2021年10月22日

小説は面白い。人生を学び、共感して、豊かになる。

群馬県はクルマ社会。

たしかに、車は便利です。

でも、電車とバスがあれば、だいたいの所はどこにも行けます。

特に、電車にはメリットも大きく、風情もあります。

・移動時間を有効に使える
 (本を読めるし、睡眠もとれる)
・お酒も飲める
・疲れないし、安全

電車に乗る機会があったので、本を買おうと思いました。

普段はkindleですが、スマホバッテリーの関係もあり、たまには本も。

さて、本を読むとなると「ビジネス書」にするか「小説」にするか悩みます。

僕は「小説」が好きです。

例えば、有名な『学び効率が最大化するインプット大全』という本では、小説を読む7つのメリットが記載されています。

(1)本が好きになる
(2)頭がよくなる、脳が活性化する
(3)共感力がつく
(4)創造性が増す
(5)ストレス解消効果
(6)他人の人生を疑似体験できる
(7)楽しい、人生が豊かになる

なるほど。

「共感力」や「創造性」が増すのであれば、小説も捨てたものではない。

そして、何より楽しいのが一番。

今回読んだ本は、こちら。


<メガバンク最終決戦>

1_


<メガバンク絶体絶命>

2_


<メガバンク最後通牒>

3_


いずれも、波多野聖(はたのしょう)氏の作品。

やっぱり経済小説は面白い。

小説の醍醐味である「共感」を味わえるからなのかな。

感情移入して、いろいろ考えさせられますね。


<メガバングシリーズを読んで考えたこと>

ー分の中の「当たり前」を時代遅れにしなければ、いつの間にか自分が時代遅れになってしまうという感覚

たしかに、ほんとそう。

トム・ピーターズの名言ですね。

「自分で自分を時代遅れにしなければ、誰かにそうされるだけだ。」

奥が深い。

仕事でも、思いますよ。

若い人たちのスキルやマインドの高さ。

これは伸ばしていかなけばならない。

若者たちが、楽しく、モチベーション高く活躍することが大切。

まだ40代前半だけど、それは強く思います。

たぶん、この小説の主人公も40代半ばだと思う。

そして、自分が時代遅れになる日が来るのであれば、自分で一番最初に気付きたい。

せめてもの、小さなプライド。


大切にしなければならないプライド(誇り)と捨てなければならない歪んだプライド(誇り)

今からちょうど20年くらい前。

僕は、全国規模の企業に就職するか、地元企業に就職するか悩んでいた。

それぞれ、メリットもあればデメリットもある。

前者のメリットは、スケールの大きい仕事ができる。

デメリットは、努力しても大多数の1人として埋もれてしまう可能性が高い。

後者のメリットは、努力すれば経営層に近づける可能性がある。

デメリットは、地域や規模など、仕事のスケールが比較的小さい。

採用活動が進んでいく中で、地元企業の人事部長と飲みに行く機会があった。

その会社は、地元に根付いた卸売業。

狭い業界で特定されたら嫌なので、全然違うけど水産卸(仮)としよう。

いろいろな話題で盛り上がった後「何か質問ある?」と聞かれた自分は臆せずに聞いた。

「人事部長の将来の夢は何ですか?」

おそらく、40代くらいだったと思う。

「自分は、経理畑と人事畑を歩んできた。本当は、魚をやりたい。部長のポストを捨ててでも、メインの魚部門に行きたいとずっと社長に言っている。せっかく魚屋に入ったのだから、魚を知らないで人生を終えたくない。」

まだ大学生だった自分には、この気持ちを正確に理解できていなかったと思う。

でも、今なら、その気持ちは理解できるような気がする。

そんなことを20年ぶりに思い出した。


そんな43歳。

せっかくなので、今まで自分がどんな仕事観を持っていたのか、このblogで振り返ってみます。

<27歳>

・中小企業の社長様といろいろお話が出来てまた1つ世界が広がった。僕が金融マンの道を選んだ理由、それは経営者の方々と接する(生きた経済と接する)機会が多いから。普通、僕みたいな若輩者が中小企業といえど社長と会い経営マインドを語ってくれる機会なんて訪れない。立場上それが出来る。なんて幸せなんだろう。なんて勉強になるんだろう。やはり僕にとって、経営者(特に製造業)は憧れ。羨ましい。さらに製造業、モノを造るのって男のロマンじゃないですか。でも金融マンも苦労はある。お金を扱うので精神的にキツイ。融資が間に合わなかったらどうしようって夢に出てくる。自分は、経営者の熱い思いに応えられるようなスキル・知識・情報はあるのだろうか?これからちゃんと身について行くのか?永遠の課題だけど、一歩一歩進んでいくしかない。

・貸付けの仕事の醍醐味は、夢の実現を支援出来ること。金融機関に提出される事業計画には、皆様方の夢や希望が詰まっている。それは社長の夢だったり、そこで働く人の夢だったり、株主や出資者の夢だったりする。大きな事業の場合には、地域の夢・商品を購入する人の夢・サービスを受ける人の夢・子供達の夢でもあるかもしれない。ただし、事業が失敗すると多くの人々が不幸になる。夢を追い求めるあまり、周りの人々を巻き込み、多大な迷惑をかけてしまった人も少なくない。そして、それは金融機関の責任でもある。夢を支援出来る喜びと、そこに発生する大きな責任を忘れずに、日々取組んでいきたい。たしかにリスクも大きいし、成功と失敗は紙一重かもしれない。それでも夢を持つことは大切。次世代を担う子供達には、夢や希望を持ち続けられるような社会にしていかなければならないと実感。僕達には何が出来るのだろうか?


<28歳>

・僕が大学生の頃は、お金のためなんかではなくただチームが勝つために、一年間また一年間とひたすら仲間とともに頑張りました。そこには、プライドや誇りや仲間意識やいろいろなものが僕のやる気となり、辛くとも忙しくとも乗り越えてまた頑張り続けることが出来ました。そこには、闘争だけではなく協調とまさに犠牲の精神に満ちあふれていました。社会って何だろう。会社って何だろう。お金だったり、保身だったり、出世だったり、事なかれ主義だったり。もう何のために働いてるのか
わからない人たちがたくさんいます。内部の線引きとか、くだらない言い訳づくりとか、生産性のない作業とか、くだらない自己満足とかどうでもいいようなこだわりとか、そんなことに時間かけてる場合じゃない。もっとやるべきこと、お客さん対応に時間と力を費やしたい。

<31歳>

・最近、サラリーマンには限界があるなと感じている。サラリーマンなら誰もが一度は考える。僕も初めてそんなことに気付いたわけではない。ただ、仕事柄いろんなタイプの経営者の方にお会いしたり、いろんな方のblogを読んだり、良い意味で多くの刺激を受けることが出来て、ふと再認識した。サラリーマンには限界があるな、と。別に今の仕事や今の職場環境に不満があるわけではない。もちろんやりがいもあれば、自分にしか出来ないなと自負出来る仕事もある。でも、自分で完結する仕事って少ない。自分では何も決められやしない。逆に、経営者の立場では経験出来ないような大きな仕事が出来たり、大きな金額を動かせたりはしている。それは会社の看板があるから。逆に言えば、自分の権限では鉛筆1本買えやしない。そう考えると、なんか寂しい。まだ大学時代にアメフト部でディフェンスキャプテンやってた時の方が自分に権限があったし、自分で決められることが多かった。ただ、責任は全部自分が背負ってた。経営者の方々って、自分の裁量で何でも決められて、何でも出来て、自由。それは、ありふれた誤解。何でも決められて自由なんだけど、何でも決めなければならないし、全て責任を取らなければならない。サラリーマンが背負う会社の看板なんか比べものにならないくらい重いだろう。自分で経営者を選んだ人、必然的に経営者になった人、自分の意思とは関係なく、経営者になった人。いろんな経営者がいる。いろんなサラリーマンもいる。よく、会社の看板だけで付き合ってもらうんじゃなく、自分を評価して付き合ってもらえて一人前。まだまだ道のりは遠い。サラリーマンには限界があると認識した上で、いろいろやったろうじゃんか。サラリーマンだって、出来ることはいっぱいあるから。

<36歳>

・「あの人、本気で頑張っていて、かっこいい」サラリーマンの世界でも、昔はそう思える人がもっとたくさんいたんだと思う。想像だけど。経済も成長していたし、会社も大きくなっていたし。会社にも個人にも、頑張れば頑張れるだけの時間とお金も余裕があったし。たぶん、それが美徳だった。僕が社会人になった時も、まだその名残は少し残っていた。だんだん、社会も会社も環境が厳しくなり、今はコスト意識と効率性がより重視されてきている。全体的に、余裕がなくなってきている。その影響か、「あの人、本気で頑張っていて、かっこいい」と思える人も、少なくなってしまっているのではないかと思う。想像だけど。「かっこいい」という定義も、変わったんだろう。夜遅くまでバリバリ働く仕事人間も、「かっこいい」と思われなくなってきているのかも。家庭を犠牲にする時代じゃないし、仕事だけ本気な男はたしかにかっこ良くないかもしれないけど、本気になれるものが1つもない男なんかよりは、仕事だけでも本気になれる方がかっこいいと思う。今後社会を担う20代の若者達に、生き方や働きぶりが「かっこいい」と思われるよう、僕達30代や40代が頑張っていかないといけないんだろうな。本気で。

・僕の心にささった言葉。「将来、若い人たちが同じ喜びを味わうためには、今の僕らが未来を守らなければならない。今を頑張れないなら、いなくていい。」そうですね。そんな気持ち、忘れてました。振り返ってみると、僕も、今の会社に入ってから、楽しかったり、やりがいだったり、満足感や充実感を味わえたのは、その地域に受け入れられていたからであって、それは今までの先輩達が築いてきてくれたもの。だから、将来この地域で働く若い人たちが同じものを味わうためには、今の僕らがこの地で頑張り、未来を守らなければならないんだ。今を頑張れないなら、いなくていい。心に響く言葉です。残してくれたものに感謝し、それ以上のものを残していこう。そうやって、未来につながっていけばいい。この気持ちを忘れちゃいけない。思い出させてくれて、ありがとう。



若いころの自分もなかなか捨てたもんじゃなかった。

自分を育て、支えてくれた方々がいたから。

今、頑張れている自分がいる。

感謝しかない。

自分も、若い人たちを育て、支えて行かなければと、改めて思った。

そんなきっかけにもなる小説。

小説は、やはり面白い。






kou_blue97 at 21:43|PermalinkComments(0) 機併纏のこと) | 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函

2021年10月10日

夏から秋に〜群馬の緑のある風景〜

<嬬恋村のキャベツ畑>

DSC_1175


これが噂の嬬恋キャベツ。

後ろに見えるは浅間山。

DSC_1174


圧巻の眺めですね。



<昭和村のこんにゃく畑>

HORIZON_0001_BURST20211008103629637_COVER


何の畑だろうって一瞬思いました。

こんにゃくの畑は群馬県ならでは。

HORIZON_0001_BURST20211008103727288_COVER


まさしく、リアル蒟蒻畑。



<通勤ルートのミカンの木>

HORIZON_0001_BURST20210825073552243_COVER


夏くらいから、通勤中に気になる果実。

木になる実。

HORIZON_0001_BURST20210909073935088_COVER


少しずつ、色づきはじめる。

DSC_1237


日常の一部だけど、季節を感じられる。

お気に入りの通勤路。



<敷島公園のバラ園>

DSC_1223~2


8月は一輪のバラも咲いておらず。

HORIZON_0001_BURST20211002065026081_COVER~2


秋に向けて、エネルギーを蓄えていたんだね。

HORIZON_0002_BURST20211002065233536~2


また少しずつ咲きはじめました。

DSC_1222~2


色とりどりのバラたち。

DSC_1220~3


秋の満開まで、あと少し。



<芝のフィールド>

DSC_1236~3


緊急事態宣言も解除されたので、芝生で体を動かします。

DSC_1235


青空と 緑の芝生に 楕円形



10月だけど、まだまだ暖かい日々。

そんな中にも、本格的な秋は一歩ずつ感じられますね。

群馬は秋も美しい。


kou_blue97 at 08:28|PermalinkComments(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2021年09月26日

秋のはじまり〜未来を照らすakari〜

群馬県邑楽郡明和町。

群馬県の南東部、つる舞う形の首のあたりに位置。

明和(めいわ)…

日向小次郎や若島津健を思い出します。
(キャプテン翼の明和FCは埼玉県だけど)

そんな明和町に、特産である梨の直売所「なしの駅」がこの夏オープン。

DSC_1213~2


明和町の豊かな土壌と梨人の技術と愛情が詰まった梨です。

この時期のおススメは「新高(にいたか)」

DSC_1214~2


大きい!

甘味があって肉質はやわらかく多汁。

美味しいです!

そして、新たなブランド梨「akari」

「明」和の「あか」と「梨」の「り」という読みから「akari」

梨の産地としての未来を照らす「灯り」になるようにとの意味が込められています。

ぜひ、次は食べてみたい!



そして、北海道から送られてきた「キタアカリ」

毎年いただく、北の大地の恵み。

北の大地に希望の「明かり」をという意味が込められています。

単身赴任、男の肉じゃが。

DSC_1212~2


甘くてホクホクのキタアカリ。

荷崩れしやすいけど、まずは肉じゃが。

俺も、肉じゃがを作れるくらいの男になっちまったぜ。

DSC_1211~2


安定の豚汁。

豚汁は、一般的には「とんじる」

北海道や九州では「ぶたじる」

そういえば、子供のころはぶたじるって言ってたなぁ。



ズボンのボタンが取れました。

DSC_1207


ボタンを縫うのなんて何十年ぶりだろう。

DSC_1208~2


俺も、ボタンを付けれるくらいの男になっちまったぜ。



肉じゃがも作れるし

ボタンも付けれる

家事力アップ

単身赴任の未来を照らす「灯り」

そして、単身赴任の希望の「明かり」





kou_blue97 at 19:24|PermalinkComments(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2021年09月25日

Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)

コーヒー界のAppleと呼ばれるブルーボトルコーヒーが前橋に!

DSC_1215


2020年12月、創業300年の歴史が新たなアート・食文化・歴史の発信源として蘇った「白井屋ホテル」

この敷地内に「ブルーボトルコーヒー白井屋カフェ」がオープン。

HORIZON_0001_BURST20210925192922187_COVER


爽やかさを基調とするブルーボトルカフェのイメージに

カフェの床には前橋の歴史的建造物に使用された「赤レンガ」や壁には「赤城山」のアートも。

HORIZON_0001_BURST20210926174842306_COVER


ブルーボトルコーヒーのコンセプトは「個人の香りがするコーヒーチェーン」

スターバックスは深煎りコーヒーで苦みが特徴

ブルーボトルコーヒーは浅煎りコーヒーで酸味が特徴

とも言われています。

DSC_1217~2


ドリップコーヒー(ブレンド)

たしかに、酸味があって美味しい。

お店の通常のブレンドコーヒーでここまで酸味がはっきりしているのは珍しいかも。

昨年と一昨年、出勤前の朝活の場だったスターバックスも良さがあり、ブルーボトルコーヒーも良さがありますね。



この間、息子が保健体育の授業でコーヒーを調べてレポートを書くというので、コーヒー豆を一緒に買いに行き、飲み比べてみました。

20210926_192907~2


ブラックコーヒーを味わう高校生。

大人の階段、1歩ずつ。


kou_blue97 at 22:20|PermalinkComments(0)

2021年09月20日

前橋から利根川沿いに北回り(サイクリング19辧

新型コロナ緊急事態宣言中の群馬県。

というわけで、まだまだおひとりさま活動。

秋晴れと呼ぶにはまだ早いけど、透き通るような青空。

洗濯日和なので、洗濯の合間にちょっとおでかけ。

素敵な街の景色を探しに、自転車でGO!!



<群馬大学>

まずは群馬大学荒牧キャンパス。

DSC_1185


4つの学部、3つのキャンパスからなる国立総合大学。

アメフト部は「TROOPERS」

TROOPERとは騎兵かな?

群馬だけに、馬に乗った兵士、騎士という感じか。



<群馬県関根発電所>

発電所の手前(上流)側。

とっても穏やかな川ですね。

DSC_1187~2


広瀬川が発電所の手前で分岐し、発電所を過ぎてまた合流。

合流地点は荒々しさを見せてくれます。

圧巻の水しぶき。


DSC_1186~2




<田口の畑>

国道17号線、前橋渋川バイパスを越えると広がる畑。

利根川と広瀬川に挟まれる田口町あたり。

HORIZON_0001_BURST20210920090522508_COVER


収穫間近の里いもかな?

遠くに望むは榛名山。

DSC_1188


こちらは柿が実ってます。

見えないけど、奥には赤城山を望みます。



<坂東橋>

1959年に架けられた坂東橋。

坂東橋から眺める下流(南)側

DSC_1189


ふもとから望む坂東橋と赤城山。

DSC_1190




<利根川自転車道>

坂東橋を渡ったので、利根川自転車道を南下。

これは、渋川家畜市場かな?

HORIZON_0001_BURST20210920094254231_COVER


道の駅よしおか温泉。

DSC_1191


利根川河川敷にはゴルフ場。

HORIZON_0001_BURST20210920095847043_COVER


馬もいますよ。

DSC_1193


こういう川も好き。

HORIZON_0001_BURST20210920101100297_COVER


というわけで、なんだかんだ2時間のサイクリングになりました。

Screenshot_20210920-110901~2


移動距離11.68マイル。

約18.7圓領后

Screenshot_20210920-110838~2


こうやって自動でルートを記録してくれるのはありがたい。

Screenshot_20210920-111259~2


川の上流に向かうということは、やはり標高差は結構あったんだ。



<最近の自炊>

一応、自炊してます。

DSC_1160~2


たまには鶏肉も食べよう。

群馬県は、ゴーヤの産地。

DSC_1159~2


群馬の豆腐。

しょうがのたまり漬けを乗せます。

地元で有名な漬物、沢田の味。



利根川沿いは公園も運動場もたくさんあります。

野球、サッカー、テニス、ゴルフはたくさんいました。

ラグビーも3人ほど。

アメフトは…1人もいません。

群馬県でアメフトをやりたいと思った方は、こちらへ
リンク

群馬スタリオンズ
(Gunma Stallions)





kou_blue97 at 13:13|PermalinkComments(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2021年09月04日

おうちで過ごそう「鉄スキレット」

DSC_1117


緊急事態宣言。

そして、単身赴任生活。

いかにして、おうちで楽しく過ごせるか。

これはなかなか難しいミッションです。



〜イメージ〜

の「ドラえも〜ん(大泣き)」

ド「どうしたんだい、のび太くん」

の「単身赴任の一人暮らしで、緊急事態宣言…。毎日仕事も一生懸命頑張っているのに、これじゃあ休みの日もどこにも行けなくて、リフレッシュできないよ。なんか出してよ〜。」

ド「しょうがないな〜。テレレレッテレ〜『鉄スキレット』!」

の「なにこれ?」

ド「これはね、鉄スキレットといって、鍋部分からハンドルまで鋳物で作られたフライパンのことだよ。高温で溶かした鉄を型に流し込み、冷やし固めて作ったものなんだ。板の厚みがあり蓄熱性が高く、食材にじっくり火を伝える調理ができ、さらにそのまま食卓に出せばアツアツの料理が楽しめるんだ」

〜イメージ終わり〜

DSC_1119


というわけで、購入しました鉄スキレット。

DSC_1088~2


まずは、シーズニング(油ならし)。

‥乾好レットを煙が出るまで空焚き
⊇淑熱くなったら油を入れてさらに熱する
I縮盟澗里砲泙鵑戮鵑覆油をなじませる
ぬ邵擇ずを炒めてさらに油をなじませる

これで、表面に油膜をつくり、焦げ付きを防いでくれます。

さらに、酸化皮膜が作られるので、錆びにくくなります。

DSC_1096~2


肉を焼きます。

やっぱり、鉄スキレットといえば、牛肉。

DSC_1112


魚も煮込めます。

DSC_1114


スズキのアヒージョ風にしてみました。

DSC_1117~2


梨、大好きなんですけど、皮をむくのが面倒くさい。

そう思っていたら、「スティックカット」が流行っているとの情報。

さっそくやってみました。

たしかに、切りやすいし食べやすい。最高。



緊急事態宣言中だけど、ピンチをチャンスに。

楽しく、リフレッシュしながら、お家で過ごしましょう。







kou_blue97 at 10:35|PermalinkComments(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2021年08月29日

新型コロナワクチン接種

新型コロナワクチンの接種が無事終わりました。

職域接種です。

職域接種とは、地域の負担を軽減し、接種の加速化を図るため、職域単位で接種するものです。

新型コロナワクチンは、新型コロナウイルス感染症の発症を予防する高い効果があり、また、重症化を予防する効果が期待されていると言われています。

職域接種の武田/モデルナ社のワクチンでは、約94%の発症予防効果が確認されているようです。


<1回目>

7月29日(木)

・10時頃、接種。
・接種当日は普通に仕事。
・夕方、接種した左腕が少し痛い。


7月30日(金)

・6時起床。平熱。
・接種翌日も普通に仕事。
・特段異常なし。


<2回目>

8月26日(木)

・10時頃、接種。
・接種当日は普通に仕事。
・夕方、接種した左腕が痛い。
・夜、体調が少しずつ悪化。


8月27日(金)

・大事をとって会社は事前に休み。
・7時起床。微熱。
・10時ころ(24時間経過)38.4℃。
・カロナール1回目。
・38.6℃をピークに安定。
・夜、カロナール2回目。
・食欲はあり、バナナ、ヨーグルト、茶わん蒸し、サラダチキンなど。

8月28日(土)

・朝7時起床。平熱。
・治ったかなと思ったけど、昼頃に微熱。
・午後も微熱が続き、カロナール3回目。
・夕方まで、寝て過ごす。
・非常食と病人食に飽きてきたので、ご飯を作る。

DSC_1102



8月29日(日)

・朝7時起床。平熱。
・完治。
・久しぶりの豚汁。

CENTER_0001_BURST20210829083855527_COVER



無事、ワクチン接種完了。

新型コロナに対する免疫がつき、免疫が強くなりますように。



kou_blue97 at 14:47|PermalinkComments(2) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2021年08月28日

2021年夏〜緊急事態宣言〜

群馬県も2021年8月20日(金)から9月12日(日)まで緊急事態措置。

群馬県は2回目の緊急事態宣言です。

自分にとっては3回目の緊急事態宣言になります。


<自分1回目>
・2020年4月7日から5月25日/東京

# おうちで過ごそう
# 息子も娘も入学式が延期
# 人生ゲーム令和版
# 家族散歩
# テレワーク


<自分2回目>
・2021年1月8日から3月21日/東京

# カタツムリ
# ヒダリマキマイマイ
# スコッチウイスキー
# シングルモルト
# 桃太郎電鉄


<自分3回目>
・2021年8月20日から9月12日/群馬

単身赴任生活で緊急事態宣言が発令されるとなかなかしんどい。

散歩をして、掃除をして、料理をして、本を読む。

それくらいしか出来ない。

久しぶりに人生No.1の小説を手に取ってみる。

20210829_135911


クリフトン年代記/ジェフリー・アーチャー

全7部(上下で14冊)

20210829_135918


とりあえず、緊急事態宣言が解除されるまで、おうちで過ごそう。

そして、緊急事態宣言が解除されたら、無理なくルールを守って活動しよう。

みんなで、頑張ろう。

2021年、夏。







kou_blue97 at 22:18|PermalinkComments(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2021年08月16日

いつの間にかblog開設15年と6か月が経過(ただの日記と思い出だけど)

東京オリンピック(2020)も無事に終わりました。

オリンピックといえば…

このblog「かけだし金融マンのblog」の開設も、オリンピックの時期でした。

それは、トリノオリンピック(2006年)

イタリアのトリノがイナバウアーで沸いていた頃。

blogの開設日は2006年2月12日。

本日で、blog開設5664日目(15年と6か月ちょっと)

この記事は1845番目の記事。

なかなかの歴史と伝統ですね。
(ただの日記と思い出です)

たまに、昔のblogを振り返ってみると、いろんな思い出が蘇ります。

あんなことしたなぁ、こんなところいったなぁ、とか。

あんなこといいな、できたらいいな、とか。

というわけで、自分の生きた証として、こいつらの画像も残しておきます。

ここ数か月、記事にならなかった画像たち。

いつか大切な思い出となるはず。



<1.景色・風景・場所>

<前橋城跡>

HORIZON_0002_BURST20210620161733169


前橋城。

厩橋城(まやばしじょう)とも呼ばれた関東七名城の一つ。

HORIZON_0001_BURST20210620161828293_COVER~2


利根川と広瀬川を外堀とする平城。



<金島の浅間石>

DSC_0773


吾妻川右岸の田園地帯にある安山岩の岩塊。

天明3年の浅間山の噴火による泥流で運ばれた流石。

DSC_0772


大きさは東西15m、南北9.5m、高さ4m


<黒井峯遺跡>

DSC_0774


群馬県渋川市。

榛名山の爆発で噴出した大量の軽石により短時間に埋没した集落跡。

古墳時代後期の遺跡。



<茂林寺>

DSC_0962


分福茶釜のゆかりの寺として知られる茂林寺。

DSC_0961


信楽焼の狸がお出迎え。



<2.食べ物・お酒>

DSC_0959


鳥料理

群馬のグルメ「登利平」

DSC_0967~2


焼肉

群馬のグルメ「朝鮮飯店」

DSC_0963


焼きそば

群馬のグルメ「太田焼きそば」

DSC_0960~2


休みの日の朝ごはん
モーニング

DSC_0969~2


休みの日の朝ごはん
モーニング


DSC_0863


普段の日の朝ごはん
安定の豚汁(群馬県産の食材のみ)

DSC_0810


普通の日の昼ごはん
豚汁を会社に持っていく

DSC_0808


仕事が上手くいった日の夜ごはん
上州牛を焼きます

DSC_0886


糖質制限にはウイスキー
スコッチ
シングルモルト

東京を去る時にいただいたラフロイグ
アイラ島のピートの香り
僕のやる気に火をつけてくれる大切なもの





kou_blue97 at 21:43|PermalinkComments(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 

2021年08月11日

クラフトコーラ 〜自由研究〜

話題沸騰中の「クラフトコーラ」を作ってみよう!


ということで、材料を用意します。

DSC_1030


【1 材料】

<クローブ 40粒>
・フトモモ科の植物。
・原産地はインドネシアのモルッカ諸島。
・甘く濃厚な香りと刺激的な風味のあるスパイスです。
・大航海時代、史上初となる世界周遊を達成に貢献したフェルディナンド・マゼランが求めた憧れのスパイス。
・マゼラン亡き後、ビクトリア号が無事にスペインに持ち帰りました。


<カルダモン 20粒>
・ショウガ科の植物。
・原産地はインド。
・甘くエキゾチックでさわやかな強い香りを持つ、魅惑的な「香りの王様」や「スパイスの女王」と呼ばれるスパイス。
・古代エジプトでは「聖なる香煙」として神殿での祈祷の際にお香として使用されたもの。
・カレー粉の主原料の1つであり、アラブ諸国ではコーヒーに香りづけされたりします。


<シナモンスティック 3本>
・クスノキ科の複数の樹木の内樹皮から得られる香辛料。
・セイロンシナモンの原産地はスリランカや南インド。
・ほのかな甘みを感じさせる独特の香りとわずかに残る辛みを持つスパイス。
・世界最古のスパイスと言われ、紀元前4000年頃からミイラの防腐剤として使用されていた。


<レモン 1個>
・ミカン科の植物。
・原産地はヒマラヤ東部。
・さわやかな香りと酸味を楽しむ香酸柑橘の代表格であり、ビタミンC含有量は柑橘系トップクラス。
・風邪予防や美肌づくりに最適。
・レモン〇個分のビタミンCとは20咾板蠅瓩蕕譴討い襦
・苦いレモンの匂いは、悲しみや苦しみさえすべてを愛したあなたと共に胸に残り離れない。


<ライム果汁 40ml>
・ミカン科の植物。
・原産地はインド北東部やミャンマーなど熱帯地域。
・大航海時代には、壊血病の対策にライムを摂取していた。イギリス海軍は壊血病予防としてライムジュースを飲んでいた。アメリカ人は、スラング(品のない俗語)でイギリス人のことを「ライム野郎」と呼ぶこともある。


<黒糖 200g>
・サトウキビの搾りかすを煮詰めて作られた黒褐色の砂糖。
・一般的な白砂糖と比べるとミネラル(カルシウム、リン、鉄、ナトリウム、カルシウム等)やビタミンBの含有量が多い。


<水 400ml>
・化学式H2Oで表される水素と酸素の化合物。
・人類にとって最もありふれた液体。人が生命を維持するのに必要な不可欠な物質。
・古代ギリシャでは四大元素の1つ、古代インドでは五大元素の1つ、中国でも五行説の基本要素の1つとみなされていた。
・常温常圧では液体、透明であり、無味無臭。
・地球の水の総量は約14億㎦と言われ、その97%が海水として存在。宇宙全体で見ると液体の状態で存在している量は少ない。



【2 作り方】

DSC_1036~2


・シナモンスティックを折る
・カルダモンの種を取り出す
・レモンを輪切りにする
・愛娘の包丁さばきを見て手を切らないか冷や冷やする

DSC_1041


・ライム果汁以外の材料をすべて入れる。

DSC_1042


・沸騰したら弱めの中火で約10分煮る。

DSC_1043


・火を止め粗熱がとれたらライム汁を加える。
・しばらく寝かせる。
・なお、仕事が煮詰まったときも、一晩寝かせておくと脳内で整理され、冷静になれる。または熟成されて、良いアイデアが浮かぶ。
・子供を寝かせる時は、眠くなるのを待つのではなくて眠くなるように誘導する。絵本の読み聞かせや胎内音に似たメロディ、子守歌、アロマテラピーなどが有効。

DSC_1046


・目の細かいザルで濾して冷蔵庫で保管。
・よく冷えたらコーラシロップの出来上がり。
・コーラシロップ50mlを炭酸水250mlで割れば、クラフトコーラの出来上がり。

DSC_1047


・スパイシーで美味しい。さわやか。


【3 娘の感想】

・美味しかった。
・黒糖を入れるときの量の多さに驚いて、ゾッとした。
・あまりジュースを飲んではいけない理由がわかった。
・シナモンスティックとカルダモンの香りが強かった。
・美味しさと健康の両立とバランスが大切だと感じた。


【4 俺の感想】

・スパイスたっぷりで、レモンとライムでビタミン豊富で、しっかりと煮詰めて、濾して、寝かせて、冷やしてるから、たぶんカロリーゼロじゃない?
(カロリーゼロ理論)



kou_blue97 at 20:45|PermalinkComments(0) 供淵廛薀ぅ戞璽箸里海函 
Profileです。

kou_blue97

【自己紹介】
・札幌生まれ札幌育ち
・現在は群馬在住
(←東京←徳島←千葉…)
・転勤族のサラリーマン
・ミスチル世代の団塊ジュニア

【好きなモノ】
・アメフト観戦
・ミスチル鑑賞
・子供とおでかけ
・転勤で知らない土地を満喫
・現実と妄想の狭間で微笑ましく生きる
・小さな幸せのかけらを積み重ねる

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
画像
  • 小説は面白い。人生を学び、共感して、豊かになる。
  • 小説は面白い。人生を学び、共感して、豊かになる。
  • 小説は面白い。人生を学び、共感して、豊かになる。
  • 夏から秋に〜群馬の緑のある風景〜
  • 夏から秋に〜群馬の緑のある風景〜
  • 夏から秋に〜群馬の緑のある風景〜
  • 夏から秋に〜群馬の緑のある風景〜
  • 夏から秋に〜群馬の緑のある風景〜
  • 夏から秋に〜群馬の緑のある風景〜
  • 夏から秋に〜群馬の緑のある風景〜
  • 夏から秋に〜群馬の緑のある風景〜
  • 夏から秋に〜群馬の緑のある風景〜
  • 夏から秋に〜群馬の緑のある風景〜
  • 夏から秋に〜群馬の緑のある風景〜
  • 夏から秋に〜群馬の緑のある風景〜
  • 夏から秋に〜群馬の緑のある風景〜
  • 夏から秋に〜群馬の緑のある風景〜
  • 秋のはじまり〜未来を照らすakari〜
  • 秋のはじまり〜未来を照らすakari〜
  • 秋のはじまり〜未来を照らすakari〜
  • 秋のはじまり〜未来を照らすakari〜
  • 秋のはじまり〜未来を照らすakari〜
  • 秋のはじまり〜未来を照らすakari〜
  • Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)
  • Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)
  • Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)
  • Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)
  • Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)
  • 前橋から利根川沿いに北回り(サイクリング19辧
  • 前橋から利根川沿いに北回り(サイクリング19辧