょう。もちろん魚も野菜もバランス良く。


kou_blue97 at 19:34|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 掘頁清箸里海函 
Profileです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • ものづくりのまち 〜大田区まち工場〜
  • ものづくりのまち 〜大田区まち工場〜
  • ものづくりのまち 〜大田区まち工場〜
  • いざ鎌倉
  • いざ鎌倉
  • いざ鎌倉
  • いざ鎌倉
  • いざ鎌倉
  • 試合帰りに横浜中華街
  • 試合帰りに横浜中華街
  • 試合帰りに横浜中華街
  • 試合帰りに横浜中華街
  • 東京ドームの中心で悪魔的歌唱
  • 東京ドームの中心で悪魔的歌唱
  • 家族揃ってお出かけする思い出
  • 家族揃ってお出かけする思い出
  • 家族揃ってお出かけする思い出
  • 家族揃ってお出かけする思い出
  • 家族揃ってお出かけする思い出
  • 背番号を受け継ぐ
  • 背番号を受け継ぐ
  • 背番号を受け継ぐ
  • 背番号を受け継ぐ
  • 運動会
  • 運動会
  • 運動会
  • 運動会
  • 運動会
  • 運動会
  • 今、改めて壁に挑む