2019年05月01日

奥多摩で洞窟探索

東京都内に洞窟があるではないか。

息子はドラクエ好き。

娘はダンジョン飯(漫画)が好き。

なので、いざ洞窟へ。



連休だから、たまにはどこかへ行きたくて、多摩へ。



「日原鍾乳洞」


看板が出てました。

Nippara limestone cave

Cave=洞窟

やっぱり洞窟なんだ。ダンジョンではないのか。

東京都の天然記念物とのこと。

DSC_2009


洞窟の中はひんやり涼しい。

DSC_2012


ドラクエ風に、縦1列に並ぶパーティ。

DSC_2013


狭い道があったり、階段があったり、まさに洞窟探索。

DSC_2014


なんか懐かしい。

洞窟といえば、香川県の女木島にある鬼ヶ島大洞窟を思い出します。

↓ ここをクリック
2013年9月23日の記事(鬼ヶ島大洞窟)

DSC_2015


自然が描き出す神秘と幻想の世界観。

DSC_2017


この階段を登ると、ラスボスが出てきそうな雰囲気。

DSC_2021


悠久の時が創り上げた贈り物。

DSC_2024


また1つ、素敵な思い出が増えました。




「奥多摩湖」



DSC_2034


小河内ダム。

DSC_2029


東京都の水源は、利根川水系と多摩川水系。

DSC_2035


仮面ライダーなどの特撮ヒーローモノのロケ地としてよく使われるらしい。

BlogPaint



日原鍾乳洞までの山道は細くて、大自然に満ち溢れた山道。

お遍路巡りしていた時の徳島の山道を思い出しました。

東京都にも大自然が残ってるんだね。




kou_blue97 at 22:03|PermalinkComments(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2019年03月30日

僕たち私たちの近況@東京

<葛飾柴又>

柴又駅の寅さん

DSC_1931


柴又駅から柴又帝釈天題経寺までの参道

BlogPaint



<汐留>

日本テレビタワーのからくり大時計

DSC_1957



<東京タワー>

約7年ぶりくらいの東京タワー。

DSC_1958


子供たちは夜のライトアップは初体験か。

DSC_1960




<新宿御苑>

東京のオアシスであり、桜の名所

新宿御苑

DSC_1972


桜咲く

DSC_1973


桜食う

BlogPaint




東京に住み始めて、ちょうど2年が経ちました。





kou_blue97 at 21:42|PermalinkComments(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2019年02月13日

SAPPORO SNOW FESTIVAL

祖母の1周忌と祖父の13回忌のため、札幌に帰省。

さっぽろ雪まつり会場に立ち寄ってみた。

開幕直前だった・・・。

一部、最終調整中。ご苦労様です。



とりあえず。3丁目から11丁目まで歩いてみる。



3丁目

「白い恋人PARK AIRジャンプ台」

DSC_1905


4丁目

「初音ミク&戸山香澄」

DSC_1908


5丁目東

「北海道を駆ける! サラブレッド」

DSC_1909


5丁目西

「【大氷像】 台湾−玉山と高雄駅」

DSC_1910


6丁目くらいか?

DSC_1911


7丁目

「【大雪像】 ヘルシンキ大聖堂」

DSC_1913


陸上自衛隊の皆さまの卓越した技術。

DSC_1915


9丁目 市民の広場

「【中雪像】 たいせつなこと、みんな仲間」

DSC_1919


DSC_1920


わが家のSNOW FESTIVAL

かまくらづくり

「俺と甥っ子と妹」

BlogPaint



kou_blue97 at 22:26|PermalinkComments(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2019年02月12日

時代を超えて世界の恒久平和の大切さを訴える

1915年に広島県物産陳列館として建設。

れんが造り3階建てで、正面中央部分は5階建ての階段室、その上に楕円形のドーム。

1945年に爆風と熱戦を浴びて大破し全焼。



1月某日。

夜、広島着。

かの地を訪れ、平和の尊さを想い、祈る。

DSC_1890


DSC_1888


翌朝、再度かの地を訪れ、この目に焼き付ける。

DSC_1893


DSC_1895


静けさが、語りかけてくるもの。

時代を超えて訴えてくるもの。

願い、祈り。

僕は、少しは感じることができただろうか。





kou_blue97 at 23:55|PermalinkComments(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2019年01月14日

日本橋を散策とか

年末年始は実家で過ごしたので、1月最初の3連休は家族で東京を散策。

おのぼりさんである妻も子供たちも、人ごみが多そうなところには行きたくない。

ということで、歴史や伝統も感じられそうな「日本橋」を選んでみました。



日本橋に来たので、日本橋を渡ります。

BlogPaint

↑ この文字は徳川慶喜将軍の文字らしい。

日本橋は、橋として重要文化財であるとともに、日本の道路網(国道1号である東海道や国道4号である奥州街道など)の始点となっています。
また、日本橋を中心とした地域は、日本銀行本店が立地する金融街であり、三越など老舗百貨店が立地する商業街でもあり、多くの問屋や製薬会社が連なる地域でもあります。



日本橋といえば、金融街。

「貨幣博物館」

DSC_1880


貨幣や貨幣に関する歴史的・文化的な資料をみることができます。

古代から現代まで。

和同開珎、大判小とかも。

勉強になりました。

日本銀行さんありがとう。

BlogPaint


(ここだけ写真撮影可能)



日本橋といえば、製薬会社が連なる問屋街。

「くすりミュージアム」

くすりについて楽しみながら学ぶことができます。

くすりの働きや仕組み、くすりづくりなど。

見たり、聞いたり、触れたりして楽しく学べる体験型施設です。

勉強になりました。

Daiichi Sankyoさんありがとう。

BlogPaint


(ここだけ写真撮影可能)

息子は、もう中学生なので写真を撮らせてくれません。

娘は、あと何年撮らせてくれるのかなぁ。

まあ、散策につき合ってくれるだけ良しとしないと。



そして、フラッグも始動。

DSC_1873


寒いけどみんな元気に動いてます。



僕も、年末から続いてる咳がとまり次第、走りたい。

咳、長引いてます。









kou_blue97 at 20:51|PermalinkComments(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2019年01月12日

2018年最後の幻想的な感動

徳島での数多くの印象的な思い出の1つが、大塚国際美術館のシスティーナ礼拝堂。

普段、テレビをほとんど見ないため、「米津玄師」の存在も「Lemon」という曲さえも知らなかった僕は、画面に映りだされた長い階段にロウソクが灯る映像を見て、「あ、大塚国際美術館だ。」とただ思い、歌手が歌う後ろの天井と壁画を見ても、「システィーナ礼拝堂、懐かしいなぁ。」としか、思わなかった。

「Lemon」という曲。メロディくらいは耳にしたことがあるかもしれないくらいなので、ほぼ初めて聴くに近い歌。当然、歌詞もしっかり入ってくるわけもない。ダンスが表現しようとする意味もよくわからない。

それでも、米津玄師と歌声とダンサーとシスティーナとロウソクの光が生み出すパフォーマンスと世界観は、幻想的であり芸術的であり、圧巻。鮮烈な印象。

2018年を締めくくるに相応しい感動。

ありがとうございました。



#その後のMISIAの歌唱力も圧巻かつ感動

#感動で心を豊かにする歌の力強さは素晴らしい

#録画で何度も何度もリピートして家族に呆れられる

#娘と2人でカウントダウンに合わせてジャンプして新年を空中で迎えられました



2016年10月に家族で行った大塚国際美術館のblogの記事はこちら。
大塚国際美術館 ←ここをクリック

その時のシスティーナ礼拝堂の写メ。

6280a834[1]















kou_blue97 at 21:21|PermalinkComments(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2019年01月05日

2019年がスタート

たくさんの人に支えられ、助けられた2018年。

そして、新たな時代が始まる2019年。

今年もよろしくお願いします。



お正月と言えば、餅。

焼いてます。

DSC_1861

餅・・・もち米を加工して作る食品。正月などのハレの日の行事には欠かせない縁起物の食材。


スキー。

海が見えます、石狩湾。

BlogPaint

石狩湾・・・小樽市や石狩市などが面する日本海につづく湾。札幌圏の海上物流拠点。サケ、カレイ、イカ、ホッケ、シャコ、エビ、ソイなどが生息。


孫と一緒にスキーを楽しむ父親。

古希ながら元気に滑ってる。

BlogPaint

古希・・・原文の標記は古稀。70歳のこと。唐の詩人である杜甫の詩が由来。



朝里川温泉スキー場。

小樽市の標高680mの小さな山。

DSC_1784


ポーズだけは一人前の娘。

DSC_1793




ルスツリゾートスキー場。

留寿都村の標高994mの山。

2015年に「雪の新体験が満喫できるリゾート」ランキングで全国1位。

DSC_1815


朝一番なので、ここに映っている全員が、親族。

贅沢なくらいふかふかのパウダースノー。

ふかふかすぎて、転んでも痛くない息子。

DSC_1807

パウダースノー・・・さらさらの粉雪。気温が低い時に降る。スキーに好適。

DSC_1821


ルスツは、欧米人が多くて、コロナビールがめっちゃ売れてた。


息子は、3泊4日のスキー移動教室があるので、猛練習。



北海道と言えば、ジンギスカン鍋でジンギスカン。

DSC_1772

ジンギスカン・・・マトン(成羊肉)やラム(仔羊肉)などの羊肉料理。モンゴル帝国を率いたチンギス・カンが遠征の陣中で兵士と食べた羊肉料理(羊肉串)という説や、源義経が北海道を経由してモンゴルに渡ってジンギスカンになってという説に由来する等、俗説がある。


札幌ラーメン。

札幌の味噌ラーメン。

DSC_1768



年末年始の充電完了。

エネルギー補給も完了。

今年もよろしくお願いします。


kou_blue97 at 12:57|PermalinkComments(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2018年12月26日

2018年もあとちょっと

12月もあっという間に過ぎ去ります。

今年もあとちょっと。

やり残したことのないように。

そして思い出を忘れないように。



人生2度目の名古屋。

名古屋の「どて」。

DSC_1745


八丁味噌のコク、香り、甘辛さ。

名古屋の味です。



沖縄料理屋のグルクン。

DSC_1744



12月は、恒例のアメフト@東京ドーム。

DSC_1755


ハーフタイムショーは

DA PUMP with Xリーグチアリーダーオールスターズ

ドームがカモンベイビーで盛り上がる〜

DSC_1761




年内最後の練習は、思い出の千葉は習志野。

1544865110921


そして練習試合。

1544865129579


5年生チームお疲れさま会。

BlogPaint


チーム全体の納会&クリスマス会。

BlogPaint



さて、今年もあとちょっと頑張りましょう。






kou_blue97 at 21:51|PermalinkComments(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2018年11月26日

肉離れ

6年生チームが、最後の大会で勝ち進んでいたので、練習相手になってやろうと意気揚々とフィールドに立ったら、1プレー目で肉離れしました。

ふくらはぎ。

ブチっとな。

DSC_1734


全治2週間です。

ちーん。



kou_blue97 at 22:29|PermalinkComments(0)

2018年11月25日

盛岡じゃじゃ麺とちーたんたん

たぶん、小学生の時に家族旅行で盛岡に行った以来。

30年ぶりの盛岡。



盛岡と言えば、盛岡三大麺。

「わんこそば」

「冷麺」

「じゃじゃ麺」


今回いただいたのは、こちら。

香醤(こうじゃん)のじゃじゃ麺

DSC_1728


じゃじゃ麺の美味しい食べ方

1.お好みにより、ラー油、酢、ニンニクなどを加える。

2.ショウガを加えてじゃじゃ味噌と麺を絡めるように混ぜる。

以上。


これで、終わりません。

じゃじゃ麺を食べた後は、ちーたんたん。


ちーたんたんの美味しい食べ方

1.じゃじゃ麺を食べ終わったお皿に、生卵を割り入れて、よく混ぜる。

2.店員さんを呼び、汁を入れてもらう。

3.じゃじゃ味噌を入れて、お好みで塩、こしょう、酢、ラー油などを入れる。

以上。

DSC_1730


ちーたんたんって、鶏蛋湯って書くらしい。

ごちそうさまでした。




kou_blue97 at 22:25|PermalinkComments(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 
Profileです。

kou_blue97

〇札幌生まれ札幌育ち。現在は東京在住(←徳島←千葉…)。転勤族のサラリーマン。ミスチル世代の団塊ジュニア。
〇好きなモノ
 アメフト観戦、ミスチル鑑賞、blog執筆、子供とおでかけ、HKT宮脇咲良を応援、転勤で知らない土地を満喫、現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる、小さな幸せのかけらを積み重ねる。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 奥多摩で洞窟探索
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • 僕たち私たちの近況@東京
  • SAPPORO SNOW FESTIVAL
  • SAPPORO SNOW FESTIVAL
  • SAPPORO SNOW FESTIVAL
  • SAPPORO SNOW FESTIVAL
  • SAPPORO SNOW FESTIVAL
  • SAPPORO SNOW FESTIVAL
  • SAPPORO SNOW FESTIVAL
  • SAPPORO SNOW FESTIVAL
  • SAPPORO SNOW FESTIVAL
  • SAPPORO SNOW FESTIVAL