2021年06月19日

ニガウリの苦みこそ、夏の栄養の宝庫

「ニガウリ」もしくは「ゴーヤ」

DSC_0760~2


標準和名は「ツルレイシ」

ウリ目ウリ科ツルレイシ属の植物。

原産地は熱帯アジア。

中国から渡来したのは江戸時代と言われ、1713年の書物(琉球国由来記)に苦瓜という言葉が登場。

近年は、夏バテに効く健康野菜、ダイエット食品として認知度が高まり、日除け目的の緑のカーテンとしての栽培も増加。

DSC_0759~2


この立派なニガウリは、群馬県館林産。

ニガウリの生産量は、沖縄県が1位で約40%のシェア。

2位は宮崎県、3位は沖縄県。

そして、4位は群馬県、5位は熊本県。
(2018年農林水産省統計データ)

沖縄と九州の野菜というイメージですが、群馬県の暑さを活かした栽培で、本州一の生産量を誇ります。

CENTER_0001_BURST20210619181410021_COVER


人は、疲れやストレスを感じると苦みを欲するようです。

夏バテ気味の真夏は、まさにゴーヤの需要も供給もピーク。

まだ初夏ですが、直売所で大きく育ったニガウリを見つけたので、さっそくいただきます。

DSC_0759


ゴーヤといえば、ゴーヤチャンプル。

美味しくできました。



ゴーヤ最大の特徴ともいえる苦みは「モモルデシン」という成分。

20種類以上のアミノ酸からできており、胃腸を整えたり、血糖値を下げる効果が期待される栄養素。

ビタミンCや鉄分や食物繊維が豊富。

「苦み」こそ栄養の宝庫。




kou_blue97 at 20:27|PermalinkComments(0) 掘頁清箸里海函 

2021年06月13日

白井屋ホテル〜地域イノベーション、前橋モデル〜

単身赴任生活には欠かせない「YouTube」

「カワウソAty」や「柴犬らら」などに癒されています。

いつも勉強になるのは「NewsPicks」という、ソーシャル型オンライン経済メディア。

人々の発見と理解の欲求に応えたいというビジョンのとおり、経済について面白く学べます。

堀江貴文の「HORIE ONE」や落合陽一の「WEEKLY OCHIAI」などを配信。

通常は、東京のスタジオで撮影されていますが、この間「WEEKLY OCHIAI」が群馬県前橋市で撮影されていました。

撮影場所は、白井屋ホテル(群馬県前橋市本町)

多忙を極めるだろうこの3人が、わざわさ撮影のため前橋市まで来ること自体がその凄さを裏付けます。

・落合陽一(メディアアーティスト、筑波大学助教授)
・宮田裕章(慶應義塾大学医学部教授、データサイエンス専門)
・田中仁(螢献鵐坤曄璽襯妊ングス代表取締役、田中仁財団代表)



<白井屋ホテル>

明治初期、絹産業におけるイノベーションを興し、日本近代化の先駆けとなった群馬県前橋市。

この街で旧宮内庁御用達の老舗旅館「白井屋」は、森鴎外や乃木希典など、多くの芸術家や著名人に愛されてきましたが、2008年に長い歴史に幕を閉ざしました。

その後、取り壊しの危機の中、前橋市の活性化活動「前橋モデル」を主導する田中仁財団の活動の一環として2014年に再生プロジェクトがスタート。

2020年12月に「白井屋ホテル」として、創業300年の歴史が新たなアート・食文化・歴史の発信源として蘇りました。

DSC_0722~2


宮田裕章「前橋の可能性を大きく広げた素晴らしいホテル。この空間体験、宿泊体験そのものが、既存のものと格段に違う。各部屋に個性があり、研ぎ澄まされた空間は『精神と時の部屋』に通じるものがある。」

今回の「WEEKLY OCHIAI」のテーマは、「起業家が挑む『地域イノベーション』その鍵は何か?」

HORIZON_0001_BURST20210611181623745_COVER~2


前橋市出身の田中仁は、地域創生・活性化のため2013年に田中仁財団を設立。

「群馬イノベーションアワード」や「群馬イノベーションスクール」を立ち上げ、文化・芸術の振興と企業支援に取り組む。

HORIZON_0001_BURST20210611181634224_COVER~2


本プロジェクトに際しては、世界中のアーティスト、デザイナー、街の人々が協力。

五感を総動員して、アートやデザインを味わう特別な空間。

DSC_0737~2


夜の顔。

HORIZON_0001_BURST20210612194124352_COVER~2


なんだろう。

ホテルではない、新しい風景。

歴史を未来につなぐランドマーク。

DSC_0735~2


コロナ禍でもあり、ホテルの中には入らない。

ホテル内部の吹き抜けは圧巻らしい。



〜田中仁語録〜

・地域で一番大切なのは、そこに住んでいる人たちの熱量
・運と縁で今がある。だからこそ、地域のために役立ちたい。そして、地域の人たちと活動するほうが人生が豊かになる



kou_blue97 at 14:30|PermalinkComments(0) 機併纏のこと) | 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函

2021年06月12日

高崎散策(40劼離汽ぅリング)

先々週は、利根川自転車道路をサイクリング(約35辧

先週は、桃ノ木川サイクリングロードをサイクリング(約20辧

自転車で川沿いや街中を走ると、車では気がつかないような街の雰囲気が味わえて面白い。

ということで、今週は高松市街までサイクリングにGO!



まずは大渡橋から利根川自転車道路を南下。

JR両毛線の線路を越えたあたりから、県道12号を線路に並行して走ります。

フォレストモール新前橋を通過。

高崎市飯玉町あたりで踏切を渡って、県道129号へ。

高崎市少年科学館を通過して、高崎城址公園で休憩。

ここまでで、約1時間(約15辧


<高崎城>

高崎城は、1597年に井伊直政により築城された烏川に沿いの平城。

箕輪城主であった井伊直政が、交通の要衝(中山道と三国街道の分岐点)である高松城に移り、この地を高崎と名付け、箕輪より町家や社寺を移して城下町を築いた。

DSC_0734


以降、松平家を中心とする譜代大名が城主として入れ替わり、明治維新を迎える。

明治6年(1873年)の廃城令により存城(陸軍が軍用の財産として残す)となり、歩兵第15連隊の駐屯地として利用された。

歩兵第15連隊はパラオのペリリュー島で終戦を迎えたとのこと。

DSC_0724


高崎城は、郭内だけでも5万坪を超える広大な城郭。

HORIZON_0001_BURST20210612102156604_COVER


お堀は現存しており、高崎城の面影を伝えます。

DSC_0732


高崎市役所庁舎。

公園の水飲み場も緑化。

DSC_0725


高崎公園。

市庁舎の南側に隣接する公園。

市民の憩いの場。

DSC_0728~3


烏川(からすがわ)

利根川水系の一級河川。

聖石橋から望む。



<清水寺>

征夷大将軍である坂上田村麻呂が、蝦夷征伐の兵士の健勝と武運長久を祈念し、京都東山の清水寺から勧請、開基したと伝えられる。

DSC_0730


石段の両脇には約300株のアジサイが見頃とのことだが、見つけられず。

自転車でGoogleMapでたどり着いた道にはなかった。

あと、坂道がしんどくて、限界。

アジサイを探す気力なし。

読み方は「せんすいじ」らしい。

DSC_0729~3


清水寺から望む高崎市。

さっきまでいた市役所があんなところに。



さて、暑くなる前に帰ろう。

群馬県護国神社を通り、和田橋。

和田橋からは、烏川と碓氷川の分岐が望めます。

高崎高島屋を通り、駅の東側へ。

アーセンティア迎賓館高崎を通過し、井野川沿いを北上。
(めっちゃ遠回りしてるやん。染谷川沿いを行くべきを井野川と間違えてた)

JR両毛線の線路を超えて、国道17号へ。

前橋ICを超えて、群馬大橋を超えて、無事に生還。


Screenshot_20210612-120745~2


いろいろ遠回りしたりしていたことが判明。

その結果、なんと40kmのサイクリング。

行きは時速15劼世辰燭韻鼻休憩したり、信号待ちしたり、疲れもあり、時速約10劼韮柑間。

体力、ついてきたかも。



kou_blue97 at 17:33|PermalinkComments(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2021年06月06日

大航海時代とIPA〜オンライン飲み会〜

<オンライン飲み会(リモート飲み会)>

日本をはじめとした世界各地で新型コロナウイルス感染症の流行に基づく外出自粛やテレワーク等の影響を受け、急速に普及、活発化したもの。

日本では「オンライン飲み会」の普及が話題になったが、欧米では同僚や取引先との「バーチャルコーヒー」の普及が話題となったらしい。

というわけで、久しぶりのオンライン飲み会。

群馬に来てから初。

こんなイメージ。

Screenshot_20210605-222706~4


ちょうど2時間。

遠隔地でもつながれるのは良いですね。



群馬に来てから2か月が経過。

当然ながら、リアル飲み会は一度も行われてません。



リアル飲み会がないけど、たまには自宅で群馬のお酒をいただきます。



<川場ビール>

DSC_0697


川場ビールは、群馬県川場村の田園プラザ川場で製造されているビール。

群馬県の北東部に位置し、標高2,158mの武尊山(ほたかやま)から流れ出る美味しい水を使用した麦芽100%の地ビール。


<嬬恋高原ビール>

DSC_0698


嬬恋高原ビールは、群馬県嬬恋村の浅間高原麦酒(嬬恋高原ブルワリー)で製造されているビール。

群馬県の西部に位置し、冷涼な気候と広大な高原が広がる大自然の中で製造。

群馬県産の大麦のみを使用した地ビールも。



<オクトネビール>

DSC_0699


オクトネビールは、群馬県みなかみ町のオクトワンブルーイングで製造されているビール。

群馬県の北部に位置し、冬場は豪雪地帯ともなる山間部であり、谷間を流れる利根川は「奥利根」と呼ばれる最上流域という大自然の中で製造。

奥利根だから、OCTONEなんですね。



<水芭蕉>

DSC_0700


川場村という奇跡が生み出した新しい日本酒。

華やかな香りと優しくエレガントな味わい。

水と米と作り手に感謝。



<IPA>

今回いただいた「KAWABA IPA」や「つまぶるIPA」

数年前から、IPA(インディア・ペールエール)が大好きです。

10年前にエールビールが好きになりました。

エールの特徴は、麦芽からくる甘味と香ばしさと旨味。


大航海時代、イギリスが東インド会社でインドを支配していた頃の話。

イギリスから派遣されるイギリス人は、インドでもビールが飲みたいとの要請により、イギリスからインドまでビールを船で輸送。

数か月に及ぶ長い航海と赤道直下を通る気温上昇に耐えられるビールとして、通常のビール(ペールエール)に麦芽を1.5倍、ホップを4倍にしたIPAが誕生。

そんな歴史を考えながらビールを飲むと、また美味しく感じられるかも。


※ビール(エールとラガーの違い)の説明記事はこちら
リンク

(1)エール
・上面発酵の酵母を使用し、常温で短期間に発酵させるビール。
・特徴は、麦芽からくる甘味と香ばしさ。旨味をじっくり味わいながら飲む。
・代表的なものは、イギリスのペールエール、黒ビールのスタウト(ギネス)、白ビールのヴァイツェンなど。

(2)ラガー
・下面発酵の酵母を使用し、低温で長時間かけて発酵させるビール。
・特徴は、爽快なのど越しとすきっとした口当たり。
・代表的なものは、ピルスナー、黒ビール全般、日本、アメリカ、カナダ、アジアなど世界のビールの主流。

(3)ランビック
・醸造用に培養した酵母を使わず、野生の酵母を使って自然発酵でつくられるビール。
・ベルギーのブリュッセル周辺で飲み製造可能。
・強い酸味が特徴。





kou_blue97 at 10:31|PermalinkComments(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2021年06月05日

桃ノ木川サイクリングロード(20kmのサイクリング)

先週は、利根川自転車道路20劼離汽ぅリング(全体35辧

今週は、桃ノ木川サイクリングロードを走ります。

スタート地点は、小代橋(前橋市下小出町)

DSC_0685~2


昨日は雨なので、川の流れはやや早くて濁ってます。

DSC_0686~2


川辺には花が咲いていたり。

春だけど、コスモス?

DSC_0690~2


川沿いを走ることができます。

モンシロチョウもたくさん飛んでいました。

DSC_0688~2


これは上毛電鉄の橋梁。

DSC_0691~2


こちらは、JR両毛線の橋梁。

ちょうど電車が通ったので、慌てて撮影。





帰りは、広瀬川沿いをのんびり走ります。

DSC_0693~2


梨園が広がる下大島地区(前橋市)

もともと、この地は旧利根川の河床。

「石っ河原」と呼ばれるような砂地で、農業には不利な土地。

このような土地で苦労を重ねて産地として確立された梨栽培。

今では、約20haの栽培面積のようです。

実りの秋が楽しみ!

DSC_0695


さらに広瀬川沿いを進むと、八幡山古墳。

東日本最大の前方後円墳です(全国第4位らしい)

DSC_0696


利根川の恵みである肥沃な平野を開拓し、国造りを成し遂げた者の墓だろうか。

帰り道は、約10辧

あわせて約20劼舛腓辰箸離汽ぅリング。

桃ノ木川、鉄道橋梁、梨園、古墳と、前橋市の自然と文化を堪能。








kou_blue97 at 17:22|PermalinkComments(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2021年05月31日

山菜の女王

群馬県は、標高差が1,000mあるので、本当に多種多様な食材・山の恵み・大地の恵みに触れ合えます。

今回見つけたのはこちら。

DSC_0640


山菜の女王と言われる「コシアブラ」

妻の地元、山形で一度食べた時の美味しい記憶が蘇ります。

これはもう天ぷらにするしかない。

天ぷらと言えば、マイタケ。

見つけた人が喜んで舞い上がったと言われる「舞茸」

これはもう天ぷらしかない。



というわけで、生まれて初めて、天ぷらを揚げてみます。

妻が準備してくれて、椎茸などを揚げたことはありますが、1から準備して天ぷらを作るのは初めてです。

まず、低糖質食生活中のわが家には、粉は一切ない。

小麦粉もなければ、なんの粉もない。マヨネーズもないよ。

片栗粉で揚げるとカラッとするようなので、片栗粉を買います。

小麦粉は、やめておこう。

隠し味のごま油は小さいの買います。



天ぷらのお供は「群馬麦酒 前橋ウィート」

群馬県産大麦と前橋産小麦で造られたクラフトビール。

まさに、群馬の恵みです。

DSC_0641


まずは、コシアブラ。

やっぱり美味い。

旨味と苦味と香りが堪らない。

こんなに美味しい苦味は他にないかも。

ビールも美味しいです。

DSC_0642


そして、マイタケ。

初めてにしては、天ぷらがサクッと揚がってます。

美味しい。

CENTER_0001_BURST20210529183742314_COVER


ナスも群馬県は全国有数の大産地。

DSC_0643


シュンギクも美味しいです。

あー、本当に美味しかった。

本日の夕食は、台所で終了しました。

揚げながら、食べて、飲む。

幸せ。

天ぷらは、後始末と片付け、コンロのお手入れまでが、天ぷらです。


kou_blue97 at 00:00|PermalinkComments(2) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2021年05月30日

利根川自転車道(35kmのサイクリング)

自転車で思いっきり走りたい。

ということで、利根川自転車道をサイクリングしてきました。

HORIZON_0001_BURST20210530082022925_COVER


スタート地点は、大渡橋。

大渡橋は、前橋市総社町と前橋市岩神町を結ぶ橋。

DSC_0645


いつもの構図ですが、利根川と赤城山と群馬県庁。

DSC_0652


自転車道も緑がたくさん。

DSC_0650


利根川と赤城山と青空。

DSC_0656


本日の折り返し地点は、五料橋。

五料橋は、佐波郡玉村町五料と伊勢崎市柴町を結ぶ橋。

利根川自転車道を20km走りました。

空には、グライダーのようなものが飛んでます。



同じ道を戻っても面白くないので、伊勢崎市内を通るルートで帰ります。

DSC_0657


たわわに実った麦。

そろそろ収穫期。

HORIZON_0001_BURST20210530105352470_COVER


今日は、暑い。

早朝は涼しかったけど、だんだん暑くなってきます。

熱中症には気をつけよう。

ということで、日陰でひと休み。

DSC_0659


本日はオートレースはありませんが、JRA日本ダービーがあります。

記念馬券購入。

DSC_0660


日本の風景。

赤城山と小川。

DSC_0661


上毛電鉄江木駅に到着。

五料橋から15km走りました。

HORIZON_0001_BURST20210530125753632_COVER


帰りは、サイクルトレインの上毛電鉄。

合計35kmのサイクリング。

1,000kcal以上は消費したでしょう。

自転車は、熱中症が危ないので、夏場は気をつけよう。



kou_blue97 at 16:14|PermalinkComments(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2021年05月29日

榛名湖(伊香保の沼)

早朝の散策であれば、人との接触を避けられる企画、第5弾。

本日は、榛名湖を散策。

5時半起床、6時出発、7時到着。


DSC_0624


標高は1,084m。

青い空と緑の山々と湖。

こんな自然が1時間以内にあるなんて、最高。

DSC_0625


榛名湖は、榛名山のカルデラ内に生じた河口原湖。

万葉集の時代から「伊香保の沼」として知られている。

面積は約1.2k屐⊆囲は約4.8辧

せっかくだから、1周歩いてみよう。



新型コロナ感染拡大に伴う閉鎖中のビジターセンターから、右回りでスタート。
(湖南東)

いきなり、散策道が通行不可。

やむを得ず、一般道路を歩きましょう。

DSC_0627


電灯にも「HARUNA」

DSC_0628


木々の間から見える榛名湖。

DSC_0629


第一釣り人、発見。

DSC_0630


散歩道はこんな感じ。

DSC_0632


榛名湖温泉のあたり。
(湖北東)



湖の西側まで歩くと、榛名富士がよく見えます。

DSC_0634~2


榛名富士も美しい。
(湖西)

DSC_0635~2


榛名富士=榛名山だと思っていました。

榛名山は、赤城山などと同じく一つの山体の総称。

榛名山という名前の峰は存在しません。

榛名富士は1,390m。

ちなみに、最高峰の掃部ヶ岳は1,449m。

DSC_0637~2


均整のとれた美しい姿。

HORIZON_0001_BURST20210529085941835_COVER~2


アヒルたちもカラフル。

DSC_0638


湖南の散歩道から眺める榛名富士。

山頂にはロープウェイ。



「登る榛名のキャンプ村」
(上毛かるた)

湖と緑と空気が素晴らしい。


kou_blue97 at 15:15|PermalinkComments(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2021年05月16日

あかぎの輝き(バラ園散策)

古くから米麦養蚕が盛んであり、現在は利根川を中心とした豊富な水資源や肥沃な土壌、冬場の日照や標高差等の自然と環境を生かし、多種多様な農林水産畜産業が行われている群馬県。

その中でも、特に冬場の晴天によるお日さまの光をたくさん浴びて育ったバラは、前橋市の花に指定されており、前橋市はバラの産地としても確立されています。

本日の朝散歩は、こちら。

<敷島公園門倉テクノばら園>

DSC_0573


入場無料です。ありがたや。

愛をつなぐアーチ。

DSC_0562~2


映えスポットですね。

あいにくの曇り空ですが、バラはほぼ満開に近い。

DSC_0559~2


赤、白、黄色。

様々な品種のバラが咲いています。

DSC_0560


600種類、7,000本のバラらしいです。

HORIZON_0001_BURST20210516071937762_COVER~2


元気をくれるフレッシュなビタミンカラー。

HORIZON_0001_BURST20210516072211024_COVER


黄色のバラの花言葉は「友情」「平和」「友愛」



やはり赤いバラは美しい。

DSC_0570


赤いバラの花言葉は「あなたを愛します」「愛情」「美」


ピンクのバラはメルヘンチック。

HORIZON_0001_BURST20210516072736570_COVER


ピンクのバラの花言葉は「おしとやか」「上品」「可愛い人」

DSC_0571


いろんな赤があり

いろんなピンクがある

HORIZON_0001_BURST20210516073147021_COVER


まさに、世界に一つだけの花。

DSC_0563


わたしは薔薇の精。


「あかぎの輝き」

DSC_0566


前橋市のバラの産地は、赤城山麓。

「裾野は長し赤城山」

前橋市オリジナル品種。

花卉の色が、つぼみから満開になるにつれ、黄色、オレンジ、赤へと変化していく品種。

HORIZON_0001_BURST20210516075058946_COVER


やや黄色っぽいオレンジ

DSC_0567


だんだんと赤みを増して

DSC_0568


最後は赤いバラ

CENTER_0001_BURST20210516075001546_COVER


意味は異なりますが、小野小町の歌を思い出しますね。

「花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに」



朝7時にバラ園に入り、8時過ぎまでのんびり癒されました。

素敵なバラ園です。



kou_blue97 at 16:33|PermalinkComments(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2021年05月15日

諏訪峡遊歩道

早朝の散策であれば、人との接触を避けられる企画、第3弾。

本日は、諏訪峡散歩道を散策。

5時前起床、5時半出発、7時に到着。

朝ご飯は、ちゃんと食べてから出発。

DSC_0555


最近お気に入りの食器。

益子焼。

群馬県産のみで作ったみそ汁。

・豆腐
・椎茸
・大根の葉
・人参
・玉ねぎ
・もち麦


<諏訪峡>

諏訪峡は、利根川の清流が造りだした渓谷。

この奥には水上温泉街があります。

DSC_0556~2


天気が良ければ谷川岳がきれいに見えるようです。残念。


笹笛橋。

TRIANGLE_0001_BURST20210515075115539_COVER~2


つり橋。


与謝野晶子歌碑。

HORIZON_0002_BURST20210515075331241~2


水上温泉をこよなく愛した女流歌人。


利根川沿いを歩けます。

DSC_0560~2


諏訪峡大橋。

HORIZON_0001_BURST20210515080112940_COVER~3


歴史あるブリッジバンジージャンプの場所。

HORIZON_0001_BURST20210515080820256_COVER


ちょうど1万歩。

9時を過ぎるとラフティングを始める人たちがちらほら出てきたので、退散。

結構な流れなので、ラフティング面白いかも。

今度は、天気の良い日に谷川岳を眺めたい。







kou_blue97 at 13:40|PermalinkComments(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 
Profileです。

kou_blue97

【自己紹介】
・札幌生まれ札幌育ち
・現在は群馬在住
(←東京←徳島←千葉…)
・転勤族のサラリーマン
・ミスチル世代の団塊ジュニア

【好きなモノ】
・アメフト観戦
・ミスチル鑑賞
・子供とおでかけ
・転勤で知らない土地を満喫
・現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる
・小さな幸せのかけらを積み重ねる

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • ニガウリの苦みこそ、夏の栄養の宝庫
  • ニガウリの苦みこそ、夏の栄養の宝庫
  • ニガウリの苦みこそ、夏の栄養の宝庫
  • ニガウリの苦みこそ、夏の栄養の宝庫
  • 白井屋ホテル〜地域イノベーション、前橋モデル〜
  • 白井屋ホテル〜地域イノベーション、前橋モデル〜
  • 白井屋ホテル〜地域イノベーション、前橋モデル〜
  • 白井屋ホテル〜地域イノベーション、前橋モデル〜
  • 白井屋ホテル〜地域イノベーション、前橋モデル〜
  • 白井屋ホテル〜地域イノベーション、前橋モデル〜
  • 高崎散策(40劼離汽ぅリング)
  • 高崎散策(40劼離汽ぅリング)
  • 高崎散策(40劼離汽ぅリング)
  • 高崎散策(40劼離汽ぅリング)
  • 高崎散策(40劼離汽ぅリング)
  • 高崎散策(40劼離汽ぅリング)
  • 高崎散策(40劼離汽ぅリング)
  • 高崎散策(40劼離汽ぅリング)
  • 高崎散策(40劼離汽ぅリング)
  • 大航海時代とIPA〜オンライン飲み会〜
  • 大航海時代とIPA〜オンライン飲み会〜
  • 大航海時代とIPA〜オンライン飲み会〜
  • 大航海時代とIPA〜オンライン飲み会〜
  • 大航海時代とIPA〜オンライン飲み会〜
  • 桃ノ木川サイクリングロード(20kmのサイクリング)
  • 桃ノ木川サイクリングロード(20kmのサイクリング)
  • 桃ノ木川サイクリングロード(20kmのサイクリング)
  • 桃ノ木川サイクリングロード(20kmのサイクリング)
  • 桃ノ木川サイクリングロード(20kmのサイクリング)
  • 桃ノ木川サイクリングロード(20kmのサイクリング)