2006年02月22日

朝ごはんをしっかり食べて、朝から脳を活性化させよう。

仕事なんて朝飯前の方もいるかもしれませんが(笑)、朝ごはんはしっかり食べましょう。


もともと『食』には執着心だけでなくいろいろと興味・関心がありましたが、最近は『農業』や『食育』にも深く関心を持つようになりました。


日本の食料自給率は約4割。学生時代は安く海外から入手出来ればいいんじゃない?くらいにしか思ってませんでしたが、今の国際情勢や世界人口の急増をみると、ちょっとまずいんじゃない?と感じ始めました。

自給率向上には生産の効率化と国産消費の拡大などが一般的には言われてますが、実際にはハンバーガーとかフライドチキンとか、美味しいですよね?


我々も含めて若者や子供達の味覚はおかしくなって来てるのでしょうか?


確実に言えることは、若者や子供達は農業を知りません。僕も田んぼなんてあんまり見たことなかったですし、牛や豚や鶏なんてほとんど見たことありませんでした。自分達が食べてるものがどうやって作られているか、全く知らなくていいのでしょうか。


食育は子供だけではなく、大人にも必要だな〜とひしひしと感じています。直接的には関われませんが、将来の子供達の胃袋だけは、より安全で安心できるもので満たせるような、そんな日本にしていきたいですね。頑張ってください。。。




kou_blue97 at 18:32|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 掘頁清箸里海函 

金融経済学的視点で日本経済を斬る!!

日本経済を斬りたいのはやまやまですが、まだまだかけだしなのでちょっと斬れません。逆に斬られてしまいます。


livedoorblogを利用させていただいて、『経済』→『金融』カテゴリに登録し、ブログスコアも順調に伸びていますが、金融的な話とか経済的な話とかためになる話がほとんどありませんよね(笑)。


まだかけだしだからとか、まだまだ未熟だからとかいう理由ですが、後どれくらい経てば日本経済を斬れるくらいになるのでしょうか?一般社会ではかけだし期間はどれくらいでしょうか?


最初は知識・情報を詰め込む時期だと思います。たまに吸収しきれずに消化不良をおこしますが(笑)。今はいろいろと経験を重ねる中で、知識や情報と経験をマッチングさせていく時期かなと思います。今後は知識と情報と経験から、自分なりの考えを外に発信していかなければなりませんよね。


目指せ、金融経済学的な視点で日本経済を斬る!!今日も頑張っていきましょう。結局、金融的な話も経済的な話も出来ませんでした(笑)。


kou_blue97 at 08:50|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 機併纏のこと) 

2006年02月21日

感情的にならないで、理屈っぽくもならないで

感情的な人は嫌いです。理屈っぽい人も好きではありません。


社会に出るまではあまり感じませんでしたが、仕事をするうえで法律や制度や規則に縛られることが多いなと感じます。


状況や実情からみて、この人のためにやってあげたいと思っても、制度や規則によりやってあげられない可能性があるとき。どうすれば良いでしょうか?


\度や規則を破ってやってあげる方法。その人のためになっているようですが、その事実が明らかになればその人にも必ず迷惑がかかるでしょう。
∪度や規則に該当しない可能性があるため、最初から相談に乗らない方法。
制度や規則の要件を確認して、問題ないかどうか検討する方法。


明らかにが親身なサービスだと思います。ただし実際には△砲茲蠡弍している人も結構多いですよね。特に弱い立場から見ると顕著に感じると思います。その理由としては、面倒だ・人の気持ちがわからないとかその人個人による場合もありますが、組織(会社)に問題があることも想定されます。例えば、効率化が要求され時間をかけていられないとか、リストラにより人が足りないとか。


業務の効率化とサービスの向上の両方が満たされなければ生き残れない時代かもしれません。


個人的には、仕事上は理屈による整理が必要だと思います。その能力差が仕事の出来る・出来ないの差である面もあると思います。決められた制度や規則の中でどうやって理屈で整理し人のためにやってあげれるか。それが金融機関の仕事なのかもしれません。




仕事以外であまり理屈っぽい人は好きではありませんが。特に恋愛とか友情とかは。


kou_blue97 at 18:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 機併纏のこと) 

雪どけの後には緑のふきのとう(五・七・五)

昨日にひき続き今日も心地よい暖かさです。今日は1時間かけて、ちょっと会社まで歩いてみました。


一応豪雪地域に属しますので、まだ真冬のコートとブーツをはいています。実際にはかなり暑いです。そろそろ春物のコートを着たいところですが、まだまだドカッと雪が降る可能性もあり、非常に悩ましい限りです。


『雪どけの 後には緑の ふきのとう』


これは僕が中学生の頃、国語の授業で書いたものです。そんな暖かさを感じる、北国の2月の朝でした。そういえば、昨年はまだまだ雪が降っていたなぁ〜。




kou_blue97 at 08:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2006年02月20日

夢の実現をご支援いたします。

貸付けの仕事の醍醐味は、夢の実現を支援出来ること。

金融機関に提出される事業計画には、皆様方の夢や希望が詰まっています。それは社長の夢だったり、そこで働く人の夢だったり、株主や出資者の夢だったりします。大きな事業の場合には、地域の夢・商品を購入する人の夢・サービスを受ける人の夢・子供達の夢でもあるかもしれません。

ただし、事業が失敗すると多くの人々が不幸になります。夢を追い求めるあまり、周りの人々を巻き込み、多大な迷惑をかけてしまった人も少なくないと思います。

そして、それは金融機関の責任でもあります。夢を支援出来る喜びと、そこに発生する大きな責任を忘れずに、日々取組んでいきたいと思います。


続きを読む

kou_blue97 at 18:41|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 機併纏のこと) 

このまま春が来るのかなぁ〜。

この冬も前回同様に雪の多い冬になりました。何より交通の乱れについては悩まされました。行政も除雪業者も頑張ってくれていたとは思いますが。


ここ1週間、あまり雪が降らず比較的天気は良好です。朝晩は相変わらず冷え込みますが、日中は雪も溶け始めています。春も近いのでしょうか。


何故いきなり天気の話題になったかというと、今朝の日射しが明るく心地良かったから。先走って冬眠から覚めちゃうような、そんな月曜の朝でした。


北国に育つと、内地(方言?)の方々と季節感が違いますよね。4月の入学式にはまだ確実に雪が結構残ってますし、5月の花見は相当着込まなければやってられません。


日本も広くて地域毎に風土や文化も異なって面白いなと思いつつ、春をゆっくり待ちたいと思います。雪解けの時期により大きな影響を受ける商売もあり、自分の仕事にも関わりますので、いつもの年と同じくらいの時期になることを期待しますが。


春の足音を聴きながら、また1週間頑張りましょう。




kou_blue97 at 07:59|PermalinkComments(7)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2006年02月19日

☆プログレスするブログです☆

ブログを始めて1週間がたちました。無事に更新を続けることが出来ました。これからも頑張りたいと思います。よろしくお願いします。


さて勢いで始めたブログですが、1週間たってブログの良さ・楽しさを痛感しています。もともと文書を書くのが好きだったこともありますが。何より、自分の日常・生活・仕事について、いつもと違った目線から見ることが出来て、そこから再発見・再認識することがいろいろありました。


忙しく何かに追われる毎日の中で、止まらずに流れて行く日々の中で、自分の足跡を見つめることも、たまには必要なのかもしれませんね。また明日へと、一つ先の未来へと進んでいくためには。


プログレス(進歩)するブログです。と自分でいい続けることが出来るように頑張っていきます。応援よろしくお願いします。




kou_blue97 at 11:31|PermalinkComments(10)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

人のジーコと組織のトルシエ

あまりサッカーに詳しくありませんが、日本代表を見てると、人のジーコ・組織のトルシエのように感じます。


[人]重視の場合、短期的には強いと思います。その時点で最も力のある人・状態の良い人でチームは構成されますので。ただし中核の人がいなくなった場合はシステムから戦術まで全てを見直ししなければなりません。対応出来るかどうかが鍵てすね。個人的には長期間の戦いにらは厳しいかと。。。


[組織]重視の場合は、システム・戦術が明確のため浸透しやすく、人が変わっても目指す方向性は変わりません。長期間の戦いに向いていると思います。ただし能力のある人の個性が活かされない場合もあります。


僕は[組織]重視の戦い方が好きですが、ワールドカップでは良い結果を出して欲しいです。




kou_blue97 at 08:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2006年02月18日

僕が金融マンを目指した理由(part3)

僕が将来を真面目に考えるきっかけになった出来事のうち、多分最も大きなことは留年したことだと思います。留年した理由はいろいろとあるのですが。。。


留年したことにより、[映が就職活動で不利になる可能性が出てきた、⊇⊃Δ箸将来に対して他の人より1年間考える時間が延びた。そして、将来を考える姿勢が大きく変わりました。


良いか悪いかわかりませんが、僕は特に夢もなく進むべき道も見えないまま、大学に入りました。そんな感じの学生も多いんじゃないかなと思います。逆に生まれて15年とか18年で進むべき道を見つけられるのは、とても幸運なことだとも思います。僕の場合は大学に入ることが目的で、そのためだけに勉強してきた子供だったのかもしれません。大学に入ることが出来て、一流大学じゃありませんが一応目標が達成されて、その後の僕には光は何もありませんでした。今までは引かれていたレールをただ進んでいけば良かったのに、もう目の前にはレールは引かれていませんでした。


そこで新たな道を切りひらくのが普通ですが、僕は新たな道を切りひらく前に、しばらく立ち止まってしまいました。それは今しか出来ないことに熱く取り組むため、新たな一歩を踏み出す前にもっと人間的に成長する必要があるため。


結果的に卒業まで5年間を費やしましたが、いろいろ自分を見つめなおし、新たな自分を見つけることが出来たと思います。そんな昔の自分をちょっと思い出したりもしました。そんな土曜日のひとときでした。


kou_blue97 at 17:14|PermalinkComments(10)TrackBack(0) 機併纏のこと) 

僕が金融マンを目指した理由(part2)

高校生くらいまで、公務員や銀行員は格好悪いと思ってました。印象と言えば、堅い人間・真面目で面白みのない人間。そう思ってる方は少なくないと思います。どうしてだろう?


中学生くらいから、親や先生は堅い仕事に就くことは良いこと、と教育を受けます。理由は?と尋ねると、安定しているから、と回答されます。仕事の魅力について触れてないですよね。その時は、そんな面白くない職業なんて絶対嫌だと、子供ながら思っていました。


もし自分が中学生に戻れるなら、もしかしたら公務員を目指すかもしれません。仕事でお付き合いのある人の中に、政策達成のため・産業発展のため、骨身を削って頑張っている人を何人も知っています。やりがいがあると思いますし、尊敬に値します。それなのに、多かれ少なかれ夢や希望を抱いている子供たちに、安定しているからで片付けるなんて。悲しすぎます。印象も悪くなりますし。


教育の中で、社会や経済を知る機会が少ないと思います。僕だって大学4年になるで、ほとんど知りませんでしたから。それはそれで恥ずかしいですが、社会に出る前に知ることが出来て幸運でした。僕が金融マンを目指した理由は過去に書いたとおりですが。


将来をちゃんと考える機会が必要ですが、教えることが出来る人は少ないかもしれませんね。




kou_blue97 at 08:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 機併纏のこと) 
Profileです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 今、改めて壁に挑む
  • 初めての首都高速道路
  • こどもの日とか
  • こどもの日とか
  • こどもの日とか
  • こどもの日とか
  • こどもの日とか
  • フラッグフットボール体験!
  • フラッグフットボール体験!
  • フラッグフットボール体験!
  • フラッグフットボール体験!
  • 公園が好き☆
  • 公園が好き☆
  • 公園が好き☆
  • 公園が好き☆
  • 公園が好き☆
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • 祝・ネット開通(東京と東京っぽい画像)
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島
  • ありがとう徳島